2018年09月02日

皮膚炎の克服

問題、事件が起きた、起きていることには何がしかの原因があるもの、因果。

小生は忙しい主夫である。炊事、洗濯、買い物、掃除、後片付けと忙しい。

花の手入れ、植物の管理、畑の、庭の水遣り、遊び等々と、兎に角忙しい。

これらの仕事、作業、全て我が手先が行っている。手をとても酷使している。

洗米の、食器の、洗髪の、身体の洗浄などは種々の洗剤を使うから、これに

より手指の皮脂が欠乏していく。花の手入れの土いじりも同様にとても手が荒

れる。手袋も使うが、素手は効率がよい。これらの作業には、水を、湯を伴う

から手の皮脂はこれらの洗剤で溶解し、皮膚の防御バリアーは崩れていく。

記憶が定かでは無いが、お薬手帳の記録から判断して5〜6年前からこの時期

になると両手指に皮膚疾患が現れる。鋭敏な我が肌、アレルギー性皮膚炎と思っ

ている。少し痒くも有り、リンパ液というか、透明な液がにじみ出てくるから

始末が悪い。病院で調合した色々な薬を塗布したが、なかなか良くならない。

余りに酷いときには一時的に飲み薬が出るが、そこそこの服用で止めている。

この症状名を聞くと、皮脂欠乏性湿疹、掻痒などとハッキリしないようだ。

この2年程前からステロイドの塗布薬になり、効果抜群。しかし、元来が薬嫌

い、この手の強き薬は余り使いたくない。常用を嫌い、塗布を控えていると酷

くなってくる。原因不明で少量を薄く塗布するのみだからなかなか治らない。

症状部位は手の指の爪の生え際、指間、第1関節の甲、手の甲、酷くなると前腕

内側にも現れる。この為、多いときで6〜7枚のバンドエイドを貼付。この汗を

かく夏場に良く起き、より治り難い。食器の洗剤も手に優しい洗剤に変えた。

そして極力使用を控えている。手に負担がかからないように洗う。何故夏場に

発生?!何か原因があるのだろうと考えていたら、ふッとインスピレーション、

浮かんだ。夏になると涼しく寝たいと思い、寝床の最上にイ草ゴザを敷き、

その上で寝ている。遅きに失したが、この怪しげなイ草に疑念の眼を向けた。
イ草もどきゴザ、手触りからしてどうも自然のイ草とは大分異なる。

中国産のこのゴザ、小さな表示布を確認すると「材質 側地:イ草100%」

「この商品の表面には製造上、染土、染料、樹脂液が付着しています。

ご使用には2回ほど布で乾拭きをお願いします。中国製」と小さな文字が、

確認出来る。この表示を見てゾッとした。即、我が家の注意危険物に指定、

廃棄処分である。このゴザの上に直接寝ていたのだ、涼しいからと4〜5年。

夏の夜に全身8時間暴露、所謂、一種の針のムシロで口からも吸引。就寝中に

十分燻蒸された。完璧な一種のシックハウス症候群の仲間入り、と勝手に断定。

N社はラグ、敷物として使うと予想していたのであろう。しかし、畳もどき

敷物、この上で寝ることも十分考えられる。即廃棄とするところであったが、

証拠品として保管。                  少数であろうが、

小生のように苦しんでいる人達が他にいるのではないかと思い、この失敗を

役立てようと行動した。近くの消費生活センターに持ち込んだ。自らの勝手な

判断、因果関係の確証はないが、我が体験を元に参考に疑念調査して下さいと。

これまでの我が症状の経過、経緯、状況等を文面にまとめて現品を持って隣の

市のセンターを訪れた。説明するも職員、どうも態度からして積極性に乏しい。

現品を持ってきて下さいと言われ、車に取りに行き戻ってくると市民の方では

ありませんね?!。ハイ。お住まいの市のセンターに行って下さいという。

4〜5倍遠い位置にあるも向かった。当市の職員、全体に若く、積極的に聞く

姿勢。担当職員の旦那も同様の皮膚病で苦しんでいると漏らした。

結果的には、分析費用もかかり、対応が難しいという。掛かり付けの皮膚科へ

の相談を勧められた。が、このためにわざわざ病院を訪れるつもりは無い。

現品の表示布の文字を撮影し、状況説明文を戴きますとなったが、何らかの

対応があればいいが・・・。疑わしき一事例として扱われるのであろうか?!

我が敏感肌にどのような化学物質が影響を与えたのであろうか?!否か?!

以前、ブログに4〜5日旅に出るとこの症状が完治すると書いたが・・・・。

先の利尻礼文島の旅では、期待した大きな症状改善は観られなかったが・・・。

ゴザ処分の対応をしてから今日で1週間、症状を経過観察。結果はほぼ完治、

目に見えて快方に向かっている。とても因果関係がありそうなのだが・・・。

しかし、確証が得られたとしてもこの件で如何に広報、周知するかは難しい。

人命には影響しないから。そこでこの商品を販売する会社に同情報を提供する

ことにした、一ユーザーとしての匿名で。企業の良識に期待し、今後の安全、

安心できる商品開発に役立てて貰おうと思うもの。安価な戦略もいいが、

消費者の健康・安全が脅かされる商品ではたまらない。
posted by tennismouse at 08:57| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。