2018年05月02日

テニス諸々に

先日の日曜日、久し振りに能登川へテニスに行ってきた。1時間余、ある

作業を終え、コンビニで弁当を買い、コートのある新緑茂る山裾の公園のベン

チに座り食するいつものパターン。集まったメンバーは6名。メンバーを替え

てゲームを楽しむ。4ゲーム先取で試合は終了し、暫し休憩。と、その時、

神社に繋がる参道を狸のような動物がゆっくり歩いて来る。狸?ハクビシン?

垣根に隠れて見えなくなったが、追いかける。どこにもいない。と、排水溝

から顔を出した。鼻筋の白い線からハクビシンだ。小生が永年暮らした能登川

で初めて観た野生の外来種ハクビシン。小生の子供の頃にはハクビシンという

名も知らなかったが・・。福島県の原発の放射能汚染地区は人の住めない廃墟

となっているが、その一帯ではこのハクビシン、狸、猪、鼠などが家屋に侵入、

営巣、数を増やしているようだ。しかし、何故この能登川にハクビシンが・・。

日本全国、この野生動物の猿や鹿を含めて数が増えているようだ。東京でも、

我が住宅域でも猿が一度出没した事がある。近くの田畑では猪が出没している。

どうも人間様の活力が低下、少子高齢化に伴って天敵の人間様の数が、活力が

低下してくるとその代わりに動物が勢力を伸ばしているようだ。テリトリーが

人から動物に移っているのだ。この結果、食べ物も増え、増勢しているようだ。

何と微妙なものだ。まぁ、世の中、犬猫ばかりでは無くこのような適度な野生

動物も歓迎するが、危害を及ぼす熊に猪、猿はごめんだ。人様が驚き慌てる。

16時に練習を終え、その帰り道、予定の店で野菜苗を買い求め帰路についた。

今日は水曜日、テニス練習日。水の曜日、どうも感覚的に雨の日が多く感じる。

今日のような空模様では主体的に活動してくれている夫婦が可否判断に悩む。

降り始めるのは何時か?  であれば、降り始めるまではやるとするか? 等と。

精度の高い判断を下し、メールによる連絡が入る。コートのある地域のスポッ

ト天気予報を参考に可否を判断しているようだ。今日の午後からの降雨確率は

90%、出来る確率はとても低い。この天気予報、スーパーコンピューの性能、

AI人工知能の進歩により、予報精度が格段に向上、嬉しくも有り、悲しくも

有りの心境。しかし、時には外れもし、予報の時間がズレもする。

練習時間は12半〜16時半。今日の90%の降雨確率に観念し、勘ピュー

ターも働かせて、早い判断の10時過ぎ、中止の連絡メールが届いた。
posted by tennismouse at 11:03| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。