2013年07月30日

洗濯機を洗う

多くの人は洗濯機に衣類と洗剤を投入し、ボタン1つで全自動洗濯をするが、その

洗濯機(槽)自体を洗浄、洗う事は殆どしない。我が家の全自動洗濯機、買ってから

6年余が経過している。良く活躍してくれている。しかし、以前から洗い上がった洗濯

物に黒カビのような薄く、小さな物質が付着する。乾けば簡単に除去できるが、どうも

カビのようである。気持ちのいいものではない。洗濯して綺麗になった衣類に付着す

るから。ネット上ではユーチューブによる洗濯槽の洗浄を紹介しているが、小生も

これに見習い早速実施した。スーパーで洗濯槽クリーナーを買い、半日かけて実施。

Dsc_0296小生の洗濯機には槽洗浄・槽乾燥

コースがある。機能の予測は付くが、

しかし、有ると認識しながら何れの

コースも使った試がない。説明書を

取り出して確認すると、槽乾燥コース

は洗濯槽の湿気を取り除く槽乾燥機能

で週1回行ってくださいとある。実施した

試しはない。槽洗浄コースについては月に1回程度実施してくださいと書いてある。

せめてカビの発生する時期には、槽乾燥と槽洗浄作業を実施すれば、効果がある

ようだが、ボタン1つで簡単に実施できるのは槽乾燥作業である。槽洗浄作業は

薬品、洗浄剤が必要で時間もかかる。買ってきた洗濯槽クリーナーは、塩素系で

主成分は次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウムとある。説明書によると槽洗浄運転も

Dsc_0297 Dsc_0298

            10時間放置                      洗浄途中(水中に異物片)

全て自動で行ってくれる。簡便である。所要時間は約1時間とある。 小生は、

ネット上のユーチューブによる洗浄ビデオを参考にしながら半自動で実施した。

そこで得た情報は、洗浄剤を入れた槽にぬるま湯で一杯に満たした状態で暫く

放置するもの。約10時間放置して槽の汚れが自然に剥がれるのを待つもの。

その間にも時折1分ほどの強力な標準運転をし、汚れが剥がれるのを促進させる。 

さて、10時間放置後の結果は、水が灰色に濁るだけで、カビのような浮遊物は見ら

れない。ネット上のビデオでは浮遊物を網ですくっていたのだが・・・・・。そして槽の

洗浄運転を始めた。40分ほど経過したところで槽内を確認すると、カビのような異物

が数多く水中を漂っている。洗浄できているようである。糸くずネットの周りは汚れが

とれない為、手作業で除去、この付着異物、少しぬめりがある。そして槽洗浄完了後、

早速洗濯を試みたが、洗濯物に付く黒っぽいカビの異物は全く無くなった。それなり

に洗浄出来たようだ。しかしである。6年余も洗浄をしていないから、汚れがこびり

ついていることだろう。更に今後1〜2回の洗浄作業が必要である。処で、洗濯機の

洗濯力は洗剤である。同様に強力洗浄を求めるにはクリーナー、洗浄剤の選別と

お湯を用いる事が大切である。

posted by tennismouse at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

7月25日

この日の新聞記事とテレビ放映から得た小生の感想である。先ず、夜のテレビ放送。

BSプレミアム放送の番組は英雄たちの選択『日露戦争・運命の一日〜東郷平八郎

の日本海海戦〜』である。日露戦争の勝利を決定づけた1905年の日本海海戦。

無敵を誇るバルチック艦隊、姿を消したバルチック艦隊を何処で迎え撃つか[E:sign02]直前

まで葛藤し続けた東郷平八郎、運命の選択に迫るという内容である。100年以上前

の海戦、今のように軍事衛星も偵察機もなく、敵艦の位置情報は目視に頼らざるを

得ない。バルチック艦隊はロシア極東基地のウラジオストックに帰港する。それを

連合艦隊が迎え撃つ作戦。3つの作戦シナリオが想定された。1つは対馬海峡通過

を想定し、対馬沖で待機する案。2つ目は津軽海峡通過を想定し津軽海峡で待機

する案。3つ目は両にらみ作戦の、能登半島沖で両通過コースに対応する案である。

何れも敵を全滅させる作戦である。3つ目の案は困難を伴う。作戦会議が旗艦三笠

艦上で開催され、秋山真之中将は津軽海峡通過を、古参の2人は対馬海峡通過を

予想する。東郷は決断をしなければならない。葛藤しそして、その決断を1日遅らせ

た。その結果、敵艦は上海に停泊中との情報が入る。これにより東郷は対馬海峡

沖で迎撃[E:ship]するという決定を下す。予想は的中し、対馬沖でバルチック艦隊を全滅

させるという一方的勝利に終わる。番組では、もし、この1日の猶予が無ければ、

全滅作戦は失敗していた恐れもあると。敗戦により、ロシアの属国となり、今の繁栄

する日本の姿はなかったかもしれないと。この1日の猶予が結果的に国家の命運、

幸運の1日となったと言えるのではなかろうかと。東郷は「陸の乃木、海の東郷」と

称されて、国民の尊敬を集める。    次に同日の新聞記事である。

民主党は党の結党者である菅・鳩の両氏の行動、言動に翻弄されている。2人は

元総理経験者であるが、どうも正常な人物とは思えない。中国・戦国時代の法家

思想の大成者の韓非子が2200年前に説いた「亡国の君子」の類型がある。

≪君主がねじけてかたくなで人と和合せず、諫言に逆らって人に勝つことを好み、

国家のことを考えないで、軽率な行動で自信たっぷりという場合はその国は亡びる

であろう≫ さらに、≪君主がせっかちで気が短く、軽率で事を起こしやすく、直ぐに

激怒して前後の見さかいも無くなるという場合は、その国は亡びるであろう≫ と。

≪過失を犯しながら忠君の言葉を聞き入れず、一人で自分の思ったとうりにしている

と、名声を失って人の笑いものになっていく始まりである≫とある[E:weep]  軽蔑である。

しかしである。結果的に、この憂迷二人を国家の君主に選んだのは国民である[E:confident]

民主党政権時代は国家が乱れた。その機を逃さず隣国は攻勢に出てきた。攻勢に

出た隣国にも問題があるが、その攻勢の誘惑を導いた国家も問題である。 

posted by tennismouse at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

節目の通知

無駄な抵抗は昨日で止めた。高血圧の薬の飲用を37日間止めていたが、飲用を

始めた。それは、投薬治療をしない場合に比べて脳卒中の発症リスクが30〜40%、

死亡率が12〜13%減るという。毎日飲み続けることになるが、副作用は殆どなく

効果が高いという記事を読んだため。60代では約6割の人が高血圧と言う。

これが原因で脳梗塞等 元の身体に戻らない病気を引き起こす恐れもあるから。

食習慣の改善、制約、ウォーキング、スポーツの励行による降圧対処も大変だ。

間もなく小生、年輪が1つ増える。1ヶ月を切った。昨日、テニスを 終えて帰ると

郵便局から不在再配達通知が届いている。差出人は市の介護保険課である。

小生の国民健康保険証の期限が誕生日月である来月末で切れるから、その

代りの保険証が送られてきたのだと直感。 再配達希望時間をインターネットで

届け、本日午前に再配達されて来た。開封してみると予想に反し、送られてきた

のは介護保険被保険者証である。介護と言う文字にどうも違和感を感じる。しかし、

現実には介護対象の年代に、お世話になってもいい対象の年代に入ったという

ことである。なかなかピンと来ないが。このような節目の通知なり、連絡なりに直面

して、 あぁ、もうこのような歳になったのか[E:sign02]と感傷的になる。この制度は40歳

以上が被保険者の対象で、 40歳から64歳までが第2号被保険者、65歳以上が

第1号被保険者になるという。後日、介護保険料額決定通知書と納付書が手元に

届くと 書いてある。腰が痛い、肩が痛い、高血圧だと言いながら、毎日遊び呆けて

いるが、好むと好まざるとに関わらず、確実に、平等にみんな歳をとっていく。これが

現実である。だから遊び呆けるのも元気な今の内という考えである。後から後悔しな

いようにと。我が生体遺伝子情報にはどのような死へのプログラムが書き込まれ、

今後どのような過程を辿るかは知らぬが。 遠い将来、このプログラムの書き換え、

修正も可能になって来るのだろう。 幸か不幸かは知らぬが。しかしである、いくら

操作をしても身体全体の細胞を再生、若返らせる事はできない。特に脳に至っては。

神の領域に入ろうとする医療技術、技術進歩もほどほどにしておく方がいいと思う

ものである。人間は神ではないから。さて、現 国民健康保険証の期限が 1ヶ月余

に迫っているが、間もなく高齢者用の新たな健康保険証となって送付されて来るよう

だ。これら保険証とは疎遠でありたいと願うものである。それにしても、歳を取ると

時間が進むのが速いなぁ [E:confident]

posted by tennismouse at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

大馬鹿18年

今年は近年にない夏野菜の豊作である。カボチャ、トマト、トウモロコシ、スイカ、

甘長トウガラシである。特にトウモロコシ、トウガラシ、ミニトマト、日本カボチャは

大豊作である。カボチャにミニトマトは元々良く実を付けるもの。特に接ぎ木苗に

したトウガラシは近年にはない多くの実を付けた。多くの収穫を老太太(ラオタイタイ)

と妹におすそ分けをした。トウモロコシは植え付け経験が少ないが良く出来た。

Dsc_0287_2 Dsc_0288

しかし、収穫時期が遅かった為、半分以上は実が窄んでおり、一部に害虫が観ら

れる。小玉スイカも2個実っている。1個は正常の大きさに育っているが、他方1個

は少し小さい。苗の植え付け後の摘心、一番果の摘果などの作業管理不十分で

今一つの実りである。カボチャとスイカは蔓を広く伸ばし、花壇、垣根を越えて広が

っている。カボチャの実の一つは植木鉢を受け台として育てた結果、鉢内に実が

Dsc_0292_2 Dsc_0293

食い込み、一体化してしまった。これらの野菜、8月初旬に多くは収穫を終える。

この野菜を植え付けている畝の面積は1.5坪、ミニ菜園である。畑には一年中、

洗米のとぎ汁を撒いて、養分補給に努めているが、その成果もあったのであろう。

釣り糸を空中に張った結果、カラスの食害も無く無事に収穫を得ることが出来そう。

将又、おまけに桃栗3年、柿8年、柚子の大馬鹿18年と言うが、柚子の苗木を植え

てから7年目の今年、初めて3〜4個の実を付けた。植え付けた苗木は何年物か

Dsc_0289 Dsc_0290_2

知らぬが今年は木の成長も著しい。今年は作物の当たり年であろうか[E:sign02]

小生以外の畑作物も良く実のっている事であろう。畑作物の管理、花の、観葉

植物の管理となかなか忙しい[E:run]これらの野菜作物、花の栽培管理はパソコンの

力を借りないと追い付かない。適宜な作業のスケジュール管理、育成・栽培情報、

花の育成方法等の情報管理はパソコンで行っている。元情報は、NHKの趣味の

園芸のテキスト2年分、それに10冊余の専門書である。何処に欲しい情報が有る

かを直ぐに分かるように、得られるようにと春から夏の終わりまで忙しい[E:run]

処で、草花の種子を採取し、翌年に開花させてDsc_0294_3

いるが、その種を撒いて開花する2年目以降、

色とりどりの花も単色になり、又は蕾も付かない

一代種である。種を買って植えた色とりどりの

マツバボタン、2年目以降毎年咲く色は淡黄色。

同じく3年目になる朝顔は毎年淡青色。昨年、

白、ピンク、赤の苗を植えた ニチニチソウ→

今年は採種から多くを育てたが、今年咲く色は全て白色のみである。トレニアに至

っては花蕾が全く付かない、雑草となった。これらは一代限りのF1種と言うらしい。

色とりどりの美しい花を毎年咲かせようと思えば、苗を、種を買わなければならない

事になる。タキイ種苗、サカタノタネ、サントリーフラワーズ等の種子会社がある。

種子ビジネス[E:bud]全盛である。

posted by tennismouse at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 菜園/園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

こどもの遊び1

大人の遊びの王様の一つはゴルフ[E:golf]ではなかろうか[E:sign02] 興じる年代の幅も広い。

同様にテニス[E:tennis]や卓球も人気スポーツである。ゴルフにテニス、小生もあまり

上手くはないが、下手の横付きで興じている。さて、現代の児童期、子供の遊び

で人気があるのは何であろうか[E:sign02] サッカー、野球、TVゲームであろうか[E:sign03] 

小生の児童期の遊びを整理してみた。記憶の範囲内で。約55年前の事である。

その多くの遊びは屋外遊びである。紡績会社の社宅に於ける仲間との遊びである。

兎に角、屋外でよく走り、田んぼに近くの山に川にと、夜まで自然を相手に良く遊ん

だものである。良く駆け回ったものである。テレビもマイカーも無い頃である。当時、

4〜5つ年上のリーダー中のリーダーが1人いた。いろんな遊びを編み出し、全てが

上手であった。みんなが慕い、彼の存在は大きかった。小生は、2人で林から竹馬

の竹を拝借し、追い掛けられ、田の溝に捨てて急いで逃げ帰り、翌日、再び取りに

行ったものである。田んぼに藁が整理高く積み上げられ、仲間とそこに登って遊び、

崩して追い掛けられ、急いで逃げたもの。故に小生は逃げ足[E:run]が速い。記憶の

範囲内で思い出したもので、ザッと30種以上の遊びがある。先ずはその一部。

・馬乗り・・・2チームに分かれ、馬を作るチームと馬に飛び乗るチームの遊び。馬は1人が壁面を

         背にしてに立ち、2人目以降のメンバーは立ったメンバーの股に首を突っ込んで尻馬

         になる。以降のメンバーは前の者のお尻に首を突っ込んでいく。乗るチームはこの長く

         なった馬に勢いを付け全員が飛び乗る。少しでも前方へ、落ちないように。1人でも落ち

         たら攻守交代。全員が乗ったところで馬側の立った1人と最初に飛び乗った者がじゃん

         けん、負けたチームが馬となる。

・コマ回し・・・紡績会社の社宅である。会社からいらなくなったベアリングの外輪のような部品を

        持ち出し、駒の外周に装着。木製の駒の外周をコンクリート面などで削り、水に浸けたり

        して、この外輪を駒の外周に装着。駒を回し、軸の回転ブレがなくなるよう調整する。駒を

        放り投げて右手の平で受け、直ぐにプラスチック製の蓋等に移す。永く回ると5分以上は

        回っている。駒回しによる鬼ごっこ。駒が手の上で回っている限り、逃げ、動くことできる。

        回る時間が短いと、逃げる範囲は狭くなる。

・駆逐水雷・・・2チームで闘う。近くにある2本の電柱を各陣地とする戦争ごっこ。帽子を被る。

        Photo
帽子の鍔(つば)を正面に被った者

チーム1人作り、”本艦”とする。

つばを横に被った者は”横”、後ろに

被った者は”水雷”。横は水雷を捕

まえる事が出来、水雷は本艦を

えることができる。本艦は横を捕え

ることができる。捕まると相手陣地

(電柱)縦列捕虜。味方が捕虜に

タッチすれば、全員が味方陣地に

                   小学期の悪仲間(約55年前)↑                  戻り再生。本艦が捕まると勝負あり。

              横と横、水雷と水雷同士のお互いにタッチ(バッカン)すると各が死に体の効力無しとなり、

              自分の陣地(電柱)に戻り、タッチして再生する。足が速いチームが優位。   当時、

       ”キチクスイライ”と呼んでいたが、今になって考えれば、”駆逐水雷”であろう。

・竹馬 ・・・上級生のみ小さな竹馬に乗り、下級生と駆けっこ競争。将又、物干し竿のような大きな

        竹馬に乗る。乗る時は屋根の庇から乗る。その股下を下級生の小さな竹馬が通リ抜ける。

・缶乗り ・・・缶詰の空き缶に穴を開け、紐又は、ゴムでくくって下駄代わりに履き、音を立てて歩く。

・八の字 ・・・2チームで対戦。地面に背中合わせの八の字陣地を描き、2つの八の字の陣地内で

        あれば両足を使える。取っ組み相撲で勝負。八の字の陣地外に出れば、片足歩行となる。

        陣地外でも取っ組みを行い、両足を付いた方が負け。最後に1人以上が残ったチームが

        勝ち。

・石蹴り・・・・地面に2列のマス目の線を引く。各人は平たいマイストーン(自然石)を準備する。

        スタート位置より近くのマス目に石を投げ、そのマス目に入ると片足でそのマス目まで

        進み、石を拾う。以降全てのマス目を片足飛びで通過し、ある位置で4つの小さなマス目

        を目がけて石を投げる。特定の小さなマス目に入ると成功。失敗は最初からやり直し。

        以降、遠いマス目へと同様にして進んでいく。先に全てを終えたら勝ち。個人戦ゲーム。

        (内容の記憶が少々あいまいデス)

posted by tennismouse at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

遺伝子

最近は大の大人が小さな子供に安易に声を掛ける事も難しくなって来ている。

不審者の疑いが掛けられるから、要注意である。処で、昨日は小学校1年生〜

3年生の約30名と2時間ほど戯れてきた。一部の保護者も参加して、小学校の

体育館でキッズスクールが開かれた。ボール遊びやショートテニスなど4種目、

子供の運動である。スタッフは3名であるが、1人の都合が悪くなり、小生にヘル

Dsc01709プのお声が掛かった次第である。

この児童、屈託がなく、素直でも

あり、無軌道でもあり、無邪気でも

ある。性格もいろいろであるから、

指導、統率者も大変である。まだ

10歳未満、彼らはこれから長い

人生を生きていくことになる。

彼等を観ているともう一度、この頃に戻りたい衝動に駆られる。もう一度人生を

やり直せたらなぁと[E:confident] その長い人生、小生は既にその人生の80%を消化した。

ここまで来ると、人生体験すると、いろいろ述懐する、邪推するのである。この世

に神が居るのではないかと[E:sign02]どうすることも出来ない見えない力が働いている

のではないかと。偶然の多発ではなくて。我々は3次元の世界に生きているが、

5次元の世界があることが科学的に既に証明されていると言う。次元が異なるか

らお互いに遭遇する事は無いが。小生は神がこの世に存在する事を信じる者で

ある。人生体験から。人の人生は時に神によって支配されていると思うのである。

科学の発達した世の中、小生とは異なる考えの持ち主が多いであろうが。神仏

に手を合わせるから言うのではない。長い人生体験で小生の身の回りで起きた

出来事からの感想である。神のご縁で、と言うが、正に神の力、と言う事が、時に

現実に起きているのではと。突飛な表現であるが、一人一人が持つ固有の生体

 遺伝子のように固有の人生遺伝子と言うものがあるように思ふのである。小生が

勝手に名付けたこの人生遺伝子は神が作ったものであり、我々は全てではなく

とも、時には神の意志によって生かされていると思うのである。神の作った人生

プログラムに基づく人生なのだと悟るのである。故に、抗しきれず、思うようになら

ない人生であるならば、”あるがままに生きよう”と。 さて、一方の生体遺伝子

その人の身体の生から死に至る迄のプログラムが書かれていると言う。最近はコン

ピューター、科学技術の発達によって個々が持っている遺伝子情報の解析、解明

が可能となっている。個々の生命情報が明らかになって来ている。遺伝子配列から

難病治療や将来の病気の予知、予測が可能になって来た。正に神の領域、神聖域

に侵入しようとしている。自分の身体に将来起こるであろう生体変化、未来が見え

ようとしているのである。未来リスクが解かり、結婚にも影響するであろう。良い面

ばかりが有る訳ではなく、解明によって次に生まれて来る世代にも影響を与える等

の深刻な問題、弊害も生じる。畏れ多くも神のみの領域に侵入するのであるから。

体育館で一心に遊ぶまだ無邪気で幼いこれらの児童たちは、各がどのような生体

 遺伝子人生遺伝子情報を持って人生を歩むのであろうか[E:sign02]神の領域に踏み込

む人間、未来が今よりも悪くならないようにと危惧するもの。

posted by tennismouse at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

室温制御

梅雨が明けた[E:sun]例年より10日余り早いようだ。梅雨明け10日間が最も暑い

らしい。室温は13時現在33℃。暑〜い[E:sweat01] 後ろ隣家の日中は主婦1人、その

エアコン1台はフル稼働である。右隣家の西側にある4つの窓は銀幕で覆われ

ている。その内の2階の2つの窓の銀膜内側にあるシャッターをコマメに3〜4

度/日 開閉する。意味不明[E:sign02] 小生はと言うと自称省エネ技術者、グッと

我慢である[E:angry] 精神修行である。暑い日中、エアコンは使わない。専ら扇風機と

アイスクリームである。身体を壊さない範囲の忍耐である。静、動かず、昼寝で

静養するのである。流石に2階は暑いからエアコンの助けが要るが、2階には

殆んど行かない。しかし、夜の18時以降は1階リビングのエアコンが稼働する。

美しい大画面を観ながら、怪しい琥珀の液体[E:beer]を体内に注ぎ込む1日のゴール

デンタイムである。就寝する0時過ぎ迄稼働する。問題はエアコンの温度設定で

Dsc_0284ある。国が推奨する28℃に設定

している。しかしである。証拠写真

の如く、我が家の壁掛けエアコンは

テレビの上方1mにある。テレビは

プラズマ方式、背面上部から放熱

している。小生の観る位置はテレビ

正面3m。しかし、28℃に設定すると

寒い。原因はテレビからの放熱を上方にあるエアコン本体の室温センサーが拾う

から。まだ暑いと判断したエアコンはフル回転する。この体感温度を補正しなけれ

ばならない。そのドリフト温度は3℃余。温度設定を31℃に設定して28℃余で安定

する。エアコン本体に問題はない。一度メーカーにチェックしてもらっているから。

厄介である。テレビを消すと放熱がなくなるから今度は室温が上昇してくる。エアコン

の温度設定を28℃に再設定しなければならない。毎年同じ事を繰り返している。

冬季の暖房運転はこれとは逆となる。エアコンとテレビ、このように小生と同じような

配置となっている家庭も多いのではなかろうか。同じように設定変更をして使ってい

るのであろう。今年は一助になればと思い、これを解消すべく某エアコンメーカーに

提案メール[E:mail]をした。エアコン本体外にオプションで別置きの小型室温センサーを

用意してはどうかと。既存製品では難しく、新製品からの対応となるが。部屋の任意

の位置を希望する室温にコントロールするのである。他の機能を持たせることも

可能である。本体センサー部の着脱式も一案であるが、故障トラブルの一因にも。

リモコンにその機能を持たせることも一つの選択肢ではあるが実用面で問題があり

そうである。最近はスマホ[E:mobilephone]にもリモコン機能、温湿度センサーが付いている。

小生のスマホが示す温度は34℃、湿度53%。スマホとのリンク、活用も考えられる

ようだ。

posted by tennismouse at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

七夕ショック

老婆(ラオポ)には今回はホトホト参った。小生に何か魂胆があるようだ。貶める魂胆

があるようだ[E:weep] 処で、小生の若いころの家族は親子4人家族である。食事時、

お袋が腕を奮って料理を作ってくれる。良く動く働き者であり、仕事をしながら家事を

こなしている。料理[E:restaurant]は上手い方である。若者のような洋風料理は余り作らないが、

お袋料理、季節の野菜を採りいれた田舎料理である。その手料理の楽しい食事時

に時折異物が混入している時がある。食べる前に見付ける時、口に入れ、噛んで

から見付ける時とある。小生は大体が食べる前に多くが見付けるのである。4人

家族で決まって見付けるのは小生である。小生が目聡い[E:eye]のか、他の家族3人が

鈍感なのかは知らぬが。将又、何時も食物の異物が小生のところばかりに集まる

のであろうか[E:sign02]家族は不思議がるのである。他の家族3人は知らぬ間に胃の中へ

放り込んでいるのであろうか[E:sign02]それとも3人には異物は無かったのであろうか[E:sign02]

お袋が小生に時折いたずらをしたのであろうか[E:sign02]そんなことはない。親父から聞

いた話、お袋は何時も小生の健康を気遣って料理を作っていると打ち明けられた。

有り難いことである。親と言うものは。どうやら小生は目聡いようである。その上、

どうも異物は小生に集まってくる、吸引しているような[E:sign02]感じである。40年以上前

の家族の食事時の出来事である。そして今日昼、食事をしてショックを受けた[E:think]

老婆は週1回、日曜日に拙宅を訪れる。決まって料理を2〜3品作って訪れる。

料理はハッキリ言って下手である。しかし、店先で売っているような、売れるような

自慢できる上手な料理が1つある。料理教室で習ったという。歯応えも味付けも

バッチリである。その料理名は鮎の飴煮である。先の日曜日に持って来てくれた。

少しづつ食べている。今日の昼食にも食べた。オッとどっこい[E:sign03]目聡い小生、

早速変なものを見付けた。このような酷いものは生まれて初めてである。ゲテモノ

である。1センチ余のゴキブリが飴煮となっている。紛れ込んでいるではないか[E:sign02]

隠し味[E:sign02] 参った、参った。この悪戯には参った。これまた、老婆の小生に対する

イタズラ[E:sign02] 悪戯には参った。中国広州では路上でゲンゴロウ、タガメ、カエル等を

売っていた事は覚えているが、ゴキブリだけは売っていなかった。中国でゴキブリを

食べてきたという同僚がいた事は覚えているが。今日の昼食、流石の小生も参った。

老婆には恨みを買うような事をしてはいけないとつくづく思った[E:weep] はんせいm(_ _)m

posted by tennismouse at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

待合時間

病院[E:hospital]に行ってきた。湿疹の塗布薬の効き目が悪くなってきたから。昨年9月、

中国留学に出かける前に貰い、10ヶ月余経過している。3〜4ヶ月ほど前から効き

目が悪く、痒くなって症状が酷くなってきたから新しい薬を貰いに。塗布薬は20CC

程の容器に入っているが、いつも1/3ほどしか消費していない。病院の受付は

11時までである。間に合うように急いで駆け付けたが、大きな総合病院であり、

大きな駐車場は満杯である。なかなか空きがない。受付時間終了間際の滑り込み

セーフとなった。受付票を見ると診察予定時刻は12:00。待たされるのは何時も

承知の上、NHKの中国語テキストを1冊持参した。暇つぶしに復習でもしようと。

講座、毎日聴く[E:ear]ことは中々出来ない。持参したテキストを念入りに看ていると

有益情報を見付けた。スマートフォンによる中国語の単語学習である。単語5000

語のダウンロードが880円とある。体験版もある。早速、体験版をダウンロードし、

試行する。各能力レベル別に計320語入っている。これは中々いい単語帳[E:book]で

ある。便利な機能もあり、使える単語帳である。電池が無くなってきた。12時半に

なっても呼び出しが無い。皮膚科は2名の医師で看ているが、今日は1人が休診

である。広い待合室に大勢の患者がいたが、1〜2名となってしまった。忘れられて

いないか確認。すると診察予定時刻は13時半という。2時間半の待ち時間である。

その時刻になってやっと最終患者の小生が呼ばれた。「薬の効力が無くなりました

ので新しい同薬を下さい。私の症状名は皮脂欠乏性湿疹ですか[E:sign02]」と。この症状、

皮脂欠乏性湿疹ではない、と明確に言う。単なる湿疹のようである。小生の体質

からしてアレルギー湿疹であろう。原因は定かではない。ダニ、衣料品、食べ物、

台所洗剤等々種々の原因が考えられるという。老化も一因であろう。以前、医師に

症状名を確認したところ皮脂欠乏性湿疹と言われたのであるが[E:confident] 今日の医師、

2つの診察室を使っている。各々の診察室に患者を迎え入れ、交互に看ている。

1人2役である。こうして5分ほどの問診、診察を終え、診察は終了。出された処方

箋を持って駐車場一角にある調剤薬局に向かう。ここでの待合室は小生1人。

こうして我が家に帰宅したのは14時過ぎである。小生は団塊の世代、この多くの 

人口がひしめく世代が今後一斉に老いていくと、益々、病院が過密となっていく。

医療品質、環境も悪化するのであろう。我憂う、我悲し[E:weep]   時は刻んで行く。[E:sandclock]

処で、私事であるが、今日は親父の誕生日。存命していれば満100歳となる。

posted by tennismouse at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする