2010年06月30日

消費税

東レアローズのメグカナ愛称の一人である大山加奈(26)が昨日引退発表した。

我輩と同じ脊椎管狭窄症を患い、手術をしたが再起できなかった。残念だ[E:sign01]

さて本題へ

5月6日のブログ記事でも採り上げた消費税が政治の表に出てきた。与党は

選挙期間中、この問題を表に出したくないであろうが、しかし避けて通れない

大問題だ。高度経済成長期にはいろいろな問題を抱えながらも国家経済は

表向き上手くいった。一転、低成長、停滞時代へ。93年〜02年を

日本の失われた10年という。この間の平均成長率は0.8%。

91年〜09年の19年間の平均成長率も0.8%所謂ゼロ成長。この国家の

問題、国家の借金をある小さな民間企業に例えて見る。

 

この企業、5年前まで毎年平均5%で成長してきた。この間、利益を

従業員に還元し、給与は毎年5%上昇、従業員の生活、福祉レベルも大手企業

並みになった。将来の成長を確信し、借金で新しい設備を買い、研究開発に

力を注いだ結果である。しかし、5年前より、新興の中国メーカーが台頭し、

今までの成長は見込めなくなり、5年前より成長は停滞している。今

は成長期に投資した借金が利益を蝕み、借金返済が滞り、逆に利払いで

その額が増える一方である。今日、会社は従業員の福祉と給与水準の見直し、

希望退職について組合に問題提起した。その結果、3人が退職。給与は10%

ダウン、ただ一つある保養所も売却したとなる。従業員の生活、福祉

レベルの切り下げとなったのである。民間企業、手を打たなければ倒産だ[E:sign03]

国の借金は国民の借金である。やはり借金を将来の世代に送ることは極力避け

ければならない。その代わりに道路、鉄道、港湾、公園等の社会資本を残した・・・ と言う人もいるだろうが・・。事業仕分け等で国家の無駄な支出を

抑え、今後の経済成長戦略を示し、その上で国民に痛みを分かち合ってもらう

と言うのが常道だ。国家が破産してからでは遅いのである。痛みを分かち合う

とは生活レベルの切り下げ、後退ある。その分かち合う一つの方法が消費

の導入。税を導入すれば、消費が減退し経済が悪化、税収入が減ると反対

するが、代案が無いのであり、問題の先送りでしかない。国の借金返済の道程

を誤るとハイパーインフレを引き起こし、国民の預金等の動産価値は一気に

下落[E:down] 逆に国の借金は一気に減少[E:down]なる。ソフトランデングするか

或いはハードランデングとなるか、何れにしても形を変え国民に痛みを伴う

ことに変わりはない。又、グローバル経済下、日本危機のトリガーは海外発

言う事も十分あり得る。海外は注視している。

posted by tennismouse at 15:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

小絵ちゃん

NHKの気象予報士。先ず彼女の印象。ファッションセンス抜群 [E:sign01] いつもファッ

ションが楽しみ。予報解説は明快。伴侶にすると夫を尻に敷く才女の感。

デビュー時、予報の解説が終わり、次の画面に変わる0.3秒間の顔の表情に

妖艶というか、マイナス印象の表情を感じた。彼女の自然の表情、振る舞い

だろうが。今は、周りからのアドバイスもあり、影をひそめたようだ。

解説明快の気象予報士がもう一人いる。ベテラン平井信行予報士。単純明快、

実に解り易い。二人は同じ会社で働く。さて、気象予報、先端技術のスーパー

コンピューター、気象衛星を酷使し、近未来の天気を予知、予想する。

それをもってしても、明日の天気予知は100%確実ではない。

逆に100%だったら何の面白みも無い。外れるのが面白い。天気が商売に

影響する人達は的中確率が高いほうがいいだろうが。弁当屋、イベント主催者

は端的だ[E:sign01] 我輩のブログにも ”天気予報コム” を載せているが、明日の天気

予報は、昨日時点では ” 曇り時々雨 ”  〜12時 & 〜18時の降水確率は

70〜50%だったが、現時点では ” 雨時々止む ” で降水確率50%と刻々と

変化している。明日の芝刈り [E:golf] は、27時間前に決行と決断。梅雨末期で

あるが春雨時雨であろうと天気予測 [E:sign02] さて、戻って小絵サン [E:sign03] 兵庫県

出身の37歳。日銀大阪勤務の傍ら、予備校で予報士の勉強をし合格。更に、

仕事の傍ら、早稲田大学大学院修士過程を修了している頑張り屋さんだ[E:sign03] 

誰かに似てるナ  [E:sign02] 彼女の別名は『7時28分の恋人』 という。

血液型は同じA型。

   半井小絵さん

posted by tennismouse at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

W杯サッカー

デンマーク戦:

深夜のためLiveを観る気力は無く普段通り就寝。・・夜明けの5:03、我が携帯が

唸る[E:sign01]我が携帯、自動電源ONは6:30。電源ON前に何故か唸り出し目覚め。

携帯画面を見ると、万歳マークが4つある。ン、勝ってる [E:sign01] 即続いて2−0と[E:mailto]が

来る。直ぐに起床し、テレビに向う。観て間無しに相手のPKを映している。

これで2−1。しかし、10分ほどして本田から岡崎へのパスで3点目。我が頭上で

大拍手 [E:sign03] 大会前には、指揮官は進退伺いを考えていたが、この結果で

勝てば官軍、形勢一気逆転。監督の勝因分析に説得力が蘇る。そこで素人の[E:eye]

より勝因分析。最大の勝因は、個人プレーによる本田の1点が入ったことにより、

選手の気持ちに余裕が生まれ、個々のプレーが融通無碍となり、チームプレーの

連係が機能すると言う好循環に。11人の力が11人以上に発揮できたチーム一丸

にあると分析。3試合で4得点。内、本田は2得点の1アシスト。すばらしい活躍だ[E:typhoon]

あと2勝でベスト4。チャンスは十二分にあると観る。それにしても痛快な試合

だった [E:dash] [E:dash] [E:dash]  次回開催 [E:soccer] は4年後にブラジル開催。我輩、今度は

ブラジルまで応援に行く [E:sign01] しかし、日本が代表となる保証はない。

今大会のアジア勢の戦績が芳しくないから、出場枠の見直しがあるかもしれない。

今後の日本、韓国の健闘次第と言うことか。4年後に日本がアジア代表で出られる

という保証も無いが、もし、目出度く出場出来たら、我輩はブラジルまで応援

行こう[E:sign02] 4年に1回の世界のスポーツ祭典で大興奮だ [E:sign03] サッカー[E:soccer]、[E:soccer]だけに

丸い。この丸みが勝敗を大きく左右する。実力伯仲、蹴った丸い [E:soccer] ゴールポストに

当たり、上に行くか下に行くか、左に行くか右に行くか運もかなり左右する。

この [E:soccer] の気まぐれ軌跡に一喜一憂の大興奮、だから面白いのであろう。

posted by tennismouse at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

変動為替相場

今、ワールドカップサッカーが世界中で最高潮 [E:sign03] サッカーは1863年に英国で

誕生。今夜から始まるウィンブルドンテニス、それにラグビーゴルフ、これら

主要スポーツは全て昔の大英帝国時代の産物。さて、話題は大きく転換し、

為替の問題。 中国と米国が中国元の切り上げを巡って波乱の様相。

為替レート(評価)と言うのは一国の経済力を左右させるもの。中国のGDPが

日本を上回り世界第2位というが、これは為替レートで相対的に評価が変わる

もの。今の安い元レート評価で日本と中国のGDPは余り変わらないというが、

実力通りに中国元が評価されれば、中国のGDPは既に日本の比ではない。

この為替レートと言うのが魔物。我輩、1994年に中国に工場建設で長期出張。

この間のホテルでの為替レート、我輩の記憶では平均で1万円で約780元前後

の記憶。780元として1元=12.8円今日21日現在の元の評価レートは

1ドル=91.0円、1ドル=6.8275元、故に1元=13.3円。16年前と元と円の

相対価値に大きな変化は無い。この間、日本経済は沈滞、片や中国経済は年率

9%前後の高度成長。それなのに元と円の相対価値に変化は少ない。

明らかに中国は為替で優位を保っている。この結果、日本の富が中国に移転する

ことになる。日本人は真面目に努力する。円の価値が上がれば輸出競争力維持の

為に更に知恵を絞り努力する。努力して成果が上がれば、出る杭は打たれるで

市場は更に円の価値(為替レート)を高く評価する。所謂イタチゴッコ。これを断ち

切る為、日本企業は労働力の安い外国に進出し、為替リスクをヘッジすることに

なる。結局は為替レートで国際競争力は左右されることに。このレートは市場が

決めるもの、しかし、市場は万能ではない。が、こうして、国家間の経済力が徐々

に平準化されるように働くことになる。

posted by tennismouse at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

卵が割れない

我輩、もう10年以上前の現役時代、ある事がきっかけで半日の人間ドックに入った

ことがある。結果的には診断結果に大きな問題は無かったが、しかし、色々指摘

された。所で我輩、皆さんと同様に車を所有している。この便利な機械、整備をして

おかないと、時に凶器となり人に社会に危害を与える。これを防ぐ為に法定点検、

整備が定められている。初回は3年後、その後2年毎に有料の法定検査、整備を

受けなければならない。税金も含め高い整備料金がかかる。 翻って我が生身の

身体、古くなり最近良く故障する。なのに十分な点検、検査を受けていない。

具合、調子が悪くなる都度、病院に駆けつけることに。一昨日、40歳以上対象の

「特定健康診査」の案内封書が届いた。この検査は毎年受ける無料の検診である。

が、しかし十分安心できる検査とは思えない。やはり、+アルファの精密検査が

必要だ。車の健康診断、整備を受けるのと同様、自分自身の定期的な精密検診

が必要ではないかと・・・。車検時期に合わせて人間の精密検査 も受ける

と言う我が提案。ただ、何故か受診に積極的になれない。費用はともかく、どうも

足が病院に向かわない。何故か 内心、宣告されるのが怖い受ける検査に

よっては小さな苦痛、恥辱も伴う。 おかしなもので受診しなければと思う反面、

なかなか足が向かないという頭の中でせめぎあい、葛藤が起こる。頭の中では

解っているが、中々卵が割れない[E:sign03] 因みに10年余前に受けた半日人間ドック、

確か費用は38,000円。勿論、保険の対象外。

今日は脊椎狭窄症の2ヶ月予約検診で病院へ。何時行ってもこの病院市場は大大盛況[E:sign01]

待ち時間ゼロで診察室へ。症状は良くなっていますと報告し10分余で診察終了。  待合室で2歳

年下の元会社の者に出会う。頚椎で今日が初診と言う。60路入ると身体に大小の狂いが生じますねと。

posted by tennismouse at 15:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

45日目

気温上昇で急成長中[E:bud]。苗を植え付けて45日目。チョッとトマトは窒素肥料

が多すぎたようで、葉の成長が旺盛です。1本植えたきゅうりは既に5本収穫 [E:sign03]

虎まくわが地を這いだしました。サツマイモを凌駕する勢いです [E:sign03] 元肥に化成

肥料、液肥えの追い肥、それに米のとぎ汁も与えて愛情タップリに育てています。

3日間の石鎚登山の留守による水切れにも耐え、その後の梅雨入りによる雨と

強い陽射しを受け、植物は水を得た魚のように盛期を迎えています。 先月末で

終えましたが、エンドウ豆もそこそこの収穫を得、季節野菜を美味しく頂きました。

3年目になる宿根草の草花カラーも黄色が色鮮やかで〜す [E:scissors]

Dscf0191 Dscf0189

posted by tennismouse at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 菜園/園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

サーカーTV応援

昨夜のワールドカップサッカー[E:soccer] 日本×カメルーン戦。前半は日本の守備は堅実

で、解説者のご託宣もあり観ていて安心できた。攻撃のチャンスは少ないものの、

少ないチャンスを見事に得点 [E:sign03] 上々の出来だ[E:sign01] しかし後半のハーフタイム以降

の戦い方にはどうも納得できない。[E:soccer] キープ率は相手が上回り、しかも相手は

得点を狙いパワープレーの戦法でどんどん日本のゴール前に[E:soccer] を蹴り上げてくる。

観ていて冷や冷やの連続。いつ1点が入ってもおかしくない状況。この状況下、

我輩に疑問が生じる [E:sign02] 相手が日本のゴール前に蹴り上げた[E:soccer] を日本が大きく

クリアーすることは解るが、何故相手がこうも多くのボールを蹴り上げるのか[E:sign03]

日本のキープ率が低いからだが、もっとマイ[E:soccer]にするという意識が必要では

ないか[E:sign03] 大きくクリアーしても相手陣地に落ち直ぐに相手[E:soccer] となり、再び日本

のゴール前に蹴り上げてくることになる。蹴り上げられた[E:soccer] を自分のものに

するという意識がもっと必要だ[E:sign03] [E:soccer] を持ったらパスを回してキープ率を上げ、

時間を浪費するという勝利の戦法がもっと出来ぬのか[E:sign02] もし相手が最初から

パワープレー戦法を仕掛けてきたら防げたであろうか[E:sign02] どうも後半の戦い方

に合点がいかぬワィ。パワープレー、高さの戦法に日本は未熟だ [E:sign03]

それにしても、大久保はパフォーマンス、アピールだけは抜群[E:sign01]芝の上に

いつも転んでいたなぁ [E:despair] 今回は勝利の女神が日本に微笑んだという事だ [E:sign03]

                                       (素人の[E:eye]より)

posted by tennismouse at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

四国石鎚登山

1日目(10日)

今年の登山計画の一つである四国石鎚山へアタック。10日発の2泊3日の工程。

丁度、患っている脊椎狭窄症の試金石となる。9:00に我が家を出発、ナビを頼り

に一路高速道名神から山陽道へ。山陽道はトンネルが多い。3時間余で岡山県の

吉備SA(223km走行)に到着、ここで昼食1時間。倉敷を経由し、瀬戸中央自動車

道へ。与島PAで1時間余休憩し、大きな瀬戸大橋を間近で仰ぎ見る。吊橋を

支える鋼鉄製ロープの直径は1m、上は自動車道、下段は鉄道が走行。

香川県坂出を経由し、松山自動車道へ入る。ナビに従い、伊予西条ICを降りる。

当初の松山経由の予定も、石鎚宿舎18:00着はとても無理と判断、急遽コース

変更。伊予西条から高知方面の国道194号線を走行、国道を途中から分岐し

国民宿舎石鎚へ向う。曲がりくねった対面通行困難な細い山道を登り、伊予西条

から2時間余を掛け、標高1492m位置にある国民宿舎(土小屋)に18:15到着。

目指す弥山は1975m、天狗岳は1982m。宿泊客は我々を含め6〜7名。

(車走行距離430km  全高速代 9,520円)

    瀬戸大橋                  橋 ロープ断面 直径1m

Dsc00580_3 Dsc00576

2日目(11日)

起床7時。標高差490m、4km道の登山道。8:25宿舎出発。8:50ベンチ1位置

で休憩。9:30ベンチ3で休憩。歩き出しは腰部に痺れを感じ、登れるか心配であった

が、登るにつれて症状は軽くなっていく。10:05頂上まで750m手前位置の休憩所

に着。10:45二の鎖着。ここで太太口撃に。我輩、大鎖を利用した急坂に

アタックしたいものの猛反対に会い断念。[E:weep]  三の鎖も断念し迂回道へ。

11:10に1975mの登頂に成功。所要2時間40分。1時間20分間頂上に滞在。

ここから1982mの天狗岩へ渡るのは15分余要すが、リスクと高所恐怖症で断念。

四国の屋根を眺望。遠く九州の九重山、鳥取大山を眺める。12:30下山開始、

14:10に宿舎に無事帰着。登山道は手入れされており容易な登山。登山ルートは

いろいろあるも、今回は初級コース。因みに石鎚山は西日本一高い山

平日にもかかわらずそこそこの人出。15:35石鎚宿舎Pを出、17:20松山道後の

宿に着 [E:spa] 。達成、満足感の夕食を満喫。(車走行距離 93km)

 弥山(1975m)山頂       天狗岳(1982m)      手入れされた登山道(迂回道)

Dsc00593 Dsc00596 Dsc00597

3日目(12日)

9:00宿を出発、平城の松山城へ。1時間半余観光。土曜日、多くの観光客で

賑わう。10:55松山城を発ち帰路へ。松山自動車道、高松自動車道、淡路道

(明石海峡大橋)、阪神、名神高速道のルート。阪神高速3号線では自然渋滞。

12:30豊浜、14:55鳴門西(明石海峡大橋)、17:05垂水、18:04西宮、

18:16吹田、19:48草津SA発、20:10自宅に帰着。高松自動車道、

淡路鳴門道は各車130km前後の高速走行。松山、高松自動車道もトンネル

が多い。草津SAで夕食後、19:48草津田上ICを出る際、ナビの指示を聞き

誤り、栗東ICまで行くオマケ付き。(車走行距離420km)

3日間の総走行距離943km。今日の休日(車多し)高速料金 全4,200円。  

<総括>この3日間、好天気に恵まれ(13日梅雨入)、事故、怪我も無く、ナビに

      助けられ、無事に当初計画通り終えられたことに感謝。[E:scissors]

 (二の鎖  登坂未達が心残り [E:weep] )

   松山城(クリックで拡大)  明石海峡大橋(全長3km、片側3車線)

Dsc00600 Dsc00601 Dsc00612

posted by tennismouse at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

憂 国

最近、投稿ペースがダウン [E:sign02] ここでチョットTwitterならぬWhisper[E:sign01]

何故、日本の総理大臣はこうも短期間で職を投げ出してしまうのか[E:sign02]

どうも ワカランワイ。

自民党 安部内閣 期間1年、健康上の辞任

    福田内閣 期間1年、職場放棄の辞任

           麻生内閣 期間1年、衆議院選挙で大敗し、意思に反し辞職

民主党鳩山内閣 期間8ヶ月、墓穴辞任

いずれも共通するのは元政治家の二世、縁戚関係議員。

辞任原因は大きく二つに分けられる [E:sign02]

個人の資質の問題と集団(党)体質の問題に。

鳩山さんの場合は、資質の問題。

集団(党)体質と言っても結局は、集団個々の資質の問題 [E:sign02]

議員みんなどんぐりの背比べ、帯に短し襷に長しの似たり寄ったり [E:sign02]

頭一つではなく三つくらい他者より優れたリーダーが居ればと思うのだが。

そろそろそう言う大物は出て来ぬか、10、20年に一人の大物が。

最近、民主党の有力議員に松下政経塾出身者が目立つが、

大物は教育して輩出できるものでもないだろう。

まあ、幸福、平和ボケの危機感乏しい日本の現状では無理と言う事か [E:weep]

この内紛の間にどんどん国益が失われ、外交を含め、危機を醸成していく。 

大国難に遭遇し、脳天をガツンと叩かれる(黒船)まで覚醒する事が無いのでは。

それでは時既に遅しの手遅れである。    もし、国内発の大国難 [E:sign03]

それは国家財政破綻だろう。放置すれば、ギリシャの二の舞である [E:sign02]

日本が国家破綻すれば、世界に及ぼす影響は甚大、ギリシャの比ではない。

以上が我輩の浅知恵による独断と偏見。 どう思いますか[E:sign03]

posted by tennismouse at 14:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする