2013年04月24日

酒 肴

健康に日常生活をしている上での楽しみの一つは食事である。何度も同じ事を言っ

ているが至福の時である。特に晩餐は  と言いたい処だが夕飯は。ズッと昔、単日

開催の「男の料理教室」に参加した事がある。こっそり内緒で缶ビールを持ち込んで、

作った料理を美味しく戴いたもの。小生の住む地域情報紙に来月開催、「男の料理

教室 春の創作料理」の案内が載っている。簡単な料理[E:restaurant]くらいは自ら作れるように

しておきたいもの。小生、興味心旺盛であるから何でもアタックしたくなる。老婆(ラオポ)

の料理も上手[E:sign02]であるが、物足りなく、美味しい料理を頂くには、自ら作るのが一番

と突然、料理本を買いに出掛けた。沢山の料理本Dsc_0177

が並んでいる。話題の「タニタ食堂の本」も特別に

陳列している。おつまみ主体の本を探す。丁度

いい本が見付かった。価格の割には手頃ないい

本である。メインとする料理は「おつまみ」である。

簡単、手軽に作れる料理を求めて。美味しく晩酌

[E:wine]を頂くためには労を惜しんではならないのであるが、小生も多忙の身である。

おつまみと言えば、やはりタンパク質が欠かせない。魚[E:fish]を含め、肉類[E:taurus]主体と

なる。なるべく肉類を抑えて、その分、多彩な野菜も多く採り入れなくてはならない。

高血圧症の御身を考え、摂取カロリーも考えなければならず、制約もありなかなか

難しいものである。食欲が過ぎると翌日のウォーキング[E:run]に精を出さなければなら

ない。昨日、テレビを観ていて簡単、手軽な料理を放送していた。今日は早速その

料理を作ってみた。材料は豚肉[E:pig]+スナックエンドウのみ。スナックエンドウを塩

ゆでし、豚肉77gをオリーブ油で炒め、そこへ湯切りしたスナックエンドウを加えて、

塩、コショウで炒めるもの。色鮮やかなスナックエンドウがとても甘くて、歯応え良く、

Dsc_0176豚肉との相性もバッチリ、中々いい酒の

おつまみが出来た。出来れば、サラダ菜

を加えれば完璧であった。何時もは晩酌

のおつまみに、宅配弁当+自ら1品を準備

している。1品は刺身や揚げ物などの出来

合い品が多い。平日に来る1食分の宅配

弁当、少量ではあるが、種々の材料を用いているから栄養バランスが良いので

大変助かっている。イザと言う時のためにも、男一匹、自分でできる料理を幾種類か

用意しておいた方がよろしいようだ。小生のレパートリーは母親の記憶、真似料理

が多いが、簡単な料理を含め、最低20余種は作ることが可能である。全て老婆より

はお上手に[E:confident] 処で不思議である。老婆(ラオポ)は何故、料理本片手に複雑怪奇な

料理を作るのであろう[E:weep]料理は食べる者の身になって作るべきであるのだが・・・。

何度も言うが、料理はサ・シ・ス・セ・ソであると。それに大事なのは見た目の美しさ

である[E:sign01]食欲をそそるから。料理は眼[E:eye]でもっても食べている。料理の失敗作は

エサとなりまする[E:weep] さて、自作料理[E:sign01]一番の難点は道具の後片付け。ウィッ[E:bottle]

めんどくさいッ[E:sign03]

posted by tennismouse at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

忙忙一日

この時期、今しばらく気候が不安定である。後1〜2週間もすれば安定し、ぐんぐん

気温も上昇するだろう。今日は気温も高く、いい天気[E:sun]だ。さて、小生は主夫である。

忙しい1日となった。2〜3日前から衣替え作業に忙しい。昨夜は冬物寝具、衣類を

洗濯、朝から物干し竿で干す。次は園芸作業に熱中。我が家には花園計画がある。

今日は、花の寄せ植え2鉢を作った。昨日、テニス帰りに新たに四季咲きナデシコ

Dsc_0161_3 Dsc_0162

            バコバの寄せ植え             アリッサムの寄せ植え

(ダイアンサス)とナデシコの2鉢を買ってきた。1鉢はバコバ+ナデシコ+オリズル

ランの寄せ植え、もう1鉢はアリッサム+四季咲きナデシコ+ツルニチニチソウの

寄せ植えである。花の種撒きも始めた。今日は昨年採種したニチニチソウの3色、

マリーゴールド2色、緑のカーテンのアサリナ2色である。昨年は緑のカーテンと

Dsc_0163  Dsc_0172

         越冬ペチュニア                  越冬アサリナ

していた朝顔をアサリナに変えた。このアサリナが越冬して成長、かなり繁茂して

きた。同じく屋外に放置して越冬したのは他にペチュニアがある。ペティという種、

木質化しており、今年も綺麗な花がいっぱいに咲き誇るだろう[E:bud]

Dsc_0165 Dsc_0166

         ポトスさし木                 整枝したガジュマル

次は観葉植物である。ポトスが3鉢あるが、枝が長く伸びてだらしないからカットし、

切った枝を水苔で巻いてさし木、へゴ柱を立て植え付けた。5月になるとグングン

成長するだろう。観葉植物を徐々に屋内から屋外へ移動、配置替えをしている。

大小のガジュマルが2鉢あるが、ガジュマル小は剪定して枝の整理。 次は動物

飼育。2日前にペットを買ってきた。メダカ[E:eye]である。雌雄が定かでないメダカを

Dsc_0175_34匹買ってきた。250×250×300Hの

水槽へ放っているがとても元気である。

どうやら雄3匹、雌1匹のようである。

そこへ今日、屋外にある水槽(火鉢)に

2年前から住んでいる1匹を水槽に移

した。氷が張っても、猛暑の夏も生き

延びた貴重な1匹である。腹部が大きく抱卵しているようで雌のようである。この

雌を水槽へ移す と、この雌に買ってきた超元気な雄が盛んに産卵を促す動作

を始めた。とてもしつこく追いかけ回し、身体を摺り寄せ、ヒレでメスを刺激する。

産卵から稚魚の繁殖を試みる予定であり、産卵床となる布袋草も浮かべている。

以前にも繁殖の経験があるが、産み付けた卵を親が食べるから要注意である。

雌をしつこく追い掛け回すこの雄、小生とは異なり肉食系のようである。近々に、

布袋草には卵が産み付けられていることだろう。代わりに買ってきた1匹を火鉢

水槽に戻す。主のメダカがいない火鉢水槽にはボウフラが発生するから。メダカ

飼育が一段落した暁には、琵琶湖固有種の魚釣りに再度出かけよう。明日の

予定は、夏野菜を植えるための[E:cat]額畑の耕し、準備作業である。忙しいッ[E:run]    

   *当ブログは、この4月で満3年を迎えましたm(_ _)m

posted by tennismouse at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

フェールセーフ

昨年度の特定健診を年末の12月に受診。その結果、いろいろ問題点が浮かび

上がる。何時も自覚しているのは血圧が高いこと。そして、頭の片隅にあるのは

尿酸値が高いこと。この尿酸値が高いと心疾患にも影響することが最近解かって

きたと健診結果説明で医師が言う。この医師から、年齢面からも、一度、受診して

ください、と勧められ、受診したのが1月末。問診で『血圧が高いです。はい、父親

も高かったです。時折、胸元が苦しくなることが、中国滞在期間を含め、この3ヶ月

で3〜4度ありました』と返答。この問診で、血圧記録を付け、明日から降圧剤を飲

んでくださいとなった。このような症状を患者から告げられれば、医師は当然治療

を施すことになる。フェイルセーフ行動の予防行動である。まだ大丈夫と何も処置

を施さず、もし患者に異変が起きれば責任に関わるから。患者側である小生は、

一度降圧剤を飲み始めると一生飲むことになるのでは、となり、面倒で抵抗感が

ある。まだ大丈夫ではとの素人判断がある。しかし、医師の立場からすると飲ん

でくださいとなる。飲んでもらっておいた方が安全だという医師の当然のフェイル

セーフ思考である。さて、話題は変わり、原発の再稼働問題。地震の活断層が

再稼働の障害になっている。地震学者、地質学者等が原子力発電所の活断層の

再調査を行っている。既に立地している原子力発電所にも新たに活断層が見つ

かったといい、再稼働はリスクが高く、認められないと言う。こうして日本全国の

原子力発電所のある地域の活断層の調査を始めた。原子力規制委員会は立場

上、当然フェイルセーフの立場をとる。活断層があるから地震によるリスクが高く、

再稼働は認められないとなる。もしものことを考えれば最も安全な方策である原発

の稼働を認めず、止めておくとなる。これとは逆の立場にある電力会社は事前に

活断層の調査を終えて立地建設しており、原発の安全性は確保できるから動かし

たい、となるが、国の機関である規制委員会の権限が強いから動かすわけには

いかない。こうして現在、にっちもさっちも行かない、デッドロック状態である。

日本が受難した東日本大震災の被害が余りにも大きく、国民のトラウマとなって

国も安易に再稼働判断を下せない。しかし、このまま放っておく訳にも行かず、

何れこのロック状態を解除しなければならない。が、まだ暫しの鎮静化の時間が

要るようである。解除には多くの議論を経ての政治決断となる。当然、フェール

セーフ立場である野党が強い力を発揮することに。来月分から電気料金が値上

げとなる。一般家庭も企業もその負担増に応えなければならず、ジワリと生活に

影響を与えてくる。アベノミクスとは別に電気料金値上げにより物価も上がる。

国民に心境変化が起きるだろうか[E:sign02] 

posted by tennismouse at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

春の太公望

一昨日と今日釣りに行ってきた。天気は前日の春の嵐[E:typhoon]とは一転、快晴であった。

この前、古い昔の釣針を使い、脆くて簡単に折損したから、事前に、釣具店で新たな

釣針を購入。釣り具店内に入るとビックリするほどの多種多様の釣り具が置いてある。

多くが外来魚のビワバス用、海釣り用である。鮒釣り等の用具は少なく、一部である。

朝の食事後、釣り餌を思案する。前日のウォーキングではミミズ探しの道草もしたが、

そのような生育環境は少なく、ミミズは見つからない。しかし、このミミズ、案外身近な

処に居るもので、我が家の一角の菜園、プランターに住んでいることもある。菜園に

は見付からず、菜園プランターには結構繁殖しているではないか[E:sign01]しかし、まだ

子供、あと3〜4週間後には手ごろな大きさに成長していることだろう。という事で、

少し野菜屑餌を施しておいた。ミミズは土を耕す益虫である。我が家でも飼育を試み

ようか[E:sign02]さて今回、ミミズ餌のこだわりは捨て、ネットのヘラ鮒釣り情報から餌の情報

を参考にオリジナル餌の準備に取り掛かる。今回、生餌は諦め、冷蔵庫、食品庫内を

Dsc01706 物色。老婆(ラオポ)が例の如く冷凍庫に食品を

詰め込んでおり、その中に海老がある。海老で

鯉でも釣るか[E:sign02]それに小麦粉、金魚の餌、麩

の4種に決定。海老の切り身に麩、小麦粉+

金魚餌の合成練り餌の3種類の餌が準備で

きた。行先も釣り人の多い琵琶湖畔の半島の

一角に決め、午後から出掛ける事にした。外来魚のビワバスとブルーギル以外の

琵琶湖固有種の魚を釣り上げる事を目指す。今では珍しくなった琵琶湖固有種を

2〜3匹釣れればいいのである。鑑賞用水槽の事前準備を終え、13時半、我が家

を出陣[E:sign01]しかしである。この日の釣果、結論から言えば3時間余を頑張ったが、

固有魚種の釣果は0。外来魚種の10センチ余のブルーギル2匹のみである。この

釣果に納得いかず、再び今日も11時頃に出陣。行先は内陸の河川、3時間余を費

やす。昼食抜きである。結構釣れるが全てが体長10センチ余のブルーギルばかり。

この魚、肉食であり、海老の切り身を付けると確実に食いつく。殆どが喉奥に針を

飲み込んでいる。小鯛[E:pisces]のようなきれいな魚であるが廃棄。餌に切り身を使えず、

草食餌の麩や練り餌を使うことになる。そうするとこの餌ではアタリが殆どなく、釣れ

ない。浅い河川、所々、魚影が見える。細長い体長の魚も居り、固有種のようである。

が、しかしである。ブルーギルが邪魔をし、本命が釣れない。釣れるまでチャレンジ

する予定である。朗報は暫しお預けと致しまする[E:think]

posted by tennismouse at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

思い返せば

中国四川大の短期留学(53日間)から帰国して今日7日で5ヶ月になる。思い起こ

せば、成都市の四川大学に入学手続きを始めたのは昨年の7月中旬。この年は

日中友好40周年であったが、尖閣諸島の領有権問題で日中間が紛争化、日本が

9月11日の国有化以降、15日〜18日には中国国内で反日の管制デモが暴徒化

し、日系の商店や工場を略奪、破壊、放火とエスカレートした。小生、丁度この紛争

Dsc01503最中の16日に成都空港に降り立った。

まあ、永年の経験で身に危険が及ぶことは

ないだろうと思い、予定通り留学したのであ

る。そして、成都から帰国して早や5ヶ月が

経過した現在、滞在当時と今とでは中国に

大きな変化が起きている。

新たな問題発生や環境変化である。当時と今とを比較して留学生活を振り返る。Dsc01518

  @PM2.5の大気汚染 

  A円高から円安への大幅反転 

  B鳥インフルエンザの人への感染   

の変化がある。@については、帰国後に問題が

発覚したもので、北京から離れた成都において

も小生の肺に汚染大気が忍び込んでいたで

あろう。北京よりはきれいな大気であるが。成都は青空の好天が少ない処と感想を

書いていたのであるが・・・・・。更に飲料水、食べ物も怪しげな物質を胃に取り込ん

だのであろうと疑っている。まぁ、いつも中国に行けば疑う事ではあるのだが。

滞在中に初の胸部圧迫感を起こしたのも、これらの影響[E:sign02] 将又、小生の老化する

現象の一症状か[E:sign02]

Aについては、滞在当時の為替は78円/$余[E:sign01] 現在は95円/$であり、2割余

の為替の恩恵を受け、経済的な留学となった。とてもラッキーと言える。が、しかしで

ある。敵も然る者、年配日本人の小生と観るや高値の汚れた宿舎に入宿させた。

Bについては、免疫期間を差し引いても4ヶ月余の猶予があり、幸いにも感染リスク

から免れた。 と、まぁ、想い出すとこのような感じである。

整理すれば、日中紛争の最盛期に渡航し、中国社会の反日活動の実情、実態を

この目[E:eye]で確認、円高で留学、旅行費用で恩恵を受けるも、高額宿舎で搾取され、

Dsc01499 鳥インフルリスクが起きる前に帰国した とな

る。そして、帰国後に汚染大気を肺に取り込

んだリスクに気付き、今になって小さく憂いで

いると。日本で暮らすと自然災害を除けば、

日本社会は安定している。それに比し、中国

社会は日々激動しているという感じである。

国民の声を聴く政治システムと国民の声を無視する政治システムの大きな違いで

あろうと思うもの。日中紛争以降、訪日する中国人観光客は激減しているが、同様に

日本人観光客の訪中も激減している。毎月送られてくる大手旅行会社のパンフレット、

記事の多くを占めていた中国旅行のページは今も依然削除され、消えている。残念

だが相互交流が細っている[E:weep] 小生、いい機会に・安全に・いい留学体験ができた

と中国政府に感謝している[E:confident]

posted by tennismouse at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

雑魚釣り

昨日、久しぶりに魚釣りに出掛けた。目的はペットの水槽魚、鑑賞魚である。欲を張

らず、どのような魚種でも釣れればいいのである。淡水魚[E:fish]の釣りは30年以上前

に遡るであろう。その昔の道具を引っ張り出し、釣りに出掛けた。ネット上で釣り方を

詳しく紹介しているが、無視し、我流で初体験の餌である小麦粉、マッシュポテトそれ

に金魚の餌の何れも家にある物を持参して当てもなく河川に向かう。瀬田川に出て

しまった。先ずここで試す。3種の餌を水で研いで団子状にし、針に付ける。しかし、

粘性低く、直ぐに餌が針から落ちる。釣りにならない。用意した練り餌を諦め、近くの

畑で野菜くずの捨て場を探し、ミミズ探しを始める。昔は縞ミミズで良くヘラブナ釣り

に出掛けたものである。しかしである。なかなかミミズがいない。魚釣り[E:sign01]将又ミミズ

探し[E:sign01]苦労の末に3〜4匹の土[E:sign02]ミミズを捕まえた。貴重なミミズ、半分に切り、

2本の針に取り付け、川の中へ。水はゆっくり流れており、ウキを注視しながら川縁

を歩く。なかなか釣れない。ウキの動きに全く変化は起きない。ウキの流れるままに

河岸の50m余を往復歩行。河岸はコンクリートで舗装されており、川縁もコンクリート

ブロックで川底へと斜めに下りている。新たな場所がいいと釣り場の引っ越し。暫し、

竿を放置し、遠くにある釣り道具を取りに行く。5分余後に戻り竿を上げると小魚が

釣れていた。黒っぽい数センチ大のハゼである。針を飲み込み、外すのが難儀であ

る。と、針が折れてしまった[E:weep]古い針であり劣化していたようである。残りの針1本で

続ける。こうしてウキの変化を一度も目にすることなく時は流れる。誤って自らを釣り

上げた。ズボンに引っ掛けた。外すのに苦労していると又も針が折れた。古針だか

ら。新しい2本針のセットに付け替えて再開。なかなかウキの動きに変化は表れない。

川面に時折汚物が流れてくる。その影響で針糸がもつれた。直すほどにもつれが

酷くなってくる。修復不可能になった。代わりの針も無く、潔く今日の90分余の戯れ

釣りの竿納め。今日の釣果は自然に釣れていたハゼ1匹。帰ると早速小さな水槽、

ポンプ、砂利、置き石を用意し、1週間前から汲み置いていた水を注ぎ、ハゼを放す。

このハゼ、観賞魚としては愛嬌があり、面白い魚だ。水中を泳ぐのは下手であるが、

水槽の底を這って泳ぐ。しかしである。辺りが暗くなって仰向けに寝ている[E:sign02]面白い

魚だなと。同じ姿勢だな[E:sign02]動かない。突然死、昇天してしまった。折れた針が残って

いた影響であろうか。5時間余の短いご縁であった。昔は、ボテとかハゼなどは雑魚

で捨てていたが、最近はこれら個性ある固有種の魚はなかなかお目にかかれない

貴重な魚になってしまった。外来魚種(ビワバス、ブルーギル等)が固有魚種を駆逐して

いる。これにめげずに再度、釣りに出掛ける予定である。狙う獲物は今では貴重と

なった雑魚である[E:confident]オッと失言、貴重となったこれらの魚はもう雑魚ではない[E:sign03]

失礼ッm(_ _)m

posted by tennismouse at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする