2013年05月24日

女性の名

桃香 桜 桃花 美祈 凛 梨乃 美空 来瞳 彩音 花音 暖乃 友理奈 舞衣 そら

愛花 萌子 菜々香 彩葉 彩花  帆風 千遥 ほの 来瞳 七海 晴日 まいか 舞夏

彩澄 美紅 菓暖 睦乃 真央 かのん 凛香 理沙 奏音 寧音 真心 和奏 望愛 

雫月 沙織 月伽 夏柚 あすか 瑠子 音々 珠結 ほのか 羽令加 あか音 暉梨 

なごみ etc これらは女性の名前である。チラシが入っていた。バレエ教室の発表会

の案内である。上記はその出場キャストの名前である。総勢89名。出場者は3歳から

小学生までのようである。我々の古い世代の名前には「子」が付いている名前が普通

であった。この中で一番多いのが1字の「凛」の3名。どう表現していいのか、百花繚乱

というか、多彩な名前である。女性の名前はファッションと一緒で多彩である。パッと眺

めた処、凛、香、音、彩、花 がよく用いられているようだ。男の名前はこのような多種

ではないだろう。明治・大正の頃の女性の名前は2文字が多かったが、現代も2文字

の名前は呼びやすさ、響きから人気のようだ。苗字との釣り合い、字の持つ意味、親の

願い、声の響き感覚なども考慮しているのであろう。人によっては画数も気にするだろ

う。ただ、女性は結婚で姓が変わるからそれまでである。名は体をあらわすと言うが、

そのようなこともあるようだ。どうも小生を含め、小生の身近な者を観ると体を十分に

表しているように思える。小生の名は「一男」、残念にも正に体を表わす結果となって

しまった[E:weep] 「一夫」が正解である。母親は小生の若いころ、時折愚痴を言っていた。

小生と妹の命名についての異議である。 さて、この子供への名付けは大体が父母

の親である。自分で選ぶことは出来ない。生まれた時に付与され、一生付いて回る。

100歳になってもこの名前である。しかし、周りの同年者も同じような名前であるから、

違和感は無い。芸能人の芸名のように自分で選べるセカンドネームを持ちたいと思う

ものである。何という名にするか・・・[E:sign02] 河馬之助[E:sign03]  尚、89名の名前の中に、

「子」のある名前は2名。「愛」[E:heart01]の字を付与しているのも2名である。平凡で人気が

ないようである。余談であるが、小生の大好きな名は、新しい処で「侑美」、古い処で

孝江」である[E:confident] [E:confident]

posted by tennismouse at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

大文字山

標高差400m余の大文字山を目指し、老婆(ラオポ)とトレッキング。JR山科駅を10時

40分過ぎに立ち、大文字山から銀閣寺→哲学の道→南禅寺→蹴上駅のルートである。

山科駅を出て、先ず毘沙門堂を目指す。20分余で到着。お参り、拝観。その後は目指

す標高466mの大文字山までは何もない。登攀のみである。昨日の雨で歩道は濡れ

ている。滑って転び、骨折しないように注意しながら歩く。テニス仲間の犠牲の教訓で

Dsc_0194 ある。このコースは初級コースとあり、少し

甘く考えた。トレッキングシューズではなく

軽いジョギングシューズで出掛けた。この

シューズ、どうも底面の耐水性が良くない、

水が滲み入る。頂上までの山道は、杉や

ヒノキの倒木が多い。間伐してそのまま

放置しているのだろう。途中2度ほど休憩。心地よい汗をかき、お茶とチョコ、グルコ

サミン煎餅をほお張り疲れを癒す。新緑の木漏れ日の下を歩くととてもリラックスし、

血圧も下がるというもの。小鳥[E:chick]の鳴き声は意外と少ない。頂上近くに来るとビニ

ール袋で覆った割り木がいくつも山中に置いてある。これ等は送り火となる薪かな[E:sign02]

と思いながら。標識もあり、迷うこと無く2時間を費やし12時40分、広くない山頂に

到達。この間、下山する人との遭遇はDsc_0197_2

1人のみであった。山頂では小生の年

格好グループが昼食中である。この山頂

で眼下の京都市街を眺めながらのしばし

の昼食。腹も減り、何を食べても美味しい。

2人の若い女性が食事をしているが、

平服姿で登っている。1時間余山頂で休み、          ↑ シロアリの羽化(山頂)

銀閣寺方面に下山である。暫く歩くと大文字の送り火の火床が現れる。この辺りは周り

に木々は無く市街の眺めも 良い。ここに1人のおじさんが居て、いろいろ説明をして

Dsc_0199_2 Dsc_0200_3

   頂上からの市街(正面:京大キャンパス)            大文字の火床(+交差部)

くれる。パンフレットまで呉れる。各火床は平行に並んだ2つの石柱である。燃やす

割り木は赤松、点火には松葉やワラ、護摩木を使うとある。送り火は8月16日、保存

会によるそのための準備が2月から始まっているという。先ほど観たビニールで覆った

割り木であるが、大文字焼きの割り木ではなく、カシノナガキクイムシの被害により

枯死した木を燻蒸してキクイムシを殺虫している処だと言う。広く枯死した広葉樹の

跡地には植林し、その幼木を鹿の食害から守るため広く囲いをしている。天敵の

野鳥が少ないための害虫発生であろうか[E:sign02]こうして銀閣寺北側に下り、哲学の道へ。

Dsc_0202 Dsc_0203

       疎水に泳ぐ鯉(哲学の道)                  新島襄と八重の墓

京都は外国人がとても多い。大文字山でも哲学の道でも夫婦、子供連れの多くの

外国人を目にする。観光客と大学関係者であろう。連れている小さな子供を見ると、

本国に帰った後、大人になり、何れまた日本を訪れるのであろうとふっと思うのである。

想い出の地として。途中、新島襄と八重の墓を訪れ、南禅寺の山門を通り、蹴上駅に

出た。一年で最もいい季節である。今日は約10km以上は歩いたであろう。

posted by tennismouse at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

争奪

小争奪)

小さな赤い実をめぐって、小生とムクドリは知恵比べ。赤い小さな四季成イチゴ[E:cherry]、

Dsc_0190_2残っている実は僅か2粒。小生の知恵

が勝り、ムクドリ[E:chick]は怯え諦めたようだ。

ぶら下げたCDの鏡面に慄いたようで

ある。赤くなり、食べ頃が一番リスクが

高い。今朝、初めて口に入れた。盗賊

のムクドリと生産者である小生との知恵

比べの戦いである。

中争奪)

時折訪れる老婆(ラオポ)、伯母さんの介護とアルバイトで余念がない。頑張って

いる。牛乳飲料が少ないせいか、最近傾いてきた。骨格がズレてきたようだ。この

老婆、毎週来るから油断ならない。我が家の冷蔵庫を当然のように開け、見回す。

何が入っているか[E:sign02]好物のアイスクリームを見付け、一言断ってから戴こうとする

から油断ならない。防衛策はない。他人様の物を頂いてはならない、の説得である

[E:confident]諦め、自らクリームを買い、我が家の冷蔵庫に保管して帰って行く。小生が抱く

大敵との印象をかわそうと。処で機密情報[E:sign01]彼女の家には我が家の冷蔵庫より

大きな冷蔵庫が2台もある。中々庫内を見せてもらえないが、隙をつき開けてみると

いつも超満杯。伯母さんとの2人暮らしである。小生の予想であるが、庫内の食品

の一部は管理不能で腐っているだろう。冷えも悪くなるから。小生、アドバイスする

が、老婆の耳[E:ear]は馬[E:horse]の[E:ear]

あるがままの描写である[E:confident] 情報漏洩、平にお許しを m(_ _)m

大争奪)

彼の国が、尖閣諸島から沖縄本島まで奪おうと企てている。何でもアリである。

自分に都合の良い解釈、理不尽な歴史の作り話をして。この調子でエスカレートする

と周辺の大小の島は全て我が国のものだと言いそうだ。いや、言っている。行き付く

ところはアメリカ大陸も英国諸島もと。困ったことに正夢と逆夢の区別が付かないよう

だ。だったら言ってやろう彼の国に、尖閣、沖縄諸島は呉れてやる、その代わり、古代

から大和国と兄弟国であったチベット、満州国は日本のものだと。理不尽に。挟み撃ち

だ。少し興奮、お許しを m(_ _)m

posted by tennismouse at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

牛乳と国家

今から9年前、小生が大学3年生で用いた中国語テキストに載った内容である。

その中国語の内容記事は以下の通りである。

『何年か前、胃の病気に罹った時、医者は毎朝一杯の牛乳を飲むと効き目がある

と言った。そこで妻は直ぐに牛乳会社に電話をした。会社は当日、直ぐに牛乳箱を

設置、二日目には早速新鮮な牛乳[E:taurus]を配った。これは2002年末に人民日報に

掲載された一通の読者からの便りである。中国では80年代になり、毎日牛乳を飲

むことは未だ特別なことで、牛乳を予約するには病院或いは職場の証明を要した。

90年代になり、牛乳は特別なものではなくなったけれども、朝食の習慣で粥を食べ、

蒸しパンを食べる中国人にとって牛乳とパン食はPhotoまだ少し慣れない習慣であった。

1998年、小中学生に対して行った身体検査

の結果、7歳から14歳の年齢で中国の男子

児童の平均身長が日本の同年齢と比べて

2.28cm低いことが明らかになった。この

結果に政府と社会が注目、重視し、ある人

の呼び掛けで、我々の子供達に毎日一杯の

牛乳を飲ませよう、一杯の牛乳が強い一つ

の民族ができるということさえあると言った。

2000年、国家教育部、農業部等が共同で

学校ミルク運動を展開し、あらゆる小中学校で毎日生徒に牛乳或いは豆乳を飲ま

せる事を要求するという事を決めた。但し、世界第一の人口大国としては、我が国

の牛乳生産量はアメリカの僅か15%である。大多数の中国人に毎日一杯の新鮮

な牛乳を飲ませるには思うにまだ一定の時間が必要である。』  余談であるが、

それから暫くして悲しいことに中国では、牛乳、粉ミルクに増量策としてメラミン樹脂

混入事件が起きている[E:weep] 小生の体内にも混入したかも知れないのである[E:think]

小生の小学生の頃の給食には不味い粉ミルクとコッペパンが出て来たものである。

今から55年余前の事である。牛乳箱も設置し、毎朝配達もしてもらったが、中々

好きになれず、飲めなかった。その牛乳を配達してくれる叔父さんは、同級生の

父親である。時折、遊びに行って美味しいコーヒー牛乳を頂いた想い出がある。

この牛乳と身長であるが、相関があるようだ。我が従妹の1人、それに友人の子供

に背が高いなぁ[E:sign01]と言った折り、何れも小さいころ、沢山の牛乳を飲ませたと何れ

も母親が言っていたが、両親に似あわず、背が高〜い。やはりカルシューム栄養素

が効いたのであろう[E:sign02] さて、この前も書いたが、兎に角、各社からのグルコサミン

の宣伝が喧しい。社会が高齢化、小生のような団塊世代の骨格、軟骨が衰える頃、

その大きな潜在的需要を狙っている。健康食品と銘打って多くの食品で溢れている。

効果があるような格調高い商品名を付け、有名人を使い、購買欲を掻きたて、煽る。

腰も痛いし、肩も痛い。小生、余り飲まない牛乳を今後3倍に増やそう[E:sign01]医食同源

である。気休めのグルコサミンにも食指が動きかける[E:confident]

posted by tennismouse at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

徒然にV

西瓜)

10日ほど前に植えた野菜苗、順調に育っているが、1苗のみ枯れてきた[E:shock]

Dsc_0189 ビニール袋のあんどん囲いを取り外し

た際、根元茎部が折れ曲がり、どうも

変だと。今日、再度接木1苗を買って

植え直した。小玉スイカの苗である。

元々スイカ栽培は結構難しいもの。

果たして無事に収穫できるか[E:sign02]1個が。

                           自信はない。菜園道楽である。

孵化)

我が家の唯一のペットはメダカ。屋外水槽で2年余も生きて来た貴重な雌1匹が、

先日昇天して消えてしまったが、その卵が孵化し、1匹が泳いでいるではないか。

全長3.0mm余の小さな命。まだ1匹しか孵化は確認できていないが。屋内水槽

で泳ぐ買ってきたメダカは4匹(内1匹は島流し中)。水温上昇でこれまた産卵した。

順当ならあと1週間以内に孵化するであろう。我が家には水槽が4つある。リビング

にある小さな水槽、屋外には火鉢水槽が2つ、それに手水鉢である。先日は布袋草

を追加購入し、生育環境の改善を図った。メダカ[E:fish]は元気で、強い魚である。

マネーゲーム)

アベノミクス政策、日銀の超金融緩和政策で世界のお金の流れが大きく変わった。

世界の余剰資金がドッと日本に流れ込んでいる。利益を求めて。円安ドル高の為替

反転で、以前に比べ日本の安価な株式が割安で買える。大盛況である。日経平均も

連日高値を更新している。みんな浮かれているようだ。国債の金利が上昇して来たと

いう。低金利の国債を売って、株式に資金移動しているようだ。投資信託を買い、間接

的に株式投資に参加する。かなりハイピッチで株価上昇したから過熱しているようだ。

このように為替の反転で日本の株式市場の先高期待から、日本の株式市場へ内外

からお金が集まっている。買い需要が多いから株価は自然と上昇する。過熱が度を

超すとバブルとなる。ヘッジファンドと呼ばれる外国の機関投資家は金融のプロ中の

プロ。金融工学[E:pc]を駆使して効率よく利益を上げる。んッ、大分食い付いたな[E:sign02]

充分食い付いたなッ[E:sign03]と観るや株式市場に影響を与えない程度に為替をドル安

誘導し、タイミングを見計らって、その後一気に日本の株式を売り浴びせる。株価は

暴落し、為替益と株式の両面で莫大な利益を手にして退散する。大きな利益[E:dollar]を手

にして一気に逃避[E:run] 国内外の一般投資家は高値を掴んだまま、売るに売れない。

株価が上昇しているときは皆んなが笑顔[E:delicious]である。下降すると誰かが損をし、泣き

顔[E:weep]となる。こうして所得移転により所得格差、貧富の格差が発生する。市場でお金

の流通量が増えるという事は景気が良くなるという事。売買が拡大、商売が成立する

という事は、当然そこには売買判断としてお互いが種々の利潤を計算している。

実業の世界では問題ないが、お金を操って利潤を稼ぐという虚業の世界、どう観ても

問題ある行き過ぎた市場経済システムと思うものである。但し、銀行[E:bank]は、本業の

行動範囲であればとても重要な役割を担っている[E:confident]

posted by tennismouse at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

消えてゆく

その1)
知恵比べ、相手を甘く見た結果というか、賢いムク鳥は防鳥ネット(網目100mm角)

かいくぐり、又しても赤くなった2個目のイチゴをかすめ取った。防護ネットさえ掛けて

Dsc_0187_2おけばと相手を見くびった結果である。

更に同網を1枚追加、重ねて覆い、その

上更にCDを ぶら下げた。ムク鳥[E:chick]よ[E:sign01]

まだかすめ取る勇気があるか[E:sign02]ここ

まで防護して、再び取られた場合、

小生は観念する。諦める。防護ネットを

外し、お主にこのイチゴを呉れてやる。1粒も口にすることなく、我が眼前からイチゴ

消えていくのだろうか[E:sign02]

その2)
メダカ飼育である。2年前から我が家の屋外水槽(火鉢)に住んでいた1匹の雌メダカ、

買ってきた市販メダカ4匹と同じ水槽に移して、2世誕生を企てたが、残念にも先日

ご臨終となった。市販メダカの中に1匹、若くて元気な雄がいて、執拗に追い掛け、

産卵を促す。この雄のストレス故であろうか、口周辺に白い綿のような物が付着した

為、除去してやったが、精根尽きたか、この世から消えてしまった。この追い掛け回す

若い雄のみ、他の黄色魚種3匹に比べ少し色が黒い。黒色魚種であろうか[E:sign02]よく追い

掛け回す為、暫し、屋外水槽へ単身放出の島流し[E:think]  水槽には卵が少し産み付けら

れていた為、隔離して現在、孵化待ちである。無事に孵化するか[E:sign03] このメダカ、生育

自然環境の減少と条件悪化で全国的に数が減少しているという。

その3)
汎用メモリーのSDメモリーを買いに行った。現在の取付容量は256MB、ネットワーク

カメラのメモリーである。このカメラ、防犯に、犯人捜査に役立っているから更に容量を

アップしようとした。最大設定可能容量は1GMである。現在、メモリー容量はぐんぐん

増えて16GB、32GBになっている。店頭には2GBから揃えてある。1GB、512MB

容量は陳列していない。他店1店も訪れたが陳列していない。小容量は需要が少ない

からであり、入手困難になっている。この種のメモリーの主用途はカメラである。カメラ

画素数が上がり、連れて記憶容量もアップしている。我が家の7年前のネットワーク

カメラ、時代に取り残され、運用が困難Dsc_0188

になっていく。 この種の現象、消えゆく

現象、パソコンの記憶装置のFDD

(フロッピーディスク)→ やZIPドライブ→ も

該当する。今では殆ど活躍の機会は

なく、市場から、社会から消えていく。

大事な保存情報と共に消えていく。現在のパソコンの主記憶装置はメカ式のHDDで

あるが、将来、このHDDも消えてゆくのであろうか[E:sign02] この主体は静止型SSDに移行

していくのであろう[E:sign02] 大容量はHDD、と棲み分けが進むのであろう。現在、SSDの

最大容量は500GBである。因みに小生のメインパソコン搭載のHDDも500GBで

ある。半導体SSDになると駆動モーターが不要、メカ組み立て不要となる。丁度、車で

言えばエンジン駆動からモーター駆動のような大きな変化である。

posted by tennismouse at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

こどもの日

啓蟄から2ヶ月が経ち、気温も上がり上天気[E:sun] 虫も草木も鳥も人間も活動が盛んに

なってきた。3年目に入った観葉植物のガジュマル、どうも目覚め、勢いが鈍いようだ。

遅かったが初めて土を入れ替えた。芽吹きが良くなるだろう。夏野菜苗も植え付けた。

Dsc_0184 今日は朝から布団を干し、掃除機をかけ、掃除機のごみ

の集塵部を分解、水洗いもした。PM2.5以下の小さな

埃もいっぱい溜っていた。1週間に1回の掃除機掛けで

あるが綿埃が多く発生する。そうしてここで暫し休憩に

入る。と、何故か5日前の安倍・プーチン共同記者会見

のテレビ中継の気になる様子を想い出した。一番の関心

は北方4島の扱い。小生、4島の返還には応じないだ

ろうと。狡猾ロシア、プーチン、少し深めに椅子に座り、

その眼は狐のようなしたたかな眼差しに見えた。小生には。日本の記者が質問した。

既に領土にはロシアが事業投資、開発建設を進めており、返還に無理があるのでは

ないかと。それに対し、プーチンは皮肉を込めて応対、誰がそのようなことを言ったか

知らぬが、その現状も含めて解決するために交渉を加速するというのが今回の会談

だ、と。この国を始め、お隣の大国も国家の最高指導者がどのように選ばれるのか

誰も、国民も分からない。ロシアでは民主的に選ばれたかは知らぬが、我々から見る

と陰湿で、そのようには見えない。実情は民意より、策謀、権力を駆使して相手より

優位に事を運び、その地位を獲得したと映る。これらの国の最高指導者は策略でもっ

て政敵を蹴落とし優位に事を進めるのだ。だから、そういった術には長けている。一方

の安倍総理は民主的に選ばれ、オープンにして選ばれた指導者である。自分の考え、

国家の考えも対外的にもオープンにしている。どう見てもロシアプーチンが権謀術数に

長けており、優位に交渉を進めて行くように思える。 と、 ふっと思った次第。 具体的な

交渉は役人が行うのであるが。さて、このブログを書いていると、拙宅前に1台の車が

止まった。簡易パトライトを付けた覆面パトの警察車両である。何用だ[E:sign02] 防犯カメラ

のある家を探していると言う。そこで我が家のカメラに写っていないか協力してください

と言う。カーナビ盗難の捜査をしている。名刺と画像コピー用のUSBメモリーを受け

取る。これで警察への協力は頻度高く2回目。後付のカーナビが狙われているので

しょうと言うと、関係ないらしい。多くのユーザーを占め、盗難品需要が多いトヨタ車は

格好の対象であるらしい。盗難防止のイモビライザーも役立たず。近所で事が発生し

たらしい。このカメラのお蔭で我が車は難を免れているのだろう。現在、滋賀県の犯罪

は大きく増加に転じている。物騒な社会になってきた。

posted by tennismouse at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

闘いの栽培

2年余前、園芸誌に「テーブルに飾ってもかわいい四季成りいちご」が紹介されていた。

当時、早速1苗を買ってきた。昨年は余り実りが良くなかった。やっと実が成りだし、

Dsc_0180色づき始め、明日にも食べようとした処、

翌朝には実がなかった。鳥害である。

だから昨年は口に入れた覚えはない。

今年も色づき始めた。初成り1つ目の

実の形は悪く、小さい。パソコンをしている

と突然、ガラス越しに鳥が羽ばたくのが見

えた。どうやら大きさ、形からしてムク鳥の来客のようである。毎年秋には2羽の連れ

立ったモズが良く訪れ、赤い南天の実を食べる。穂先に止まり枝を折って退散する

のである。直ぐに確認に行く。案の定食べらている。早速、対策を施した。貴重な

1鉢の1苗であるから。ネットで囲って鳥害Dsc_0183

を防止する。 このイチゴ苗、昨年ツルが庭

で延び、その孫ヅルを植え付けたもので

ある。孫ヅル苗は他にも花壇内に2〜3つ

自然繁殖している。ネットで防護を施した

が賢いカラスには不十分であろう。カラス

は時折大胆に我が家を訪れる。取り敢えず、いたずらカラスの被害に会ってからカラス

対策は考えることにする。招かざる客であるが、カラスとの知恵比べとなるのであろう

が、既に案は持ち合わせている[E:confident]     先日は、テニス帰りに猫額[E:cat]畑に植える

野菜苗を買ってきた。 以下の苗である。

    小菊南瓜はやと      1苗     オクラ丸型エメラルド     2苗

    紅小玉スイカ(接木)    1苗     ミニトマト(接木)CF千果   1苗                   

    サターントマト大(接木)   3苗     トウモロコシ キャンベラ86   2苗

    長トウガラシ 伏見甘長(接木) 2苗      計 2,000余円也    である。

夏野菜の定番のナスは今年は見送り。近年実りが悪く、スーパーに頼ることにした。

一番高価な苗はトウガラシとミニトマトである。難しい接ぎ木苗の品種改良品であろう。

安価な苗は南瓜、オクラとモロコシである。モロコシ以外、実から種を容易に採取でき、

来年に実用できるから。どれほどの収穫が得られるであろうか[E:sign02] 連作被害を少なく

する為、接ぎ木苗を多く用いた。事前に土つくりをし、元肥を施し、支柱を立て、水遣り

をし、追い肥と管理も大変である。時折病気にかかり、梅雨時の風水害で倒れもする。

真夏の留守中は水遣りも依頼しなければならない。なかなか高価な野菜である。小生

の栽培野菜、価格面ではスーパーで売っている野菜には太刀打ちできない。無農薬

であり、愛情を込めた品質、採れたて新鮮が勝負である[E:think] 植え付けは毎年5月4日

と決めている。

posted by tennismouse at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 菜園/園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

瀕死の赤字

今日の朝刊にソニーの全役員約40人の賞与返上とある。数億円の費用削減である。

小生が勤めていた電機会社(家電)の業績が、同業界の業績が悪い。関西にあった

家電メーカーは3社から2社に減り、その内の1社は今期の業績が5000億円の赤字

となり、事業継続に黄信号が灯っている。小生の勤めていた会社は2001年に初めて

希望退職を実施したが、新興国の追い上げもあって、以降の業績の停滞、下降が続き、

リーマンショック以降は一段と悪化している。処で昨年、小生は中国の成都市内の電気

製品売り場を観て回ったが、韓国メーカーの広い販売スペースと大きな宣伝ディス

プレイがやけに目立った。日本製品との品質面に差が無くなった上に価格面で勝って

いるらしい。今や家庭電気製品は新興国でも生産可能な製造技術になっている。

それほど高度な生産技術も要らず、新興国の生産技術レベルも向上しているから容易

に生産が可能となってきた。看板製品のテレビの場合、日本の会社は部品から最終

製品まで全てを自社生産していたが、新興国の会社は安い部品を世界から掻き集め

て大規模に組立、生産をするという。製品がデジタル化になり、このようなことが可能

Dsc_0178_2 となっている。しかもターゲットは世界市場である。液晶

テレビであるが、小生でもコンポーネント部品を集めれ

ば完成組立が可能なのである。アナログのような煩雑

な組立調整作業も要らない。日本企業、デジタル化と

言う大きな環境変化に鈍感で日本式の成功体験に胡座

を掻いていた結果の結末であろう。国内のライバル会社

に気を取られ、力を付けた海外メーカーを無視した、侮っ

た結果である。市場の変化、早い技術進歩の環境変化

に付いて行けなかった結果である。日本の会社の技術、経営手法を盗み、模倣した

新興国韓国は、この絶好機を見逃さず、一気に投資拡大に走って、世界市場の主導

権を奪ってしまった。彼の国は相手が日本となると俄然元気が、勇気が出るのである。

情報化社会と海外からの往来が容易となった昨今、情報漏洩も容易である。企業、

国家の機密情報がデジタル機器のパソコン、携帯、デジカメを通して漏洩する。昨夜の

テレビ放送では小生と同会社に勤めていた有名漫画家が同業界の環境変化、問題点

を分析、放送していた。そのアニメドキュメンタリー放送の一部に一緒に働いた仲間が

映し出された。インドネシアで社長として陣頭指揮をしている様子である。インドネシア

では洗濯機に入れる前に洗濯板で衣類の襟の部分をブラシで擦るそうである。洗濯機

上面に波板模様の凹凸を付けたところ、大ヒット商品になったと紹介していた。このよう

に現地ユーザーの要望、市場調査を綿密に行って、製品に反映させれば経済成長著

しいアジア市場でまだまだ日本企業にチャンスがあるという。努力が足りないようである。

放送内容の多くはタイの華僑実業家、CP集団のタニン(謝国民)会長の中国での成功

体験内容を紹介。危機は機会でもあると、天安門事件が起こるも改革開放政策はチャン

スであると果敢に最初に進出、投資を行い、中国政府要人の信頼を勝ち得た、中国ビジ

ネスの成功者である。彼は消費者に満足を与え、地元中国(党)にも政策貢献し、我々

も利益を得る、が中国ビジネスの成功の秘訣であると言っている。我が郷、近江商人の

三方よし」の商法に相通じる考えである。

posted by tennismouse at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする