2016年06月29日

戸別伺い

久し振りに友人、知人宅を戸別訪問した、2〜3軒、予告なしに。参議院議員選挙のお願い

ではない。少し遠方ではあるが県外の知人宅も初めて伺った。本人には会わず素通り

だが、家の周りを2〜3分徘徊して帰ってきた。交通費は0、要した時間は数分。

情報通信の普及、インターネットの発達によりプライバシー情報がダダ漏れである。

先日もある知りたい情報をある会社にメールで問い合わせたら、問い合わせた会社以外

から間違った返事が届いた。そして、担当者が誤って送信したとお詫びのメールが来た。

この問題、最寄りの消費生活センターに相談すると抗議し、少し意地悪に脅した。

どうやら、問い合わせた会社と商売上の繋がりがあるらしい。情報を融通している、

共有しているようだ。その後も繋がりを求めて謝りの、弁解のメールが来るが以降無視。

個人情報が知らぬ間に漏れている。一度漏れたらそれまでだ。

今回のこの戸別訪問、Google Mapを用いて、机上のパソコン上の仮想現実で訪れたもの。

住所を入力すれば、その住所情報から位置情報に変換され一足飛びに訪問できる。

3次元画像でまるで現実のように訪れ、把握、観ることが出来る。住所から東経x度x分x、

緯度x度x分x、と、度以下7桁の精度、ピンポイントで位置を特定する。

ナビゲーション技術である。そこで今回、自宅画像もチェック。即座に一年前の我が家の

三次元画像が出て来た。以前の画像と異なっている。どうやら定期的に更新しているようだ。

しかし、我が家の正面から撮った画像、黒地に白文字の表札、鮮やかに姓が視認できる。

いやだなぁ、まずいなぁと思い、抹消することに。もっと早く手を打つべきであったのだが。

以前は無かったが、画像右下に「問題の報告」という文字があり、修正を依頼した。

ぼかしのリクエストという項目があり、その理由を記入しなければならない。すると、暫くして

メールで返事が来た。24時間以内に対策に応じるという内容。24時間も経ずして表札に

ぼかしが入った画像に修正されていた。あくまでぼかし画像、元画像は残っている。

この3次元画像、車に積載した全球カメラで撮影しているようだ。だから、車が通る幅員の

道路に面した撮影はしているが、車の通行が困難な、そして細道までは撮影していない

ようだ。歩行による撮影はしていないようだ。

次に、4月に旅した与那国島を訪れた。旅では島を電動サイクルで一周したが、まるで

再度電動サイクルに乗って巡っているようだ。しかし、あくまで車の通る範囲まで、日本

の最西端碑まではたどり着けなかった。この3次元画像、この画像を大画面のテレビ画面

で観れば臨場感が増すというもの、一度観てみよう、Google Chrome Castを用いて。

次に、隣国を訪れた。中国の北京市朝陽区のある会社をターゲットにした。

一瞬にして目的地に、地図上目的地に到着。しかし、ストリートビューの撮影を中国が

許可するはずも無く、その会社の写真のみ確認表示。流石、情報遮断、閉鎖社会の中国。

それに反し、日本は情報がオープン、目的地には容易に到着すること、訪問することが

出来る。ストリートビューで目的地に着き、その周辺を3次元画像で確認しながら歩行移動

をすることも可能、何とも便利だ。しかし、便利は危険と隣り合わせ、悪用される恐れもあり、

狙われてもいる、ご用心を。

ストリートビュー  台湾 故宮博物院   韓国 景福宮(歩行3D撮影)

posted by tennismouse at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

領域侵入

宇宙空間にネット空間、いずれも広大で、無限な空間、ここには国境は無い。

小生のネットに繋いだパソコン、起動してログインすると、常時ではなく、時折、最初に

出てくるメッセージ、「新しいhao123をスタートページに設定しませんか?」と現れる。

はい  or  いいえ を選ぶ画面。このhao123は中国版ブラウザである。

インターネットエクスプローラー、google Chrome、Safariなどと同類ソフト。

中国の検索エンジン大手、Baidu(百度)の製品ソフトである。百度は米国の検索大手の

googleと競合し、対抗する。 さて、このhao123、タチが悪い。知らぬ間に勝手に我が

パソコンに領域侵入している。アンインストール、削除に手間取り、出来ないで悩んでいる

人も多いようだ。簡単にアンインストール出来ないのだ、中国生まれだから。

小生、確か、このしつこいソフトを一度アンインストールしたはずであるが、いつの間にか

再び我が領域に侵入したようだ。直ぐに海上警備行動を発令し、排除行動を起こした。

が、ステルス性能を持ち、隠蔽、正体が掴めない。潜行し、所在位置が掴めない、巧妙だ。

処で小生、この前、旅行用に振動に強く、軽くてとても安価な台湾製のパソコンを買った。

そのパソコン内に3ヶ月試用版の総合オフィイスソフト、互換用officeソフト2016が

インストールされていた。米国Microsoft officeの互換版だ。

これ、どこの製品、会社?と調べると日本製では無く、中国のソフト会社Kingsoft社の

製品。その会社の製品を観ると結構見たことが有る、使っているスマホ、パソコン用の

ソフトが紹介されている。小生も、既に知らぬ間に用いているのだ。

スマホにかなり入っている多くの無料版の便利ソフト。   しかし、

中国産食品と同様、先ず、中国と聞くと猜疑心が働く。食べても安全か?と。

疑うより先に危険だという思いが働いてしまう。その思いは中国の日頃の行動が小生の

脳裏に植え付けたのだ。どうも中国製ソフトはしつこい、五月蠅い。時折勝手に画面の

片隅に出て来て、催促する、無料版から有料版へアップグレードを促す。それより、情報

を盗み取られているのではないかと警戒心が働く。何か裏で企んでいるのではないかと

疑ってしまう。そこで排除行動を起こす。中国という国はこの数年余りでそのような国家

イメージの国になってしまったのだ。中国の経済成長と共に用心を必要とする国になって

いる。日本から見れば、外国から見れば。このkingsoft社、いろいろなスマホ、パソコン

用ソフト製品を販売している。が、どうも用心深い小生からすると中国製ソフトは信頼性が

足りないのだ。無料版だから仕方が無い? まぁ、Kingsoft社は通常の会社のようだが。

中国は米国や日本にサイバー攻撃を仕掛ける最大の国家。日本の中枢部を狙う。

昨日、日本で報道されたニュース。佐賀県の中学卒の17歳の少年が、ネット上の佐賀県

の教育情報システムに侵入し、個人情報を盗み取ったという。独自のソフトウェアでもって

システムの脆弱性を見付け、サーバーに侵入、情報を盗み出す指令を送信したという。

パソコンマニアだ。この才能を悪用では無く有益な方面に何故使おうとしなかったのか、

アピールしないのであろうか。得意なサイバーセキュリティ等に活かしてもらいたいものだ。

この所持する才能、活かす方面を間違わなければ社会に必要な人物なのだが、残念。

posted by tennismouse at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

世の動きと感性

日本は2011年に歴史的な大震災、東日本大地震、今年は熊本地震と大きく土台、

国土を揺さぶられ、自然災害の国難が多い。

今朝の朝刊一面、大きな文字で、”英、EU離脱へ”と、載った。国論が真っ二つ、

残留やや優勢の予想が外れ、紙面では今後の世界経済への悪影響に懸念が及ぶ。

今回の英国の離脱、2008年のリーマンショックをしのぐかも知れないとある。

先の先進7ヶ国会議の後、安倍総理は消費税の先送りを表明した。今回の英国の結果を

予想していたわけでは無いだろうが、国内経済の力不足を肌で感じ取り、経済学者など

の意見を参考に自ら慎重に判断したものだが、正に大正解であった。

予定通り上げると言っていたら、総理の信頼性は大きく低下することになっただろう、と

思うもの。後から起こった今回の英国の動きからしても尚更だ。

小生、詳しいことは解らないが、今回の英国のEUからの離脱で世界が動きそうだ。

世界に大きな変化が起きそうだ。歓迎すべきでない、良くない変化が起きそうだ。

地震は地下のプレートの僅かな動きが永年積もって地下に歪みが溜まり、その溜まった

エネルギーを一気に放出する運動。今回の英国民の行動と良く似ているように思えて

ならない。英国民の気高きアイデンティティーと日々の生活実感から小さな変化を感じ、

その変化を耐え忍び、その忍び蓄積していた不満が一気に爆発したようだ。

リスクある大きな変化を選んだのだが、これから世界に大きな波乱が起きそうだ。

小生、この動きの根底は、どうも短絡的に資本主義の限界と結びつけてしまうのである。
       (同ブログ:2015年1月16日記事   資本主義の行き詰まり)

市場には大量のお金が溢れる。それに実物経済が追いつかない、実物市場の成長限界。

この大地震、今後大きな余震を伴い、新たな震源地が生まれ、地震が続発するのだろうか。

EU域内では英国はドイツに次ぐ経済規模。世界規模で津波が広がるだろうと思うもの。

巷の情報と小生の狭い視野、知識からしての感性による感触である。 さて、この感性、

辞書には、物事を心に深く感じ取る働き。感受性とある。英語ではSensitivity。

一人一人が持っている感性。自ら感じ取る感性によって人は判断し、行動している。

どう言うファッションを纏えば自分らしさを表現できるかといろいろ思案する。いろいろ思案

する人もいれば、全く無関心な人もいる。ファッションは無関心でも、料理に強く興味、

関心を寄せる人もいる。反対に無関心な人もいる。感性、関心は人それぞれ。

世の中、多様な価値を、能力を持つ人、個性で構成されている。だから、面白いのだ。

みんな同じ、画一的ではつまらない。美人もおればその反対の人もいる。みんな美人は

あり得ない。夫婦でも面白いものだ。結構、性格が反対の夫婦が上手くいっているように

思えるもの。同じだったら喧嘩が増える?気が短い人に気が長い人、喧嘩にならない。

小生の両親、性格も能力も異なった、だから上手くいく。小生も人の子、お袋と似ている

点が多い。妹は親爺に似ている。お袋は庭に花を植える。小生も花に興味がある。

そこで時折小さな衝突。家計、経済は親爺、お袋は無関心。親爺は目が粗く、開口部が

大きなザル。お金も入るが、その価値を半分にして漏れていく。

その価値を少しでも保とうとする、保つのがお袋。補完関係、上手く成り立っている。

この夫婦、教師夫婦。同じ仕事で教師と言えば抜かりのない夫婦と思うもの。が、しかし、

同じ職業同士だから、よく見える反面、時に2人が見えない、気付かない事も起こりえる

らしい。やはり職業、性格の異なる補完関係の夫婦が良い組み合わせ、と思ったりも。

夫婦2人、2つの脳と4つの眼と4つの耳を持っている。1脳2眼2耳の一体化となるか、

それとも2脳4眼4耳となるのか。それには、孤立化ではなく、特定の人との交わりでは

なく、時に、いろいろな人と多く交わることも必要だ。ストレスが増えるが、自分自身を

見つめるためにも、世間を知るためにも。 小生の思い出観察でした。

posted by tennismouse at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

仏教を学ぶ3

昨日は仏教講座4回目。内容は「蓮如上人の教え」

蓮如上人は親鸞から数えて第八代宗主。(1415〜1499年)三代目の覚如上人、

存覚上人の教説を受けて伝道につとめ、今日の本願寺教団の基礎をつくり、

本願寺教団中興の祖と仰がれている。

仏教・・・お念仏を称える仏教

仏教とは仏になる教え(成仏)。仏教には8.4万の教えがあると言われる。

個々一人一人、相手に合わせた教えであり、だから数が多い。

この多くの教えを大きく分類すると聖道門と浄土門に分けることが出来る。

聖道門・・・・・この世で仏になる。
浄土門・・・・・仏様の世界で生まれて仏になる。

仏(ぶつ)とは、さとった者、覚者 → 真理 → ありのまま、そのまま(眼横鼻直

タイやミヤンマーに行くとお坊さんは黄土色の袈裟をまとい、修行をしている(修行僧)。

聖道門で仏になるために修行に励む。その修行中のお坊さんに女性(観光客など)が

触れると、修行僧は修行の一からの出直しとなる、だから観光客に対し注意を促す。

仏教もその時代時代で変化している。時代に合わせ変化している。

日本では今の時代、浄土門が主である。 聖道門の苦行の修行に励むものは少ない。

仏(さとり)に向けて、近付くために修行をする、仏道である。仏に最も近い修行僧が菩薩

である。 全ての者が修行をするわけでは無い。中には仏(さとり)方向の修行行動とは

反対方向の行ないをする者も存在する。そのような者には乗り物が必要である。

その乗り物がお念仏である。                 お念仏、

「南無阿弥陀仏」と申す文字は、その数わずか六字なれば、さのみ功能のあるべき

ともおぼえざるに、この六字の名号のうちには無上甚深の功徳利益の広大なること、

さらにそのきはまりなきものなり。されば信心をとるというも、この六字のうちにこもれりと

しるべし。さらに別に信心とて六字のほかにはあるべからざるものなり。『御文章』

   阿弥陀仏のはたらき(お念仏)に乗せられて証(さとり)に至る仏道。

浄土真宗は、第12代目で東西に分派した。現在、東西派も合わせて計10派ある。 

いずれも親鸞の教えを本願とする。 ・・・・・ 後略  今日のレジュメはA4 4枚

今日の講義、胸元にマイクを付けず、ハンドマイクで講義をする。だから聴講に支障は

なかった。後席から2〜3度、時折小さく、高い音が聞こえた、発振音が。

補聴器の発振音のようだ。講座を受講する誰かが要望したものか、聞き取り難いと。

小生ではありません。今日の講義は聞きやすかった。が、仏教の初歩講義であるも、

その内容、なかなか難解でもあり、容易でもあって、興味深く聞き入る。

講座を終え、キャンパス内の書店を道草し、帰りの車に乗り込む。着座すると左の耳から

音が入ってくる。何と、左の窓がフルオープンになっている。雨でビショ濡れ、助手席も

濡れている。気がつかなかったが、受講中に一時雨が降ったようだ。

誰が開けたのだ、閉め忘れたのだ、左窓を[E:think] Why、为什么[E:sign02] 

哎呀!想起来啊! 翌日の今日、原因を把握。

キャンパスの駐車場に着き、2列のスペースが空いている。しかし、その前で軽トラック

が停まっている。後方に向け大きな看板を掲げて、「工事中」と。 動く気配が無いようだ。

空いているスペースに駐めようとバックすると軽トラのおじさんが何かわめいている。

小生、左窓をオープン。これから駐めるのだと言う。工事中では無かったのだ。

看板を掲げ、暫し動かず、まったく紛らわしい[E:think] お互いに仲良く並列に駐めました。

この時、オープンしたのだ[E:think]  だから、軽トラのおじさんが間接犯[E:confident] 

処で、レクサスにBMWにベンツ、これらの高級車の上クラスには付いているのだろうか、

離車の際、窓がオープンの時に警告する装置が。

posted by tennismouse at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

これからは農業

先日、Webを閲覧、ネットサーフィンをしていると目に留まった広告。ソニー不動産とある。

ソニー銀行、ソニー保険は知っているが不動産とある。 また、三井住友銀行が農業参入、

農業法人や他企業と協力してコメの生産を始めるという。銀行が主役[E:sign02]

電力分野参入などで多角化が積極的なソフトバンクも農業支援に乗り出すという。

「農地を借りて農業に参入する企業が増えている。農地の貸借を原則自由とする改正農地

法が施行された2009年以降に参入した企業は2000社を超えた。参入ペースも法施行前

の5倍になっており、農業の生産性向上につながるかが焦点となる。農林水産省によると、

15年末までに参入したのは2039社。農地借用が耕作放棄地の多い特別な区域に限ら

れていた規制が撤廃されたことで、借地面積も東京ドーム1100個分」 と、ある。

多額の資金を背景にして、異分野、新規分野の農業に積極攻勢をかける企業、確かな

先行きの見透し、洞察力に余裕資金、軍資金がなければ、なかなか勇気が要ることだ。

新規産業分野の開拓、動きが盛んになってきたという印象。

10年以上前の大学で学んでいた頃、ある教授はこれからは農業だ、と言っていたことを

思い出す。小生も同感の意を感じていたから。これからはようやく農業の産業化が活発に

なりそうな気配。農協改革を始めとした政府による規制緩和により、ようやく動き出したよう

だ。農業の産業化、従来型の人手による農業生産では生産性が低く、採算が合わない。

産業化であるから、今後のコメ生産は競争力ある大規模化、自動化、機械化が必須だ。

一方、野菜、果物は自然環境を人工的に造り出し、育成を制御し、工場で生産する割合

がますます増えそうだ。野菜、果物も今以上に人間様の管理下に入るようだ。

魚の養殖ではなく野菜、果物の養殖と言えそう。

Img_11671

Img_11661

技術面の応用で先ず、誰もが直ぐに浮かぶは、ドローンにGPS。無人種蒔き、肥料散布。

自動飛行ルートで種を蒔き、発育状況を監視する。刈り取りもGPS付きの無人トラクター。

自動で刈り取って行く。既に制御された無人のブルドーザーが整地を行っているという。

自動運転だ。先進技術の融合が不可能を可能にしていく。コメの生産もフェンスに囲まれ

た無人田が今後現れるのではと。自然に出来る、実る種々の形をした野菜、曲がった

キュウリ、個性有る実を付ける大小のナスやピーマンやトマトなどが今後は見られなく

なる日が来るのだろうか。バイオ技術で大きさ、重さ、色などが規格化された野菜、果物が

生産されるのであろうか。トマトは既に規格化され、大きさ、重さ一定のトマトが生産されて

いる。 工場を建てるにも、コメを野菜を果物を作るにも、店を、住まいを構えるにも先ず

必要なものは大地、土地だ。生産の三要素(土地・労働・資本)だ、それに+技術。

進化中のAI技術を使えば、最適育成環境を人工で作り、栽培コントロールも可能。

野菜や一部果物栽培も完全に人間様の手中に落ちる。土を使わず水溶液で、養分溶液

で肥料を最適コントロールされる。効率、面積生産性を追求し、最大の成果をあげる。

少ない人手で大量生産される農産物、という時代が間近に来ているという感触。

鶏舎と同じく、成長を求め不夜城の如く人工の光りで24時間灯されるのであろう。

植物には脳が無いから眠る必要は無いのだ。成長は加速される。

野菜は鮮度が命、地産地消の消費地に近い郊外で生産、輸送距離も短い。

処で、我が家では他を凌駕し、陽光を求めて広がるミニカボチャの葉の勢いが盛んだ。 

我が家のメダカ養殖も我が手中に落ちたと思っていたが、今年は反逆に遭っている。

稚魚が育たない。昨年は10数匹育ったが、今年は1〜2匹。

やはり、外部から新たな血族種の参入が必要のようだ[E:confident]

posted by tennismouse at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

雑巾を絞る

先日、3回目の仏教講座、難聴[E:ear]に突入し、講義内容の消化不良。講師はなかなか小さ

な声で話す。胸元に小さなマイクを付けているが、拡声、音量が小さく、主に肉声を聞く

講義である。どうも部分的にしか聞き取れない。小生は前列2列目の正面に陣取るも聞き

取り難い。小生より数メートル後部に陣取る受講者から時折、話の内容によって笑い声が

起きる。彼らは聞こえているのだ。小生も一緒に笑いたいが笑えない、残念。

講座によっては大きな声で話す講師もおれば、今回のように小さな声で、上品な声で話す

講師もおり、厄介だ。これでは講座への今後の出席も億劫になる、次回の講師に期待。

この難聴、時間と共に進むだろうし・・・何とも厄介だ。    さて、話題は変わり、

兎に角わかり難い。通信キャリアD社の分厚いパンフレットを見るもなかなか分かり難い

ものだ。携帯、スマホの通信料金体系。細部の内容は複雑で分かり難い。

国が指導するも依然分かり難い。各社の料金体系は余り大きくは変わらないが、やはり

複雑だ。通信量が少ない我々リタイヤした年輩ユーザーにとって選択できる、納得できる

料金プランが無い。対象とする主客ユーザーは現役世代、若者だ、仕方ないが・・・。

大手3社の通信会社は全国に多くの店舗を構え、多くの若者を雇い、人件費、設備費等

に多くを投資をしている。熾烈なシェア−争いで勢力拡大に努める。

小生も、これらの大手通信会社に抵抗を試みる。D社を運用して今年で19年。

しかし、長期ユーザーの恩典は少ない。現在、D社のしがらみからなかなか脱せず、

D社で運用するガラケーとMVNOスマホの2台で運用している。スマホは所謂、格安CIM

を用いて。このように大手通信会社3社に、格安CIMを売り物にするMVNOが乱立。

比較運用も大変だ。  現在の小生の2台運用による月額通信コストは以下の通り。

〜6月9日まで
 ◆ガラケー(D社:メールと通話) 基本使用料(ベーシックプラン)1800円(50%off)
     付加機能使用料+ユニバーサルS料+eリビング割引料 282円
                      消費税    166円
                     計     2248円@
これに+従量料金の通話料+パケット通信料(メール)が加わる。
但し、無料通話・通信部分が月に1000円分有り。(3ヶ月分繰り越し可)
故に、この無料通話・通信費を超えることは余りなく、運用コストは一定。
 
 ◆スマホ(MVNO:データー通信) (1GB)         974円(税込み)A

     ガラケー+スマホ2台の月額通信料    3,222円(@+A)

しかし、更に雑巾を絞ろうとこのD社のパンフレットとネット情報を参考に検討する。

ネット上には小生のように定額通信コストを下げようと努力している人も多い。

使うサイトのユーザーが賢くなれば、大手通信会社のサービスも向上するだろう。

今回、なかなか縁の切れない、切らせないこのD社の通信コストを見直すことにした。

この基本使用料が更に50%以上下げることが可能なのである。

6月10日以降〜 
 ◆ガラケー(D社:メールと通話) 基本使用料(バリュープラン) 743円(税抜き))
  付加機能使用料+ユニバーサルS料+eリビング割引料     282円(税抜き)
  新規ガラケー端末代                1296円(税込み)
  月々サポート(端末割引料)              −621円(税込み)
                     消費税        82円
  (但し、無料通話・通信は無し)      計             1,782円B
 無料通話・通信枠は無いが、代わりにメール(パケット通信料)は無料(パケホーダイ)である。  

 ◆スマホ(MVNO:データー通信)1GB      974円  →  540円C(値下げ) 
   ガラケー+スマホの月額通信料         2322円(B+C)

新規ガラケーを買っても、月々の運用コストは現状より安価なのだ。(2248−1782円)

25ヶ月目からは新規端末代が無くなり、トータル月額通信費は  1,647円 となる。

何故、わざわざ新規ガラケーを買い求めたか? 理由は基本使用料を安くするため。

小生、24ヶ月スマホを運用。25ヶ月目からは、古いガラケーの再登板を始めて1年半。

しかし、この条件では基本使用料は1800円(50%off)が適用される。(ベーシックプラン)

新規ガラケーを求め、運用すると適用される基本使用料が安くなるのだ(バリュープラン)

MVNOの通信費も競争が激しくなり、値下がり(974 → 540円)した。

こうして新規端末代を除くと、55%まで運用コストが下がった。通信量1GBでは究極だ。

小生はライトユーザー。今後、ガラケーは消えゆく運命[E:sign02] 代わりにガラホが現れた。

ガラケーとスマホの2台による運用、いつまでこの状態が続くのか[E:sign02]

スマホ1台で運用出来る、安価な通信環境が、社会環境が欲しいものだ。 今回、

Img_11631

←新たに買い入れたガラケー、これは暫く

お蔵入り(予備機)。既存のガラケーを

使う事にした。新機種と言っても進化は

無く、旧機種の方が一部性能が優れて

いるのだ。コミユニケーションが可能な

スマホにガラケー、処で貴方、主に何に

使っているのだ[E:sign02]と、問われれば[E:sign02]

身に所持しているから安心なんだ、突然の吉報を待っているんだ[E:sign03]

相手が持っているから、持っているのだと。寝て待っているのだ、果報を[E:sign03]

尚今回、7〜8年前の古いガラケーを持ち込み、処分をお願いした。すると目の前で、

本体3ヶ所に穴を開けて破壊した。情報漏洩を防ぐために。

posted by tennismouse at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

桝添さん

日本の首都、大都市東京、その東京都知事の桝添さん。異常にせこい人間だ[E:dollar]

視野の狭い、小さな人間だ。彼は日本の一流大学、東京大学法学部卒、小生と同じ歳。

それにしても金の亡者となっている。都民1360万人のことよりも自分の金銭欲を優先

した利己主義者と映る。金銭に執着する。この性格では都政の判断を誤る、任せるわけ

にはいかないのでは。こういう性格の彼には内々に賄賂を渡せば、効果は覿面だろう。

自分の金銭欲で判断するから[E:sign02] とても政治家には不向きであると思うもの。 

仏教講座で学んだ利他の心が思い起こされる。 さて、

今日は月一回の歯医者に行ってきた。時間予約制であるも、待ち時間はいつも長い。

いつも通り、書棚に置いてある文藝春秋を開く。最新6月号を開く。

そのメイン記事に世界一貧しい大統領、ウルグアイの前大統領ホセ・ムヒカ氏の記事が

載っていた。「日本人への警告、強欲資本主義と決別せよ。成長を求めるな、幸せを

求めよ」とある。その記事の冒頭に「貧乏な人とは、少ししか物をもっていない人では

なく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」と語っている。

彼は2012年のリオデジャネイロの国連会議で聴衆に向けて語りかけた。188ヶ国から

首脳、閣僚級、政府関係者などが参加し、自然と調和した人間社会の発展や貧困問題

が話し合われた会議。8分間のスピーチが終わると静まりかえっていた会場は一転して

大きな拍手に包まれたという。 「私たちは発展するために生まれてきているわけでは

ありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、直ぐ目の

前を通り過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません」 そして、

彼は資本主義の消費社会を強烈に批判する。

この前大統領の話を聞いていると、お金持ちの桝添さんはとても貧乏な人と言えそうだ。

東京都知事の年収は2200万円余である。再びブッダの言葉を思い出す。「天が金銭を

降らしても欲はとどまることがない」。小生も他人事とは思わず、戒めなければならない

と思うもの。人のふり見て我がふり直す。これは金銭に対する異常なる執着心である。

この執着心、金銭以外に物に対する執着心、異常なる物への執着心もとても厄介だ。

小生、先日久し振りに同じ歳のK君に出会った。彼は一つの思いを抱え、吐露した。

彼の彼女は物に対する執着心がとても強いと嘆くのだ。桝添さんは金銭に執着するが、

彼女は物にとても執着しているという。兎に角、物を買い入れるが、入る一方で出て行か

ないのだ、捨てないのだ。だから物が家中に溢れる。兎にも角にも家中が物でイッパイ、

だから彼女の家は立ち入り禁止と嘆いていた。これとは正反対の整理された彼の家には

彼女は自由に出入りしているそうだ、アンフェアに。その彼女の家の中、タンスも押し入れ

も別室も2つある大きな冷蔵庫内も超満杯。ふすまを開けると布団が落ちてきたと言って

いた。これを観て彼は直ぐに1句出来たと言う。「押し入れを開ければ落ちる布団かな」

洋服ダンスも時折、扉が勝手に開くという。満杯に詰め込んでいるのだ。家族は1.5人。

彼は近藤麻理恵さんの整理術の本を与えたが全く効果なしと。彼と彼女の歳は変わらず

20160313_093121

このままでは行き着く先は、確実にゴミ

屋敷になるだろうと嘆いていた。とても

残念だと。家の中が物で一杯になると

風通しも悪くなり、埃も溜まり、湿り、害虫

も発生、家屋の傷みも促進されるから。

時折、その彼女から料理の差し入れが有る

らしいが、困惑する、迷惑すると嘆いている。

食卓は食事をするところではなく食料品を山積みする処となっており、ギッシリ詰め込ん

だ冷蔵庫、これでは冷蔵庫も冷えず中の食品は腐る。それより超満杯の庫内、何が入っ

ているかも掴めず、食品の管理も出来ず、期限切れ食品も一杯だろうと。だから、彼女の

料理は安心して食べられない、疑心暗鬼になるという。兎に角、この家では開ける動作を

すると中から物が落下するのだ。分かれ際、彼はスマホで隠し撮りした1枚の証拠写真を

見せてくれた。庫内にある全食品を取り出したのでは無い、常態の食卓テーブルなのだ。

異常なる物への執着心、これは一種の精神上の病であるようだ。 彼女の性格は頑固

一徹、柳に風、馬耳東風。過去を振り返り、懐かしみ、前を、将来を見ないと彼は呟く。

彼女は母は偉大であったと言う。彼は彼女を観ればその偉大なる母も想像が付くと言う。

生前の小生のお袋、家の中が狭くなるから余り物を買うなと小生に時折忠告していた。

今夜のクローズアップ現代、「キレル妻におびえる夫」、夫に罵声を浴びせかける妻。

協力しない夫に、気持ちを汲み取らない夫に妻はキレル。この放送の中である1組の

夫婦は家の中を断捨離で片付け、整理したことによって妻の怒りが治まり、夫婦仲が

良くなったとも言っていた。物の整理整頓により内面の整理整頓も進んだようだ。

*関連ブログ 2016.5.21  「ヘイブン」
        2016.3.19  「お隣の財布へ」

posted by tennismouse at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする