2018年03月05日

金融老年学

今日のWebニュースに「死蔵されゆく巨額資産」と載った。以下の通り。

『朝日新聞が4こま漫画にサザエさんを連載した1960年代、日本の名だた

る会社の多くは55歳定年制を採っていた。

当時の男の平均寿命は65歳前後。「世界に冠たる」と厚生労働省が自賛する

国民皆年金が確立したのが1961年。人口ピラミッドは末広がり。経済は高度

成長ただ中。人生のなかで年金に頼って暮らす時期を年金期と呼ぶとすれば、

サザエさんの父、波平さん(54歳)の年金期は10年ほどだ。長生きのリスク

という概念など、おそらく微塵(みじん)もなかったに違いない。

昭和末期から平成(1988年前後)にかけて産業界は定年を60歳に延ばした。

65歳までの雇用を厚労省が義務づけたのは、つい5年前。今や平均寿命は

男81、女87。乳幼児期の死亡率の高さを考えれば、もっと長生きする人が

たくさんいる。25年の四半世紀を超す年金期もざら。

安倍政権の政策看板のひとつ「人生100年時代」は、いいことずくめ感を醸

し出している。だが、だれもが長生きのリスク、なかでもお金にまつわる

リスクを意識せざるを得ないのが現実である。

人口高齢化は一般に一国の貯蓄率を下げる要因になる。しかし実際に金融

市場で起こるとみられるのは株式など有価証券の高齢層への偏りだ。

加齢にともない無職の人も消費を減らすようになり、貯蓄をあまり取り崩さ

なくなる可能性が大きいからだ。70歳以上の人が持つ有価証券は2015年の

106兆円から35年に468兆円に増えると、みずほ総研は試算する。

個人が持つ有価証券のじつに半分。金融資産の高齢化である。

ここで問題になるのが保有者の認知機能。その低下にはさまざまな度合いが

ある。ふだんの暮らしに大きな影響がない人も、仕組みが込み入った金融

商品を前にすれば落ち着いて判断できるとは限るまい。まして認知症を患っ

ている人は500万人だ。30年には総人口の7%、830万人に増えるおそれ

がある。 どんな対応が考えられるか。

2000年、介護保険と時を同じくして法務省が制度化したのが成年後見人だ

った。家裁が選んだ後見人は認知症患者などの財産管理と暮らしの手続きを

する。ただし患者名義の口座開設や患者の生活に必要なお金の引き出しはし

ても、元本の保証がない金融商品を運用してはならない。

高齢者保有有価.pngみずほ総研の高田氏は一定の前提をお

いたうえで、35年に150兆円の有価

証券を認知症患者が持つ可能性がある

と推計する。この巨額資産の何割かが

塩漬けになるだけでも、日本経済には

重荷だ。金融機関は座して待つわけにゆくまい。某銀行の社長は「成年後見

の利便性向上について関係省や裁判所と対話を深めたい」と話した。

判断力が衰えた高齢者にどう向き合うかという難題が念頭にあろう。

行動経済学はすべての世代が同じように考え、動くのを前提にしている。

たとえば認知機能の衰えが投資判断におよぼす影響などは想定していない。

この足らざる点を補おうと、金融老年学という研究領域を切り開いた駒村

康平慶応大教授らは、思考力や数を処理する力が弱った高齢者が論理より

経験と直感を頼りにしがちになる点に着目し、次の仮説を導きつつある。

▼相手の表現のしかたに自己の決定が左右されやすい

▼多くの選択肢への対応が難しくなり、明快な情報と単純な選択肢を好む

▼意思決定を先延ばししがちになり、選ばなかったことへの後悔を感じに
 くい。 手に入れたものは手放したくない

▼ポジティブな出来事や情報を記憶に残し、ネガティブ情報は忘れる傾向
 がある

効果と値段を連呼する健康器具やサプリメント。持病があってもOKという

保険のうたい文句。BS放送などで目にする高齢者向けとおぼしき通販番組

はよくできている。もちろん高齢投資家の保護ルールはある。 金融機関は

(1)相手の目標、知識、経験、資産に適した商品を勧める
(2)認知機能が下がった人に複雑な商品は売らない――

などだ。だが営業担当者が認知機能の度合いと変化をつかむのは骨が折れる。

ひたすら年齢で判断しているのが実態だ。

「状況がAなら対応はB」式に陥りがちなファイナンシャルプランナーなどの

画一的な助言は、さほど役に立つまい。結果として、超高齢だが判断能力が高

い人は投資機会を逃し、逆の立場の人は身の丈にあまる金融商品を抱え込む

ことになりうる。

金融庁は新行政方針に「退職世代の資産運用・取り崩しをどう幸せな老後に

つなげるか、金融業がどう貢献できるか検討する」と盛り込んだ。

経済学のみならず法学、医学などの知恵を結集させてこその金融老年学だ。

国の行政にも司令塔が要るだろう。波平さんの余命が40年あっても不思議では

ない時代は続く。』

前回のブログで、自らの性格が楽天家で株式投資に向いていると紙上で認識さ

せられ、自画自賛?!、その勢いで株式投資に動き出した。しかし、今日の同

ニュース記事を見て、その勢いは急速に萎んだ。歳の頃を考え、ほどほどにし

ておこうと抑制。死蔵の仲間には入りたくないものだ。投資で得た資金を社会

に還元する、役立てる等の投資目的が明確であれば話は別だが・・・。

呆けない、頭の体操の範囲に抑えておこう。歳と共に日常消費額は減っていく。

この死蔵資産、保有者が存命中の問題。その後は蘇り、遺贈、相続、国庫へと

流れていく。

*3月5日 日経Webニュースより記事引用 「死蔵されゆく巨額資産」

posted by tennismouse at 12:01| Comment(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする