2018年08月18日

余生の海外見聞

先日、不足を補うという記事を書いた。歳と共に物忘れが酷くなり、身体の

機能も衰える、これらの足らざる能力を補う、フォローしようという記事。

この記事を読んだ、テニス仲間のOさん夫婦が我が携帯にメールをくれた。

最近物忘れが多くて備忘録として作ってみました、と北欧旅行記.pdfファイル
を添付して。A4で10枚の写真付き旅行記である。他のテニスメンバーにも

配信。この内容、読んだ人が参考になるからブログ記事にしてはどうですか、

と進言した。先月7月の「北欧スカンジナビア周遊9日間」の旅行記である。

この記事を読み、2つの事を感じとった次第。

参加者は23名、カップル5組、友人グループ2組、残りは単身参加。

もっと整理すると、夫婦5組の10名にグループを含め単身者13名となる。

年代は1名を除き、残りは小生のようなおじさんおばさん22名とある。

多くが年輩者だから、いろいろ問題も起きる。ツアー客の1人が出国の際、

受付カウンターに財布を忘れたそうだ。財布の中にはスーツケースの鍵が入っ

ており困惑の騒動。ドバイに着き、バスに向かう乗り継ぎターミナルで人数

確認すると1名足りない。この1名、添乗員も要注意人物とマークしていたら

しいが、ターミナルを間違え、違うバスに乗り込んだ騒動。

海外旅行、日本人のみならず、外国人も然りで、外国への旅には多くの年輩者

も出掛ける。余生短く、人生楽しく、夫婦で海外旅行でも行ってみようとなる。

理想?!は、お互い長い間ご苦労様、と夫婦二人で出掛けたいもの。  今回、

テニスメンバー夫婦は二人で旅に参加、勿論、テニスも夫婦二人でいつも一緒。

 1.二人で参加したいが、相棒が先に逝ってしまった。
 1.二人で参加するのはご免だ。
 1.行きたいが身体の調子が悪く、自信が無い。
 1.離婚、別居中だ。      等々で、実現しない。

歳と共に上記のような問題で、夫婦一緒の行動、旅のハードルは高くなる。

@リタイヤし、健康な内に夫婦で旅行、「仲良しきことは美しき哉」とは、

 なかなか難しく、案外少ないものだ。

今後、国内百名山から外洋に出ようと思っている。海外旅行である。

海外ツアー旅行への参加である。上記にあった要注意人物ではないが、

歳の上昇と共に周りの参加者に迷惑を掛け、添乗員を真っ青にしてしまう。

歳月と共に身体に表われる症状の物忘れや、聴力障害、健康不安etc。

Aまだ元気だ、急いで海外見聞をしよう。 器官、脳の退化初期だ。

中継地ドバイ空港の早朝の気温は40℃近くとある。北欧のフィヨルド

クルーズも楽しんだとあり、気温はグッと下がる。10時間を超える長時間の

飛行、機中泊など、ご老体には過酷な旅環境となり、要注意となってくる。

さて、先々月、老婆(ラオポ)妙子さんは叔母さんを見送った。一度は西欧に

行ってみたいと言っていたが、身体に少し障害が起き、飛行機恐怖症もあって、

余り積極的ではなさそう。 だったら単身行動だ!物忘れを克服?!し、中東、

欧州の旅を考えよう。ならば、Speed learning English?!スマホアプリ?!

小生が今までに行った外国は専ら東アジアに東南アジアの7ヶ国のみ。
近くに住む先輩元同僚は、夫婦で良く海外に出掛けている。ヨーロッパは殆ど

回ったと言っていた。彼の感想では旧共産圏の東欧諸国のチェコ、ポーランド、

ハンガリーなどの途上の国が、古い街並みで落ち着きがあり良かったと言って

いた。旅行会社からは毎月、旅の冊子が送られて来る。海外旅行、一人参加だ

と旅行代金の+10〜25%の部屋追加代金が必要。       

ご無沙汰していた海外、行動しよう、急ごう。我が身体、まだ賞味期限内だ
posted by tennismouse at 13:23| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。