2013年02月24日

朝鮮半島

最も近い隣国、韓国。小生はまだ一度も訪れたことがない。その韓国について一昨日

の新聞に以下のような記事が載った。その主要内容を紹介すると『朝鮮半島は冷戦期、

南北の自由主義勢力と共産主義勢力が拮抗するバッファゾーン(緩衝地帯)であった。

問題はこの両小国が大国からの自立を試みたことにあった。北は核・ミサイルの開発

に特化し、武力の発展を遂げた。南は外資を導入し、貿易に特化して経済発展を遂げ

た。その結果、北は国内の生産体制が崩壊し、中国の経済植民地に陥った。米国を

核・ミサイルで挑発し、中国をたかる。南は、外資占有率と貿易依存度の異常に高い

国になった。利益を外国投資家に持って行かれる一方、輸出を増やして国内総生産

(GDP)の半分以上を賄う。米国から金を借りて中国に商品を買ってもらう。米中の

バランサーになるというのが彼らの理想だったが、現実には、どちらにもすり寄り、

どちらにも内心の敵意を燃やすという一国バッファゾーンになった。この一国バッファ

ゾーンとしての役割を全うするには、順調な貿易、特に対中輸出を維持するか、伸ば

すしかない。だが、「アベノミクス」は円高を是正し、ウォン安時代は終わることになる。

日本製品が安くなれば、わざわざ韓国製品を買う必要がなくなるのも道理である。

安全保障の米軍の関与を維持しようとし、指揮権引継ぎを2015年まで延ばしてもら

ったが、在韓米軍の撤兵は続く。貿易面で対中依存、安保面で対米依存が減じれば、

韓国は済州島の海軍基地の完成後、中国船舶を引き入れる可能性がある。バッファ

ゾーンであるよりもバランサーでありたいという意識が、欠損を埋めようとするから。

韓国の最も大きな誤認は、地図上の大国に事大主義で仕えている限り、日本を敵に

回しても構わないという甘えであり、この甘えが日本の防衛、引いては、東アジア全域

の安全保障に重大な危機をもたらすという事が有り得る。従って日本は、あくまでも

韓国をバッファゾーンに固定するように施策を練る必要がある。取り敢えず、「助けな

い、教えない、関わらない」という3カ条で、韓国の甘えを断ち切り、バランサーが夢で

あることを自覚させることから始めたい。経済で困っても助けない、企画や技術を教え

ない、歴史問題で絡んできても関わらない。これが日本にはなかなかできない。努力

が必要である。韓国には内憂が付きまとう。大財閥がGDPの70%余を稼ぎ出し、サ

ムスン電子が22%を占める。民族の行動パターンは李朝と同じ。財閥企業のエリート

が両班(ヤンバン)で一般人は常民(サンノム)。彼らの家計負債はGDPの80%に達した。

ヤンバン・サンノムの階級選別は大学入試という「科拳試験」で固定化され、敗者

復活戦のない、希望のない差別社会が生まれ、自殺率はOECD諸国随一となった。

次期女性大統領朴氏のスローガンは「幸せな国にします[E:sign01]」である。・・・・・後省略』

こういう国であるらしい。さて、小生は昨年、成都市にある四川大学に8週間余り語学

留学した。韓国からの留学生は日本人よりも多い。3〜4人の韓国人と話す機会が

あった。その中の2人は日本語ができるから2人の日本人留学生と親しくしている。

その関係で知り合いになったもの。彼は日本の大学に留学した経験があり、日本の

ファッションを愛用しており、今も通販で取り寄せているらしい。そして今、日本の大学

で知り合った成都の女性と交際しており、将来は2人で日本に住みたいと話していた。

小生、お節介であるが、日本も若者の就職は厳しい、語学+αの何かの技量が必要

と言っておいた。他にもう1人、余り話す機会はなかったが、若い韓国人女性が居た。

彼女は、日本人の気質を真似しなさいと韓国で先生から言われたと言っていたが、

彼女本来の性格か、どうかは解からないが、おしとやかな物言い、挙動であった。

日本語ができる彼女もまた、成都の男性と交際していた。どうやら、この若い韓国人

2人は何れも中国人と結婚するようだ。何れも知り合った所は日本の大学のようで

ある。女性は成都で暮らすのか[E:sign02]この若者2人の行動、小生には、それがどうも、

韓国からの逃避行に映るのである。日本では韓流ブームで華やかであるが、やはり

希望のない韓国社会なのであろうか。韓国の立居振舞い、一挙手一投足によって

日本の安全保障も大きな影響を被ることになる。日本が不得意とする毅然とした行動

が必要と思うもの。『大人の対応、冷静な対応』は、何もしない口実である、と何度も

聞かされて来たのである。こうした日本のあいまい行動が地域の不安定化を自ら助長

していると教授の記事から思うものである。

  参考引用:新聞掲載 2013.2.22  古田 博司 教授  記  

posted by tennismouse at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題・関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

自炊とアサリ

昨日、今年初めてゴルフ[E:golf]に興じた。自らの解禁日は3月5日の啓蟄としていたが、

悪友のしつこい勧誘があり、2回目の設定日に折れてしまった。小生の身体はガラス

の身体、壊れやすい。腰が、肩がと骨格に支障が生じる。寒いとそのリスクが高くなり、

壊れれば今後の遊びに影響するから、寒空の下でのプレーは自重している。 ただ、

今回は天気が良いことが条件参加であったが、風も静かでマアマアのゴルフ日和。

9時過ぎにスタートしたが、我等前後には全くプレヤーが観られない。まるで貸し切り

のようである。が、しかし、ゴルフ好きは居るもので、まばらであるがプレヤーがいる。

成績は49+53、OBは無く、ペナルティー2である。大した練習はしていないが、自ら

としてはマアマアの成績。悪友には1打の負け、またも優越感を与えてしまった。さて、

そのゴルフの帰り道、大型ショッピングモールに立ち寄った。春近く、春の花々、園芸

用品を観て回る。今春の鉢花の植栽計画は既に出来上がっており、あと1ヶ月もすれ

ばその計画に向け、園芸作業が忙しくなってくる。次は食料品売り場に向かい、食材

を調達。鯵の塩焼きならぬ無塩の鯵焼きをと青魚を、アサリの味噌汁を、とアサリ貝

等を買い入れる。今朝はアサリの味噌汁を自ら作った。食物連鎖の一番の頂点に

立つ人類、多くの動物の命を絶ち、食にして生きている。このアサリ、昨夜一晩、塩水  Dsc_0111                 

に浸けておいた ものである。鍋に

入れ、熱するとしばらくすると湯温

が上がる。そして湯の色に変化が

表れて来る。結構、忍耐強く頑張る

もので、やがて貝柱を解き、貝が開く。

          ↑ 副菜は省略          この様子を観ていると、何とも殺生なこと、

むごいことだと思うもの。このアサリにしても鯵にしても、他の動物からの捕獲を免れ

ようと必死であったのであるが。スーパーで売られている多くの魚類[E:fish]は、生命を絶

たれて売られているが、貝類は生きたまま売られているから、このような結果となる。

まあ、貝にしても魚にしても彼らの食べ物は微小動物である。彼等も食物連鎖で

小さな殺生をしていることに変わりはない。食べ物で人間に最も貢献しているのは

大型家畜の牛[E:taurus]、豚[E:pig]に鶏[E:chick]、それに魚[E:pisces]であろう。飼料を与え、育て、牛で

あれば3歳くらいになったまだ若い時に命を絶たれ、我々人間の食物となっている。

アサリが釜炊きならぬ鍋炊きされる様子を観て考えたものである。意味は異なるが、

『茹でガエル理論』と称するものがあるが、余談であるが、このアサリ、沸騰した湯

に放り込むと貝は開くのであろうか[E:sign02]小生、料理を始めた頃、ほうれん草を水から

茹でていた事があり、アサリは沸騰した鍋に放り込んだ経験がある。確か貝は開か

なかったと記憶している[E:confident]

posted by tennismouse at 15:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

ヘルスミクス

ネット上には多くの情報が氾濫している。今、小生が最も関心を示す情報は医学

情報である。小生のような60代の話題となると健康、不調に関することがどうして

も多くなる。活気盛んな成長期、その後の安定期を過ぎて、今は衰退期である。

そして老衰期に突入する。健康診断の度に指摘、指導された生活習慣は変えら

れず、症状が顕著に顕在化したこの機に及んで、食習慣を変える必要性に迫ら

れた。時既に遅く、身体の対応力、修正能力は低い。15年ほど前より尿酸値が

高く、将来このままでは贅沢病、帝王病の痛風になると警告を受けていた。毎週末

のテニス後の冷えたビールは格別美味い。特に夏は。これがためにテニスを楽しん

でいるようでもあった。だから、尿酸値はいつも基準値を超えていた。一度、美味しい

ものが口に入るとその味はバッチリ脳裏、脳細胞に記憶される。そして、それが繰り

返され習慣となる。理性が利かず、本能が優先する。テレビで、チラシで、スーパー

で多くの美味しい食べ物が目の前に表れ、誘惑し、食欲本能を刺激する。こうして

Dsc_0110放置して15年が過ぎ、身体に

不具合が現れる。幸いと言うか

痛風症状は表れてはいないが、

足の小指辺りにそれらしき痛み

のようなものを時折感ずることも

無きにしも非ずである。しかし、

この尿酸値が高いと高尿酸血症となり、それが種々の心疾患に悪影響を与えること

が、最近解かってきたことである。小生の身体はこの高い尿酸値と高い血圧の二つ

が悪玉因子である。放置した結果、麻薬となる血圧降下剤を服用する羽目に陥った。

小生は『常用する薬は極力体内に入れない』が旨であったが、それが崩れた。

しかし、何れ薬物治療のご厄介になる事は覚悟していたが、その予定が少し早い。Dsc_0112

小生の願いからしてあと数年は早いのである。

だから、何としてもこの麻薬を断ちたい、4日前

から服用を始めた血圧降下剤を断ち切りたい

のである。狭心症の恐れがあるため、何も

しないで断ち切ることはできない。それには

生活習慣を変え、血圧を下げるである。格言に下記のようなものがある。本来の意味

とは少し異なるが、悪しき習慣を変えることに変わりはない。染みついた永年の生活

習慣を変えるのである。永年の高血圧領域からの脱却と尿酸値の改善により、病気

の運命を変えたいのである。その大きなポイントは、@食生活習慣を変える。具体的

に言えば、間食を含めた総カロリー制限である。兎に角、自覚しているが、食べ過ぎ

である。老化した身体が対応、処理し切れないのである。通常は食べられない、食べ

切れない料理もアルコールの力があると自然と体内に入っているのである。食事量

の総量規制である。晩酌も日本酒、ビールの醸造酒から焼酎等の蒸留酒に変えて

いこう。その次はA運動である。摂取したカロリーの燃焼、消費である。 この

2本の矢の政策』で高血圧と尿酸値の正常値への脱却を目指す。強い意志が求

められるが、暖かくなっていくこの半年間で変化に繋げたい。デフレ目標は10%[E:sign03]

の収縮、高血圧の限界値135と85である。ヘルスミクス効果の期待であるが、

時すでに手遅れで効果の可能性は殆ど期待できぬかも知れぬが、トライする価値は

あるのではと。兎に角、綿密な計画を立て、やり抜く強い意志が必要である[E:think]

   心が変われば、態度が変わる。
  態度が変われば、行動が変わる。
  行動が変われば、習慣が変わる。
  習慣が変われば、人格が変わる。
  人格が変われば、運命が変わる。
  運命が変われば、人生が変わる

posted by tennismouse at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

薬物治療

診療所に行く[E:hospital] 3週間の血圧測定の結果報告と大腸がん検診の際のポリープ検体

の検査結果を聞くために。ポリープ試料に問題は無く、次の循環器内科へ。

3週間の血圧測定記録を観て、少し高いですね、薬を飲みましょうか とイエロー

カードが出された。血圧の正常範囲は80〜130。小生の測定値はグラフから観る

と150近く、下は100位か。全体に20mmHgレンジが高い。上は年齢+90まで

はいいのではないのですかと詰問。現在は80〜130が適正範囲であるという。

Photo_3

今はこの管理値レンジ

を下げた為、脳溢血等

の事故は減少している

という。時折起きた胸元

の息苦しさ、この1ヶ月

半余起きていない。小生、

この症状は本当に狭心

症の症状でしょうか[E:sign02]

他に考えられないでしょうかと尋問。狭心症であるかを観るためにニトログリセリンの

薬を出しますとなった。もし、その症状が起きた時には、この薬を即、舌の下で溶かし

てくださいと言う。これで症状が治まれば狭心症ですと言う。女医さんは小生の症状

の証言、血圧結果、カルテ、年齢等から総合的に判断して、初期の軽い狭心症と診断

しているようである。治療工程順序の治療方針→非薬物治療(生活習慣の改善等)をパス

し、最終の薬物療法まで進んでしまった。医師の処方箋を持って薬局に行くと、2種類

の薬が出て来た。1つは舌下錠、もう一つある。血圧を下げ、狭心症の症状を改善する

薬と説明書きにある。28日分有り、再度、その後の血圧測定の記録を取り、再訪しな

ければならない。待合室で待機している折、目の前に日本医師会発行の尿酸値に関

する情報紙が掲示されていた。高尿酸血症を放っておくと痛風の他に膀胱結石、腎機

能障害や循環器病の虚血性心疾患、動脈硬化、脳、心筋梗塞にも通じると書いてある。

最近の医学で解かって来たらしい。小生は以前から尿酸値が基準外と高く、この永年

の高い尿酸値が影響したのであろうか。処で、小生の手許には親父の日誌がある。

最も古い日誌は1982年、親父69歳である。日誌には掛かりつけの病院で血圧を

測定し、記載している。 この当時、1〜2週間に一度通院して血圧測定をしている。

値は大体が80〜160と記録してある。記入はないが、どうやら血圧の薬を飲んでい

たようである。小生もこの高血圧の血筋である。これを機会に塩分とプリン体の毎日

の食事にも気配りしたいと思うのである。気休めに。更にウォーキングの運動である。

それから、拙宅の近所の出身と思われるこの女医さん、旧姓を尋ねようとしたが控える

ことにした。女医さんはお見通しかも知れぬが、今は知らぬとしておいた方がいいよう

である。今日は雨であり、老婆の車で診療所に向かい途中下車。診断結果を注視して

いる老婆(ラオポ)、喧しくなりそうである。

posted by tennismouse at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

2月14日

チョコレートを貰いました[E:heart01]今年も。告白です。くだすった女は老婆(ラオポ)

毎年くれます。彼女は此れと思った男にはとても尽くす女です。彼女の目に

叶えば大変です、wanted[E:sign02] どこまでも追っかけます[E:run] 追っかけて50年、

Dsc_0108_2

未だに青春時代の憧れの歌手

を飽きずに追っかけています。

一種のストーカーです。新幹線

[E:bullettrain]で東京まで、ひとっ走り、

とんぼ返りの韋駄天振りです。

兎に角、そのエネルギーには

圧倒されます。彼女はとても欲張りです。二人の男を虜にしています。その内

の1人が小生です。小生が居る分、憧れの青春歌手にはほんの少し熱が冷め

たようです。小生の名前が歌手と同じという事もあり、小生をピンチヒッターと

捉えているのでしょう[E:sign02]この彼女、押しが強く、小生の忠告は余り聞き入れま

せん。柳に風、年齢的に既に手遅れです。時には自己中心的で、ここぞと思っ

たら猪突猛進、周りが見えません。そして献身的です。現在、寝たきりの痴呆の

叔母さんを看ています。小生が悪くなれば、一生懸命尽くすと言ってくれます。

感謝感激、有り難いことです。小生は、尽くさんからと言っています。一生懸命

には[E:confident] しかし、悲しいことに互いの歳の差が1歳もありません。その頑張り、

韋駄天のエネルギーを発散して身体が持つのでしょうか[E:sign02]尽くす前に尽くされ

る立場となるのではと思えます。彼女はテンポが遅く、1日を26時間で生活して

います。文明の利器の携帯[E:phoneto]、小生の型落ちを持っていますが、メールは苦手

でもっぱら固定電話を愛用しています。付いた名前が悪いのか実に妙な女です。

彼女には大切なバレンタインデーですが、小生にホワイトデーはありません[E:confident]

  *参考 バレンタインデー:女性が男性にチョコを贈る風習は日本だけのもの。

        ホワイトデーのお返しの風習も日本独自のもの  と辞書に有り。

posted by tennismouse at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

憂鬱解消

今日、一つの憂鬱が過ぎ、消えた[E:scissors] 昨夜、夕食を軽めにとり、風呂に入り就寝。

その就寝前にコップ一杯の希釈した下剤を服用。そして今朝、何時もより早く目が

覚めた。今日は朝食抜きで、1.8リットルのクエン酸マグネシュームの下剤を更に

飲まなければならない。9時から飲み始め、2時間余を費やして飲みなさいと。

途中トイレに行く、また下剤を飲む。こうしてトイレに駆け込む事7回、大腸内は綺麗

になり、排出する物はなくなった。昼食も絶食で14時半からの内視鏡検査に向かう。

診療所は午後からは休診のため人影はない。受付でDsc01638

検査同意書を提出し、早速検査室へ。次の人待って

ましたとばかりに検査が始まる。検査室に女性が

2人居る。先ず、仕切り室で紙製パンツに着替え。

開口部を後ろにしてパンツ装着。1人の看護師が

ベッド上の小生を介添えし、内視鏡検査を行うのは

女医さんである。ベッドに横になり内視鏡が大腸に

入って行く。腸を膨らませる為、空気も封入する。途中、とても痛いような苦しいこと

が起き、顔をしかめるも、女医さんは天の邪鬼、操作を止めない。力をもっと抜いて

ください。力を入れている訳ではないが、力んでいるらしい。画面を観ながら内視鏡を

小腸端まで辿り着かせた。検査中、小生、大腸はどれ位の長さがあるのですか[E:sign02]

と尋問。伸ばせば約2m、縮んで0.7〜0.8mですと。そして、今度は内視鏡を引き

戻す。この引き戻す時に画面上で詳細な目視検査をするようだ。小生も自らの腸内

画面を観る。「やはり腸内は真っ白ですね」と冗談の放談を一つ。綺麗なピンク色で

すねと言う。3人で画面を観ている。そして、ゴマ粒ほどのポリープの1つを切除しま

すと、試料採取。空気を入れるから腹が張る。ガスをどんどん出してくださいと言う。

こうして約20〜30分で検査は終了。着替えを済ませ、診察室で結果説明。ゴマ粒

ほどのポリープ1個以外全く異常ありません、となった。2〜3質問をした。どうして

内視鏡を侵入させる時、ある処でとても痛くなったのですか[E:sign02]肛門に近いS状結腸

の部位です。腸が自在に動く範囲が狭いために無理が生じますと。更に大腸癌の

細胞から、小指の先ほど大の癌に成長するまでどれ位時間がかかりますか[E:sign02]癌の

種類にも拠りますが、早い癌で1年です。という事は、同検査は隔年受診でもいいの

では、と内心思った次第。この女医さんは同診療所の医師、最近結婚されたという。

30代後半であろうか[E:sign02]処で、小生の身近にこの大腸癌検査の経験者、大先輩が

いる。老婆(ラオポ)である。しかし、今回、小生にその機密情報を事前開示してくれな

い、何も話してくれない。酒を飲む人は結構引っ掛かるのだと言うだけである。今回、

検体2つの内1つが陽性となった。どうして便潜血検査に引っ掛かったのであろう

か[E:sign02]本当に微量の潜血があったのであろうか[E:sign02]それとも検査自体、精度に何か

問題があるのだろうか[E:sign02]疑わしきは罰するフェールセーフ検査である。余り受けたく

ない検査である。今年はパスとしよう。処で小生の母親は大腸癌で亡くなっている[E:weep]

posted by tennismouse at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

北京汚染

9年前の話、出来事である。小生、2月中旬から1ヶ月、北京師範大学に短期語学

留学に行っていた。大学2年の冬休み、初めての語学留学である。当初は前年の

夏季休暇に行く予定であったが、鳥インフルエンザの大流行で大学からの通達も

あり断念した。この時期、北京は日本より気温が低く寒かった。留学期間中の週末

には、大学から有名観光地に連れて行ってくれた。頤和園、故宮、明十三陵、天壇、

万里の長城等である。郊外にある万里の長城へ行った時、辺りは少し積雪して凍っ

ており、長城を歩くも滑り、危険で苦労したもの。自らは人民大会堂、王府井、前門、

盧溝橋などへもぶらり出掛けた。今、この北京が大気汚染による環境悪化で世界的

ニュースになっている。小生が行った頃の北京と言うと、昼間は大気汚染は殆ど感じ

なかった。 が、しかし、夜間は大気が淀んで霞み、一見して汚いなぁと思ったもの。

街の照明が霞んで見え、誰もがスモッグと分かる。北京では工事用大型車両の市内

への出入りが夜間になると許可される時間帯交通規制の為、この影響ではと思った

ものである。今日迄のこの間、車、工場が増えるも環境対策を放置したために悪化

の一途となったようである。毎年2桁の経済成長が続けば、比例して汚染も増長す

る。毎年10%成長すると7年で倍増となる。9年では2.4倍。 当時は、食品汚染

でも社会問題を起こしていたが、遂に大気まで汚染が広がった。この影響か[E:sign02]

北京の中南海の住人達は、この汚れた空気を吸っているために世界の常識から

大きく逸脱した行動、思考をしていると思えてならない[E:confident]  さて、人間が生きていく

上で必要なものは空気と水である。以前の日本に於いては、この空気や水は自然

界に無尽蔵に、豊富にあり、タダ(無料)同然であった。しかし、この当たり前が崩れ

てきた。北京に於いてはきれいな空気を求めて、お金を払わなければならないよう

である。住民はきれいな空気を得るためには直接、間接的に経済的負担を強いられ

る時代になって来た。日本でも以前、大気汚染問題が発生した時、都会ではタイム

制の吸う酸素販売機が現れたように記憶している。 他方の飲料水、日本において

もスーパーや自販機には本来タダであった水、天然水だの深層水だのという水が

販売され、商売が成立している。それだけ水汚染、不味い水が増えているという

事か、或いはミネラルや深層水成分等が含まれ、美味しい水と称して水道水との

差別化を図って成功しているようである。身体によくて、美味しくて、信頼できる水

として需要があるようである。小生には水道水との違いが判らないが。飲料水が

ビジネスとして成り立つ時代なのである。更に日本では福島県を中心としたエリア

では放射能により大地までもが汚染した。経済的に繁栄した分、そのツケが回って

来ている。そして人間の生活、健康までも脅かし始めた。

悲しいことに益々地球は狭くなり、汚れていく[E:weep]      

想起来啊[E:sign01]想い出した。当時の北京を。古い民家をドンドン壊して再開発が盛ん

であった。小生、新しい物に興味は無く、もっぱら路地裏に入り、一般市民の生活

をよく観に行ったものである(胡同)。粗末な民家に住んでいる。カメラを撮りたいが

4_20130202_1558撮れなかった。叱られるようで。そして

民家の表には沢山の石炭の燃えカス

が捨てられていた。北京の一般市民は

暖房、調理のエネルギーに豊富な国産

エネルギーである石炭、練炭を使ってい

たのである。新たな建物であるマンション、アパート等では集中給湯のエネルギー

にも石炭が使われているのではと。この煤煙も大気汚染に拍車をかけている。

posted by tennismouse at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする