2017年02月07日

飛来訪者

冬になると餌が少なくなる。野生動物は。先日もウォーキングしていたら

柿の木に沢山の野鳥が群れている。その下の地面上には沢山の種が落ちて

いる。この時期になると決まって我が家に野鳥が飛来する。毎年訪れる。

昨年と同じヒヨドリが来ているようだ。だから冬になると餌付けをしている。

落果した柚子の実を半分に切り、地面に置いておく。バードフィーダーなる

DSC_0337.JPG DSC_0339.JPG
ものを山椒の樹の枝にぶら下げ、古くなったネーブル等を半分に切り、置い

ておく。一番良く訪れるのがヒヨドリ。一昨年から、最近では我が家が縄張

圏内だというように頻繁に訪れ、滞在し、ゆっくりと羽根を休める。

その縄張りに今日はモズが飛来したが、このヒヨドリに追っ払られたようだ。

勿論、雀も訪れる。柚子には関心が無いようだ。そして、時折しか来ないが、

団体でにぎやかに訪れるのが目白。彼らはせわしない。ゆっくりはしていない。
DSC_0344.JPG DSC_0342.JPG
                隠密休憩                                           モ ズ

柚子の枝を止まり木にして飛び回り、置き餌の果実をつつく。これらの様子

をリビングから眺める。我が家のガラス、ほんの少し緑色。このガラス、外か

らは内部が見えにくいガラスと言うことで採用したもの。我がリビングから

柚子の木までは約4m前後。見えないと言っても敏感な野鳥、室内の変化の

様子は、人影の動きは鋭く察知するから、屋内といえどもスロー動作で行動

しなければならない。ある年には、我が庭の生け垣でホオジロが営巣し、

3匹の雛も生まれた。この辺り周辺は自然、木々も多く野鳥も多い。また、

ヒヨドリがやってきた。我が家の主だ。

関連記事  2015.2.18 「柚子リターン」 他

*スマホ注意:画像容量大きいため、クリック拡大すると通信量が増えます。
posted by tennismouse at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック