2016年11月28日

健康これあれ

毎年の繰り返しになるが、気分的にどうもこの時期、季節は苦手だ。木々の葉は色づき、

落命ならぬ落葉する。しかし、3月ともなると再び新芽を出し、若葉を茂らせる。

この若葉が勢いづく、昆虫が勢いづく春の季節が好きである。このような厳しい冬の季節

があるから、春という季節が待ち遠しいのであるが・・・。これから3ヶ月は気温がどんどん

下がり、厳しい冬の季節を迎える。その気温の低下に比例して、我が身体も軋む。

気温降下に反比例して血圧は上がり、身体の屈曲も厳しくなる。立ちながらの靴下を、

スラックスを穿くにも足と、手のお互いの指先が近付かなくなって来る。

今季世界最高得点をマークした感じの良いフィギュアスケートの羽生選手のような柔ら

かな、しなやかな身体とは対照的だ。イナバウアーだ。ついでに余談だが外国人選手も

含め、女性が15歳ともなるともう立派な大人の体格をしている。早熟の人は。

水泳選手でも然りで、10年、15年の歳月の変化は、まるで木々の新芽のようにもの

凄いスピードで変化、成長している。この年頃の女性の成長は速い。

小生にもそのような一時期があったのであるが、当の本人にはそのような自覚はない。

若いときのこのような成長、変化を観ると、小生もこの頃からゴルフを、テニスをやって

おればもっと上手くなっていたのであろう。ついでに語学も。とっくに手遅れ。

先日、血圧の薬が切れたので診療所にへ。診察は院長に当たった。簡単な診察、問診

の後に、「特定健診、今年も受けておられませんね。受けて下さい」と、親切に勧め

られた。あぁ、ビッグデーターの協力ですね と、余計な一言を、冗談を言ってしまった。

この2〜3年受診していない。今年は協力する予定である。協力する?!

いや、他人に言われるまでもなく自らの健康は自ら勧んで管理しなければいけない。

それから暫くして、一枚の葉書が舞い込んだ。市の保険年金課健康支援係からの連絡。

写真の様な内容の連絡で、健診を休んでいる者への受診の督促である。健康福祉行政

が行き届いている。自身の目には見えない身体の、健康の変化を観るためには手っ取り

Img_12551

早い方法。その貴重な情報は血液に

隠されている。今、国会では高齢者の

増加で増え続ける医療費の抑制のため

に、世代間の公平や支払い能力に応じた

負担の見直し、医療制度改革が進められ

ている。世代間リレーがスムーズに進んで

いる一般的な家庭ならば、親の負担が少し

増えても、その分は子へ配分されるから、医療費の負担配分は家庭内で収り問題はない。

しかし、子どものいない夫婦等は一言付け加えたいであろう。と言っても、老後は子ども

に頼ることも出来ず、社会に、国家に頼ることになるのだからやむを得ぬ事ではある。

この改革、高齢化に向かう我々人口割合の高い団塊世代の負担が今後増えるようだ。

だから、小生は消費税10%を容認していたのであるが[E:think] 

posted by tennismouse at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

体型の個性

人間の脳は無限の想像力を持ち、その知性は無限大。いろんな事が脳内を巡り、思い

付き、創造する。時に突飛なことも思い付く。           

最近、ゴルフやテニスで大衆風呂に入る機会も多い。最近もテニス合宿で旅館の大風呂

へ。ゴルフではプレー後、汗を、疲れを癒やすために大風呂へ。入るといろんな裸が眼の

前に表われる。それらの裸体を観ていると江戸風俗研究家の杉浦日向子(没)さんの

言った一言を想起来。昔、NHKの番組で「コメディお江戸でござる」という番組があった。

江戸時代の庶民の生活の舞台芝居の後に、芝居に出て来た江戸風俗の説明をするので

ある。300年前後昔の庶民の暮らしには、誰もが興味をそそるもの。

その詳しい説明には感心させられたもの。とても興味深かった。江戸時代の風呂は大衆

風呂が標準。その銭湯での自らの体験で、沢山の裸体を観て彼女が言った一言は、人の

身体というのは、実にいろいろな形をしているという。多種多様な体型、実にいろいろな形

をしているという。そう思って注意深く観ると彼女が言うように実にいろいろな体型をして

いる。同じ年齢であっても異なり、個性的である。

しかし、この体型、悲しいことに年齢を重ねる毎に体型は崩れていく。相当崩れて来る。

鏡の前に立つと小生の身体も相当崩れてきた。体重が殆ど変わらないのにウエストが太く

なっている。ズボンのウエストが窮屈になっていく。どうしてと。以前にも書いたが、やはり

体幹である背骨(脊椎)の座布団(椎間板)が縮んで背丈が縮み、その影響で周りの肉が

下方に弛んで来ているのだ。その弛んだ贅肉は腰部に凝縮され、溜まる。ウエストサイズ

が歳とともに太くなるのは、弾力性がなくなった椎間板の厚みに反比例しているのだ。

逆に言うと縮んだ座布団の軟骨(椎間板)をips細胞で再生できないのかと。新品に取り

替えることが出来れば、若いときの背丈に伸び、戻り、周りの弛んだ贅肉も引き戻され、

無くなり、若々しい体型に戻るのであろう、理論上は。

この老化と共に人間の宿命の二足歩行から来る腰痛も解消すると思うもの。

縮んだ軟骨(椎間板)が弾力性を取り戻すと、厚みが若いときのサイズに戻ると内臓への

圧迫も無くなり、肉体面、活動面でも若返ると思うのであるが。

背骨(脊椎)は26個の骨で構成されているという。その間に25個の椎間板があるとすると

小生は1骨当たり、平均約1.5mm椎間板がへたってきているようだ。この内の主要骨で

ある腰椎の椎間板が交換できたならば、かなり若々しい体型に戻るのであろうと思うもの。

そのような外科治療が出来そうだと思うのであるが、そのような情報は全く耳にしたことが

ない。世界的にも。

以上は小生の脳の突飛な考え、判断したもので正否の程は読み方にお任せするもの。

椎間板ips細胞による再生外科治療。縮んだ背丈が復元し、崩れた体型が元に戻り、腰痛

も治り、若々しく活動的で健康な身体になりますと言えば、多くの希望者が表われるであろ

うと思うもの。出来ないのであろうか。ただ、生身の人間、その身体は複雑怪奇である[E:think]

posted by tennismouse at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

先見の明!?

昨夜のNHKクローズアップ現代の放送内容  「”座りすぎ”が病を生む[E:sign02]」

『今、世界各国で“座りすぎ”が健康に悪影響を及ぼすとの研究が相次いで発表されて

いる。オーストラリアで行われた22万人規模の調査では、一日11時間以上座っている

と、4時間未満の場合と比べ、死亡リスクが40%高まるとの結果が明らかになった。

イギリスやアメリカでも、座りすぎが心血管疾患や糖尿病、一部のガンなどを引き起こす

と報告されている。さらに先月、各国の研究者が集い、初めて国際学会が開かれるなど、

座りすぎへの注目が高まっている。そうした中、世界で最も座る時間が長いのは、実は

日本という調査結果も・・・。日本企業では、「長く座って働くスタイル」の見直しが進んで

いる。8月に新しい本社に移転した大手IT企業は、“立ったまま”仕事ができる昇降式の

デスクを1万3千台導入。これまで「座り心地の良い椅子」を追求してきたメーカーも対策

を迫られている。“座りすぎ”は体にどんな影響を及ぼすのか、健康リスクを避けるには

どうすれば良いのか。最新の研究と対策の最前線を追う。』と、言う放送内容。

パソコン作業は、多くが熱中し、時に困り、画面を凝視。だから作業時間が長くなる。

小生の先見の明[E:sign02]約10ヶ月前から、このパソコン作業を座るから立つ作業へと変えた。

その小生からの感想である。事の発端は腰痛対策、生活習慣を見直そうと行ったもの。

そうして座る時には姿勢を気にし、注意するようになった。特に注意が必要なのがソファ。

Dsc02160

友達が一見してこのタイプのソファが

一番良くない、と言っていた。

買い換えようとも考えたが・・・・・。

リビングのこの柔らかなソファに座る姿勢。

長時間のテレビ視聴では極力、ソファ前端

で座り、背中を真っ直ぐ、直立する事に注意

して座っている。この改善の、注意の影響か、

         立ち作業で勤しむ筆者         今のところ、腰痛は起きていない。

もう一つは、NHKのためしてガッテン腰痛番組でも言っていたが、多くの腰痛は腰が

悪くなくても脳が痛みを感じてしまう、鎮痛システムが働かなくなっているという。だから、

腰が痛いと感じる時には、実際は腰は痛く無いのだ、脳が勝手に痛いと感じているのだ、

と思う事にした。これらの対応で現在のところ、腰痛は全く起きていない。改善したと。

パソコン立ち作業へ+座る姿勢に注意+脳の制御+運動 の4点を腰痛対策とした。

今のところ順調である。また、永年の慣れの影響か[E:sign02]ブログ記事等の思考作業など、

作業内容に応じて座りパソコン作業もする。台所カウンター面が上下動しないから食卓

上に[E:pc]を1m移動しての作業。立ち作業は健康のために、また次の行動にも移り易い。

この観点からもパソコン操作は立ち作業をお勧めする。座るから起立へ。

立つ作業が増えれば座る作業は減る。 座れば不動、立てば機敏[E:sign03] 

都会の巷の大衆酒場では客の回転を良くするために多くの立ち飲み席も設けている。

客の店内密度も高くなり、お客も浮動席、仲間との会話も弾み、酒[E:bottle]も進む。

上下動する机を設けたIT企業では立ち作業により職場のコミユニケーションも良くなった

そうだ。小生も立ち作業により、少しの事でも良く動くようになったと感じる。小さな運動だ。

座りフリーズからの解放だ。疲れたら座ればいいのだ。

ブログ記事を書いていると、予定配達時間通り、待っていた電脳機器が届いた。

明日から、この届いた多機能な機器の設定作業で立ち作業時間が増えまする。

*関連ブログ: 2015.2.2  「生活スタイルと腰痛」 (カテゴリー:健康)

posted by tennismouse at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

医学の発達と長生き

両親から貰った生命プログラム、我が体内にある生命プログラム、どのようにプログ

ラム設定されているのであろうか。各個々には個性があるように固有の遺伝子を

持っている。それと同様に個々には固有の生命のプログラムが組み込まれているの

ではないかと考えられている。     

今夜のNHKクローズアップ現代、「がんも認知症も発見!夢の超早期診断法」を放映。

唾液、手の平、血液でガンの早期発見、診断が可能になってきたという。

2人に1人がかかるといわれるガン、加齢と共にその罹患リスクは上昇する。

多くのガン患者からの病理、ビッグデーターの解析から研究が進み、がん細胞が発生

するとマイクロRNAという物質が生成されると。この物質を診断で早期にとらえるもの。 

処で、老婆(ラオポ)は3月に手術をした。幸い、がん細胞では無かったが、境界型悪性

腫瘍の疑いがあるという。境界型という通り、悪性領域に留まるか良性領域に留まるか

まだハッキリと断定できない、解らないという事であろう。このガンの疑いは血液の悪性

腫瘍マーカー値が高いと言うことで精密検査を受け、腫瘍が判明した。 しかし、まだ

腫瘍マーカー値とガンの相関は明確では無いらしい。このように病気の診断技術が

日進月歩で急速に進展している。

昨日の新聞紙上にはカプセル内視鏡が登場した。何れ出てくるであろう、予測していた

Photo検査機器、技術が出てきた。信頼性が

高く本格的に運用、機能するには未だ

年月を要するだろうが、この検査手法が

確立されれば検査が簡便、容易となる。

小生も大腸がん検査を受けたことがある

が、大腸に管を差し込まれた患者も大変

である。口からカプセルを飲み込み、寝て

いるだけで痛みも苦も無く、このカプセルを制御して胃内、腸内検査を行うことも近い

将来可能となるだろう。

以上はガンの早期発見の技術進歩である。早期診断、発見のみではガンの克服、根治

はできない。問題は治療法である。現在の所、ガンの主な療法は手術、放射線、抗がん

剤治療である。早期発見と早期治療がガン克服の大きなポイントである。

さて、ここで昨今の医療技術の進歩を思うのである。

以下は例えばの仮の話しである。

小生の身体に組み込まれた生命プログラム、75歳前後で大腸がんを発症、80歳で

肺がん発症、今の生活環境を続けて85歳前後で心筋梗塞の発症リスクが増大、

88歳で認知症発症、とプログラムされているとする。88歳以降は自意識を喪失した、

人手を借りた要介護生活者となる、 と仮定する。

神の定めた生命プログラムであれば、上記例のように小生は75歳で、80歳でガンを

発症する。しかし、検査技術、治療技術の発達、進歩でこれらのガンを克服、85歳で

心筋梗塞を発症するも運良く軽症で済んだが、88歳で認知症の症状が現れてきたと

する。診断、検査技術の発達、治療法の発達で延命できたが、認知症に罹患し、自分

が誰であるかも解らなくなってしまった。要介護者になり周りにお荷物となってしまった。

この例は一例であるが、医療技術の進歩がなければ75歳か80歳で、小生はこの世

から姿を消していたかも知れない。医療技術のお陰で延命できたのだが、果たして

延命が良かったと言えるのであろうかと。

今回は延命後に88歳で認知症発症というシナリオを設定したが、認知症以外にも

88歳ともなれば老化症状は益々進行し、要介護リスクは高くなっていく。

医療技術の克服による長生きは、必ずしも幸せと言えるのではないだろうと思うもの。

特に今後、益々子供の割合が減少し、反対に老人人口が増えていく。 悲しいかな

社会が荒んで長寿を喜べるような社会環境では無くなって行く気がするのである。

今後10年以降の社会を洞察したものであるが、的外れな見方であって欲しいもの。

posted by tennismouse at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

悪いことは重なる

昨日は遅い朝食の後、腹の具合が悪くなった。下痢で何度かトイレに駆け込む。

朝食に問題があったのだろうかと[E:sign02]少し日にちが経った粕汁の残り1杯を食べたが。

思い当たるのはそれしかない。しかし、テニス[E:tennis]に行かなければならない。出掛けた。

いつも通り、駐車場に到着して昼食のコンビニおにぎりを車中で食べた後、熱が出て

来たようだ。車から出る気がしない。暫くして練習に参加することにしたが、どうも普段

よりミスが多い。1時間もせぬうちにギブアップ。練習を止め帰ることにした。 昨年、

元会社の同じ歳の知人2人が亡くなっている。もうそのような歳であり、あまり無理

すべきでないと。原因は食当たりではなく、風邪かもしれない。そう言えば16日月曜日

のバスの巡礼に参加したが、1人おいた隣の男が盛んに鼻をかみ、咳はしないがうるさ

かった。昼食では小生の対面に座った。どうも彼にうつされたのではと勘繰ってしまう。

しかも閉じられたバスの中、条件は整っている。2日間の潜伏期間が過ぎ水曜日に

発病したのではと勘繰ってしまう。帰って体温を測ると37.8℃。何をするにも億劫に

なり、動くのもつらい。体力温存、3時過ぎから着替えず上下テニスウエアのまま布団

に潜り込んだ。これが独り者のつらい所[E:weep]

枕元にお茶と体温計を置き暫し横臥する。夕食の時間になったが、夕食は摂らず

美味しいジュースを1杯飲む。下痢をしているから水分補給に心掛け。正露丸を飲み、

パジャマに着替えて引き続き寝入る。暫く寝入った後、無造作に枕元にある体温計に

手を伸ばす。この時、誤ってケースごと床に落とした。拾って無造作にキャップを取り

Img_02381脇の下に納める。枕元灯を点け何度

あるか[E:sign02] んっ、水銀柱が無いっ[E:sign03]

と同時に測温部のガラス部分が折損

しているのに気付く。かすかな明かり

の中、これらの動作をいい加減にして

いたからこのような羽目に。ケースごと

落としたから水銀はケース内にあるのだろうと。

次の体温計を持って来て計る37℃。そして翌朝には平熱に戻っていた。しかし、

下痢は治まらず。軽い朝食と昼食を取り、ゴルフ練習の開始日であり、気になるが

あいにく雨。そうしておもむろに金属水銀の健康被害をネットで調べる。

2つに意見が分かれる。害があるというものと害はほとんど無いというもの。水銀を

飲んでも排出され問題は無いが、気化した水銀は肺に有毒というもの。沸点が高く

常温では気化しないというものと気化するというもの。取り敢えず、条件の悪い方を

信用して窓を開け、換気し掃除することにした。掃除機を取り出し床上を掃除した。

更にネットで記事を捜すと掃除機を使ってはダメとある。拡散するから。手遅れの

後の祭り[E:weep]そして寝室の暗い床面を這いつくばって懐中電灯片手にチェック。

何、あれっ、ケース内に治まっていると思い込んでいた水銀が床面に広く散乱して

いる。掃除機を掛けたのだが。幸いなことに水銀は暗い床面であっても電灯の光の

当て方で反射、輝くから識別しやすい。この水銀、指ではつかめない。触るごとに

微粒子になっていく。皮膚に付けることも良くない。ガムテープでは引っ付かない。

不思議なことに磁石でも吸い付かない。何故[E:sign02]磁気が弱いのだろうか[E:sign02]ネットで

食パンが良いとある。早速、水銀を食べる食パンを買いに行く。よく観ると這いつく

ばっていた床面にも見逃した微小の水銀があるではないか。厄介だ[E:sign01]念のため

シーツも戸外で叩く。掃除機の塵も廃棄。こうして3時間余の水銀と格闘の一騒動。

この危機意識行動で覚醒、病は去ったようだ、が下痢は収まらない。水銀は常温

気化すると言う考えで一時は我が家にもまるで放射性物質があるかの如くの危機

意識であった。すこし過敏、神経質過ぎたかもしれないが・・・。

小生の解釈、水銀は常温では気化しないが、掃除機等で掻きまわしているうちに

どんどん微塵化、微粉化して空中に舞い上がり、気化状態ではなく微粉化、それを

吸引すると身体に良くないのではと考えた次第。1本の体温計には1gの水銀を用い

ているという。この集めた水銀、ゴミ名を書いて燃えないゴミとして捨てることにした。

Img_02481今回の教訓であるが、水銀体温計は

家庭から駆逐すべきだと。行政指導の

下、回収、廃棄したら如何なものか[E:sign01]

勝手に一斉に捨てられると環境破壊と

なる。我が家は水銀体温計が3本、

電子体温計が1本ある。残り水銀計

が2本となったが、すべて廃棄することにした。廃棄も含めて病院で引き取って貰え

るか相談してみよう。小生が子供の頃から有るこの代物、これに纏わる苦い思い出

がある。小学校へ行く前の小さな頃だろう、紡績会社の診療所で体温計を割った。

これが初回である。一生懸命、水銀球を掴んだ覚えがある。顔もまだ覚えているが、

加藤看護婦[E:virgo]にはご迷惑をかけた。病院での最近の電子体温計は検温20秒。

我が家の電子体温計はあいにく電池切れ。しかし、この電子体温計、出来が悪く、

電池交換蓋に極小の+ネジを用いている未完成。交換の使い勝手が悪く、ユーザー

を無視した古い電子体温計も更新することにした。しかしのところ、小生の36時間

に及ぶ病状の原因は何であったろうかと[E:sign02]食当たりか[E:sign03] もう一つ心当たりが、

前夜、正月に頂いた越後の大吟醸を開封、珍しく冷酒で飲んだ。  ここで原因3択

   @風邪
   A食あたり
   B冷酒晩酌

posted by tennismouse at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする