2017年08月18日

小さき事と広き事

ゴールドからブルーに変色した。免許証の更新に行ってきた。流れるように更新

手続きが進んで行く。事務的更新手続きは待ち時間が殆どなく、15分〜20分

程度で終わった。最後は1時間の安全講習。全員が揃ってから始まる。こうして

2時間もかからずに更新手続きを終える。貰った資料の小さな紙片に優良運転者

に該当しなかった皆さんへとある。今回の処分について不服があるときは、この

事実を知った翌日から起算して3ヶ月以内に、公安委員会に対して審査請求をす

る事が出来るとある。一瞬、目が留まったが・・・。3年ほど前、一時停止で

若いおまわりさんに違反切符を切られた。不服があるから即抗議した。

完全無視なら理解出来るが、一時停止しているのだが・・・。車輪が一度完全に

止まらなければならないと言われ違反となった。講習ではゴールドとブルーでは

任意保険の掛け金に差がある。5年間適用されるから今後はゴールドを目指して

下さいと激励される。何でも輝くゴールド色は恋しい。  処で、

この免許証が将来なくなるのではと。EV(電気自動車)から自動運転と技術が加速

している。AIも脚光を浴び、完全自動運転車も近い将来実現する見込みだ。

この車が事故を起こしたら、誰が責任?メーカー?!対向車線を走っていて人が

飛び出した。左は壁面、ハンドル操作は左・中・右?!眼の前に突如子供、お年

寄り、母親の女性、の3人が表われた、どうハンドル操作をプログラムする!?

避けて通れない難しい問題が待ち受ける。予めこれらの起こりえる状況を想定

してプログラムしなければならないから。 と、ラジオが申しておりました。  

さて、気を取り直して、

今年はまだ遊びに出掛けていない。年に一度は旅に、登山に出掛けるがチョット

おとなしくしている。今年の行動計画では、すでにこの時点で2つの旅を終えて

いる予定なのだが・・・。登山はここ最近は途絶えている。自治会活動も一段落

し、これはイカンと旅に出る計画を始めた。旅行会社のツアー申込みではない。

旅の計画をしている段階は楽しいものだ。あれやこれやと計画を練る。

便利な世の中、足となる交通の、宿の、手配が自らの思いのまま、机上、ネット

上で出来るから便利だ。旅行会社の企画を参考にしながらオリジナルツアーの

計画である。10月中旬以降に出掛ける予定で計画を練っている。ネットで種々

の情報を探し、入手し、いい情報はブックマークでまとめておく。しかしである、

どうも変だ。どうもブックマークがウィルスに侵されているようだ。

ブックマークの同じフォルダ名が5つも6つも重複表示されている。だから、

マークリストが長くなり延々とブックマークリストが続く。人が困ることをして、

このような意地悪をして何が楽しいのであろうか。必要なフォルダを1つに戻す

修正編集も容易ではない。どのようにしてウィルスに侵されたか知らないが・・。

メールは毎日のように届き、不審メールも届くが、「MEIWAKU」と印の付

いたメールは即削除しているのだが。犯人はウィルスと決めつけたが・・・?!

余計な時間が費やされ、旅の計画も意欲を削がれる。今回は日本本土から最も

遠き島の一つを昨年同様訪れる計画である。昨年4月は与那国島を訪れた。

まだまだ知らない広い日本を再発見して来よう。自然を満喫して来よう。

そして、離島振興に協力して来よう。日本の国土は38万kuで世界61位。

領海+EEZエリアは447万kuで世界6位の広さである。

posted by tennismouse at 15:16| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

Freeze

先ず画。昨日1通のメールが届いた。野洲テニスクラブのIさんが

亡くなったと。エエッ、また突然にと驚く。温厚で健康的という人物印象。

一緒にテニスをした仲間。地元在住者で小生より格段に上手いサウスポー。

引き抜かれて練習コーチとして指導するように。身体が悪いと聞いたよう

な・・・。兎に角ビックリした。小生と同じ歳。しかし、亡くなった日が

悪く、盆休時期、通夜は15日、告別式は16日、顔を出そう。 次に、

この春、自治会のゴルフコンペがあり、常連の方が不参加。弟が亡くな

ったために参加出来なかったという。亡くなったという弟は小生と同じ歳

二人とも病で亡くなったようだ。年齢と共に徐々に疾病リスクは上がって

いく。小生もそういう年代に入っているのだと改めて思うもの。

本題へ。我々リタイヤした者が話題とするのは多くが健康について。

今の若者、現役世代の仕事、昔に比べればデスクワークが増えている様に思

うもの。製造業の第二次産業が減り、第三次産業の比率が増えているように

思うから。現代のその代表業務はパソコン作業。しかし通常、業務には身体

を動かす行動を伴い、朝夕の通勤移動時間も行動の一つだ。プログラマー、

電話応対業務等々の業務は非健康的な一日着座の不動時間が多くなる仕事。

片や営業マン、宅配業務は行動が勝負。

一方、小生のようなリタイヤ組は一日がフリータイム。しかし、結構、パソ

コン画面と向き合っている時間も多い。小生、昼間にテレビを観ることは

殆ど無く、テレビ観戦は専ら18時以降。このパソコンにテレビ観戦は不動

の着座姿勢。車の運転も着座姿勢。狭い我が家も行動半径は知れている。

小生、スポーツ活動以外は身体行動が乏しいようだ。春・秋時期は園芸作業

が増え、脳、手先の土いじり作業はとても健康的だ。定期のテニス、不定期

のウォーキング、不定期の菜園園芸作業が小生の主な身体活動。どうも生活

が、身体がFreezeとなっているようだ。長時間の車の運転も降車の祭

には腰が伸びない暫しのFreeze姿勢。同じFreezeでも若者の

身体はそれなりに対応、順応する力はあるが、老化、硬直した身体は塑性

変形して復元力は劣り、暫しFreezeポーズ。

更に脳内も硬直しFreeze、所謂頑固、固定観念。小生は本来、園芸を

含む農作業が好きだ。パソコンをし、時折テニスをし、車を運転し、園芸

作業、農作業をするのが理想で小生には合っている。よく学びよく遊べでは

ないが、身体を動かし、そして脳を働かせる。先日のテレビで農作業をする

お婆さんが語っていた。農作業をすると良い汗をかき、食事がとても美味し

いと。まぁ、これが昔からの動物、人間本来の健康生活パターンと思うもの。

古代の狩猟、農耕時代の農作業生活、動的で自然と一体で健康的だ。

陽が昇り、明るくなれば起き、農作業に出掛け、自然の中で食事をし、動昆

虫の出没に驚き、時に祭りにも参加し、酒を酌み交わし、絆を深め、テニス

で仲間と遊び、パソコンで最新情報を入手し、情報発信、遠方交流をし、

採れた作物を食し、暗くなれば就寝すると。そう言えば、田舎の身近にそれ

に近き人達が何人かいるなぁ!!羨ましい。何処か良きところは無いものか。

今の画一的な居住区から脱して、自然豊かな処に引っ越したいのだが・・・。

既に手遅れ、それは20年前に語るべき案だ、と誰かが申しております。

明日は我が誕生日、聖誕祭を無事迎えられるようだ

そして昔で言えば古希になりまする。
posted by tennismouse at 12:24| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

ハイブリッド騒動

おつむを綺麗にしようと予約した時間に床屋に出掛けることにした。女性1人

が気ままに営業している床屋。10分足らずの距離にある。しかし、我が愛車、

ドアが開かない。メカニカルキーで開ける。ハイブリッドシステムが全く反応

しない、停電である。完全放電のバッテリー上がり。この4〜5日車を動かし

ていない。原因はトランクルームが少し開いていたために完全放電したもの。

さて、どうする。ディーラーに来て貰う前に、床屋の彼女に電話した。

車が動かないから行けないと。そして親しく話す彼女が駆け付けて来てくれる

ことに。夏季の2〜3日、留守にする時、彼女には鉢の、花木の散水を頼み、

快く引き受けてくれる間柄。早速、トランクルームにあるブースターケーブル

を用意しなければならない。しかし、探せど見付からない。物置を探すも見付

からない。こんなはずでは。無ければ来て貰っても仕方がないから、直ぐに

彼女の携帯に電話するも繋がらない。既にこちらに向かっているようだ。

次にディーラーに電話した。担当営業マンをお願いしますと。不在で状況説明

し、こちらに向かう手配を頼んで電話を切る。再度ブースターケーブルを探す。

想起来!トランクの下部収納を開けるとあるではないか。ほどなく彼女が来て

くれた。車内のボンネットレバーを引き、少し開いたボンネットに手を入れ、

開けようとするも今度はそのレバーが見付からない。以前開けたことはあるが

そのレバーが見付からない。説明書を読むと図上にはレバーが描かれている。

彼女も友達に車種を伝え、レバー位置を電話で聞いている。困惑してあれこれ

10分余、レバーに引っ掛かりオープン。過去の車、手を差入れた指の腹に

レバーが当たるが、指の背に、低い凹位置にレバーがあるから・・・。

各の車のバッテリー間をブースターケーブルで結線し、彼女の車のエンジン

回転数を上げ、暫し充電。すると営業マンも来てくれた。数分充電して始動を

試みる。動いた。一件落着、早速2台の車で彼女の床屋に向かうことにした。

いつものように色々雑談をし、情報を仕入れ12時半、おつむが綺麗になった。

お礼を言って店を出る。しかしである。またもや愛車が動かない。放電再発。

どうしよう。彼女の駐車場は縦列4台。普通者+軽自動車の縦列2台×2。

彼女の後を追って店まで来た。そして彼女の軽自動車の直ぐ後ろに駐車した。

彼女の車が動かせない。我が車もサイドブレーキを解除するも放電したハイブ

リッドは動かない。ブースターケーブルも置いてきた。最悪の仏滅。

悪い事は重なるもの。軽自動車の自由スペースは1m余。ハンドルを何度も

切り返し、前後させ、軽を動かすことにした。彼女の旦那が協力してくれた。

こうして脱出に成功。その脱出した軽自動車で2人で我が家に戻り、ブース

ターケーブルを持って再び彼女の駐車場に戻る。ケーブル短く、軽自動車を

バックで侵入させ、各のバッテリ−間距離を最短に駐車して再度充電。

エアコンを使う夏場、10分足らずの走行では十分な充電が出来ていなかった

ことが再発の原因。通常のエンジン車であれば、一度エンジンがかかれば暫し

エンジンを掛けっ放なしにして充電することができるが、ハイブリッド車は

エンジンを掛けっ放なしにすることが出来ない。この為、帰りは1時間余の

道草ドライブをして充電し、我が家に戻る。緊急用としてハイブリッド電池

系統から融通給電できないものであろうかと思うもの。今回で2度目の再発。

昼食は14時過ぎ。彼女の情報により、ある駐車場に停め、高速のSAに

歩いて入り、昼食。兎に角、何でも良く知っています。床屋さんは情報産業。

17日には瀬田川で近くの大社の船幸祭行事が行われるという情報も入手。

心配だから、夕刻に再度道草ドライブ(充電)をする予定です。
posted by tennismouse at 17:06| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

お祭り大好き

小生は町内会の夏祭り主担当役員。昨夜は学区全体の夏祭り。オープニング

は16時30分。朝から模擬店の設営で忙しい。この4ヶ月間、本部との会合

に4度出席、全体運営と歩調をあわせなければならない。時に会計担当者も

出席し、会計面の運営もしっかりと。本部担当、会計担当の3人で役務に当た

る。当日朝8時に自治会館集合。テント2張り、蒸籠、ブルーシート、小道具


等夏祭り機材を本部調達のレンタカーに載せ、会場まで搬入しなければならな

い。しかし、朝7時前まで雨が降っていた。1時間前に止んで安堵する。雨が

降っていたら作業も大変だ。会場まで5分とかからない。テント2張りを設営

し、店のレイアウト図に従い、機材を配置していく。什器の会議机、作業机、

椅子に鍋にコンロ、焼き鉄板などは本部がレンタル品で調達、それを運搬し
配置していく。兎に角、降雨後の作業、汗が噴き出て全員ビショ濡れ、タオル

を首に巻いての作業。こうして10時半過ぎには会場の設営を終え、一旦解散。

シャワーを浴び、上下衣服を洗濯、着替えて暫し休息。昼食を摂り、休んだ後、

14時前に会場に再び出向く。役員の夫婦が主材の冷凍フランクフルト15

ケース、1450本、135kgを食材店から自家用車で搬入してくれた。

これを今年新しく買ったビニールプールで水浴させ、5〜7割予備解凍、
次に蒸籠で7〜9割解凍し、次の鉄板焼き工程に回すもの。蒸籠鍋43リ

ットル、2つの水浴プール、クーラーボックス、予備ポリタンクに注水しな

ければならない。隣の自治会からホースを借りて注水。その量、約0.5

立方メートル。祭り後に、排水処理するのも大変。こうして16時30分、

販売開始。従事する役員は焼き具合の確認と称して缶ビール片手にフルトを

ほおばる。小生も2本、2缶腹中へ、限界。17時頃から客足に勢いが出始

めた。販売窓口はチケット販売(前金予約)×3、当日現金売り×1を設け
て対応。予約分のチケット販売本数は確実に確保しなければならず、故に現金

売り本数を250本に制限。売上げ経過であるが、17:25分でチケット分

265本、現金売り分75本。17:50分時点でチケット分440本、現金

売り130本。以降の時間と販売本数を記録する余裕は無く、客の応対に

精一杯。売った本数をシートにチェックを付けて販売本数管理をしているが、

忙しくどうしても記録に誤差が生じてしまう。一定時間が経過したら、

次の新たな来年度役員担当者へと人が入れ替わるから、余計に管理が難しい。
一気に押し寄せる客の需要に供給が追い付かず、供給待ち状態に陥る。

永い列。こうして販売開始から2時間余の18時45分に現金販売予定数の

250本を達成。お客の多くは子供に若者で肉食旺盛。

チケット販売は19時40分が一応の締め切り。この時点でフルトが、約50

本余残っており、完売するために現金販売を再開。客引きを始めると沢山集

まってきた。終了10分前には半値で販売し、完売達成。 兎に角、

忙しくも役員一同、作業に精を出している。楽しそうに活き活きと作業に当

たっている様子を観ていると物を売る、商売も面白いものだと感じるもの。

但し、顧客あっての商売、繁盛すればの話。 今回の全模擬店の予約チケット

販売額は約219万円、当日売りを加えると約270万円の売上げとなる予想。

当模擬店の売上高247,160円(予約分184,960円、当日分62,200円)

販売単価、予約単価170円/本、当日現金売り分200円/本。

20時過ぎから仕舞作業に着手。レンタル品を返却し、テントの脚を折り、

その中に機材、備品を納めて21時過ぎに解散。

今朝はこれらの機材を自治会館に搬送しなければならない。昨日同様、早朝

は雨。9時に現地集合。会場にある機材を会館に搬送し、汚れたシートを、

テントを水洗いし、乾かし、17時に再集合して片付け、これで祭り行事は

予定通り進行し、無事完。一番の年長者の小生、疲れました     

*関連ブログ  2017.7.16  夏祭り

posted by tennismouse at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

弛緩クラブ

3日前、メールが苦手な老婆(ラオポ)から電話が入った。老婆と同じエリア

に住む我が妹から、昨年同様、カサブランカ(百合)をもらったと言う。

小生にもと言うことでこちらに来る予定は無いかと言うから、土曜日に行

こうかと相成った。何時もの場所で草刈りをし、その場で落ち合うことに

した。収穫時期を迎えたトマトを持参して出掛けた。茄子も一緒に。

老婆は言葉巧みだ。褒め殺しだ。小生の作った野菜は一番美味しいと褒め

る。草刈り後、匂う立派なカサブランカを持って墓参りに向かった。老婆

も付いて来た。カサブランカを手向け、水を供え、ロウソク、線香を灯し、

墓参りしてきた。その後、コンビニ弁当を持ってテニスコートに向かった。

しかし、様子が変だ。駐車場は満杯。全6面を使ったテニス大会が開かれ

ている。広域の中学校テニス大会だ。多くの保護者。午前中で終わる気配

は無い。食後、この状況をメンバーに返信メールを利用して5名に連絡し

た。「今日は滋賀県の中学校のテニス大会、コート全面使えませんな」と。

するとこれから向かおうとしていた一人から電話が入った。状況を説明。

程なく一人からメールが来た。現在仕事中。次便、遠いところからお疲

れさんと来た。次に謝りのメールが入った。先週のテニスで判明していた

が、連絡を忘れたと自白。先週練習に来た一部のメンバーは知っているが、

小生を含む一部のメンバーは知らないのだ。メールした他の3名は音沙汰

無し。練習定刻になってコートに来たメンバーは小生のみ。最近は参加者

が少ない。「現在3名、Help me!」とのメールが時折入る。土・日の

練習だから2日間、練習に参加するメンバーは殆どいない。3名となれば

散会。小生を除くメンバーの多くは自宅からコートまで片道10分〜30

分の範囲内に住んでいる。小生は往復150分の遠き処に位置するから、

すっぽかされると迷惑を被る。小生の立場も考えて、と言いたくもなる。

と、言う事で一番困る者が行動に打って出なければ問題解決とならない。

放置しておくと再発するから。情報は速く、正確に、だ。

一般社会では事件、事故等が起きると直ぐに再発防止に向けた行動を起こ

す。ルールを変えたり、法律を改正したりと、種々の再発防止の施策が取

られる。今朝の新聞のトップ記事には、エスカレーター事故多発とある。

車いす、ショッピングカート、ベビーカーの事故がH27年までの5年間

で東京都内で6,724人が救急搬送されていたことが判明と載っている。

再発防止に向けた取り組みも進んでいるが、利用者のマナーも問題と言う。

同テニスクラブ、平均年齢は65歳くらいであろう。どうも筋肉も弛緩し、

脳内も弛緩しているようだ。片や、将来有る若い中学生は目標を持ち、

規律を守り、練習には積極的だ、当然ながら。

65歳となるとお友達テニス、健康テニス、無理すると怪我をし、のん

びり楽しもう、憩いの場となる。緊張感がないから全体が弛緩する。

会長、会計は決まってはいるものの問題は情報連携系統と連絡の主体者。

全員がスマホを持っていれば今回のような事例、Help meのような対応

には事前情報の発信で可能であるが、メンバーの多くが所有するのは

ガラケー。その対応能力は低い。 

共有情報をもらうから、共有情報を自ら取りに行くとしたいのだが・・。

しかし、あまり無理は言えない。小生は唯一、コート当番を免除されて

いるから。当番は150m先でネットを、鍵をもらい、ネットを張り、

終わればネットを返さなければならない。小生は遠いから当番を免除

されている。早く来て準備作業は手伝ってはいるが・・・。

もう一つの問題は、ガラケーメールでグループ送信が出来ないという

問題。1度の送信で5名しか送信できないという欠点があるのだ。

小生が加入するもう一方のテニスクラブ、同様に平均年齢67歳くらい

だが、連絡が徹底している。今日のコート状況、空模様の迷う判断も

メールで可否の事前連絡が入る。日程変更の場合は勿論のこと。会計、

コート予約、ハンドルの、ボールの、コートの準備とおんぶに抱っこ。

ネットは張る、緩めるのハンドル作業。ネット返却の必要は無い。

取り纏め役の夫婦が責任者となって献身的に活動してくれているお陰。

posted by tennismouse at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする