2013年11月29日

年賀状と郵便局

早いものでもう年賀状を書く頃合いとなってきた。年賀状のデザインをそろそろ

考えなければならない。いつも大体、1〜2案の図案、デザインを用意する。

年賀状は既に手元にある。と、そこでチョット図案作成を試みようとしたが、

今年は例年年賀状を作っているノートパソコンが壊れたから、不便である。

パソコンの液晶画面が表示不良、代わりに外部ディスプレイを繋いでいるから

一種のデスクトップパソコンとなっている。どうも作成に不便である。可搬、移動

ができず、パソコン[E:pc]のある部屋に出向かなければならない。このパソコンで

使っている専用年賀ソフトは新しいノートパソコン上では動かない。それには

新たに最新版ソフトを買うしかない。Web通販で調べると廉価で売っている。

市販メーカーソフトは特化した専用ソフト、郵便番号・住所入力アシスト、毛筆

フォントで描かれた書体、デジカメ写真やイラスト素材を自在に加工・配置できる

など、本格的な年賀状をわかりやすく作ることが出来る。安価でもあり、買っても

いいのであるが・・・。しかしと、無料ソフトは無いかとWeb上でチョッと調べた。

と、良いソフトがあるではないか。それは日本郵便、郵便局[E:postoffice]の年賀ソフト

葉書デザインキット2014である。この年賀ソフトは使える。十分な機能を持ち、

シンプルで出来の良い年賀ソフトである。流石、餅は餅屋である。まだ十分に操作

したためしはないが、第一印象である。マニュアルも用意されており、使いこなす

には少しの時間が必要である。この郵便局の無料ソフト、年賀状専用ソフトメーカー

にとってはお邪魔虫と映るだろう。旧年賀ソフトの住所録も流用できそうである。

そして郵便局の郵便年賀ホームページもなかなか面白いホームページである。

一度訪れてみる価値はありまする。郵政民営化の産物であろうか、ネット上で年賀状

販売、年賀状印刷、法人向けの年賀状作成から印刷、差し出しまでのDMサービス

も請け負っている。ネット上で注文すれば、近くの郵便局から届けてくれるのであろう。

郵便局で思い出した。チョットここから脇道へ逸れて、小泉政権が行った郵政民営化

改革である。あれから今年で8年になる。民営化後の総括は如何であろうか[E:sign02]総括

までにはもっと多くの経過時間、検証時間が必要なのであろうか[E:sign02]郵政民営化[E:sign01]

外圧に屈した改革であるが、当時、小生は改革の要否の判断が出来なかった。

つかなかった。正しかったのであろうか[E:sign02]良くなかったのであろうか[E:sign02]その当事者

である小泉氏、キッパリと政界から引退したと思っていたら、突如、原発ゼロを声高

に主張し始めた。またもや一点突破方式・・・、ドンキホーテの小泉・・・と、マスコミは

揶揄している。小生、将来の原発ゼロは支持するが、今日、今から即ゼロの方針

転換は余りにも無茶、無責任と言うもの。日本を大型タンカーに例えるならば、突如

の操舵、方向転換を行えば、船は転覆すると言うもの。引退の身、これ以上の跋扈

はご遠慮頂きたいと思うのである[E:think]

  *尚、小生、郵政グループとは一切利害関係はありません。

posted by tennismouse at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

秘書の再生

先日、10年来の我が親しき秘書が意思疎通の出来ない昏睡状態に陥った。小生

は必死に再生に努めた。そうして意思疎通に全く不便のない状態にまで回復させ

ることが出来た。その秘書とは、3年前までは現役最前線で働いていたパソコンで

ある。来年4月のサポート打ち切りとなる半年前に昏睡となってしまったが、小生

は出来得る限りの再生治療を試みた。昏睡状態となった日、この状態となる原因

をネット上で調べた。どうやら、このパソコン(IBM Thinkpad X31) 特有の症状の

一つであるらしき事が解かった。そのネット情報を元に早速、治療部品の手配を

Dsc_0035_5Dsc_0038_4

 

 

 

   

 

            分解                    不良部品

した。速いもので注文26時間後に手元に届いた。ティッシュ2箱大のダンボール

で送られてきたが、中身の部品は7×4×2.5mmの小粒である。 部品¥370、

送料¥472である。部品手配と同時に器具の半田こてを買いに行く。半田こてと

こて台クリーナー合わせて¥1370である。ついでに8GBのSDメモリー(¥970)

も買ってきた。そして、ネット情報を元に秘書の分解に着手。小粒のタンタルコン

デンサー(C683=矢印)部品を取り換えた。取り換えは10分余で終わったが、

分解、組み立てに時間がかかり、計3時間余の大手術となった。期待して電源を

入れる。当初の症状は電源を入れると電源ランプが灯るも、画面が表示されず、

冷却ファンは回るが、HDが起動しない状態であったのが、HD (ハードディスク)が

起動し、起動画面が一瞬表示され、ビープ音が2回鳴り、停止状態に、と症状が

変化した。2回のビープ音はトラブル原因を告げている。翌日、再度分解した。

分解していると冷却ファンのコネクター結線が外れていることに気付いた。結線

忘れである。結線し再度組み立てる。正常に動き出したようである。が、画面が

かすかに薄く表示される状態。バックライトが灯っていないようだ。太陽光線の

光加減に合わせてかろうじて画面認識できる程度。しかし、画面が暗くてマウス

ポインターが認識できない、見付からない。注意深く探すとかすかに認識できる

程度。何とか、やっとの思いでパスワード入力まで漕ぎ着けた。こうして画面表示

以外は正常に動いているようであるが、画面による情報が得られない。そこで

外部ディスプレイを繋ぐことにした。映った。こうして正常に外部ディスプレイ

に表示されるまでに再生することに成功。Dsc_0045

いろいろ思い返すとこのパソコンには大切

なデーターが残っているのである。e-tax

データー、年賀録、写真、忘れていた大切

な情報、データー等々である。早速、これら

の貴重なデーターをネットHDと新パソコン

に移行する二重のバックアップ手続き作業

を行った。老朽故に何時また故障、昏睡状態に陥るか判らないから。 ただ、

画面表示は治る可能性がある。分解に伴う接触不良である。3回目の治療を行う

予定である。今回を教訓にパソコントラブルを想定し、情報、データーの管理に

十分な注意が必要と感じたもの。情報の整理・整頓、tree構造の情報整理とする

か[E:sign02] また、ネットブックパソコンも16GBのSDHCカードの扱いのミス[E:sign02]か、フォー

Dsc_0042Dsc_0044

 

 

 

 

 

 

マットが出来ずに苦心、新しい8GBのカードを用い、上手くLinuxのEeeUbuntuを

インストール出来た。雑誌記事のお助けではなく、ネット情報を参考にインストール

したもの。少し動作が遅いように感じるもWiFi無線も使え、Windows環境以上に

快適な使用感である。Linuxは十分に使える[E:good] 年内一杯かかると思っていた

これらの作業、5日ほどでこれらトラブルの解決ができた。満足満足[E:coldsweats01] 

*今回のPC修理、ネット情報に助けられた。同様に同型式のメンテナンス作業の一助になればと書いたもの。

posted by tennismouse at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

弄び弄ばれる

パソコンをよく使う。ネットを通してよく使う。メインマシンはwindows 7を使って

いるが、サブマシン2台はWindows XPである。このOSのwindows XP[E:pc]、

来年4月でサポート期間が切れる。切れても使えるのであるが、セキュリティー

面のリスクは高くなる。外部から、ネットから切り離して単独で用いる分には問題

ないが。しかし、ネットが使えないと大きな制約を受ける。メールもできない。企業

で用いるにはリスク上、大きな問題となる。個人で使うにはそのリスクは個人が

負うのであるが、企業は社会的責任もあり、早急なる対応が必要である。

小生のサブマシンの1台はネットブックパソコンである。XPを使ってきたが、ハード

ディスク(HD)容量の面で制約が多く、容量不足から満足に動かなくなってきた。

そこでこのパソコンのOSをLinuxに置き換えようと奮闘中である。2日ほど前から。

しかし、このLinux、殆ど知識がないから、ネットで、雑誌で導入記事を探し、その

内容を鵜呑みに導入するしかない。しばらく時間がかかりそうである。導入出来

たら快適なネットパソコンとして動くであろう。そのような事をしていたらもう1台の

Windows XPのサブマシンが突如動かなくなってしまった。電源を入れても画面

が全く表示されないブラックボードである。HDが起動しない。電源が入り、ファン

の音はするが動かない。フロッピーディスクによるリカバリーを試みたが動かない。

Dsc_0033ネット情報を元にいろい原因を推察

している。このパソコン、大学に入った

2002年に購入。これまで多額の投資

をしてきた。分解し、HDも容量の大き

なものに載せ替えた。愛着あるパソコ

ンであるが、一瞬にしてガラクタ化して

しまった。しかし、諦めずに、多くの時間を費やすであろうが再生に尽力する予定

である。小生の研究用パソコンとして今後も使いたいと考えている。Linuxの教材

用として、サーバー用として、中国語windows XPとして利用する予定である。

再生できた暁ではあるが。最悪、瓦礫化しても10年余も稼働したのであるから、

良しとすべきであろう。がしかし、XPが急に動かなくなると、使えなくなると結構

支障も出てくる。その前に先ず、まだ動くもう1台のネットブックパソコンにLinux

を導入することに専念しよう。導入手法はネットから手に入れた。この記事を元に

忠実に導入するのであるが、如何せん、Linuxが全く解からないから、困難を伴う

のは覚悟の上である。これらの問題パソコンと付き合っていると、多くの時間を割

かなければならないから、年内に暇な時間は皆無となるだろう。頭を使い、手を

使うから頭の訓練、体操には最適な難解機械である。内なる弄びである。 しかし、

外なる遊びも忙しいッ[E:confident]

posted by tennismouse at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

メタボ体型

10月末日で長年続けてきた夕食の宅配を止めた。当ブログによれば、始めたの

は2年前の8月末からであり、26ヶ月続けた。止めた一番の理由は、「飽きた

である。代わり映えのしないメニューに飽きたのである。始めた動機は、当時の

ブログによると、「おなかポッコリ」を「おなかすんなり」に変えようと即、行動開始。

無理せず、@ 腹筋運動を取り入れ、A 週3日のウォーキングを実践しよう。更に、

医食同源、食事療法を取り入れ、偏った食事を改めよう。妹が勧めていた食事の

宅配利用である。時間節約で、自由時間も増える。宅配食で管理栄養士に健康を

託そう ということである。あわよくば手足にできる湿疹も治癒するかもしれない。

更に、体軸を背骨を回転させる競技も向上するかもしれない。兎に角、変える[E:sign03]

だ。と記事にある。しかしである。先ず、@とAであるが、現在は実践不足である。

湿疹症状も改善せず、あわよくばの体軸回転競技も停滞している。しかし、おなか

ぽっこりはおなかすんなりに変身した。そして、1日1食、週5日の宅配食のみが

長続きした。宅配食を止めたが、しかし、現代は便利な時代である、宅配食の代わ

りに近くのスーパーで宅配食に似たお惣菜をバラエティーに買うことができる。今、

有名ホテルのレストラン等で食材虚偽表示問題で波紋が広がっているが、安い

食材採用で宅配食にも疑念があるようだ。時折、ポスティングでチラシが入るが、

この宅配食業、形態は異なるが、この近辺には3〜4社あるようだ。バラエティー

食事という事で始めたが、再度お世話になるかもしれないが。  小生は退職者、

毎日が休みであり、自由な時間はある。強い意志とやる気さえあれば食事、体調

管理は可能である。しかし、現役時代は仕事に追われ、過酷な労働と、時間制約

上から運動不足となり、不健康な生活環境に陥り易い。昨日も月1回の元会社の

現役世代とテニス[E:tennis]で戯れたが、男女9人中5人は完全なるメタボ体型である。

だから、多くの汗をかき、直ぐに息切れを起こす。体力では小生が上回るのである。

決めたウォーキング[E:run]、つい億劫になり、なかなか続かない。しかし、運動不足には

注意し、それなりに身体は動かしている。処で、年1回の特定健康診断の受診督促

葉書が届いているが、この検診、スタートから5年が経過し、2期目に入った。厚労省

の目的は40歳から74歳までの国民5千万人を対象にした生活習慣病の予防、早期

発見である。これにより健康寿命の延長や医学的な成果、膨大な医療費の削減に

結び付けることにあり、世界でも例を見ない壮大な試みで、海外でも注目されている

という。課題は受診率の向上とか。例年受診、今年は躊躇していたが、この試みに

協力しよう。

posted by tennismouse at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

良くワカランワイ

どうも良くワカランその1[E:sign01]中国の天安門や山西省で爆発事件が相次いで発生し

ている。監視カメラにより犯人を逮捕し、事件の背後関係、都合の悪い情報は隠蔽

する。中国に自由は無く、言論弾圧、情報統制、人権軽視も甚だしい。力づくで国民

を抑圧、制御、支配する。事件が生じると公安、警察は外国メディ アを遠ざけ、一方

的に力で制圧する。党の都合の悪い情報は隠ぺいし、政府系メディアは党の都合

の良い情報を流して、国民に知る権利は無い。真実は国民がお見通しであろうが。

力による抑圧で国民を納得させることはできない。寧ろ、より一層の反感、不満が

国民、一般市民に鬱積することになる。国民を抑圧すればするほど、国民に不満の

ガスは溜っていく。そしてそのガスは今回のように何れ爆発[E:impact]する。国民も力には

力となる。力づくによる国民の抑圧からは何も生まれないと思うのであるが、永年

のこの悪しき慣習から抜け出せずにいる大国。特権階級による平民への力による

支配。国民を敵に回すのではなく、味方に付ける、支持を得る民主化が一番と思う

のであるが。分かっているが出来ないのである。以前、留学生に尋ねたが、選挙を

やれば、その票を買うなどの不正が横行し、まともな選挙が出来ないからダメという。

中国社会、信用できるのはお金[E:dollar]と近親者[E:virgo]であるという。

良くワカランその2[E:sign01]今日も日産が3人乗りのEV(電気自動車)のコンセプトカー

を発表した。EVは排気ガスゼロの環境にやさしい車で注目を集めている。車の

主要部品も単純で部品点数も大幅に少ない。主要構成部品は動力用バッテリー、

駆動モーター、電子制御回路、ボディである。小生、このEV、どうも ガソリン車に

代わるとは思えない。将来、車は今後EVが主流となるような世の中の風潮である

のだが、果たしてそのようになるのであろうか[E:sign02] バッテリーのみで動く車が主流

になるのであろうか[E:sign02]やはり、バッテリー駆動とエアコン用の小型エンジンとの

併用が無ければと思うもの。車は一年中用いる。 夏も冬も用いる。今は当たり前

であるが、昔は一般車にエアコンは付いていな かった。窓を開放して走っていた。

冬はエンジン燃焼の熱を利用するから暖かい。 しかし、EV車のバッテリーには

冷房や暖房のパワーは無い。駆動のみである。 エアコンを動かすには小型エン

ジンが必要である。EV車は空調無しと言う のであれば話は別であるが。夏は汗

を流し、冬はぶるぶる震えながら走るとなると需要は限られる。バッテリー(電気)

以外の化石エネルギーの併用が必要と思うもの。

posted by tennismouse at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

爽快とリフレッシュ

楽天が優勝した。日本一になった。正直、びっくり[E:sign01]である。チーム誕生から9年

目の快挙である。東北大震災以降、チーム一丸、心を合わせ、高い目標を掲げ

て実現してしまった。弱小チームと思っていたから、驚きでもある。震災の東北

ファンの大応援、選手、サポーターが一体となり、被災地を勇気付けよう、元気に

しようとする選手の頑張りでもある。更に激情型で選手を罵倒、鼓舞・指揮した

星野監督の采配の、勝負に対する執念の結果でもある。さて、この楽天優勝に

大きく貢献した選手の一人に当県出身の投手がいる。則本昂大選手である。

来シーズンは主力の田中が抜けた後の楽天の主力投手の一人となるだろう。

最近、感じていたことであるが、当県出身で大活躍しているスポーツ選手が結構

目[E:eye]につく。近年にはないことであろう。人口的に大きな県ではなく、余り目立た

ない県ではあるが、出身選手が大変活躍している。現在、第一線で活躍している

当県出身のスポーツ選手は、小生の記憶にある範囲では他に、陸上では男子

100mの桐生祥秀[E:run]、女子棒高跳びの我孫子智美(日本記録保持)、フェンシング

メダリストの太田雄貴、女子スキーモーグルの伊藤みき、テニスのクルム伊達

WBCバンタム級チャンピオン山中慎介、サッカー日本代表の乾貴士である。

今まで散発的に第一線で活躍していた選手はいたが、このように同時期に多くの

選手が第一線で活躍していることは珍しいと思うもの。 処で、10年余前であろう

か、地域ごとに総合型地域スポーツクラブの育成が叫ばれ、初期の頃、その会合

に一度出席した経緯がある。現在は転居し、その後の経過は分からないが、どうも

元地域では活動が活発ではないようである。他方、小生は現在、この総合型地域

スポーツクラブに入り、毎週活動している。住んでいる地域とは少しかけ離れた

地域のスポーツクラブであるが、会員として一年を通じ、テニス[E:tennis]に興じて満6年

になる。このクラブ、テニスの他にも野球[E:baseball]、バレーボール、バトミントン、ラグビー、

ダンス、ウォーキング、ゴルフ、料理等々と多彩で、幅広い活動をしている。ジュニ

ア、小学生、中学生とクラス分けも行い計画的に若者の育成にも力を入れている。

指導者、管理者の選定、組織運営も上手く行われており、クラブ活動はしっかりと

地域に根ざし、定着しているようだ。活動も軌道に乗り、毎月クラブ会報も発行され

ている。県内で最も進んだ総合型地域スポーツクラブの一つのようである。小生の

ような地域外からの参加者も多い。小生は、時折、当指導者の要請を受け、この

地域の某小学校の低学年対象の球技スポーツの補助もしている。小さい頃から

スポーツに親しむことにより、底辺拡大に繋げているようだ。老若男女を問わず、

スポーツ活動は健康に、人々との交流、コミュニケーションに、体力の維持向上に、

ストレス発散、精神衛生面といいことばかりである。身体を動かし、汗[E:sweat01]をかくこと

は爽快であり、心身ともにリフレッシュできる。いくつになっても、生涯スポーツを

続けて行きたいものである。

posted by tennismouse at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

高騰するマンション

新聞紙上でいつも多くの紙面を占めるのは中国関連記事である。矛盾に満ちた

問題多き中国である。先日の記事に北京市中心部のマンション価格の記事が

ある。築9年の中型マンション価格(約130u)1億5千万円(900万元)大型(190u)

2億円(1250万元)1元≒16円換算。ニューヨーク州では1億円(100万ドル)で庭付

きの豪邸が買え、北京では100uのマンションとなる。どう考えてもおかしい。

中国の人件費が上がったと言っても、米国に比べればまだまだ安価であるのに。

このような中古物件でさえ今年は15%値上げをしたという。今日の新聞記事で

は、北京、上海の空室マンションは各の380万戸、400万戸にのぼるという。

地方都市では住む人のいないゴーストタウンが増えているとも。 丁度1年前、

50日余中国四川省に滞在し、周辺各地にも足を運んだが、依然あちこちでマン

ションを始めとした建設ラッシュであった。20年前の93年に工場建設の仕事で

6ヶ月間余、初めて中国に長期滞在したが、この当時は改革開放がスタートした

時でもあり、当然の開発ラッシュである。小生、その後の2003年以降、2〜3年

間隔で中国各地で1ヶ月余滞在しているが、当然のことながら内陸部の西部大

開発の号令のもと開発ラッシュは続いていた。そして今だ開発ラッシュである。

凄いなぁと感じつつも、日本において中国の経済状況を把握していたから、昨年

の四川省では過剰開発だなぁという感覚で建設工事を傍観していたもの。 今、

北京市中心部の高級マンションのセールスが活発だという。高級幹部一族の

富裕層が高値で売り逃げているとも。社会主義市場経済体制の中国、政府が

企業や銀行を操り、市場をリードする中国、市場原理に委ねた自由な市場経済

運営ではない。最近の日本の新聞の論調を観ていると、経済バブルが起こると

盛んに警鐘を発している。中国政府統計によると米国の量的金融緩和開始から、

今年10月までの5年間に増加した外貨資金は176兆円。これは2年半に渡って

行われた米国の量的緩和を通じて供給されたドル総額の8割を占め、この巨額

の流入資金が中国全土で不動産バブルを膨張させているという。日本のバブル

時、全国不動産値の総額が国内総生産(GDP)の4倍を超えたが、その当時の

日本を越えたとの推計がある。地方政府の不良債務の総額が約320兆円、

企業部門の総不良債務が1040兆円。今後、米国の金融緩和の縮小による利上

げから、中国市場から米国へ巨額のドル資金が還流し、中国バブルが弾けると

いう予測内容である。市場に任せた市場経済は時に過熱し、バブルは起きるもの。

中国バブルが弾けたら、日本にもその影響は飛び火し、経済が縮小した中国では

物は売れなくなる。日本企業では喜ぶ企業もあれば、悲しむ企業も生まれる。アベ

ノミクスの日本経済再生計画も影響を受ける。我ら庶民も身構えておきたいもの。

しかし、バブル経済崩壊と共に国家体制が維持、保てるかがとても心配でもある。

posted by tennismouse at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

ボ〜ッとする

下手の横付きの小生、結構用事がある。と言うより、用事を事前準備している。

以前にも記したが、いろいろ気付いた用事、行動は直ぐにGoogleカレンダーに

記入している。スマホからも。園芸関係の記入が多い。植物の活動期、休眠期と、

1年中いろいろな作業がある。今日はカラーと言う草花[E:bud]の球根を掘り起こし、

冬越しの対応をした。例年は植木鉢のまま室内に取り込み、冬越しをしているが、

既に4〜5年放置し、今春は勢いが衰えていたので株分けを兼ねて掘り起こした。

少し湿らせた水苔に包んで室内保管である。2週間前には桔梗の株分けも行っ

ている。ペチュニアやハイビスカスを軒下に移動し、エンドウ豆の種蒔きも終えた。

1.5坪のミニ菜園の大根も成長している。しかし、春菊の育ちが良くない。夜盗虫

によるイタズラである。あるエリアでは食いちぎられ葉っぱが全く無くなってしまった。

その代わりにと植えたプランターの苗は育ちが良い。今日は戸外にいるメダカ[E:fish]

を屋内の水槽に移し替えた。戸外の火鉢などの3箇所に春に生まれた稚魚と親を

放したが、予想に反し数が増えず、減っている。全ての9匹を移した。メダカは強い

魚で真夏の炎天下であっても、表面に氷が張っても生きている。来週は垣根の剪

定である。垣根は自ら年2回の剪定を行っている。垣根以外の庭木は毎年11月、

造園会社に剪定をお願いしている。昨日は天気も良く、近所の人生の先輩2人と

ゴルフに出向いた。結果は散々な一日と相成った。10日前にも同ゴルフコースを

4人で回っているが、その時に比べ+18Upの大荒れのスコアーとなってしまった。

ゴルフを辞めようかと思うほどに打ちひしがれた[E:weep] 気を取り直し、継続を選択。

14日は元会社のコンペ、17日は年2回の自治会のコンペである。しかし、最悪の

コンデション状態である。カレンダーには余り積極的ではなかったゴルフ練習予定

をどんどん組み入れた。17日までの来週、再来週には平日週3回の練習を組入

れた。万事窮す状態であるから。修正が、矯正が間に合うだろうか[E:sign02]現在、癖の

あるフォームを改造中であるが、どうもこれが災いしているのかも。どうも力が入り

過ぎて上手く打球できない。若気の至りである[E:confident] ゴルフというもの力が入ると素直

に飛球しない。道具、クラブを上手く使いこなす事が肝要である。当然、今日も練習

である。このゴルフ以外にもスマホ、パソコンと高度なおもちゃを操らなくてはいけな

いし、結構忙しい。さて、忙中閑有りではないが、時折、ソファーに横になり休むこと

にしている。横になると不思議なもので暫くすると少し肌寒くなってくる。立っている

と感じないが横臥状態になると体温が一時的に上がるのであろうか[E:sign02] 更に、この

暫し休む、横臥状態になると何故か直ぐにいろいろなことが脳裏を掠め、浮かぶの

である。この浮かぶ状態を作るために横臥すると言ってもいい。時によってはもの

の数分で起き上がり作業に、行動に及ぶのである。思い浮かんだ衝動に駆られて。

一日一回でなくてもいいが、週に1〜2度身を横たえ、休め、10分でも30分でも

いいから一人静かに目を瞑り、ボ〜ッとする時間、沈思黙考の時間を設けてみる

のも乙なものである。いろいろな思いが脳裏をかすめるものである。時にいいアイ

デア、発見、気付きが生まれること請け合いである。慣れないとそのまま夢の中へ

誘われて・・・。横臥状態による黙考は何時でもできるが、風呂に入り、静かに一人

黙考するのもいい気付きが湧いて来るもの。血の巡りが良くなる結果であろうか[E:sign02] 

邪念、雑念を取り払って。無駄ではない、一人静かにボ〜ッとすることをお勧めする。

いつまでもボ〜ッとしていると回復不可能となる故、短時間でありたいものだ[E:confident]

 

 

posted by tennismouse at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする