2017年11月12日

文化祭と文化

地区学区の文化祭に出掛けた。自治会役員で展示作品の監視員という役目。

1時間交替の役割分担。作品展示のスペースは狭く、規模は大きくないが、

展示品を観るため多くが訪れている。力作も観られる。我が地区の出展エ

リア、エッ、あの人がこのような作品をと目を見張る。隠れた才能を持って

いるものだ。背広を着た2〜3人が狭い展示室を足早に。見たことのある顔、

眼が合い想起来、と同時に小生に対しては名乗り、挨拶をした、何故か。

どうやら先の選挙の当選お礼の挨拶回りをしているようだ。有り難うござい

ました、今後ともよろしくと。我が投票を見抜いた?若手自民党衆議院議員

である。多くの人が集まる選挙区の大きな行事には出掛けると言うことか。

今秋の自治会ゴルフの幹事も来た。雨で延期となり来月17日に実施、参加

を保留にしていた。小生は12月〜3月中旬までは休止期間と決めてますと。

当初14名でしたが、現在11名ですと言う、参加しますと返事しておいた。

小生の監視するエリアの片隅でパソコン画面で動画を流している。注目する
人は少ない、何をしている!?この近くのハイキングマップを紹介し、各コ

ースの動画を紹介しているという。ハイキングマップのパンフレットをもら

ってきた。これは使えそうだ。良いキッカケ、今日から1年以内に全ルート

を踏破しようと決心した。起点となる上桐生は日頃ウォーキングする折り返

しポイント。その上桐生まで我が家から歩いて20分、1ルート5〜7時間

あれば回れるだろう。最大の標高差は440m余のコース。初めて知った訳

ではなく、兼ねてから知っていたが、良いキッカケ、挑戦することに決定だ。

有益情報の入手は足を運び、戸外へ出掛けるべきもの。

会場の屋外では模擬店の催し、野菜なども販売し、多数の家族連れ、人出で

大盛況。大会議室ではコーラス、演奏などのステージ発表が行われている。

第11回の文化祭、10時〜15時までの1日開催。

余談だがこの文化祭行事に引っ掛けての話題。お隣、韓国の話題。

新聞記事からの引用。新聞執筆陣の一人のこの教授は韓国通だ。

  『命題に気づくのは一瞬の直観
 最近私は、民族には「脱落のプロトコル(命題)」があると主張
 している。歴史上、その民族が関心を持たなかったものは、どうに
 もこうにも分からないのである。たとえば古代エジプト人の「歴
 史」、だから歴史書が一冊も残っていない。日本人の「奴隷制」、
 故にシベリア捕囚を抑留と勘違いして、奴隷労働をさせられてしま
 った。韓国人の「文化」、文化はシナ文化しかなく、自分の文化に
 は関心がなかった。だから彼らは「入ってきたら内の物」だと思
 う。剣道も華道も韓国起源、孔子は韓国人だったという。外国人は
 こうのたまう彼らの文化(?)を俗にウリジナルといっている。
 実に身もふたもない。だが、はじめから分かっていたわけではない。
 今から30年前の自分の本を読み返してみると、「なぜ彼らは受容し
 ても自分の文化だと思うのだろうか」と、真剣に考えているのであ
 る。人間が真剣に何かしている過程は美しいので、文章も国語
 の入試問題に使えそうなできばえだ。今は一言でいえる。「コリア
 ンはシナ文化しかなかったので、文化に関心を持だなかった」。書
 いている私かえげつなく見える。 もちろんこの思考過程では、い
 ろいろと勉強するのであって、大阪市大の野崎充彦さん(朝鮮古典
 文学の専門家)は、長い研究の末、「朝鮮古典文学の特徴は朝鮮
 の不在である」という結論に達してしまった。舞台も主人公もほと
 んどシナだから。ウソをつかない、立派な学者だと私は思った。
 でも、脱落のプロトコルに気づくのはほんの一瞬の直観なのだ。
 ・・・・・以下略』   古田 博司 教授 記

先日、トランプ大統領が日本に次いで韓国を訪問、その晩餐会では

日本の感情を逆なでする挙に出た。我が新聞紙上では稚拙で、度を

越した悪ふざけと呆れている。日本とは議論が噛み合わない国だ。

日本では安倍総理が日本を美しい国に、と言っているのだが・・・。

美しい国と・・・。
posted by tennismouse at 18:02| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

11月、寒さが加速していく。布団の中が恋しく朝起きるのが辛くなってくる。

小生の起床時間は7:30〜8:00と遅い。しかし、もう少し早く目は覚め

ている。微睡みの中で布団の中にいる。しかし、この微睡みの中でもCPU

なる頭はボ〜ッと働いている、50%パワーで。何故かこの状態の時にいろ

いろ頭の中に考えが浮かぶ。あれも、これもしなければ、あの案で行こう、

いや、このアイデアで行こうと彷徨う、時にブログ案も浮かぶ、突然に。

これは1人者故の特権である。雑音、邪魔が入らない環境下であるから可能。

就寝、寝る時は寝付きが良いから直ぐに眠りに入る、心配事があれば勿論眠れ

ない。がしかし、朝の起床前はこのような状態でいろいろな事が頭に浮かぶ。

花の園芸作業も。時に飛び起きもする、遅い、間に合わない直ぐにやろうと。

兎に角、大なり小なり、種々いろいろ頭に浮かぶから大事な時間だ。そして

そのアイデア、妙案も、思いも立ち上がると忘れ、思い出せないことも。

いろいろな事が頭に浮かぶのはお風呂も、しかし、この1年余入っていない。

次に浮かぶのは酒を飲んだほろ酔い気分の時、しかし要注意で眠りに突入。

今朝はブログのテーマが浮かんだ。軸について。長いことゴルフをやっている。

長くやっているが、現役の頃は年に2〜3回、主に会社の職場ゴルフ。

回数が増えたのは60代になってから。悪いフォームから徐々に修正されて

来た。しかし、スコアーは簡単には良くならない。基本の事だが頭は動かす

な、である。十分分かっているが骨格体形もあり、身体に無理がかかり簡単

には行かない。先日、NHKの趣味講座、ゴルフ8回シリーズの放送が終わ

った。そこでの教えの一つ、打球後のフォームは2秒間静止せよ、という。

打った後に何故2秒間静止?と。これは、静止できれば身体が軸回転してい

るということだろうと。ゲスト2人の年輩男性プレヤーはとてもフォームに

癖があり個性的、教わるも修正困難。軸回転の次に感じたのは道具を上手く

使うと言うこと。クラブのシャフトを上手く使うと言うこと。宮里愛のスロー

フォームを観て思ったもの。其の他、気を付けねばならぬ事は2〜3あるが、

やはり練習、経験、回数を重ねることが大事である、当たり前だが。

とても遅まきながらゴルフ技は今年になって身体でやっとわかり始めてきた。

小生は、下手の横好きで多方面に手を出し、中途半端、練習はコンペ直前。

頭の中では付き合いできるレベルまで行けばいいという思いもあって。

この軸、他の球技スポーツでも同じ。野球、プロのバッターの振りを観てい

ると頭を中心に軸回転、頭は動かない。テニス、テニスもやはり身体の軸

回転が基本だろう、頭を動かさずに振る。そして出来ていないがゴルフシャ

フトではないがラケットをムチのしなりのような振りが出来れば威力は増す。

そのようなプレヤーも練習中に時折見かける、何故か女性に。

これら軸回転の中心は腰である。

コマも中心軸がブレなくて回転すれば長く回る。家庭も軸となる者がいれば

家庭内は上手く回転。2つの軸があると凸凹、否、一心同体で絶好調!?

世界の基軸通貨、米ドルが安定すれば世界経済は安定して回る。

会社も国家運営も理念、基本方針、憲法等の高い理想軸が必要だ。

話の内容が逸れた。内容の軸が少しズレた?!

posted by tennismouse at 11:31| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

良い機会!?

我が家を建てて11年になる。別段大きな支障もなく暮らし、過ぎている。

ハウスメーカーから年間2回の冊子が届く。我が家を快適に住まう家づくり

の話題、情報を提供。毎号、特集をテーマに今後の暮らしに役立つ情報を

もらっている。今回、冊子に掲載されているお勧めの新たな商品、メンテ

ナンス部品を通販で買うことにした。一つは、換気フィルター。24時間

計画換気システムの部材で全部で2種類、5個のフィルターが付いている。

花粉にダニなどのアレルギーを防ぐと謳うも効果のほどは少し疑問であるが

注文。その前にフィルターの掃除をした。冊子にある換気口形状のチャート

図に従っていくと該当する対象フィルターに辿り着く。しかし、1種類が

おかしい。どうも不適合フィルターが装着され、隙間が発生したミス装着。

入居初期から現在まで、ハウスメーカーの不手際。

次に注文した商品は、リビングの天井照明器具。LEDシーリングライト。

安価に紹介されており、また注目していた時代の商品でも有り決めた。

フィルターはネット注文、ライトの注文は電話、この時、ついでに苦情を

告げた、永年、規格外のフィルターが装着されていたと。結果的に1種類

5枚をサービスしてくれた。シーリングライトは予定より5日早く本日配送

されてきた。届くや直ぐに交換作業に取りかかった。小生は電気技術者、

この器具の交換は簡単という認識がある。昨今の新しい家屋では電気配線

器具は規格標準化された引っ掛けシーリングという器具で設置されている。
      蛍光灯 CL           LED CL(天然木枠擬き)

素人でも交換はワンタッチで可能。約30分で省エネ、長寿命に交換終了。

しかし、この外枠の木目肌、完全なる自然木に擬態?!しており感心する。

今までのシーリング照明は蛍光灯、定格消費電力48W+28W=76W

新たなLEDシーリングライトは定格35Wで半分以下、しかも長寿命。

リビングは生活の中心スペース、今の夜長では17時から0時まで点灯で

7時間余点灯している。1日平均6時間点灯で計算しても年間の消費電力

に大きな差が発生する。消費電力、寿命を考えれば経済的な良い選択、判

断だ。このLED照明、蛍光灯のように照度低下も考えなくて良し。

ハウスメーカー一括購入であるから安価に手に入った。

色合いの調色が21段階、明るさの調光が10段階、原理的には210パタ

ーンの設定が可能。これらを全てリモコンで操作。これからの寒い季節、

赤みがかった電球色が暖かみを感じる。その他おやすみタイマー、留守タイ

マー機能もあり、不在時でも自動点灯、消灯の設定が可能。制御にマイコン

を用いており、種々の設定が可能でその分操作、設定は複雑になる。

調光、調色はもちろん、これら留守タイマーのON、OFFはリモコンから

制御信号を発信している。店頭の照明器具売り場では多くの種類のLED

シーリングライトが売り出されている。店頭では舞台照明のように調光、

調色の変化の様子を派手にデモでアピールしている。多機能製品もあるよう

だが、今回の製品のように基本機能だけあれば十分である。

ON、OFF照明から調光、調色照明へと大きな変化を実感、満足。

半導体LED照明の発明によるノーベル賞受賞に納得するもの。

posted by tennismouse at 20:51| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

昆虫と線虫2

昨日から新たな講座が始まった。昨日は伏見区にあるキャンパスを初めて

訪れた。同大学のホームキャンパス。レンガ色の建物が沢山林立する。

近くに居ながらなかなか出掛ける事がない京都、京都に出向く機会を、と

昨年に続き京都にあって異なるキャンパスで講座を受講。毎週の全4回。

危機の中のヨーロッパ民主主義とEUA」。4階にある大きな講義室で

IMG_20171106_141443817.jpg聞き入る、20名余が。ヨーロッパでは、

最近、スペインの一地方の独立、英国の

EUからの離脱など、変質が観られ、

押し寄せる多くの難民、移民への対応

などで民主主義が揺れている・・・。

講義はこれらの問題についての内容であるが、その内容を説明できるよう

な単純な講義の話ではなく、講義内容は割愛省略。

大学に向かう前、京都駅前百貨店である種の品を暫し吟味し、食事を摂り、

14時頃に地下鉄でキャンパスに向かった。開始時刻は15時。

講義終了後、京都駅のオープンテラス喫茶で一休み。満席、前の女性達の

話し声、何語?タイ語?ベトナム語?多くの外国人。そして、駅からの帰り

のバスに乗る前、悪い癖が付いたもので何時もの処🍺へ足が向かいました。

さて、今日も昨日に続き最終講義に出席。「昆虫と線虫について」の線虫の

講義の2日目。人体に寄生する線虫、約50〜100種類以上あるのではな

いか。メジナ虫、フィラリア、回虫、鞭虫が代表。世界保健機関(WHO)

の紋章はメジナ虫を皮膚から掻き出す、治療のやり方を示しているという。

9f3b956a.jpgフィラリア(糸状虫)は蚊が媒介。

リンパ系組織が変化。西郷隆盛は後遺症

である象皮症を患い、陰嚢(男性)が

⇐ 頭大に腫れ上がり歩くことが出来ず。

晩年は馬に乗ることも出来ず、駕籠を

利用していたという。

アニサキスはイルカや鯨に寄生する。経口摂取で人に感染。中間宿生の魚介

類(鯵、鯖、鮭、イカ、鱈など)から感染。胃壁や腸壁に穿入し激痛。

近年増加傾向を示している。日本人は刺身をよく食べるから要注意。

余談だが、東京目黒に目黒寄生虫館という博物館がある。個人が運営してい

るが、若者のデートスポットとして人気がある。

参考資料(2014年発表)として、1年間に人間を殺した動物では、蚊

(病原体を媒介)が725,000人、人間475,000人、蛇50,0

00人、線虫(回虫)2,500人・・・。先進国では考えられないが多く

が南国後進国で起きているようだ。これらの国への旅行は要注意。

次に、人間に有益な線虫、無害な線虫のその一つを紹介。

線虫界のスーパーモデルが出現。「C.エレガンス」という。イギリスで発見。

雌雄同体。この線虫の出現によって生命科学分野に大きく寄与。2日で卵を

産み、大腸菌で培養でき、遺伝学・DNA研究のモデル生物。この多細胞生

物で初めて全ゲノム配列が解読された。人の生命活動の研究にも寄与。

遺伝子数、人間30億、線虫19千個。遺伝子は4つの物質、その配列で個体

が決まる。この線虫を利用研究し、これまで3度のノーベル賞が出ている。

次に線虫の嗅覚を利用し癌の早期発見に利用。検査するものは尿。使うのは

線虫という小さな生き物。1滴垂らした尿の匂いに線虫が寄ってくれば

「癌の疑い有り」遠ざかっていけば「心配なし」。精度は96%。腫瘍

マーカー検査は10〜20%台。今のところ癌の有る部位は分からないという。

1時間で判明、とても安価であり、ステージ0〜1の早期レベルも判明。

発見者の九大教授は特許を取り、ベンチャー企業を立ち上げた。

講義後、実験研究室へ向かい、ネコブ線虫を顕微鏡でもってこの眼で見る事に。

うどんこ病のミニトマトの苗の根を水洗し、試薬に漬け、線虫が寄生している

様子を観察。よく観るととてもとても小さな線虫の卵のうが着色して観える。

1卵のうで1000匹くらい生まれるそうだ。

次に、予めネコブ線虫を抽出準備した水溶液を顕微鏡下に1滴滴下、動く線虫

を観察。多くの小さな線虫がゆっくり泳ぎ、動いている。水分があれば自身の

IMG_20171107_170334261.jpg養分で2週間位は生きているそうだ。

学生はスマホで顕微鏡写真を撮るという。

小生もスマホで撮影を試みたがとても無理。

こうして定刻30分を超過し終了。

地球上に1〜2億種いるという線虫、研究、

解明された線虫は極一部、未知多き生き物。この未知なる生物、人間に有益、

無益を問わず、深く追求すると面白そうだ。線虫に限らず、狭く深く追求する

と未知の世界が広がっていく。教授の口から食べても無害と何度か聞いたが、

生き物線虫、とても愛着、愛情を感じていると感じた次第。

受講者は少数精鋭の7人の侍であったが、小さく、日頃目にすることもない

珍しい生き物、活発に質問も出ました。 趣味の菜園・園芸にも関連するお話、

教授と一緒に研究したくなるほどのとても内容ある面白い講義でありました

*加筆推敲中

posted by tennismouse at 22:25| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

昆虫と線虫1

大学講座3日目、線虫の生きざまに学ぶ1回目。受講者は小生を含め少数精鋭

の7名。線虫の専門家は日本には20名余しかいない。大学で専門講座がある

のは3校。2年前から本学でも始まった。今後、年間10名余の学生が線虫学

を学んで巣立って行くであろう。線虫の生き方は、植物寄生性、自由生活性、

動物寄生性に分けられ、自由生活性が一番多い。土中で細菌や菌などを食べて

生活する。人に害はなし。動物寄生性の中には人に感染、寄生するものもいる。

回虫、蟯虫、鞭虫、アニサキス、フィラリアなどは人間にも寄生する。

回虫は体長300mm、産卵期間12ヶ月、200,000個/日を産卵。

大人の足跡大の下にはトビムシ、ダニ、ハエ・アブの幼虫、ウズムシ、タマム

シ、ヒメミミズなど多くの微生物が住んでいる。大体、植物の根の深さである

地面下1m位までに線虫は生息。その中で一番多く住んでいるのが線虫で

74,810匹、次に多いのがダニの3,280匹で線虫が圧倒的に多い。

この線虫、どこにでも居る、沢山居る、白〜透明で体長は多くが2mm以下。

カビやバクテリアを食す。種類が多く、解明されていない未知の無名線虫が

多数いる。1〜2億種いるのでは、その多くは海にいる。

口器の構造から線虫の食性を区別できる。植物寄生性は口針を持っており、

植物液を吸う。動物寄生性には口器に歯が有って捕食する。農作物に被害

与える3大線虫は、ネコブ線虫、ネグサレ線虫、シスト線虫。ネコブ線虫は

世界から約100種以上、日本には13種(以上)が生息。根の先端部から

侵入し、特徴的なコブをつくる。サツマイモ、人参、ジャガイモ、里芋、

ニガウリ、西瓜などに被害。被害作物は食べられるが外観上、商品としての

売り物にはならない。線虫は躍り食いで食べても身体に無害。ネグサレ線虫

は世界から約100種、日本には22種が生息。定着生活はせず、根に出入

りする。根を傷つけるため根腐れを生じ、二次的細菌の感染を引き起こす。

前記の作物の他、大根、ゴボウ、イチゴ、キク、果樹に被害。

イモ焼酎、昔は臭かった。この臭いは、線虫による被害のイモ原料に原因が

あったのではなかろうかと思うもの。シスト線虫は、世界から約100種、

日本には12種が生息する。土壌中に長期にわたって生存する。ナス科の野菜、

大豆、小豆、インゲン、カーネーション等に発生。これらの線虫は植物の根、

茎に寄生するため根の深さの地下1m位までに生息する。一度、線虫の土壌

汚染となると根絶は大変。被害に遭わない農作物を輪作で植えるなどで対応。

北海道などでは大規模にジャガイモを生産。この広い畑が線虫に侵されたら

大変。土壌伝染の犯人は多くが人間。農機具、農作業具などから汚染土壌が

運ばれる。除去、消毒が大事。

線虫の世界における農業被害額は年間17.1兆円の損失という試算もある。

この3大線虫の他に、厄介なザイ線虫がいる。樹木の材中に生息。多くは昆虫

便乗性で昆虫によって運ばれる。代表的なマツノマダラカミキリ、松枯れ病の

運搬屋でマツノザイ線虫が犯人。感染2週間もすると幹から松ヤニが出なく

なり、感染の有無を判断することが出来る。

最近、南米産の毒蟻のヒアリが問題となっている。流通のグローバル化に

よって外来線虫が侵入する頻度も上昇、線虫は人間が世界から運ぶ、温暖化

によって定着化が促進される?? 植物検疫の防疫が重要。

今回の講義をする教授、一寸ネットで調べた。日本線虫学会の会長であった。

教授となる2年ほど前までは研究者としてフィールドを駆け巡っていたようだ。

posted by tennismouse at 22:33| Comment(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする