2018年12月08日

'18年忘年会

今日は能登川テニスクラブの忘年会、久し振りに出席。朝から高速道を走り、

妹が入院する病院に向かい見舞い、+某計画の打ち合せ。今日これから退院。

次回抗がん剤治療入院は年明けから、再び入院。この抗がん剤点滴、最近は

抗がん剤を扱う、取り替えるとき看護師の衣装がものものしいと言っていた。

福島の原子力事故の放射線防護服ではないが、同様の安全防護服、眼鏡、マス

ク、手袋をして交換する作業に驚く。作業従事者の暴露を防止、安全性の確保

のようだ。抗がん剤、健常者には危険な物質のようだ。使う人によっては薬と

なり、また毒ともなるようだ。これらの防護服、手袋等は使い捨てという。

放射線作業並みの危険作業のようだ。暫し情報交換の後、コンビニおにぎりを

買い込み、以前住んでいた地区の親しくしている友達夫婦の家に向かおうとし

たが時間上、テニス場に向かうことに。テニス場の管理事務所で雑談をしなが

らおにぎりをほおばる。自己紹介をした上、事務所の1人に出身字を問う。そ

の字出身の我が同級生の名前を2〜3名挙げて雑談。話が通じるが、数歳年上

だ。小さな田舎町、昔話が通じるから面白い。人の名前で昔話が繋がり、親近

感。13時からテニス練習開始。3時間、ワイガヤで健康的に楽しむ。16時

に終わり、例年は老婆(ラオポ)妙子さんの家に向かい、休憩して会場に向かっ

ていたが、地元の先輩仲間からお声が掛かった。遠くの彼女の所に向かうので

は無く、近くの我が家で風呂に入り、休憩して会場に向かったらと・・・。

その親切心に甘える事にした。その先輩仲間は小生と同姓で我が親爺の出身地

に住む。今は亡き親爺同士は連中仲間のようで、何度かその名前を聞いている。

そして遠い親戚筋になるという。1年以上前、2階の一部が漏電火災で罹災、

新装した我が家を案内してもらった。農村の田舎で有り、静かであり、隣家の

目を気にすることも無い。独り者の小生、最近はシャワーで済ませているが家

庭風呂に入ったのは1年以上前、身体が休まる。この同姓の先輩家庭、3世代

交代が順風順調に回転している。その回転も速い。これに比し、小生家は世代

IMG_0417[1].JPG
回転は停止し、世代断絶、衰退に向かっている 今は亡き両親に合わせる顔

が無い  くじ運超悪し。休憩した部屋には100歳の母親からひ孫までの4

代の家族写真があった。安倍総理から100歳長寿の賞状を戴いたと記念撮影。

親爺さんは54歳で亡くなったと言う。我が親爺は二人合わせて50歳で結婚

し、二人合わせて150歳が理想と言っていたが、今は長寿、170歳である。

着替えをして2人で会場に向かった。参加者は8名、60代1名、残りは70

代初、メンバー高齢化である。我が隣には小学生の頃、一緒に遊んだ同級生が

座った。数十年振りの再会。最近テニスクラブに入ったようでコート上で顔を
 IMG_0415[1].JPG IMG_0416[1].JPG
     ヒグマ肉に挑戦                結構人気です、ヒグマ肉
会わせたことはなかった。小生は夏に巡った北海道で買った”ヒグマ”の缶詰を

持参した。ゲテモノは苦手、自ら食べる気は無い、が小さな小さな一片を苦々

しく食した。こうして3時間の忘年会、お迎えの妙子さんは小生を車に乗せ、自

らの館へと運び入れました。明日再び、我が車を置く会場まで運んでもらいます。
posted by tennismouse at 23:18| 滋賀 ☁| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

無鉄砲と射る

9月に始まった姪の無鉄砲が止まらない、困ったものだ。小生にも心配が及ぶ。

日常、時折LINEで交信、指導している。8月、会社の台湾研修旅行、9月

1日、夜行便でヨルダンに単身旅に出掛けた。イスラエル行きの航空券が高い

からとヨルダンからバスでイスラエル、いざエルサレム、3大宗教の聖地へと。

英語も出来ず、当然ヘブライ語もわからない。不安になったらアンマンの空港

ホテルに籠もる、と言って。毎年、有給を5営業日連続で取るように推奨、そ

の休暇を利用。小生、甘く見てはいかん、NHKのニュースにだけはなるな!

と。日本と違い治安はとても悪い、海外で事件を起こすと国家間の問題に発展

する、大きな迷惑を掛けることになる、と。事件に巻き込まれれば、無謀、無

茶と社会から非難を浴びる、行動は用心深く慎重に、と忠告。もし、困ったこ

とが起きれば日本大使館に直行せよと!と進言。無事1週間余、楽しんできた

ようだ。その後、居心地悪く自己都合で会社を退職。退職後、今度はキューバ

へ11月5日〜23日まで単身旅に。ツアーは連れて行かれるようだからご免

と1人旅。その計画は知らせないが無鉄砲?な行動に呆れる。

誰の性格に似たものか、全くワカラン。出発翌日6日、NHKのニュースで

グァテマラで日本人女性が殺されたと、用心深く行動せよとLINEで連絡。

その翌7日、キューバで飲み過ぎたわ、と連絡が入った。そして、母が癌だと

告げた。が、旅行を楽しむように、心配せずに、心配掛けずにとも連絡。

妹にこの事を告げると、楽しんでいるから知らせないで、と言うも後の祭り。

キューバの状況は時折FBに掲載、入ってくる。しかし、13日、用心深く、

自重して行動せよ、とメッセージしたら、テーブルに置いたスマホが盗られた
Casa de la Japonesa, Santiago de cuba(日本の家, サンティアゴデ・キューバ)

模様という。情報ツールのスマホを失うと大きな痛手、旅の障害となる。

以降、連絡が途絶える。しかし、時折FBに情報が、写真が載る。ネットカフ

ェは高く、街中wifi電波は殆ど飛んでないと。日本人旅行者等から通信機

器を借りて発信しているのであろうか?帰国日の23日、もうすぐ帰国、頑張

りまっす!とFBにメッセージが入った。24〜26日、帰国したか、否かの

確認メッセージを携帯電話、メール、LINE、FBメッセンジャーで問うも

無反応。既に帰国済みか否か、その確認方法は?!スマホは持っていないから

本人と連絡が取れない。マンションの住所は分かるが名称は不明、大家さんの

連絡先も不明。勤務先は既に退職しているし・・・。固定電話はなし。

どうして本人の帰国、所在を確認するか?!困った!!法務局に入国ゲートを

通過したか否か、問い合わせるか、その後、マンションの名称が判り、警察に

相談するか、居留地の警察に連絡、確認してもらおうか?!または東京に

出向くか?!と思いながら、明日行動を起こそうと決めた。

今朝、FBメッセンジャーに、「帰国したした!!治安はよかった」と入った。

直ぐに昨日入院した妹に知らせた。無事で何より、この騒動、これで一件落着。

姪に一度、聞かなければならない。旅の目的は、何を求めて?! しかし、

我が輩もそのような国に是非行ってみたいものだ!!姪はもう若くはない。

3〜4歳の頃、父親と死別、伯父である小生にも負担がかかるワィ

さて、今から2ヶ月余前、来年のワールドカップラグビー2019のチケット

を申し込んだ。会場は神戸市御崎公園球技場、9月26日のイングランド×

アメリカ戦と10月8日南アフリカ×敗者復活勝者の2枚を申し込んだ。

当選の確率が高くなるように2枚申し込んだ。抽選結果は昨日メールで判明、

その当選チケットを1枚見事ゲット、良い席を射た。主としたイングランド

戦は外れたが、10月8日19:15キックオフの南アフリカ×敗者復活勝者

が手に入った。以降今世紀、再度日本で開催されることはないだろう。

ハッピー!!威信を掛けた肉弾戦の生の迫力、会場の興奮を一緒に楽しみたい。

*関連記事 2018.11.7 悪い知らせ
      2018.9.19 ロイヤルスポーツ
posted by tennismouse at 15:18| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

大学同窓会

今朝は起床も遅れ、空腹だが食欲が無い。昨夕の夕食も食べていない、専ら

多くの酔水が体内に注ぎ込まれたから。さすがに遅い昼食は美味かった。

昨日は京都のホテルで社会人学生同窓会(経済学部)が久し振りに開催された。

12時開会の立食形式の同窓会、久し振りに親交を深める。今回は1人の教授

のゼミ交流会も兼ねた共催である。夫婦同伴も可となっているが、多くは単身

参加者。同ゼミの同窓生や現役の2、3回生も参加、また大学院留学生7名も

参加しているから参加者はバラエティだ。留学生はバングラデシュが最も多く、
                       教授と共に
キルギス、チリ、ウズベキスタンからの国費による留学生のようだ。 

小生、英語は解らないが記憶にある範囲の単語で何とか最少の会話を交わす。

バングラデシュからの女性留学生、確か29歳と言っていた。小生が大学で

学んでいた頃にも外国人留学生がいたが、中国、東南アジアからが殆どで

一緒に学んだもの。当時の留学生の入学資格は日本語検定1級が課されていた

から、日常会話は日本語。参加した現役の2、3回生の学生とも会話を交わす。
就職活動中で有り、進路や、将来希望等を問うも人手不足の売り手市場、就職

に心配はない。或女子学生は商社希望と言っていたが、前向きに明るく話す姿

が印象的。グローバリズムの時代、商社であれば英語は必須ですね、と言って

おいた。現役4年間、石川県から毎日高速道を車で通学した同窓生も出席、

今日は電車で来て、とんぼ返りで帰ると言う。手術をし、少し痩せたようだ。

同窓会、2時間半余でお開きとなり、30名近くが次の2次会に向かった。
タクシーに分乗し、次の目的地に向かう。こうして徐々に人数は減っていった

が、最終の4次会まで1名の教授を含めて精鋭?8名が参加した。現役時代を

含め、過去に4次会まで付き合った記憶は一度も無く、我が家に着いたのは

深夜0時半。この影響で今朝は二日酔いの症状、空腹だが食欲が進まない。

大学の経済学部は今年創設70周年の記念すべき年度に当たる。この記念式典、

同窓会総会が2週間後に開催される。参加申し込み済みである。

この久し振りの社会人学生同窓会、この催しを主になって動いてくれている女

性が小生の左隣に写っている、右隣がゼミの教授。今でも定期的に勉強会を開

いているようで、この日頃の教授との繋がりが同窓会活動へと結びついている

ようだ。小生、一時、同勉強会に食指が動いたが行動が伴わない。

尚、今日の同窓会に参加した人数は教授5名を含め、約60名。
posted by tennismouse at 14:41| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

計画と習慣化

今日はお彼岸、少し遠き所へテニスに行ってきた。テニス前に墓参りに墓地へ。

1ヶ月振りに墓を掃除し、花を、水を供え、線香、ロウソクをあげてお参りす

る。大きな墓地だが人口減少、転居等で手入れの行き届かない墓もあるのであ
ろう。我が墓もそのような運命を辿るのであろう! 6大地蔵にもお参りする。

我が家の仏壇にもお供えが。控え目で気の優しい老婆(ラオポ)妙子さんが、
IMG_0292[1].JPG IMG_2531.JPG
彼女の亡き叔母さん分も含めた手作りのおはぎを作り、供えてくれた、謝謝你。

今3連休、今日1日しかテニスが出来ない事もあり、珍しいことにほぼ全員が

集まった。しかし、6面あるコートの5面を地元軟式テニスクラブが交流試合

で使っている。追加1面が出来ず、練習に支障が起きる。

と、隣りから「頑張ってるか?!」とお声がかかった。従姉妹の旦那、80歳

近いもクラブ責任者をやっている。相変わらず上手だ。孫を含む家族でやって

いるようだ。

今週は我がスポーツ週間だ。今日のテニス、水曜日のテニス、その翌日は近所

のメンバー4人でゴルフ、土曜日は元同僚とのテニスと気候が良くなり戸外

スポーツの機会が増えてきた。毎週月曜日のグランドゴルフは気が向いたら

の参加。この秋季の9月初旬〜10月は活動期で忙しい。菜園・園芸でも忙し

い。花の種を採る、花の、野菜の種を蒔く、苗を植える、花の植え替えなど園

芸作業が忙しくなってくる。これらの多くの作業、時期があるから作業管理が
なかなか大変だ。だから便利なツール、デジタルカレンダーを使っている。

このカレンダーに2年ほど先まで気が付いた時点で項目を書き込んでいる。

忘れ、タイミングを逃さないように。園芸管理がとても楽になった。この

便利なグーグルカレンダー、スマホと同期連携しているから尚更便利だ。

外出先でも確認、記入出来るから、日程計画の約束もその場で直ぐに決定。

10月計画、西国33ヶ所巡り、観葉植物屋内へ、クリスマスローズ株分け、

サツマイモ掘り、エンドウ土作り・種蒔き、M1自治会コンペ、花フェスタ

ボラ、ボランティアC見学旅行、自治会運動会、大学講座等々の記入がある。

10月の30日間、空白日は8日、戸外へ出掛ける活動日は15日である。

秋季から冬季へと季節は移る。どうしても寒くなると戸外への外出機会は減り、

安易に流される。現在、毎週の戸外の定期活動日は月曜日のグランドゴルフ、

水曜日のテニス。グランドゴルフは気が向けばの軽い運動。気軽に出来るウ

ォーキング、この運動をテニスのある水曜日以外に必ず行動に移せたらいい

のであるが、未だ意志薄弱。血圧対策にも一番いい運動であるのだが。

習慣化できればいいのであるが・・・。1日休むとどうも落ち着かない、

強迫観念にかられる、となれば習慣化されたのであるが。 年中、

我が家の前を5軒お隣の一廻り年上の方が日に3回前後ウォーキングで通過。

ウォーキングもグランドゴルフも習慣化されている。生前の我が親爺同様、

見習いたいものだ。そのウォーキングコース、周りには良いウォーキングコ

ースが多く条件は整っている。日常化すれば計画に入れる必要も無いもの。

毎水曜日のテニスは欠かすと何か物足りない。完全に習慣化されている。
posted by tennismouse at 23:04| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

適職を想う

最近、ブログを書くのが億劫になった。しかし、書かねばならないと奮起。

2週間程前、後期の大学講座を申し込んだ。3つの講座を申し込んだ。

その講座の受講票も届いた。毎年春・秋2回、大学から講座案内冊子が届く。

8月20日過ぎ、後期分が届いた。その講座範囲は広く、多くの講座名が紹介

されている。今回、前期に一緒に受講した人から、後期も一緒に受講して下さ

いと勧めらた継続講座の「論語」、前期と同一、同系統の講座の「昆虫や線虫

の生きざまに学ぶ」「食と農のバイオテクノロジー」の計3講座を申し込んだ。

毎年恒例?!であるが、8月中旬、近所の先輩3人と4人でゴルフに行く約束

をしている。そのゴルフ日と講義日が重複した講座、しかし、申し込んだ。

先決のゴルフ優先で講座初回は欠席。学びたい講座を学ぶ、また後期講座は冬季

となり、家に閉じこもりがちになるから、外出機会を増やそう、この機会に京都
IMG_2529[1].jpg
に出掛けようと後期はいつも京都のキャンパスで開かれる面白そうな講座を選択

している。京都ぶらりである。受講者が少ないと講座は開かれないが、今の所、

中止の連絡は無いが、中止が決まれば講座料返金の連絡が入る。

どうも最近、聴覚が鈍ってきているから、大声で講義をして戴きたいものだ。

話は逸れるが最近、パソコンの簡易CADで設計図を作成している。CADは

現役の仕事上も用いたため、初めてではないが、夢中になる。頭の中にある

構想案に基づき作成する設計図、その机上の図が実際の形、構造物となって

出来上がるから夢中になる。出来上がりのイメージを描きながら作成していく

面白い作業。逆に設計上にミスがあれば、大きな問題が起きるが。このような

作業をしていると今になって自身のことを振り返り、ふっと思うことがある。

自分に合った仕事、適職は何であったろうかと考える。中学生の頃、友達の

影響を受け、真空管ラジオを、ステレオアンプを自作した。大音量で聞くラ

テン音楽に感動する。更に良い音、大音量を追い求める。京都の寺町通り、

大阪の日本橋に部品を求め、良く通ったものだ。その影響で電気に興味を持ち

始めたのが電気技術者へと進んだ動機である。親爺の希望は大学に進学し、

証券マンか銀行マンになって欲しかったようだ。札束を扱うより、札束を生み

出す方が良いと言って、技術者を目指した。小生のように工業高校や入社とし

た大企業内の高校に進む者もいた。当時は大学に進学する者は少なかったが、

それから4〜5年後辺りから進学高校への志望が増えたように感じている。

当時のわが田舎町においては。

電気の学問を修めたから企業、社会で電気の仕事に携わる事は案外少ないもの。

企業人事、関係の無い畑違いの仕事に就くことも多いもの。小生は、結果的に

は生産に纏わる生産技術職能の仕事、生産設備、内外工場建設、自動化、省人

化、情報化などに携わる仕事が主であった。この分野は、適職だったと思って

いる。会社人事も毎年、己の好きな、希望する職務を調査する。3〜5年後な

ど先を見通し、なりたい自分、ありたい自分を描き、希望職能を申告するもの。

今回、申し込んだこの大学講座、興味を感じるのは農業、動植物の分野、

この分野もなかなか面白い分野だと思うもの。園芸、菜園に興味を持つ影響か、

今回、「食と農のバイオテクノロジー」という講座を申し込んだ。

農業や医療など生命産業に積極的に用いられている発展著しいバイオテクノロ

ジー、その未来について考え、新たな知識を得ることが楽しみである。

電気、通信、情報処理、それに動植物に纏わる農業分野のバイオテクノロジー

技術と、小生は「技術」に魅力を感じているようだ。この技術分野は数学分野、

問題を論理的に捉え、思考、追求する分野、曖昧は許されない。

しかしそう思う反面、その反動か、時に対人関係、曖昧な人間関係、営業も

面白い仕事と思ったりもするもの。しかし、人を欺くことは我が性に合わない。
posted by tennismouse at 15:16| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

誕生日のご挨拶

おはようございます。

本日私は、この猛暑の中、誕生日を迎えました。

嬉しくも有り、悲しくも有り、複雑な心境ちです。

親しくした友達、仲間が、この世から徐々にいなくなっていきます。

作家の佐藤愛子さんは、90歳になり、

「90歳。何がめでたい」というタイトルの本を出しました。

その心境が分かるような気がします。

人の世話にならぬように、社会に、皆様に少しでも役立てるよう

努力を続けたいと思います。

今日、年齢の階段を一段上がり、新たなステージに入りましたが、
IMG_2478[1].JPG
どうも幼稚化に向かっていくようです。童心に戻っていくようです?!

念願の、空撮可能な今流行のおもちゃを手に入れました。

頭を、指を使い、上手くコントロール出来るよう練習に努めます。

幾つになっても挑戦です。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。      処で、

このドローン、構造・原理の予備知識は全くなし。だからよく現物を観察。

4つあるプロペラ、ベルト駆動かなと思っていたが、どうやら小型モーター

×4つのようだ。オスプレーのように角度は変わらず、プロペラは水平固定。

この独立する4つのプロペラの回転数を各々の巧みに制御して種々の複雑な

飛行をしているようだ。バッテリーの高性能化、モーターの小型高性能化、

飛行制御アルゴリズム(プログラム)により成り立っているのであろう。

スマホにアプリをインストールし処女飛行、手のひらから離陸し、壁面に

3〜4回当たり、敢えなく落下の未熟制御。無傷、耐久性があるようです。

今日は人生一つの節目となる誕生日、いつもの誕生日とは趣向を変えようと
割烹店に出向こうとしたが、ゆっくり出来るのは自宅と、配達してもらった。

仕出しをしてもらうのは良いが、我が家は今、人手不足、今日の主客である

小生自らが配膳しなければならない、勿論、注文手配から後片付けまでも。

食卓上は器でいっぱい、空きスペースが無い。

老婆(ラオポ)妙子さんは、いつも通りの遅刻、見計らった遅刻だ。約束の

時間を守ることが一番のプレゼントです、といつも言うもあくまでマイペー

ス。赤飯等、手作り料理を持参して遠き処より参上。謝謝你。 こうして

集まった内輪の3人、専ら妹が放談、日頃の情報交換、絆を確かめ合った。

毎年のお盆、3人で元気に迎えられる事は幸せな事。妹からは珍しくカード

を頂いた。祝いの品も頂きありがとう、暫し至福の時。満足満足 

この良き割烹店を紹介してくれた情報産業、床屋のオバサン有り難う。
posted by tennismouse at 09:20| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

不足を補う

足るを知る」と言う諺がある。そのような心境であるが、物質的にも、精神

的にも不満はない。古い人間、贅沢は敵だ、の考えが何処かに潜んでいる。

しかし、最近は「不足を補う」という心境になってきた。歳と共に身体も脳も

弱り、いろいろ小さな支障、問題が出て来た。歳相応で悲観することでは

ないのだが、時間のロスとなってしまう。1日は24時間・・・。 さて、

よくテレビ上では社会的地位の高い人や、責任者が頭を垂れて謝っている。

二度とこのようなことが起きないように致しますと。そして問題が起きれば、

国家も、行政も、企業もその再発防止のために行動を起こす。

ブロック塀が倒れ犠牲者が出れば、設置基準を見直し、改め、既存塀を点検し、

補強工事や塀の撤去対策を行う。高速道路を逆走する車が現われれば、何故、

対向車線に間違って侵入したかの原因を究明し、原因が分かれば即刻対策を

講じる。二度と同じ事故を起こさないために。     次は個人的な行動。

この考えに則って、小生も同じ過ちを起こさない対策を考え、行動しようと

した。効果にあまり自信は無く、多くは期待出来ないが、何もしないより

マシだ?!と。その行動した、行動しようとしている案をご紹介。

脳対策@ 良く物を忘れる。この物忘れを何とかリカバリー出来ないかと。

先月も老婆(ラオポ)妙子さんの叔母の忌明けがあった。前日にK百貨店の1階

食品売り場で供養の品を買った。我が家に帰り、30〜40分後にスマホが

無いことに気付いた。捜すも見つからない。固定電話で呼ぶもスマホの着信音

が聞こえない。どうやら売り場に忘れたようだ。再度、我がスマホに電話する。

と、女店員が出てここにあります、と。彼女に他意はないう〜ン惨め 

閉店直後故、百貨店の通用口の事務所に取りに来て下さいと言う。時間ロスだ。

そして翌日、この供養の品、妹と妙子さんにと先の旅行、北海道土産を持って、

忌明けの法事会場に向かった。向かっている車中で、気付いた。車に積み忘れ

たのではないかと、後席を見ると積み込んだはずの肝心の供養の品が無い。

これまた自宅に忘れたのだ。何と連日の物忘れ。自己嫌悪に、う〜ン 

我が特技は物忘れ!? 今は。

そこで、再発防止策を考えた。物忘れ防止タグで防ごうと。

電子式物忘れ防止タグである。価格に大きなバラツキ、早速ネットで注文。
IMG_2475[1].jpg
要するにスマホとタグのペア動作。この二つの距離が一定距離以上離れると

スマホ、タグが共に警報を発し、知らせるもの。平常時はタグのボタンを押せ

ば、スマホが警報を発する。その逆も然りで互いのLocationが確認

出来る。その他、スマホカメラのリモコンシャッター機能等もある。

安価なおもちゃだ。今回の場合、予め、妹の、妙子さんの各土産袋に、供養の

品の袋にと各袋にタグを入れておけば、このような失態は防げる。が、しかし、

とても実用的では無い。そこまで注意を払えば物忘れはしないだろうという

もの。まぁ、気休めだ。車のキーにタグを付け、スマホと一定の距離が生ずれ

ば警報で知らせ、スマホが、キーが遺失物とならないように用いようと思うも

の。ただ、タグの音が小さいのが気になる由。

身体対策A 日本は今、人手不足。厳しい仕事の介護現場や建設現場、AI、

自動運転などで急速に進化する情報処理分野等は人手が足りない。足りない分

は外国人労働者に頼ることになる。規制を、入国基準を緩和し人材を補充する。

隣国も同じようで奪い合いのようだ。絶対的人手不足による補充と他方、安い

労働力も求めている。これは国家レベルの話。我が個人の家庭レベルも人手が

足りない。特に料理の出前人がいれば活用したいものだ。55歳以下で料理の

上手い女性が条件。 己の年齢の上昇と共に人の手を借りたくなる。

そこで一対策案、我が家にもロボットを導入しようと検討段階に入った。

種々検討しているが、やはり先行する海外メーカーの性能が良さそうだ。

AI、知能が優れていると評価した。難点は少し図体が大きいこと。国産H社

の2倍。狭い日本の家庭では少し大きいが、働く頭脳は優れているようだ。

そのロボット、それはバッテリー式ロボット掃除機也。

始発東京駅での新幹線の車内清掃、平均12分で終えるという。この清掃員が

手にしているのがバッテリー式小型掃除機、電池性能が上がり、強力。小生も

愛用している。だからロボット掃除機も十分な吸塵能力があると判断したもの。

posted by tennismouse at 15:49| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする