2012年09月29日

四川遊学12

今日は土曜日であるが振り替え授業日。明日からは8日間のゴールデンウィーク

(9/30〜10/7)となる。1949年10月1日、中国人民共和国成立。1日が国慶節

で国際日。今日は、この連休に入る前準備として行動。10月1日〜20日迄の宿泊

費を払ったから、人民元が無くなってきた。授業後、食事をし、その足でキャンパス

内の中国銀行に向かった。紆余曲折、片道2km余の距離がある。地図を片手に

到着。先ず、この前両替した窓口には、偽札相談窓口、入り口相談受付という名称

が付いており、所謂、銀行の種々の相談窓口である。この窓口で前回同様、両替

をお願いすることにする。パスポートも不要、何も用紙に記入しなくてもいいから

処理も速い。今日は女性が座っている。すると2枚の書類を出して記入しろと言う。

パスポートはコピーはダメだという。小生、この前、男の担当者にこの隣の機械で

画面操作をして貰い、両替して貰ったというもダメ。パスポートを取りに帰る羽目に

なる。気が滅入る。結局2往復8km歩かなければならない。明日からは長い休暇

でお金が必要、今日中に両替しなければならない。宿舎にしぶしぶ帰ることにする。

宿舎で一休み後、再度出かける。右足の甲部が少し痛い。再訪問で2枚の申請

用紙に記入し、両替正式窓口で両替を終了。前回とほぼ同じ両替率である。

Dsc01364_2結局、 前回ここに座っていた男の担当者は

不正操作をしたようである。人民元を自ら

用意し、外貨を手に入れたようである。銀行の

一員である。8日間の長い休暇、計画を立て

た。先ず明日はデートである。キャンパス内の

荷花池の畔で彼女とマンツーマンで中国語                                          

会話をする勉強である。(この池の水は、原子力          キャンパスは樹木で一杯

研究の冷却水に用いているという情報)1日は成都動物園、3日は四川省博物館、4日は

青羊宮と杜甫草堂、6日は成都パンダ基地に行く予定である。それ以外は、予習と

宿題の処理、身体の静養である。昨日は薄曇りの青空が広がったが、今日は朝

から曇りと小雨。夜には風も吹いてきた。期間中、雨が降らないことを祈る。昨日は

お願いしていた学生証が貰えた、一安心。日本では1〜2kmの距離でも車を利用

するが、この日常の安楽のためにこちらに来ての長い歩行は堪える。今日も10km

近くを歩いたようだ。大学キャンパスは広大で1つの街を形成している。職員住宅、

一般住宅も含まれているようだ。車の往来も頻繁であり、歩道面など迷惑駐車も

多い。

posted by tennismouse at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

四川遊学11

今日はどうも朝から腹の調子が良くない。正露丸を服用する。宿舎から教室までは

徒歩で5分くらいである。授業が終わり、その足で学生証を貰いに行く。行く途中、

彼女と落ち合う場所である荷花池を確認。教室から近いロケーションにある。

そして中国移動通信の営業所に向かう。携帯電話の動作確認に。小生、無線LAN

だけを契約したのではないかと思い出かけた。17人待ちで40分くらい待たされた。

確認すると、携帯は何も問題ないという。通話可能という。国際通話は不可能である

けれども国内通話は可能という。では何故、昨晩は通話が出来なかったのか[E:sign02]

どうもわからん。画面上に出ている无(無)は無線LANの无らしい。次はその足で

近くにある留学生事務所を訪れる。13:00頃に事務所に来たが、ドアには8:30〜

12:00、14:30〜18:00が業務時間と書かれている。昼休み時間が2時間半で

ある。長い昼休み、昼寝でもしているのであろう。再訪する事にする。昼休みを

1時間にして、就業時刻を16:30にしたらと思うのであるが。食事をし、コンビニで

買い物をして宿舎に戻る。一休み後、留学生事務所を訪れる。開口一番、学生証を

下さい[E:sign01]調べて貰うも未だ出来ていない。沢山の学生証未処理の書類が山積して

いる。小生、明日、貰いに来ます と言うと、では明日来て下さいとなった。先に催促

した方が勝ちである。授業は明後日で終わり、9月30日〜10月7日までは国慶節

で長期のゴールデンウィークとなる。ウィーク前に取得しておかなければならない。

動物園等の観光地に行くときに、入園料、拝観料などの門票料が、学生証があれ

ば、安くなる可能性があるからだ。書類を出して、10日目であるが未だ出来ていな

い。来月の13日土曜日は、大学から世界遺産でもある都江堰(水利工事跡)に

観光に行くことになっている。学生証が必携である。待っていては何事も進まない。

こちらから行動を起こさなければ。夕刻、彼女に変更希望の電話連絡をする。

初めての携帯通話である。29日の土曜日は授業があるから、10時には行けない。

Dsc01357_2 Dsc01359_2

その日の午後、或いは翌日曜日にお願いできないかと。土曜日のX X X X と

言っているが、意味が分からない、通じない。理解できない。結局、小生が理解

できた日曜日の10時に落ち合うことになった。これで一安心。彼女にしてみれば

えらい厄介なオジサンの注文に応じたものだ と思っているかも知れない。

ご苦労様です[E:confident]

posted by tennismouse at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

四川遊学10

今日で10日が経ったが、成都の天気は時折雨で、殆どが曇っている。霧も出る。

今日までの10日間で今日が一番いい天気である。いい天気と言っても時折、

薄日が射す天気。この時の青空は5%程で、雲の合間に時折、薄青空が見えると

言うもの。一面青空の快晴は望めそうにない。さて、肝心の授業であるが、どうも

小生、中級1の実力には及ばない。多くの留学生は、1年とか2年の留学である。

韓国人の66才の崔さんは2年間の留学中という。若い者でも最低は1年である。

小生、途中編入であり、実力も無く、付いていけない。聞く中国語は初級3に移ろ

うと考えている。授業の合間には休憩がある。日本人の若者とも話をする。その

一人に日本人[E:sign02]と思っていた留学生は、実は韓国人で日本の若者と親しくして

いる。日本語を話す。日本に1年半留学した経験があるという。話を聞いていると

将来は日本に住みたいと言う。彼は26才で成都に恋人がいるという。日本の留学

で知り合った仲である。彼女も日本に住みたいらしい。二人で日本で住もうと言う

ことらしい。先進国の日本がいいという。衣類もデザインの良い日本から取り寄せ

ているという。一種の国を捨てる とも言えなくもない[E:sign02]希望がないと言うことか。

Dsc01354 Dsc01355

   18時過ぎの通勤渋滞(東門付近)           最適のWiFi環境場所  

日本に来ても外国人故に大変であろう。外国語を生かして生計を立てるのであろう。

外国に行ってみて日本の良さが改めて知らされる。さて、今日の夕食は違う店を

訪れることにした。写真で掲示されている定食を注文。スープにご飯のお代わりも

出来る。そう言う店が結構多い。そして小生の前に若い女性が座った。どういう

キッカケか忘れたが、一緒におしゃべりをしたいと持ち出した。小生は今、四川大学

に留学している。45日間の留学であるが中国語を学んでいる。だけど話すのも聞く

のもままならない。だから、お金を払うから1週間に1時間、会話の相手をしてくれ

ないかと相談。その女性は四川大学の3回生と言う。21才である。じゃ、毎土曜日

の10時に大学内の荷花池の北面で合うことに決まった。お金はいらないと言う。

しかし何某かのお礼をしようと考えている。この様な会話をしたのだが、なかなか

通じない。そのやり取りに店の3〜4人が興味を示し、ちょっかいを出す。日本人

だと言うも別段何もなく、親切に協力してくれる。冗談半分に魚釣島の話は[E:sign02]とか

言ってくる。女性は名前と電話番号を書いた紙片をくれた。そして店にお金を払い、

お釣りを貰ったが、何故かお釣りを多くくれた。頑張れとでも言うことか[E:sign02]この様

に留学先の大学の生徒とこの様な形式で会話練習することは、よくあることで

あるが、この大学では余り見かけないようである。宿舎への帰り道、今度の土曜日

は振り替えの授業があることに気付く。早速、宿舎に帰り、変更のお願いの電話を

した。初めて電話を使用した。しかし、電話が繋がらない。電話のかけ方が不味い

のか[E:sign02]宿舎の受付嬢に相談に行った。あっさりと返事、SIMカードが无(無)と表示

されているという。実装されているのであるが。と言うことは、先日、老師に小生の

電話番号をメールで知らせたが、送信できていないと言うことになる。彼女に早く

連絡をしなければならない。明日にでも友だちに借りて電話をしよう。と、同時に

電話が悪いのか、SIMカードが悪いのか、原因の判別をしなければならない。

ラッキーと喜んだのも束の間、なかなか上手く事は運ばないものだ。

posted by tennismouse at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

四川遊学9

今日は朝から小雨。降っては止み、降っては止む。午前の授業は何とか終えた。

勉強はそこそこに午後からは、パソコンの通信環境の改善に尽力すると決めた。

昼食は新たに見付けたお粥の店を再訪する。するともう1人の年上の日本人の

方も来られた。一緒に食事。この方からこの周辺に電気街があると聞いていたので

市内の繁華街の電気店に向かうのを止め、その大学周辺の電気街を受付嬢に

地図上で確認。食事を終え、そのまま電気街に向かう。頭の中に地図を入れて。

目的地の磨子橋に向かう。しかし、大学北門を過ぎ、磨子橋と標識があるもそれら

Dsc01349 Dsc01350

             北 門                    北門奥にある管理棟

しき街がない。トイレを催してきた、先ずトイレを捜すことに専念。やっと公衆トイレが

見付かった。そしてトイレを出ると目の前に大きな電気店のビルがあるではないか。

あちこち捜し歩き、やっとの事でたどり着いた。USB無線カードを捜す。ある店に

あった。45元という。40元にしてくれと言うとあっさり40元という。30元と言えば

良かったのか[E:sign02]日本円で500円足らずである。10mm四方の小さな素子である。

max150Mbitとある。日本の1/3から1/4位の価格であろうか。目的を達成

して帰路に就くも、またも道を間違えウロウロ。途中、2回尋ねてやっとのことで

戻れた。沢山の電気店があり、運動具店、登山用具などの店も沢山並んでいる。

近くに四川大学があるからであろう。早速、予習、復習はそっちのけでパソコンに

取り付けを試みる。文字化けで読めないが、説明書の図から判断して進めていく

とインストール完了。WiFi電波を受信し始めた。多くの電波が、20近い電波が

表示されている。中国移動通信のSSIDであるCCMC−EDUに接続を試みる。

用戸ID、密码(パスワード)と入れ、登録釦を押す。しかし、上手く登録されない。

登録失敗と表示される。何度試みるも同じである。1階受付嬢にパソコンを持って

聞きに行く。原因は用戸ID欄に、自分の携帯電話番号を入れなければならない

のである。小生、契約時に貰った書類にはID No.と手書きのパスワードが記入

されているが、このID No.を入力したのである。運用開始。先ず、メールを受信

する。googleメールを用いると約束していたが、どうも使用に耐えられず諦め、

専用メールソフトを用いることにする。未受信メールは248件あり、全てを受信する

のに30分余の時間が掛かった。次はウィルスソフトの最新データの受信である。

50件あり、更新に20分余を費やした。次はブログの作成である。取り敢えず2日分

を掲載する。写真や符号も載せようにも、反応に凄く時間が掛かるため使うのを

諦める。このCMCCの電波、小生の日本から持ってきた携帯電話でも受信できる。

電波の強弱判断に用いている。我が宿舎の部屋の電波状態を調査。部屋の入り口

付近はアンテナ線が2本、他のどの場所も1本、1本では弱くて通信出来ない。

入り口にある冷蔵庫の上にパソコンを置き、運用している。通信速度は速いが、

みんなが一斉に使い出すと通信は渋滞し、反応が極端に遅くなり、使用に耐えられ

なくなる。今日1日の歩行距離[E:run]も10km以上である。鍛錬身体好である。

posted by tennismouse at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

四川遊学8

休日である。この一週間余、この成都の天気は余り陽が射さない。時折しか。

快晴という日は全くない。殆どが曇天日である。時折、少ない雨が降る。長雨では

なく直ぐに止んでしまう。霧とスモッグ[E:sign02]知らぬが霞んでいる。また、殆ど風が吹か

ない。だから余計に空気が淀んでいるようだ。さて、今日は予習と宿題に専念する

と決めた。休息も兼ねて。夕食の時間までは外出しないことにする。宿題は早めに

しておこうと言うことで取りかかる。作文である。教科書にある3コマ漫画を見て

どのようなことを想像するか[E:sign02]を300字以内で自由作文しなければならない。

約3時間余を費やして完成。しかし、約250字余りしか書けない。

Dsc01344もう書けない。次に、昨日買ってきた小さな

携帯電話がある。いいオモチャという感じで

ある。練習に教師宛にメールを書いてみた。

ピンインで入力する。上手いこと出来ていて

漢字に変換していく。「今日は。老師、私の

携帯電話番号は×××です。謝謝 名前」である。

メールアドレスはなく携帯電話番号がアドレスと            

なっている。明日、電話番号を調べ、初送信を                 ↑ 留学生宿舎

してみよう。日本の携帯の7割くらいと小さいが結構な機能が付いている。

Dsc01347明日であるが、授業の後、昨日行った

繁華街に行く予定である。目的は2つ。

パソコンのWiFi無線機能が機能する

ようにする事。出来得れば日帰り旅行

を予約する事である。

   ↑ 6種余あるお粥を良く利用

posted by tennismouse at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

四川遊学7

休日である。少し出ていくと野菜・果物等の小さな露店が出ている。他方では書物、

簡単な衣類等を売っている。平日には観られない。携帯等を見に行こうと出かけた

が、1km以上来た処で財布を忘れたのに気付く。健忘症、自己嫌悪に陥ってしまう。

宿舎に戻って暫く休み、気を取り直して出かける。宿舎受付でキャンパス内にある

中国移動通信の店のロケーションを聞いて出かける。店内に入り、待ち順の札を

取って順番待ち。その間に確認する内容を整理。30分ほど掛かって契約完了。

2枚の契約書にサインをし、30+50元の料金を払い、SIMカードを受け取る。

SIMカードが30元、ネットの預け金が50元である。ネットは容量無制限で契約。

30元/月である。既に50元支払っているから1ヶ月以上運用が可能である。

好きな電話番号を一覧から選び、小生のネットの暗証番号を貰って運用可能

となる。これから携帯電話を買いに行こう。校外に出て見るも店は見当たらない。

食事をし、13時を過ぎているが、バスに乗り市の中心に向かうことにする。バスに

乗り10分余、人出の多い処で下車。地図を持たず適当に街を巡り歩く。しかし、

Dsc01337 Dsc01338

なかなか携帯を売っている店がない。雑踏の中に入り込んだ。凄い人出である。

どうやら成都一の繁華街であるようだ。ぶらりぶらりと歩いていると伊藤ヨーカドー、

その隣の伊勢丹にたどり着いた。しかし、その周辺の様子が少し違う。公安が警備

Dsc01341 Dsc01339

をしている。公安のバスと車が1台、他方面に3名の警備員を配置、どうやら日系

企業を警護しているようである。空港に到着し大学に向かう途中に、公安の車が沢山

帰って来るのを目撃したが、その内の1台であるようだ。そうしている内に携帯を

売る少し大きな電気店に偶然たどり着いた。ここでNOKIAの最安の携帯を購入。

売場の殆どがスマートフォンであるが、旧機種の部類の小さな携帯を買った。帰路

に向かう途中、開店休業状態の旅行会社にも立ち寄り、パンフレットを貰ってきた。

帰りのバス停に向かわなければならないが、 Dsc01342_2

捜すのに苦労する。タクシーで帰ろうか、と、

バス停が見付かった。尚、バスは市内は1元

である。こうして無事に大学東門にたどり着く。

コンビニで夕食と翌朝のパンを買い、宿舎に

戻る。早速、ネットの接続に取りかかるが

上手くいかない。昨日、WiFi電波をパソコンが       

認識しなかったから無理かとも思っていたが、          ビルの建設ラッシュ↑

どうもアクセスポイント検索でつかまらない。日本から持ってきた携帯電話は

WiFi電波をキャッチしている。処で宿舎内の廊下、階段、受付付近でパソコンを

している者をよく見かける。その内の1人に聞いてみた。何故、部屋でやらない

かと。そうすると日本語で応対した。日本人女性である。電波が弱いから良い

状態の場所でしていると。宿舎内の電波状態は良くない。小生の部屋を調べる

と入り口付近の状態が良い。しかし、繋がらない。パソコンが電波を認識しない。

明日もやってみよう。 しかし、可能性は低いようである。ネットカフェも無いし、

さてどうする。今日も10km以上歩いた。少し歩くのは慣れてきたが、大変疲れ

ました。

posted by tennismouse at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

四川遊学6

今日で1週間が過ぎた。授業も一巡。その最後が聞き取りの授業である。HSK

(英語のTOEICに相当)試験の聞き取りテスト形式の授業である。苦手の1つ。全く

わからん、どうしても聞きとれん。タイの留学生は分かっているようであるが、みんな

理解できているのであろうか!それとも小生だけが分からんのか。下のクラスの

初級3に移った方が良さそうである。新たにテキストを買わなくてはならない。

タイ国の留学生のように長期間留学していると、若いと言うこともあり、ステップ

アップで、聞く訓練で理解できるだろうが、小生のような者が、途中編入すると

余程力がないと付いていけない。安易に小生の力を判断した大学側、それに小生

自身の判断、2つの判断に誤りがあったと言うことになる。どうするか?アップアップ

で続けるか?思案どころ。昼はセブンイレブンで昼食。その後方向を変え、ぶらりと

散策。方角が分からず歩いていると大学とは道路1つ挟んだ望江楼公園に着いた、

入っていく。大きな公園である。市民の憩いの公園という感じである。多くがマー

ジャンを興じている。トランプをしている。多くが老人である。女性が舞の練習をして

Dsc01334 Dsc01335

いる。談笑している。歌っている。公園の大部分は多くの竹林、緑で覆われ、キン

モクセイの香りを漂わせている。老人達がたむろするには持って来いの自然環境

である。なかなか出口が分からない。門の表示が少ない。公園を出て、大学の周囲

を歩き、いつもの東門に来た。宿舎に帰り一休み。その後、学習用のCDを確認する

ことにする。4枚ある。その内の1枚のCDが再生できない。それは苦手としている

聞き取りのCDである。最も必要なCDである。相変わらずの粗悪品であるようだ。

一休みした後は、新たに開拓しようと街に出かけた。中国の歩道は歩きにくい。

歩道上にはみ出して駐車するから。また、歩道上に車の侵入や電動バイクが走る

から注意が必要だ。良く歩くから靴下が破れた。靴下を売っているところを捜すも

見付からない。ようやくコンビニで見付けたが、大小レストラン、コンビニ等は沢山

あるのだが。下着なども現地調達と考えていたが、店がなかなか見当たらない。

大学は成都の中心付近にあるのであるが。明日はバスで中心街まで出てみよう。

今日も6〜7kmは歩いた。さて、情報がない。尖閣問題はどうなっているのだろう。

今晩のテレビでは、尖閣に対処する解放軍の軍事力、性能を披露、力の誇示を

30分近く放映していたが。日本ではなかなか観られない番組であるが、こちらでは

良く目にする。観ていて好戦的、挑発的に映る。国内向けの放映ではあるが。滞在

1週間が経ったが、小生自身には尖閣問題による影響は全く感じられない。

posted by tennismouse at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

四川遊学5

朝から傘が要らないぐらいの小雨である。ここ最近の気温は22〜25℃くらいか[E:sign02]

長袖で丁度である。授業4日目。1限目は「中国の概況」。出席者が少ない。余り面

白くないから人気がないようだ。2限目は「書く中国語」、昨日コピーしたテキストを

持っていく。しかし、使わない。主の「総合中国語」の教科書を使う。この2つの教科

は同じ教師である。小生、そんなことも知らずに「総合中国語の」教科書は持って

来なかった。知らないから。隣の席の教科書を見せて貰う。この教師の教科は、

今日まで授業になかなか付いていけない状況である。終了後、昼飯を食べに校外

に出た。ぶらり店を探し歩き、少し遠出。写真入りのメニューから選び注文。辛いの

はお断りと告げる。食べきれない2人前ほどの料理が出てきた。ご飯も。ご飯は

食べる分だけ小さな茶碗に小分けして食べる。おかずは1種類である。3〜4種類

の料理を小分け注文する食べ方もあるようだ。今度から利用しよう。遠出をしたから

方向感覚に注意しなければならない。無駄足、回り道になってしまう。迷子になって

しまう。腹の準備は出来た。昼からは主要科目を2時間半余予習、宿題をした。

授業に付いていくために。みんな予習をしているようだ。今週はアイドリングタイム、

慣れてくることを期待して来週からピッチをあげよう。部屋の照明が暗いから卓上灯

を欲しいと思っていたが、今日得た情報では受付で要望すれば貸してくれると聞い

た。受付嬢が不在であったので、紙切れに書いて要望しておいた。1時間ほどしたら

持ってきてくれた。20W位の古い電球スタンドで明るくはない。無いよりましである。

テレビの横に放置してある天井灯用の13Wの電球型蛍光灯に取り替えてみたが、

残念ながら点かない。寿命品のようである。昨日15時過ぎに日本の従兄弟から

3度電話が掛かって来た。こちらから、即かけ直したが留守番になっていたので、

メッセージを入れておいた。悪い予感がしていたが、今日、妹からメールで連絡が

あり、叔母さんが亡くなったという。90才である。遠い地からではあるが合掌して

おこう。妹に代理出席をお願いした。中国の大学に行っているときに叔母さんが

亡くなったのはこれで2例目である。誠に申し訳ない。早くメール連絡ができるよう

にしなければ、日本にいる親族にも迷惑が掛かる。何とかしなければ。

posted by tennismouse at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

四川遊学4

4日目。1限目は中心科目の総合中国語。午前中1週間に4限ある科目。これが

なかなか難解でもある。次の科目が閲読、これは何とか適応できるだろう。日に

よっても、科目によっても生徒はいろいろ変動しているみたいである。1限目、小生の

隣に越南人(ベトナム人)の26才の女性が座った。10インチ画面のタブレット端末を

持っている。この中に中国辞書(越中辞書)のソフトを入れているようだ。器用に使い

こなしている。道具を自在に使いこなすとパワーになる。小生の新しい辞書、まだ

操作に不慣れである。更に彼女の持っているテキストが少し異なる。尋ねると1冊丸

ごとコピーしたものだという。テキストは1冊60元、コピーすると1冊20元という。

B5で250頁あるがしっかり製本されている。チャッカリしている。明日は「中国概況」

と「書く中国語」である。しかし、この「書く中国語」の本が品切れ。隣のタイの女性が、

入荷するまでの2日分、私のテキストでコピーしたらという。部屋に持ってきてくれた。

お駄賃に日本から持ってきた駄菓子をあげる。素直で親切な娘、微笑みの国の娘、

両手を合わせて感謝のポーズ。同クラスの日本人の若者が、午後からの選択科目

も受けたらどうですかと勧める。午前の2科目は必修科目。小生、受けることが出来

ないと思っていたが、出来るそうである。掲示Dsc01332

している時間割表をカメラで写し、余裕が出来

たら受けてみようと思う。現在は付いていくのが

大変である。予習をしなければいけないし、

宿題もあり、忙しい。日中の明るい内に予習、

宿題をするのがベスト。何故かと言えば、

8畳の間の3m程の高い天井に20Wクラスの

蛍光灯一灯の照明。夜になると勉学には暗い。勉強するには午後の日中となる。

東京の方は卓上灯を買ったという。昼からはセブンイレブンで昼食。何故昨日は

休業[E:sign02]かと。9月18日(柳条湖事件)にどうも関係有るようだ。日系企業である

から。午後からは、宿舎と対角方面に行ってみた。ぶらりと情報収集活動である。

今日予定の行動も計画倒れとなってしまった。今日も10km以上は歩いている。

夜はビールを飲み、テレビを観て、くつろいだ後は洗濯である。共用の洗濯機が

階単位に各3台、IH調理器も2台、自炊用に置かれている。処で目にした現象で

あるが、キャンパス内には付属幼稚園、小学校と中学校がある。この幼稚園、

小学校の登下校の様子であるが、保護者達が入り口に沢山集まり、様子を伺って

Dsc01362 Dsc01363

いる。だから登下校時は混雑している。大事にされているようである。一人っ子の

小皇帝[E:sign03]であるから。そう言えば、大昔では、長男であった小生も大事にされて

いた。何処も同じである。尚、授業で興味深い処では小学校の3〜6年生の時間割

をみていると、午前、午後に各5分間、眼保健操、8:00〜8:50は体育鍛錬という

健康、体力の時間がある。眼球の体操がある。

posted by tennismouse at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

四川遊学3

授業3日目。今日辺りで初級Vクラスに移るか、中級1に留まるか判断しなければ

ならない。ヒアリングが未だおぼつかない。暫くすれば慣れてくるだろうと思うがと。

1限目、総合中国語、授業開始時に教科書を間違えていることに、気付き宿舎に

取りに帰る。2限目、聞く話す中国語であるが、1/3位しか理解できない。予習をし、

慣れてくれば授業に付いて行けるだろう、目標は高い方がいいだろうと中級1で

受講することに決める。小生のクラスには小生も含め年輩者が3人いる。韓国人の

55才の男性、67才の米国人、日本人の若者も2人いる。初級3クラスには65才

と63才の何れも東京から来た人である。1人は8月末から来月26日までの2ヶ月、

もう1人は3週間の留学で今週で終了という。授業であるが、周囲に居るタイの若い

女性留学生達に助けられながら学ぶ。彼女たちは7〜8名は今年2月から来年の

1月までの1年間の留学と言う。素直で親切である。雲南師範大学の時もタイの

友達と親しくなった。微笑みの国から来た留学生である。留学生で一番多いのは

タイ、次は韓国であろう。授業が終わり、今日の午後からの予定であるが、部屋

のテレビが映るようにする事、ネットを使える環境を調べること、どこか1人でも

食事が出来る良い店がないか捜すことである。先ず食事に昨日行ったセブン

イレブンに向かう。年間無休と書いてあるが、今日は休業している。どういう意味が

あるのだろう、18日である。柳条湖事件の関係で日系企業と言うことで休業した

のではと。ぶらりぶらりと書店を探しながら歩き、小さな食堂に入り、坦々緬を注文。

辛くないようにと注文。結構いける味である。スープも付いてきた。米飯類もある。

時折活用しよう。書店がなかなか見付からない。成都市全図の地図が欲しいので

あるが、見付からない。この地図を元にあちこち移動、見物したいのである。

可成り遠出をしたので疲れた。宿舎に戻り休もう。朝、受付でテレビを観られるよう

にとお願いしていたが、部屋に戻ると早速、アンテナの配線に来てくれた。古い

ブラウン管テレビ、画質は余り良くないがようやく映るようになった。同時に押金、

Dsc01327 Dsc01328

                キャンパス内を走る人力三輪車

宿泊費、布団代を払えと管理員が入ってきた。支払いに行く。ネットであるが、

不確かではあるが、携帯電話を契約し、これを利用して出来るという。速度は少し

遅いが。中国移動通信と契約しなければならない。他案を考えているのは、近くの

大学図書館内での利用である。図書館に入るにはIdentityカードが要る。昨日、

3枚の写真を渡している。明日、学生証の発行を催促し、入館についても尋ねて

みよう。今日も校外を遠くまで歩いた。全10km以上歩いているだろう。疲れた。

暫く休んで、再度、夕食のため校外に出、蒸し饅頭を買ってきた。宿舎に戻ると

Dsc01329 宿舎の通路でパソコンをしている。

聞いてみるとネットをやっているという。

やはり中国移動体通信のWiFiを利用

しているという。更に近々帰国される

東京の方と受付で談笑。いろいろ多く

の情報を戴いた。捜していた成都市内の

       ↑大学東門外       地図も戴いた。これを元に行動半径を広げたい

もの。バス、地下鉄共用のプリペイドカードも持っておられた。全部自分で行動を

起こさなければ何事も進まない。日本であれば、「留学に際して」等のマニュアル

が用意されていると思うのである。留学生に対して一通りの説明をしてくれると

思うのであるが。ここでは一切の書面配布はない。授業時間表も掲示されている

ものを書き写さなければならない。サービスは悪い。

posted by tennismouse at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

四川遊学2

17日。入学手続きで8時過ぎに李老師の居る事務所に向かう。8:30から始業。

1階受付で尋ねるも担当の李老師は用事で遅れるという。9:00まで1階で待つも

来ず、2階に上がり事務所を訪問。話は既に通じている。写真3枚、パスポート

コピー、学費、報名費の支払いを要求されるも、報名費は既に日本で前払い済み

と返答。両替を準備の上、午後から再度伺うということで終える。そして、これから、

教室のある向こうの建物の2階に居るzhen 老師を尋ねて下さいと言う。行くと2階

は授業中である。終了は10時。zhen老師(教師)に尋ねると、1階の事務所に

行ってくれと言う。事務所に行くと簡単な質問、学習期間などからレベルを判断され、

中一クラスの504教室で受講して下さいという。1階でそのクラスのテキスト6冊を

買い入れる。1週間内であれば落書きが無ければ交換可能という。中一は中級

クラスである。内容を確認するもどうも難しい。10時30分からの90分授業を先ず

受けてみる。何とかなるだろうと言う感じだが。しかし、他の教科となると自信が

ない。明日も受講し、自分に合ったクラスを決めなければならない。その一つ下は

初級3である。中級クラスの教室は満杯の30名余。初級3は7〜8名の受講生で

ある。12:00に授業が終了。1日90分授業の2教科授業である。先の事務所で

聞いた情報では、小生より1つ年上の日本人が居るという情報。名前と携帯番号

を教えて貰う。初級3のクラスに居られた。宿舎では隣部屋である。授業が終わり、

食事をしなければならない。何処で食するか一苦労である。校外近くを捜し回り、

セブンイレブンのコンビニ弁当を食した。久しぶりの米飯である。腹ごしらえをした

Dsc01325_2 Dsc01326

後は、学費の準備である。銀行に行かなければならない。キャンパスマップを便り

に広大な敷地を捜し歩く。やっとのことでたどり着く。順番票を取ろうとすると銀行の

管理員のような男が尋問する。両替したいと言うとこの画面操作でやるという。

小生は隣の窓口で処理したいのであるが。本日の両替レートは電光板表示されて

いる。結局、窓口を通さずに両替する。1%余サービスしてくれた。そこで計算書、

書面で欲しいというと出来ないと言う。それならば隣の窓口で両替だという。

逆両替時(元→円)には両替時(円→元)の計算書が必要であるから。両替時の

50%範囲の範囲内までは逆両替が可能である。同銀行内でどういうことだろう。

不正?理解できない。彼にもメリットがあるのであろう。そして、ついでにパス

ポートのコピーも頼む。快諾する。この様に日本円を中国元に交換し、交換した

中国元を中国の大学に納めると、日本のお金が中国国内に流れていくことを実感

するもの。今は円高、交換比率は良い条件である。1万円で780元の比率、3年前

に比べ2割ほど高い両替え条件である。こうして、学費を支払いに伺う。このキャン

パス地図、どうも実際と可成り異なり、大変分かり難い。変化が激しく修正が追いつ

かないないのであろう。だから可成りの無駄足となった。残りの大きな出費は宿泊費

である。日用品、明日の朝食、缶ビールを買い終える。そろそろ夕食である。校外を

見回る。どうも一人ではレストランに入り難い。蒸し饅頭を買い入れ、持ってきた食品

と宿舎で夕食を済ませる。それにしても歩き疲れた。10km以上は優に歩いている。

二人乗り三輪人力車の繁盛が分かる。宿舎のテレビは映らず、ネットも出来ず、

ブログの記事のみを書き溜めしている。明日はネットとテレビの対応で動こう。今日、

宿泊費の催促は無かった。明日か? 尚、大学、周辺を含め、デモなどの騒乱の

様子はなく、今日も平静であった。新聞上では、尖閣近くで軍事演習を行うと掲載

されていたようである。

 *写真のアップロードには凄く時間が掛かります。省略します。

posted by tennismouse at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

四川遊学1

15日は予定通り、大阪のホテルに向かう。JR難波駅で下車し、南海電車の

乗り場に向かうも移動が大変である。大きなトランクを押して距離を移動しなけ

ればならない。汗が出る。こうして南海沿線の石津川駅のホテルに23時チェック

イン。ホテルに着き、留学必需品が無いことに気付く。日中電子辞典である。

これがないと学習の効率が捗らない。再度捜すも見付からない。忘れ物である。

空港で新規に買わなければならない。

16日、6時前に起床し、軽食の後、6:45分の電車に乗り、7時半前に関西空港

駅に到着。先ず、海外旅行ではいつも訪れるJCBの窓口へ。捜すも既に閉店して

いた。次に電子辞書売場を捜す。1店見付かった。高い値段だが購入する。忘れ

た電子辞書、買って10年近くなる。だから新品は可成り進歩している。慣れるまで

に時間が要るだろう。こうして定刻9:30に関空を離陸、定刻11:50に経由地の

北京国際空港に着(1時間の時差)。台風の影響もなかった。北京の気温は日本

と変わらない。晴天である。入国カードを記入し、入国審査を無事に通過、荷物を

取り、国内線乗り場に移動する。安全検査を受け、成都行きの搭乗口待合所に

向かう。この間、約1時間、スムーズに行った。この待合所でパソコンを取り出し、

記事の一部を下書き。14:00定刻に北京空港を離陸し、定刻17:00に成都

双流空港に着。成都はあいにく雨、気温も低い。関空から北京までの正味の飛行

時間は3時間、北京から成都までは2時間半である。タクシー乗り場に移動。

白タクが勧誘するが無視。30分ほどで四川大学に到着、18時を少し過ぎている。

下車したここから困惑である。準備不足である。大学のキャンパス図が無い。

大学の東区宿舎に向かわなければならないが、さて何処で尋ねたらいいか?

キャンパスはとても広大。良くない路面を大きなスーツケースを押して、小雨の

中を移動し、捜すも限界。三輪の人力自転車が結構走っている。拾って宿舎に

向かう。着いたところは西区宿舎。ここの受付では話がなかなか通じない。

(日本で受け取った書類には西区宿舎とあるが、東区宿舎に変更と連絡を受け

ている)東区宿舎と連絡、調整を依頼する。決着し、再度、三輪人力車で東区宿舎

に向かう。この間で1時間を費やしている。連絡、調整と言ってもいい加減な仕事

ぶりである。こうして東区宿舎に到着。辺りは暗くなっている。1階受付で宿泊金額

の請求提示、押金の請求をされ、部屋No.を告げられ、自ら部屋に向かう。

Dsc01322 Dsc01323_2

部屋に入ってビックリ玉手箱。部屋には什器意外、全く何も無いではないか。先ず、

2ベッドはあるが、布団一式に枕がない。タオルもトイレットペーパーも、歯ブラシも

全くない。有るのは大きな魔法瓶2個と机、椅子等の家具とエアコン2台。テレビは

映らない。冷蔵庫は何とか動いた。8畳二間とシャワー、トイレ、洗面所。広いだけ。

Dsc01321 Dsc01324

布団もないのに今晩どうして寝るのだ!と、あきれてしまう。今までの留学体験

ではホテル同様、全て揃っていたが。日本の留学紹介所が悪いのか?日本の

学生マンションと同じようになっている。家財、生活用品は全て自前で揃えなければ

ならないのだ。280元だから布団一式を自分で買えという。買っても持って帰れる

ものではないが、了解し、貰いに行く。持ってきてはくれない。サービス員は仕事を

しているのか、雑談しているのか、遊んでいるのか不真面目ではないか。食料品は

買い込んで持って行ったから困らなかったが、しかし、箸がないから不自由である。

各階に女性サービス員が居る。小生の3階フロアー担当の女性サービス員に

駄菓子をあげた。便宜行動である。そうすると30分ほどしたらドアのノック音。

開けるとその女性サービス員が、少し古い布団一式を持ってきてくれた。しかし、

既に購入してセット済みである。買った物はキャンセルは出来ないと言う。

ちぐはぐである。

さて、空港から大学へ向かう途中、迷彩服を着た男が、小生の乗ったタクシーの前に

両手を広げ立ちはだかり、停車させた。すると多くの迷彩服を着た要員を載せた軍用

トラックが数台とバスが、我がタクシー前を横切り軍事管理地区と書かれた域内に

誘導されて入って行った。デモの治安対応で出動したものであろう。暫く走ると又も

同様の一群とすれ違った。尖閣諸島問題でデモの警戒に当たっていたいたのだろう。

不安定社会、力で抑え込む必要から日本に比べて、多くの治安要員が必要である。

posted by tennismouse at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

彼の国へ

久しぶりに病院[E:hospital]に行って来た。1年4ヶ月振りである。夏季は汗[E:sweat02]をかく為、

手指部の皮膚病が酷くなっている。薬効期間切れの塗布で効果が薄かった。 

小生、主夫(婦)業をしているので、炊事などによる手指の酷使が原因である。

症状部位は手指に集中している。さて、来週から年間行動計画に則り、中国、

四川省の四川大学に「よく学びよく遊ぶ」、「好好学好好玩儿」で出かける。

留学準備行動は、6月末から着手している。しかし、来週からの出発を目前に

控え、ここに来て日中関係が険悪となり、厳しさを増してきた。日中国交40周年

の節目年であるが、時期最悪の訪中となってしまった。今回で5校目の大学短期

語学留学である。約50日間滞在。60歳以上で学ぶにはハンディがある。四川

外国語大学は入学を拒否され、四川大学[E:school]は許可された。 しかし、健康宣言書

と言うものを書かされた。もしもの健康上の問題が起きた場合、大学には一切の

迷惑を掛けないと言う念書である。その訪中に伴ない、この数日、種々の対応に

追われている。今日は皮膚疾患の症状が治まるように塗布薬を貰いに病院へ。

全国展開する大病院であるが、その病院にも変化が訪れていた。最も遅い変化

対応であるが。それは医薬分業である。この9月1日から始まった。病院駐車場

エリアを中心に6つの薬局が開局営業している。立地場所が勝負である。 小生、

病院出口から目と鼻先にある最も近い薬局を訪れた。以前に比べ、待ち時間も

短く、競争の為にサービスも良い。このお店、敷地面積70坪位の店舗内に処方

薬調剤の為に総勢15名位が従事している。多くの職員という印象である。

もらった院外処方せんの注意書きには、複数の医療機関を受診されている方は

かかりつけ薬局」を持つことをお勧めしますとある。新たにお薬手帳というもの

も発行された。服用履歴を記録するものである。安全に薬を服用するために。  

さて、次は携帯電話の営業所へ。3年前に短期留学したとき、帰国して驚いた。

携帯の通信費が2ヶ月間で3万円近く請求されたから。殆どがメール[E:mailto]通信利用

であったのだが。中国(海外)と日本間の国際通信は、中国と日本の2社の通信

会社から費用請求される為に。この通信費対策の為に相談に行ってきた。

アドバイスは、「メールの選択受信」を設定するである。受信した全てのメールは

通信会社留めにし、その内、好きなメールのみ開封閲読するものである。それに

+googleメールの活用である。携帯から小生のgoogleメールアドレス宛へ送信

してもらい、中国で小生がパソコンで受信すると共に携帯宛に返信するもの。

即応性には劣るが。当初、小生が考えた案、メールアドレスを変更し、その変更

したそのメールアドレスを通信したい特定者のみに連絡し、その特定者とのみ

通信しようと考えた。そして、帰国したら元のメールアドレスに戻す案である。

しかし、これは不可能。一度メールアドレスを変更すると、元の同じアドレスには

戻せないと言う。 次は、郵便物の対応。最長30日間の郵便局留めが可能で

ある。その期限翌日に自宅に配達される。では残りの20日間はどうする[E:sign02]

1日以上の間を空ければ、再度次の設定日も可能という。 次は、水遣り管理が

主である園芸・観葉植物の対応である。観葉植物[E:bud]の一部は知り合いに預け、

妹にも預け、残りは太太が管理。野菜の間引き作業、種蒔き作業も太太

尽力して貰うことに。行き先四川省は、Dsc01320

辛い料理[E:restaurant]の本場である。これに

対応する為、即席飯、緬、肴、日本酒、

缶詰、ふりかけ、梅干し、即席味噌汁、

即席スープ等々多くの日本食、嗜好品

も準備した。それに薬の正露丸。駄菓子

は現地でお世話になる中国人への便宜

に用いるのだ。留学期間中の9/30〜10/7は、国慶節を中心に中国の黄金

週間である。この期間を含め、中国人の国内ツアー旅行にも一人参加予定で

ある。どうかトラブル無く、無事に帰国出来ますように、と神に祈るのみである。

 祝我一路平安吧[E:think]

posted by tennismouse at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

平清盛

NHK大河ドラマの平清盛、小生、どうも歴史に弱く、疎いから、観ていて解りずらい。

興味をそそらない。この時代以降の戦国、安土・桃山時代なら周知の時代、誰もが

興味を示し、理解できるが、平安時代末期の歴史ドラマ、どうも解りずらい。このよう

な視聴者に対し、演出面で観る意欲を掻き立てて欲しかった。更に、主演俳優、一生

懸命演じる新人であるが、どうもスター性に乏しく、訴求力が弱い。何か、強い個性が

有ればいいのであるが、顔立ち、台詞表現、演技に主演の際立ちを感じない。周りの

共演者の演技に目移りし、没個性の感が否めない。また、某知事が放映画面が汚い

と批評したが、歴史物である過去の時代物故のセピア色の画面演出であろう。その

画面表現は過去と言うことで解らぬではないが、しかし、どうも合点がいかない。

小生の折角の高品質なテレビもその性能を十分に発揮できない。この考えでは

歴史物は全て過去の物語故、セピア色表現となってしまう。過去の時代背景を当時

にタイムスリップして、当時のありのままの色彩で迫力を以て観たい小生にとっては、

違和感を感じる。全画面をこのセピア色のフィルターを通して放映されると興味が

半減する。やはり、当時の出来事を原色のまま放映し、ありのままにリアルに表現

して欲しいと思うもの。大多数の視聴者は大型の高性能テレビで楽しんでいる。

大いに当時の色彩、演出表現をして欲しかったと思うもの。我が家のテレビは、

未だ未だ寿命期を迎えてはいないのである。

posted by tennismouse at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

若き天才達

宰我問、三年之喪期已久矣、君子三年不為礼、礼必壊、
三年不為楽、楽必崩、旧穀既没、新穀既升、鑚燧改火、
期可已矣、子曰、食夫稲、衣夫錦、於女安乎、曰、安、
女安則為之、夫君子之居喪、食旨不甘、聞楽不楽、
居処不安、故不為也、今女安則為之、宰我出、子曰、
予之不仁也、子生三年、然後免於父母之懐、夫三年之喪、
天下之通喪也、予也有三年之愛於其父母乎

問1
上記の論語を読み、「親が亡くなった時、3年の喪に服すべき理由は?」

   正解:子供は生まれてから3年間は親の懐に抱かれて育つから

   補足:一般の中国人も読めない

問2
ノーベル文学賞、日本人以外のノーベル文学賞受賞者を挙げよ。

   結果:40人を列挙

問3
シベリヤ永久凍土から発見されたマンモスが生きていた年代を推定せよ

   正解:1.82×104 年

   補足:計算条件の提示あり。炭素の半減期から計算。

        ノーベル物理学賞の益川敏英氏からの出題

問4
世界最高峰のエベレスト以外の8000m以上の名前を挙げよ

   結果:13峰を列挙(全峰)

問5
レオナルド・ダヴィンチのこのデッサンの名前は

   正解:ウィトルウィウス的人体図

問6
ゴーギャン 遺書の代わりに描いたこの作品のタイトル

   正解:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

   補足:東大生正解率3%

問7
凹凸に共通する部首の名前は何か

   正解:うけばこ

問8
琵琶湖に直径100mのボールを置いたところ50m沈んだ。ボールの重さは

   正解:2.62×105 トン

問9
<ー>と>ー< の長さは等しいが、この幾何学な錯覚は何というか

   正解:ミュラー・リヤ−錯視

問10
小倉一首で唯一、濁点のない句は

   正解:これやこの、いくもかえるもわかれては・・・

問11
同じ橋を二度渡ることなく、7つの橋を渡って元に戻ってくるという7つの橋が

実際に架かっていた都市の名前は

   正解:ケーニヒス・ベルク

問12
1582年 天王遣欧使節を送った3人のキリシタン大名の名前は

   正解:大友宗麟、大村純忠、有馬晴信

問13
冬眠鼠(漢検一級)の読みは

   正解:[E:sign02]

問14
鎌倉幕府が滅亡した年の元号は

   正解:元弘

問15
宇宙エレベーター 上空36000kmの軌道衛星まで移動に掛かる時間は

   正解:102時間11分37秒

   補足:NASAからの出題。重力G=9.8などの計算条件の提示あり。   

問16
1941年 稲葉秀三、和田秀雄らが左翼活動で検挙された事件を

彼らが在職していた政府の組織名から何というか

   正解:企画院事件

小生の観るテレビ番組は衛星放送を含め、NHKを観ることが多い。昨晩は余り

面白い番組がなかったので、民放のクイズ番組にチャンネルを変えた。

高校生クイズ2012である。日本のトップクラスの高校生がチャレンジする。

文珠の知恵の1校3人のチーム編成、都道府県を代表する54校の対抗戦である。

全国5909校の知力の甲子園と銘打っている。最も頭の良い高校を決定すると

いう。結果は東大合格数31年連続トップを誇る東京の私立高校、開成高校が、

またも優勝した。二位は野田総理の母校、千葉の公立、船橋高校。

小生の理解できた問題は、問8くらい。後はちんぷとんかんぷとん。計算問題は、

電卓なしの筆算で算出、制限時間は2分以内である。彼らの能力にスタジオで観る

多くの有名人も、ただただ感心し、呆れるばかり。ある高校生、この解答は図書館で

立ち読みした時、記憶したものだという。これ以外にも多くの難問が出題されたが、

全ての問題を正答している。まだ高校生である、凄い能力である。学力オリンピック

の国を代表する高校生達である。ただ驚愕するのみである。天才である。近い将来、

彼らが国を引っ張って行くことになるのだろう。どうかよろしくお願いします[E:confident]

尚、問13の正解は伏してあります。考えてください。

posted by tennismouse at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする