2015年02月28日

2月28日

今回で参加は4年目ではなかろうか[E:sign02]今日は野洲市の新体力テストの運営に協力

するボランティア員である。自らもテストに挑んだ。文部科学省が定めるテスト実施

基準要領に従って実施。この運動能力テストの他、骨量、血行と血圧測定、血管

年齢、肥満度などの測定も計測器で行う。通常の小生の起床時間は8時過ぎ、

今朝は1時間半余も早起きで出掛けた。小生は野洲市のテニスクラブに所属する

メンバー、そのテニスクラブにもボランティアの動員要請があり、参加しているもの。

当初の頃は体力テストに訪れる市民は少なかったが、年々増えて来た。

Img_02211Img_02231

今年は80名余の参加者であったらしい。さて、小生の担当は骨量測定。足のくるぶし

部分の骨量を測定する。この部分にゼリーを塗り超音波で測定し、5段階評価。

測定結果の印象から女性の骨量が低いようだ。粗鬆症の薬を飲んでいるという方も

結構多い。超音波測定と言っても簡易測定、参考にしてくださいと言うアドバイスと

共に測定結果と関連参考資料を渡す。骨量測定に訪れた多くが60歳台と言う印象。

次に主となる新体力テスト。年齢範囲で種目も異なる。6〜11歳、12〜19歳、

20〜64歳、65〜79歳。小生も決められた6種目にトライ。最終年齢範囲に入った

ばかりの歳であり、総合評価は勿論Aランク。脚力種目、バランス感覚は満点。

身体の柔軟性、握力は7、苦手の前屈は6点。年齢範囲別に種目が異なるが、全12

種目がある。役員、スタッフ、ボランティアを含め多くの協力で支えられて午前中で終了。

次なるは午後からの丁内行事に参加。小生の暮らす団地、引っ越して8年目になる。

今日は初回となる1丁目の茶話会に参加した。発起人の民生委員を始めとした5名余

は丁内の春・秋のゴルフコンペで顔馴染みである。1丁目は約200世帯あり、60歳

以上の対象者は70名余という。今日はその2割の16名が参加。内女性5名。

丁内在住の方が京都で営むコーヒー店からインストラクターを招き、おいしいコーヒー

の淹れ方の実演説明会。マイカップ持参で参加である。コーヒーは赤道南北25°域で

多くが栽培されているという、所謂この域をコーヒーベルト地帯と言う。赤く実の熟した

コーヒー豆を収穫し、乾燥させ、実を取り出し、更に米のようの脱穀、それを煎って完成。

今回の淹れかた講習、小生、ペーパードリップで淹れかたの間違い点を2つ発見。

20150228_140319細かな事は省いて、一つ目は蒸らした後、

1回目のお湯を注ぐが、2、3回目の注湯は

1回目の注湯レベル以下に抑える。

2つ目はペーパー上端縁部にある残滓に

お湯を注がない、あくまで中心部に注ぐ。

細やかな淹れ方を実演、実技で習い、関連

資料も戴いた。小生の暮らすまだ新しい団地、

このような機会、行事を今後増やしていきたいという。多くが京阪神方面からの移住者。

小生は県内からの移住であり、近くに知り合いも多いが、遠くから移住して来た年輩者

は知り合いも少ない。民生委員も正しい住民情報を把握するにはこのような機会を

増やしていくしかない。当団地はまだ若いが、高齢化はどんどん進んでいくから、

隣近所の繋がりを含め、深めていかなければと思うもの。

posted by tennismouse at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

全日の活動

今日は水曜日、毎週楽しみなテニス[E:tennis]練習日。小生、何よりテニス第一優先であるが、

今日は強いてボランティア連絡会に初出席した。年1回の園芸活動情報連絡会である。

Img_20150225_123856369← 会場は皇子が丘公園体育館会議室。

小生、この皇子が丘公園、初めて訪れた。

体育館の他、グラウンド、温水プールもある。

しかし、どうも利用率が低いようだ。

ここに市内5つの園芸ボランティアグループ

が集まっている。午前は、10時から開始。

「日陰の庭のガーデニングと四季の花壇つくり」

の学習会。女性代表2人による講義。花壇の手法と施工事例、花壇つくりの基礎と

管理、1ボランティアグループによる花壇の紹介をパワーポイントを用いて説明、紹介。

日陰の庭に白い花は明るくする、花を楽しむのもいいが、カラーリーフの葉色を楽しむ

のも一法。次に花の寄せ植えの説明、映像で紹介。多くの寄せ植え花が出て来たが、

小生の知らない花は少ない。一年草、宿根草とカラーリーフを交えた花壇の紹介が

あるも、四季を通じた花壇つくりは日々の関心、手入れ、愛情が大切である。余り

参考になることは少なかったが、今回を機会にカラーリーフや花苗の高低を考えた

植栽も参考になると拙宅の猫の額ほどのミニ花壇で改めて思い直したもの。

10日ほど前に株分けしたギボウシもカラーリーフの一種で種類が豊富である。

20150225_10172820150225_113827

午後からは市内5団体の実践活動報告。これらの団体、市の公園緑地協会が開催

するハートフルガーデナー養成講座を受講した修了者が集まって出来たボランティア

団体。同講座、今年も5月から11回目の講座が約半年間実施される。この講座を修了

して市のハートフルガーデナーとして認定される。今回の5団体が集まった情報連絡会、

この各団体がどのように活動されているか、どのような状況にあるか、市の園芸ボラン

ティア活動状況など全体を知るために参加したもの。小生が参加するボランティア

グループは一昨年に結成されたまだ新しいグループ。養成講座2年間の修了生で構成

され、メンバーの多くが55〜67歳であろうと。積極勧誘活動でメンバー数も一番多い。

他のグループは永年の実績はあるが、メンバー数も限られ、高齢者も多いようだ。

メンバーの年齢から来る活動維持に問題を抱えるグループも観られる。各グループは

各の地域で公園、各種施設、保育園、公共広場、学校などで園芸ボランティア活動を

している。各グループの推進母体となっているのは市の公園緑地協会。春と秋には

同協会主催の花フェスタの一大イベントをなぎさ公園で開催している。勿論、各ボラン

ティアグループも参加、協力。春を迎えると共に花々も開花を迎え忙しくなる。今年は

9月に開催される和歌山国体の琵琶湖ボート会場に花を配置する大がかりな育苗

プロジェクトがある。この活動協力の主役はこれらボランティア団体である。7種の花、

500個のプランターを準備しなければならない。合間にこの会場に来ていた講習同期

の人と情報も交換。シルバー人材センターで教わりながら庭木の剪定作業をしている

という。季節になると忙しいと。小生も剪定作業は好きな作業であり、教わることもでき

てシルバーに登録したいのだが、これ以上広げると自由時間が少なくなってしまう。

シーズン、月1〜2回程度でもいいが、教わる時間が中途半端になるし・・・。

明日は11月に作ったシバ桜のさし穂をなぎさ公園へ植え付け作業日、だが雨のようだ。

posted by tennismouse at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

午前中の活動

8時過ぎに起きたが、朝から無風快晴[E:sign01]この晴天に、彼[E:chick]は今日もやって来るだろう。

もう来ている。さて小生、この快晴で意欲が湧き、朝食後の午前は主夫作業に専念する

Img_02151ことにした。花粉の季節だが、先ず洗濯物

を干す。続いて寝具も干す。日光消毒だ。

この時、気付いた。玄関前に置いてズ〜ッと

咲き誇っていたバコバの藍い花が無くなって

いるではないか。 为什么[E:sign02]  Why[E:sign02]

その花鉢内を観察すると中に大きな糞が、

緑色の糞が有るではないか。確たる証拠

を残した。犯人はどうやら彼だ。果実が、密が好物の彼だと。横着だ[E:sign01]これを機会に

今日から方針転換、見付け次第徹底的に彼を追っ払う事にした。甘やかし過ぎたようだ。

柚子実の残飯処理までお願いしたのは良かったが、エンドウの幼苗にバコバの綺麗な

Img_02141Img_02161

花まで食い荒らされるともう限界だ。しかし、昨日に比べれば、飛来回数、留まる時間は

かなり少ない。隣家の在宅を察知しているのか。彼に落胆しつつ、更に主夫作業を続行。

次は掃除機掛け、1週間も経たないうちに埃が沢山生まれるものだ。人が動けば衣類

から、肌身から埃が生じる。動くと風を巻き起こし、埃が拡散し、部屋のある部分に溜る。

埃も塵も溜れば綿埃になり、感性鋭い小生に健康上の弊害をもたらす。アレルギーの

小生、埃は大敵である。次は床上で腰痛体操20分。数種類のストレッチ、運動。

そしてここで休憩のティータイム。暫し休憩。ネットラジオをかける。中国語放送を選局。

なかなか賑やかな音楽が、民謡が聞こえて来た、中国の民謡もいいものだ。弾んだ

明るい声が響く。時折、新年快乐と言っている。中国では今日は旧正月3日目だ。

正月の華やいだ気分が伝わってくる。次に食後の食器を洗い、そして料理を作る。

Img_02191野菜がどうしても不足するから今日は

小松菜の煮物を料理する。栄養価の高い

小松菜を2束買って来てある。シンプルな

オリジナル料理、キッチンタイマーをセットし、

30分余で完成。作り方は秘伝の秘だ[E:confident]

空いた隙間の時間は「趣味の園芸」を開き、

今時期の作業を確認。1986年と2011年、

各1年分のテキストがあり、3月発行本を参考にしながら、より欲しい情報はネット情報

から入手。なかなか主夫というものは忙しい。これだけ脳内を回転させ、活動している

とボケが入り込む隙は無い。小生、ボケはしないが良く忘れるようになった。だから、

今日やる仕事、やりたい仕事は不要となった溜るレシート裏面になぶり書きしている。

書いて中々消えないのが東北1人旅詳細計画。やる気が出ると一気なのだが・・・・・。

それから、今先ほど気付いたのであるが、Img_0220

彼[E:chick]がつつく柚子の皮の黄色以外に黄色い

ものが見える。カーテン越しに。観にいくと

今春初開花の福寿草。字からお目出度い

花[E:bud] この陽気に誘われ開花したようだ。

日が暮れると花は完全に閉じてしまう。

posted by tennismouse at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

午後から行動

盛んにやってくる彼を待っていると案の定、現れた。チャンスとばかりにシャッターを

切る。今日は隣家が留守のようでカーテンを気兼ねなくオープン。既に柚子の皮まで

Dsc_0323Dsc_0324

食べ尽くした。その後、隣のエンドウ苗に向かった。ここで窓をオープン、追っ払った。

直ぐに再飛来し、食後に柚子の樹上で休息。不動雲隠れの術、迷彩色で隠密態勢。

この食害されたエンドウ、再生するであろうか。手遅れだがもう一枚、ネットで覆い防護。

さて昨日、午後からはシルバー人材センターの説明会に出向いた。10日余前に新聞

に紹介されていた。そこで地元の人材センターHPを訪れると1週間後に近くの公民館

で説明会があると解かり、マークしておいた。団塊世代が退職を終え、入会対象者が

増えるも全国的に会員数は漸減しているという。シルバーという名称にも抵抗がある

ようだ。それに定年延長の影響もあるのではないかと言う。     滋賀県の

シルバー人材センターのキャラクターはなまひげ先生の”なまず”がキャラクター。

小生、収入が目的ではなく、何か社会の役に立つことはないかというボランティア感覚。

1回2時間程度で1〜2ヶ月に1回程度でいいから活動できないかと思って出席した。

これ以上手を広げるには限界があるから。センターは公益社団法人。高齢者の就業

機会を確保し、これまでの経験、知識や能力を地域社会に生かし、生きがいや社会

参加の充実を図り、福祉の増進に役立てていただきたいとある。要するに高齢者の

社会参加を誘い生きがいの充実を、活力ある高齢社会の実現を応援する組織である。

60歳以上が対象者で上限は無い。当市の会員数は1440名、男女比は6:4。

市内域を14地域に区分けされており、仕事は6時間/日以内、10日/月以内。

会費は2400円/年。主に傷害保険等に充当。交通費は無し。

会員1440名中で1日でも仕事があった方は約74%。    因みに作業実績は、

  ・屋内外の軽作業(除草、清掃・庭の水やり)・・・・・47.6%
  ・サービス分野(福祉・家事の援助サービス、子守り、介護)・・・・・44.2%
  ・技能を要する分野(襖、障子等の張り替え、植木手入れ、大工・左官等修理修繕、
              和・洋裁、伐木、伐採)・・・・・5.8%    以上の計97.6%。

小生の希望する分野の比率は0%で件数は不明。小生の望む分野は今後の開拓

分野という。 という事で入会申し込みは保留した。      説明会を終え、

次なる行動、案内葉書が来ていた百貨店に直ぐに出向いた。先週、テニスメンバーの

1人の男性が料理の本を20冊ほど持っており、料理も時に自らも作ると言っていた。

小生もフライパンなどを求めて売り場を訪れた。見渡すと多くの種類のフライパンが

有る。3千円代〜2万円代までと幅広い価格。最近のフライパンは表面がフッ素加工

などの処理が施され、焦げ付き、引っ付かない様になっている。年輩店員に尋ねた。

ズッ〜と長く引っ付かないフライパンは有りませんか、 と。 有りませんと言う。

表面加工してある物も何時かはダメになりますと。高価なステンレス製や昔ながらの

鉄製のフライパンもある。道具は良い物を持つべきと思い、だったらという事で錆び

にくい昔ながらの夢の鉄製フライパンなる物を買った。鉄分も摂れますと言う。

「油ならし」に「油返し」で長く愛用したいもの。焦げ付きは当たり前として用いるもの。

プロが使う中華鍋も鉄製だ。そして、年明け以降余り良きことが起きていなかったが、

案内葉書の抽選番号が当たっているではないか[E:sign02]金券ゲット。どうやら好運が巡って

きたようだ。今日は中華圏の旧正月。晩餐に、美味しい料理を買って美味しいお酒を

頂きました[E:confident]

posted by tennismouse at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

柚子リターン

今年は何時もより少し遅くe-Taxの確定申告を終えた。もう7年目になるだろうか。

昨夜送信、申告納税を終えた。しかし今朝、社会保険料の誤りに気付き修正後、

再度修正申告した。半日余かかる煩雑作業、国民の義務の一つであるから。

さて今日は水曜日、本来、テニスクラブ[E:tennis]の練習日。しかし、午後から雨の予想の元、

中止との連絡が入った。空いた時間をパソコンの座り作業、リビングで修正申告をして

いると時折、視界に小さな動く動物が気になった。小鳥[E:chick]である。

小さな花壇に利用後の柚子を沢山捨てておいた。柚子風呂で用いたふやけた柚子を

小鳥にと半分に切り、5〜6片捨てておいた。捨てて10日以上経っているもその柚子

Dsc_0293_2Img_02101_4を求め、今日はやけに飛来[E:chick]する。追っ払っても頻繁に飛来する。1週間前に畑の

大根を全て収穫したが、その影響でもあるのだろうか。盛んに大根の葉をついばんで

いたが、無くなったその代わりにと菜園の少ないエンドウの幼苗の葉をついばむように

なった。かなり食われている。これは困るとネットを追加したが、更に今日は反射する

CDをぶら下げた。残り食するは柚子の残片しか無いと思ったのか何度も飛来する。

外皮を残し、全て綺麗に食べ尽くしている。今までから何度か捨てているが、急に思い

返したように食べ始めた。今日は庭に計1時間以上も留まっており、時に身体を丸めて

休んでいる。10分余も身動きせず休んでいる。拙宅の小さな花壇は安楽地のように

Dsc_0295Dsc_0305

居心地が良さそうである。この他、赤い実のなる南天などの木が有るから尚更であろう。

この鳥、ネットで調べるとムクドリではなくヒヨドリのようだ。花の蜜や果実が大好物、と

あるから。これら小鳥は雑食性、虫や昆虫や果実や木の実などを食する。

処で人間様も雑食動物。最近は栄養食品が大流行。訳のわからない栄養健康食品と

いう代物がいっぱい。ヒアルロン酸、コンドロイチン、セサミン、にんにく、青汁、シジミ

エキス、コラーゲン、ローヤルゼリー、グルコサミン、DHA,EPA etcと多彩である。

これらは抽出したエキス成分と謳っているのであろう。小生の持病は高血圧に腰痛

(軟骨摩耗、弾力性低下)。軟骨にはグルコサミンであろう。しかし小生、全くの無関心。

一度にたくさん摂っても身体が吸収する量は限られ、残りは排出される。一番は日頃

の食生活、万遍なく摂る栄養が、そして運動が、身体を躍動させることが大事[E:run]

このヒヨドリを、行動を眺めていて改めて思いました。そして小生のもう一つの持病の

高血圧、運動はもとよりであるが、先日のEテレ団塊スタイルではカリウムの多いバナナ

や人参、緑黄野菜などが良いと、更に無塩の木の実のアーモンドナッツがとても良いと

言う。という事で小生の健康栄養食品に指定、早速買い求め、ナッツリターンと致し候。

処でヒヨドリは今日で全ての柚子を食べ尽くした模様。今、夫婦?2羽が飛来している

Img_02131_2が、明日以降も可愛いヒヨドリリターン

が観られるのでありましょうかと。   

それから、この柚子は苗木を植えて

7年目の一昨年秋、初めて実を付けた。

昨年冬も小鳥にと同様に半分に切り、

捨てておいた。捨てたその実の種から

だろう、1年になる実生が育っている。

posted by tennismouse at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

春の陽気と共に

今日は予報が外れて快晴。つい先日の4〜5日前まで長い陽射しがリビングの大画面

TVに大きく射し込んでいたが、今日は全く射し込みが無くなった。届かなくなった。

画面保護の遮光幕が必要なくなり、手間が省けた。太陽の軌道が高くなった為に

入射角が変わったようだ。短期間で大きく変わるものだ。このような陽光角度の大きな

変化は、人間様は勿論、植物も動物も昆虫も鋭く察知する。ユックリ変化したのでは

なく急に変化したような感覚である。太陽の軌道が高くなるとそれに連れて気温も

上昇する。今日は暖かな春日和である。処で今冬の拙宅で自動記録した外気温の

最低温度は−4.8℃、室内リビングの窓際の最低温度は10.2℃を計測した。

室内の観葉植物の最低生育温度10度以上を確保している。毎年感じることであるが、

丁度今頃から季節は大きく動き出す感覚を覚える。この陽気に、気温上昇と共に小生

の腰痛も素早く改善してきた。腰骨の軟骨、所謂座布団が正常位置に戻っているので

あろう。ズレが修正されたのであろう。気温上昇と共に自然に元位置に戻ったのでは

ない。毎日4〜5回、数種類の腰痛体操、ストレッチを行い、週のウォーキング回数も

増やしそれなりに努力した結果であろう。速い回復である。しかし、チョット油断すると

この座布団が外れてしまうから要注意。小生の腰痛の発生傾向は冬期の2月頃に

起きている。低い気温期の、運動、躍動不足が原因である。フリーズはダメ[E:sign03] だ。

腰痛に高血圧の小生、冬季の1月〜2月が魔の月である。  さて、

今日はこの陽気に誘われ、2月に計画していたギボウシの株分け作業を行った。

3〜4年経過しており、鉢いっぱいに根が回っているだろうと思い決行。予想通りで

Img_02041Img_02061

鉢内は根で一杯である。既に小さな新芽が多く付いており、この芽の塊を1/3に

分断し、新たな土と共に植え替えた。本来、作業台を用意して行えばいいのだが、

しゃがみ作業、やはり腰に堪えまする。腰痛対策として、立作業の園芸用作業台でも

準備すべきと考えている。多目的用途で。先日の園芸ボランティアの雑草取り作業も

しゃがみ作業で腰に堪えました。両膝を地面に付けた姿勢で作業をすれば楽ですよ

と勧められるも、膝あてがない・・・。草取り作業をしながら、小生、腰痛対策となる

Img_02071Dsc02003

体幹筋エクササイズ↑ 上下肢を実技披露したら、その女性、毎日やってますよ という。

歳と共に座布団の、軟骨の弾力性が、柔軟性が無くなっているから悲しいかな直ぐに

腰部にストレスが及ぶ。iPS再生細胞の注入で弾力再生できないものであろうかと[E:sign02]

しかし、腰痛の慢性化だけは何としても阻止したいものである[E:think]

posted by tennismouse at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

待ち遠しい春

もうすぐそこに春が来ている、待ち遠しい春が。歳を重ねるごとに暖かな春が待ち遠しい。

春、戸外の草花を、自然を仔細に観察していると誰もがその気配を感じる。10月末に

植えたチューリップの球根、芽を出し大きく育ってきた。今、我が家にも数少ない花が

咲いている。寒い戸外で咲いているもの、暖かい保護の下、室内で咲いているもの等。

これから小さな庭の3〜4種の水仙等も花芽を付けて来るだろう。少し遅い気もするが。

冬が苦手な観葉植物、少し元気がない、春と共に、気温上昇と共に元気になって来る。

春の息吹を感じると人間様も元気になる。蝶も蜂も鳥も犬も虫もメダカも元気になる。

陽春の、息吹の2月中旬〜5月は小生にとって最も好きな季節である。気温上昇と共に

自然が、花々が、草木に生気がよみがえれば気分的に華やぎ、行動も活発になる。

人間様を筆頭に多くの動物に癒しを、安らぎを与えてくれる花々、この花々の育苗、

育成管理も忙しくなって来る。手間暇を掛ければその分、綺麗に咲いて応えてくれる。

待ち遠しい春であるが、厳しく長い冬が有るからこそ待ち遠しいのだ。

以下の花々は、この初春に咲いている我が家の数少ない花々である。

Dsc_0278Dsc_0285

          3年目のシクラメン                 7年目のラン(今年、花茎が扇状に分茎)

Dsc_0281Dsc_0282

       元気なバコバ(戸外)                        アリッサム(戸外)

Dsc_0283Dsc_0284

            ビオラ                             チューリップ

posted by tennismouse at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 菜園/園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

生活スタイルと腰痛

昨夕、老婆(ラオポ)が約1ヶ月振りに訪れた。入院が1週間伸びて今日からとなり拙宅

をベースキャンプにして入院し、手術治療するもの。衰退した叔母さんを介護施設から

病院に転院させる等の手続上から、入院を1週間遅らせた。今日は最寄りの駅まで

送り、京都の病院に向かった。小生、送ったその足で園芸ボランティアの会合に向かう。

しかし昨夜、入浴中、腰痛が悪化した。いつもの左腰部が痛く、歩くのも姿勢を変える

のもとても痛い。寝返りも一苦労。痛みで寝つきも悪くなる。今朝、やはり腰痛は良く

なっておらず、ボランティアの会合出席を断り病院に行く事にした。しかしである。

その会合メンバーへの断りの連絡方法が無い。個人情報保護で電話、メール等が判ら

ないのだ。ある関係者からメンバーの電話番号を聞き出そうと電話するもあいにく繋が

らない。出発まで1時間余の猶予があり、何とか身体を動かしていると少しは良くなった。

午前の病院行きを諦め、夕刻から病院に行くことにした。老婆を送り、その足で会合に

向かう。11時頃から14時頃まで会合し帰宅。会合のメインテーマは和歌山国体向け

育苗計画案、苗入荷5月中旬、8種600個の花プランターの準備、段取り等、来月の

総会議事の事前打ち合わせと園芸クラブのNPO法人化についての提案と意見交換。

診療所の夕刻からの診療開始時間は18時から。この頃には腰骨の勘合状態が良く

なって痛みは軽減しているも出向く。特定健診の肺がん検査の結果報告を聞くと共に

整形外科で腰部診療。腰痛症状を説明し、肢体各位置、姿勢で痛み程度をチェックと

腰部2方向からのX線撮影。5年前発症の脊柱管狭窄症は治癒したが、その古傷の

Img_02011腰骨の軟骨(座布団)が今回は逆にズレて

薄くなり、小さな空洞状態が観られるという。

腰痛体操、療法などの3枚のパンフレット

をくれた。顔見知りの先生、終わりに何時

も対処方法のパンフレットを机の引き出し

を開け、ハイ、これ[E:sign01]と渡す。この腰痛症状

は3ヶ月前からで徐々に悪化している。腰痛

の慢性化は阻止したい。この状態でテニスを週1回、4時間近くしているが、終わり頃

には腰部に疲れが来る。酷使であり、1〜2回テニスを休もうかと考えていたら、逆に

テニスする日をもう1日増やしたらと言う。運動せよという。これを聞き、小生、少し考え

を、行動を変えようと思った次第。腰痛も生活習慣病であるのだ。良く忘れてしまうが

腰痛は姿勢に大きな原因がある。小生、一番の元凶は食卓上で行うパソコン座り作業

だろうと。1日に結構多くの時間を費やしている。技術知識が未熟であり、作業進展遅く、

調べたりするために多くの時間を費やしている。raspberryであり、Linuxであり、

Sambaであり、Webサーバー、ファイルサーバーと夢中になってしまう。眼も肩も腰も

疲れる。座って手の届く範囲に物を置き、無精で安易に陥っている。そこで即改善行動

開始。パソコンを食卓からカウンター上に移動、立った状態でパソコン作業をすることに

した。立作業であると次の行動にも移り易い。そして疲れたら座って休む。それに運動

目標に週2日のウォーキングと謳っているが、行動が全く伴っていない。克己となり得ず

である。思えば父親は365日近くの山に登り、ウォーキングしていた。足腰から衰えると

いう事で小雨の日も積雪の日もほぼ毎日励行していた。この域に入れば休むと違和感

を感じるのだろう。近所ではチョット知られた行動様式。気が向けば日に2度も山へ。

頂上までの目標歩数を決めて。小生、寒い日は家にこもりがち。どうも腰痛の原因は老

化の他に、日常の身体の姿勢、座る姿勢、運動不足に原因があるようだ。再々々認識。

良く忘れてしまう。少々腰が痛くてもウォーキングには何ら支障はなく、歩行後には腰痛

も改善し、食事[E:restaurant]も酒[E:bottle]も旨い。という事で、では早速、ウォーキングに出掛けると

しよう[E:think]

posted by tennismouse at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする