2018年08月17日

予定調和

小生の新聞は週1回、作家、曾野綾子さんの記事が載る。86歳だが思考が

柔軟で時に触発を受ける。敬虔なカトリック教徒でその考えに同調もし、

感化し、教えられる事も多く、波長が合う。問題に対し、見方・捉え方が鋭

いと思うもの。多くが実体験に基づいたもので、これまで国外にも多くの足

を運んでいる。先日掲載されたその記事の内容を以下に抜粋。

   「人智を超えるものを感じる瞬間」:作家 曾野綾子 記
             (前文略)
『イタリアでは、乞食の男が堂々たる犬を飼っていた。人々のお情けで食べて
いる人がどうしてあんな大型犬を飼えるの?と私は聞いたのだが、小さな町で
はその犬が町の「名士」らしい。人間を養っているような立派な犬には、僅か
でも食費を出してやらねばならない、と考えて、皆がお金をやるのである。
その男は、犬が集めたお金の一部で食べている。
中米のある田舎町には、これが家かと思うほど傾いて隙間だらけのボロ家が
あった。子供が5人いるのだが、父親は失業者でアル中なのだという。
一家は近隣の人が持ってきてくれる食料で辛うじて食べていた。
このボロ屋の前には、5匹の仔犬にまだ乳を飲ませている母犬がいた。
             (中略)
ボロ屋には隙間風が吹き通り、こども達には十分な寝具も無い。
計算したわけでもないだろうが、子供も5人。犬も5匹生まれた。子供たちは
夜、めいめい1匹ずつ犬を抱えて、辛うじて寝床と言えるような粗末な布団
に潜り込む。犬のおかげて温かいし、犬も子供に抱かれてよく眠る。
この予定調和は、神の配慮と言いたくなるようなもので、人間の計算ではなし
とげられない。年をとるに従って、私は次第に、人間の計算や 配慮を超えた
運命のなりゆきを、おもしろく思うようになった。人間は 誰でも未来を計算
する。そしてそういう配慮があるから、自分は生き抜いてきたのだ、それが
人間の知恵だと考える。
しかしほんとうに人間を救ってきたのは、人間の小賢しい配慮を超えた、何か
別の予定調和であるような気がする。それを神の業と考える人もいるし、
「偶然だ、おれは運がよかったんだ」と言う人もいるわけだ。  
高齢の私は間もなく人生を終えるわけだが、その最後の瞬間に、これらのこと
が明瞭に見えないか、と期待する面がなくもない。人間として生まれたかった
魂は他にも数限りなくあって、「私」、はその中の途方もなく幸運な1人だっ
た、という説を読んだことがあるが、そうした現世に生きているうちにはわか
らなかったからくりが、生死の境目に一瞬にせよ明確に見えたら、それはまた
途方もないドラマに立ち会えることになるだろう。
私は現世の一部を味わって生きた。しかし真実の意味は、少しもわかってい
なかったとも思えるのである。』

文中の予定調和という語句、初めて目にした。

これまでの人生、兄弟2人、共に相方の類似の因による逆境人生を省み、何が

しかの見えない作用が働いているのではないかと疑ってしまう。偶然?!

しかし、現実を受容し、あるがままに・・・で、共に明るい楽天家だ。

分かり易く言えば神の業が・・・。だから同記事を採り上げた。2年程前に

受講したインド思想の「この世・あの世と輪廻転生する世界」、この講座で

記憶に残ったのは、人類の科学技術はすさまじく発展している。 しかし、

人間は未だ自ら新たな生命体を作ることが出来ない。生命とは尊いもの。

原生動物アメーバーのような単純な生命体も作れない。もし作れたら作れたで

人類は大騒ぎとなるが・・・。このように深く考えると、ヒョッとしたら

死後の別世界があるのではないかと考えてしまう。それは生者から死者となり、

灰となって土に還る。では、その死者の魂、命、心はどうなるのか!!

土に還る?!無になる!?霊魂は彷徨っている?!どうも別の世界があって

現世に見えない力を及ぼしているのではと勘ぐる、それは考え過ぎだろうか?!

歳をとると共に友達、仲間が亡くなっていく。この死への順番は歳の順番通りに

は捗らない。神のイタズラ?!偶然?!誰が決めている!?真実は分からない。

郵便受けに時折入るチラシ、カトリックの福音とある。この前はT教のチラシ、

あなたの身体はあなたのもの? この身体を神様からお借りして生きている。

そして、心だけが自分のものである、と教えられている、とある。

私のものだから勝手に使っても構わないと考えれば、気ままな生き方になるかも

しれない、という戒め、1つの考え方である。 

  尚、小生は浄土真宗西本願寺派です。
posted by tennismouse at 10:47| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。