2017年03月30日

何か良き方法は

お金が無いから知恵を出して解決しよう。支出を、無駄を抑えて倹約しようと。

モバイル通信費の更なるコストパフォーマンスを良くしようと考えた。

通信費が同じなら利便性を改善して応用範囲を広げようと。当然、運用機会が

増えるから従量制の通信費は上昇するが、利便性向上を優先する。コストは費用

対効果で考えようと。現状でも十分なる通信コストを抑えているのだが・・・。

リタイヤした小生、家族、外出機会は少なく、携帯機器を使う機会が少ないから、

不便だがガラケーにCIMフリースマホの2台を所有し、使い分けている。

電話にメールはガラケー、ネット情報、地図アプリ等はスマホ。2年経過し解約

した4年前のドコモの古いスマホである。このスマホ装着のCIMフリーの応用

を考えた。現在、外出機会が少ないからスマホの通信容量は毎月1GB以下。

この2台持ちから、時に3台持ちに変えようかと思案。一見不便だが。

その通信手法であるが、新たにモバイルルーターを手に入れなければならない。

WiMAX通信の応用である。最近、このモバイルルーターにCIMフリー版が

出ている。特定の通信会社に縛られる必要の無い、選べるCIMフリースマホ

同様、通信コストは節約出来る。初期投資にモバイルルーターの本体投資は必要

であるが。その変則利用の手口である。小生、現在、外出したときのWeb情報

閲覧等はスマホを利用するしか無い。このスマホに装着しているCIMフリーの

CIMをモバイルルーターに差し替え、運用するもの。携帯会社のLTE等の

通信回線の電波を直接スマホで受けていたものをモバイルルーターで受け、

その受けた電波をモバイルルーターでWiFi電波で発信、このWiFi電波を

スマホやタブレット、パソコンで受けようというもの。こうして、外出先でこれ

らのWiFi機器を使おうという算段。外出先でスマホを用いようとすればスマ

ホ+モバイルルーターの2台持ちとなる。新幹線車内でパソコン、タブレットを

使うことも可能となる。外出先で使う機会は極めて少ないが、利便性は向上する。

また、今まで通りのスマホ1台で用いようとすれば、CIMをスマホ本体に差し

戻せばいいのだ。但し、最近のCIM、標準CIMやマイクロCIM、ナノCI

Mと規格サイズがいろいろあるから、スマホとルーターで併用するのであれば、

同じ規格サイズのCIM機器に合わせる必要がある。この通信手法、一種の

デザリングだ。上記の説明内容は図示の通り。東京に行く新幹線車中では
 通信図A.png  通信図.png
ビジネスマンが結構パソコンを使っていた。車中にはモバイル用100Vコン

セントも各席に用意されている。小生も使いたかったがWiFi電波を受信する

認証資格が無く諦め、専ら小さい画面のスマホで我慢。車中でパソコンが使えた

らなぁ、と思ったもの。この方法なら可能だ。そして、スマホのバッテリーの

消耗もとても少なくなるだろう。この手法、やるかやるまいか、利用機会は少な

いがやってみる価値はありそう。その前に新しいスマホを手に入れなければ・・。

面白い遊びが出来るiphoneが欲しいのだが、しかし、iphoneの電話

機能を使わないのであれば、贅沢な使い方だ。代用案として電話機能を省いた4

インチ画面の準iphoneがある。それはとても小さなipodtouch、 

しかし、外出先で利用頻度の高い地図案内のGPS機能はなさそうだ。

東京に住む姪は宅内にネット回線がないから、特定モバイルルーター手法で運用。

いま、このモバイル通信業界では格安競争がとても熾烈だ。テレビCMでは、

UQモバイル、Yモバイルなる会社が派手な宣伝を繰り広げている。

取りあえず、モバイルルーターの購入手配をした。既に走り出している

情報は命、情報は速く正確に

追伸)3月31日 14:00開通 Successful    万歳  
posted by tennismouse at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

愛玩ロボット


最近は多くの家庭でペットを飼っている。その代表は犬と猫。しかし、家族で

旅に出ようとすると厄介だ。預ける、連れて行くとなる。日々の飼育も大変だ。

家族が多ければ飼育分担でその労も軽減される。が、一人者には疑似家族、癒や

し相手となって気持ちを和ませてくれるも日々の飼育に手が掛かる。そこで将来、

近未来に確実に家庭に入ってくる人工ペットなるものが流行るだろうと思うもの。

独り者に人気。小生もそのロボットの人工飼育者の一人となるだろう、生前中に。

昔、SONYがAIBOという犬型ロボットを販売していた。当時としては斬新

で2〜3歳くらいの知能を持ち、学習し、言葉を理解し、番犬の役割も出来る

高度なロボットであった。珍しいものが好きな小生、一瞬触手が動き、ためらっ

ていると、SONY本体の業績が悪くなり、本業外のこの家庭用ロボット事業

から撤退してしまった。経営者に先見性と、本業の業績が良ければ、今頃この

分野のトップランナーであろうと思うもの。このホームロボット、一般家庭では

既にお掃除ロボットが働いている。自律型で室内床面の掃除を自動で始め、

自動で終わる。電気が無くなれば自ら充電。室内の障害物を避け、床面を全面

掃除してくれる、全自動お掃除ロボット。このお掃除ロボットがあれば、掃除機

をかける手間は不要。人間様は溜まったゴミを捨てるのみ。 処で、

小生は、日進月歩のIT技術の現状を少しでも知ろうと、不定期に決まった

パソコン雑誌を買う。今回の記事に米国製のホームロボットの記事が掲載された。

IMG_1303[1].JPG アザラシ型ロボット、ソフトバンクの

 ペッパー等、目白押しの家庭用ロボットに

 新たに加わった。名前はクーリー、自律型

 パーソナルロボットである。呼びかけると

 こちらを向き、まばたきをしたり、気持ちをLEDライトの色で感情を表現

(ロボット語)。家の中のマップを自分で作り、家の中を自由に動き回る。

家族の顔を覚え、帰宅すると挨拶する。目の中にはカメラを搭載、写真や動画撮影

は勿論、留守中にスマホからの指示で家の中を見回って異常音がすればスマホに

警告を送るという。時に家の中のIoT製品のハブとなり声で照明を点けたり、

監視カメラのモニターもできるようだ。勿論、電気が無くなれば自ら充電に向かう。

日進月歩の人工知能AIと相まってこの種のホームロボットは益々賢くなり、

普及していくのだろう。スター・ウォーズのR2ーD2のミニ版だ。

この種のホームロボットが成長を続けると近未来、我が家ではロボットが自由に

動き回っているのであろうと。AI技術の進歩で感情を持つロボットも近い将来

表われるだろう。そうして小生が10年後に心臓発作で倒れ、この変化の様子に

ホームロボットの働きによって、一命を取り留めるというニュース記事もあながち

夢の話では無い。このロボットが話す言葉は若い女性の声としよう、名はクーコ。

幼児化に向かう小生の脳には若い女性の声は良い刺激となるだろうから。

このロボット、敢えて話す言葉は少なくしているが、将来的にはアップデートで

成長する余地があるだろうという。身長は約500mm、699米ドル。


posted by tennismouse at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

新聞とチラシ

今日も新聞記事から、新聞チラシからの触発を受けた内容を二つ。

1.サイバー攻撃増

今日の朝刊トップに『 IoT製品乗っ取りサイバー攻撃1.2億件』と大きく

載った。昨年1年間の発生件数で前年比6倍である。手口は巧妙化、

犯人はネットに繋がっているパソコンをハッキング(乗っ取り)する様に、

インターネットに繋がっているIoT機器、例えばテレビやゲーム機、スマート

メーター(電力量計)、防犯カメラ、ルーター等、ネットに繋がっている家電

機器等をウィルスに感染させ、乗っ取り、その乗っ取った機器を中継、踏み

台にして、外部の、他者の製品機能をマヒさせたり、情報を盗み取ったりの

サイバー攻撃をしているようだ。踏み台にして攻撃するのは発信元の身元

を隠すため。もし小生がそのような犯人だとすれば、知らない家のセキュリ

ティーの脆弱な機器を探し、その脆弱なゲーム機等をウィルス感染で乗っ

取り、次にそのゲーム機を攻撃基地にしてネットに繋がっている他の外部

機器を攻撃(機密情報入手、機能のマヒ)する。知らない家のゲーム機を

使用している人はまさか犯人に乗っ取られて、悪用されているとは全く知ら

ない、解らない。知らぬ間に間接犯に仕立てられている。 

時代の趨勢で、益々IoTが普及、あらゆるものがネットに繋がり便利になる

一方で、それを悪用する者がおり、社会は不安定化する。

小生、昨日、パソコンメールを整理した。初めて。メールアドレスは2つ持って

いる。古くからのプロバイダーメールと新しいgoogleメールで、この二つの

メールをリンクさせている。だからどちらかのメールを見ればOK。いつも使う

メールはgoogleメール。今回、普段使わない溜まったプロバイダーメール

を初めて整理、整理に1時間半以上費やした。整理ダウンロードしたメール

総件数は19,975件。数年前の古いメールが含まれている。パソコンのウィ

ルスソフトが怪しげなメールを迷惑メールとして自動的に振り分けてくれる。

迷惑として振り分けられた件数は7,109件で全体の約35%。正確に振り

分けできていないから、その内の1/3〜1/4位が真の迷惑メールであろう。

その自動振り分けの様子を観ているとウィルス名を表示してくれる。最も多いの

が「Trojan」型、次に「Networm」、1件はフィッシングメールと表示された。

勿論、このような迷惑メール、閲覧、開封はご法度で即ゴミ箱に捨てている。

これらのとても多くのウィルスメール、国内外から届いている。注文書を受けた、

写真を送った、出荷した等々の件名で届いている。これらの悪質犯、ハッカー、

脆弱な箇所、機器は一目で見付けるようだ。自動サーチで広範に。

我が家にもパソコン以外に常時ネットに接続している機器がスマートメーター、

ルーターなどを含めると4〜5つある。難しいことだが関心と注意が必要だ。

現代は国家ぐるみの見えないサイバー戦争、防備脆弱な発電所をマヒさせるのも

簡単なようだ。トランプさんの当選もロシア国家のサイバー攻撃が関与したようだ。

2.我がハイブリッド車

今日の新聞のチラシ。車のチラシ。ヴィッツのハイブリッドデビューと載った。

小生の車もハイブリッド。間もなく7年を迎える。営業マンが訪れ、我が動向を

マークする。これまでのハイブリッド効果を単純計算した。この間の月平均走行

距離は520km/月。主に1人乗車、リッター平均走行距離は16km余。

ハイブリッドでなければ11km(2500CC)として計算。車のハイブリッド機能付

加費用40万円、平均ガソリン価格135円/L とした場合、その費用効果はまだ

折り返し点前。小生のように走行距離が少ない者はハイブリッドメリットは無し。

ガソリン価格は変動するが・・・、300円/L 以上ならば・・・。  小生、

車は余り乗らない。老婆(ラオポ)さんの半分。最近乗った日はテニス初打ちの7日、

今日は20日、珍しく2週間近く動かない不動車、雪の影響もあって 

posted by tennismouse at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

お引っ越し

自己嫌悪というか、自嘲することが多い。それを通り越して呆れもする、自らの行動に、

老化のイタズラに。小生、毎日1個の卵を昼食に食べるようにしている。その料理法は

目玉焼き。朝食時、冷蔵庫から卵を1個取り出し、常温に戻し、昼食時、フライパンに油

を引き焼いている。今日も焼こうと、パンの蓋を開ける。 と、既に焼けているではないか。

昨日は京都に行っていたから、一昨日の目玉焼きの食べ忘れ。黄身が鮮やかで、

白身の縁が固くなっているが、もったいないで体内へ。  さて、話題は変わり、

月初め、1通のメールが届いた。送り主は小生が加入するプロバイダーから。
「eoblogは、2017年3月31日(金)15:00をもって
 サービスを終了することとなりましたのでお知らせいたします。
 サービス終了後は、ブログの閲覧や投稿・編集作業など、
 すべての機能がご利用いただけません。

eoblogサービスの品質向上を念頭に、これまでさまざまな検討を重ねて
まいりましたが、eoblogサービスの利用状況が減少していること、
また、昨今のSNSをはじめとするインターネットコミュニケーションサービスの
形の変化などにより、弊社でのブログサービスの維持継続は困難であると判断し
eoblogサービスを終了することとなりました。」    との内容。

小生のブログ、来春で満7年となる。日記のようにブログを、拙い内容のブログを

これまで書いてきたが、残念。 さて、今後どうするか。

「そのため、お客さまのPCなどで閲覧できるようにするための
 ブログアーカイブツールをご用意いたします。
 サービス終了までに、お客さまご自身のブログ管理画面よりご利用ください。
なお、他社ブログサービスへのお引越しについて、
 対応状況をまとめておりますので、他社ブログサービスのご利用を
 ご検討中のお客さまは、下記URLをご確認ください。」

と、今後もブログを続けるには、その引っ越し先を案内している。この電子日記、小生の

デジタル遺品となるもの、何れは。 ブログは時代遅れいや、用途目的が異なるもの。

我がブログ、その一番の愛読者は、検閲者は老婆(ラオポ)。我が思考を、行動を監視する。

ブログを引っ越すか、或いは新たなSNSを始めるか、どうしようか。

ブログはホームページに近く、不特定多数の読者に情報を開示、提供するもので、

相互コミュニケーションは苦手である。情報の一方通行で相互通行に乏しい。

SNSとはネットを介して遠く離れた身内または友人や知人との日々のコミュニケーション

を円滑にしたり、メッセージ機能やチャット機能などで時と場所を選ばず他人同士とでも

会話が楽しめるというもので、相互間の会話が主体である。 その代表はLINE。

パソコンより、場所を選ばないスマホによるリアルタイムのコミュニケーションが主流。

ブログのように不特定多数ではないのだ。相互間の会話と言っても我々ガラケー世代

には少し無理だ。会話も弾まない、女性がいないから、スマホユーザーが少ないから。

さて、今後どうするか、思案橋である。 やはりブログか[E:sign01]

posted by tennismouse at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

恨みと反骨

新聞の広告チラシに良く入る、パチンコエンターティメント、人生にヨロコビを、「マルハン」

MARUHANとある。この紅い文字Mの上に紅い日の丸表示がトレードマークの企業。

パチンコ・パチスロの遊戯企業である。

最近のパチンコ・パチスロ盤面には漫画雑誌のキャラクターかアニメのキャラクターかは

知らぬが、チラシによると派手な盤面だ。小生、パチンコとはもう30年以上縁ががない。

この企業のトレードマーク、テレビ画面上でもよくお目にかかる。昨夜のヤフオクドームの

西武ーソフトバンク戦でもバックネット後方の目に付くところに掲示され、宣伝効果抜群で

ある。その他の多くの球場でも同じ位置にあり、TV画面上よく目に留まる、小生には。

このトレードマーク、中央の赤マルは日の丸、そのマルと、ハンは韓国語で恨、所謂、恨む。

日本を恨むと言う意、と言うことをこの命名企業の韓国人社長が話していたことを思い出し

た。今では、日本人に育てて頂いたと感謝を語っていた。

このマルハンの広告紙面にLINEのQRコードも印刷されている。

マルハンの店情報を届けるためのアドレス。

このLINEという企業、今年7月、東京一部上場で話題となった。ニューヨークにも上場し、

時価総額が1兆円を超えた。このLINEの親会社は韓国のNAVER社。

このLINE、本社を東京に置き、役員の過半数は日本人、日本人を社長に据え、活動

主体は日本である。LINEの親会社であるNAVER社はLINE株式の87%余を

保有、残りもほとんどが韓国籍で占めている。黒子は韓国人で、演じているのは日本人

という形態を取っている。信頼できる日本という国名を表に出し、巧みに利用している

感じ。それにアジアでも日本は大きな市場であり、東京は活動、技術開発拠点として

も最適である。やはり太平の民の日本人に比べなかなか狡猾である。

日本の携帯市場はiphoneのシェアーが世界各国に比し、異常に高い。反対に韓国製

携帯のシェアーはdocomoも販売するがとても低い。日本には嫌韓感情があるのも一因

であるという。その為、韓国の携帯電話の一部の機種からsamsungの社名を外そうと

いう考えのようだ。一種のOEMのような携帯で嫌韓感情をかわそうという算段。

日本と韓国はとても仲が悪い。日本で活躍する劇作家の日本名、つかこうへい

韓国と日本がいつかは公平な間柄になるようにと「いつかこうへい」から「い」を外したもの。

韓国大統領が日本を1000年経っても恨み続けると言っているが、怨念とは怖いものだ。

未来志向と言うも恨み続ける限り2国間に争いは絶えない。前回のブログ記事にもあるが、

朱子学の影響が残る韓国は、韓国は日本の兄貴分だという独善的な自尊心が、誤った

意識があり、日本を卑下する。ありのままの現実を直視した見方、考え方が出来ない

限り、相互理解は得られない。毅然とした行動がとれない日本にも責任の一端がと。

日本から見て地政学上の韓国は大事な国である。今年3月、韓国女性大統領は中国の

反ファシスト戦争勝利(戦勝節)70周年記念行事に出席し、閲兵式(軍事パレード)を

参観、中国寄りに軌道修正するかに見えた。しかし、今では、中国が反対する米国の

高高度ミサイル配備で軌道を元に戻した。巧み?に、稚拙?にバランス外交を展開する。

戦略上、日本は韓国をバッファと位置づける。だから韓国が経済的に疲弊しては困るし、

また、余り強くなっても困るのである。韓国は日本をバネに、エネルギーにして、反日精神、

反骨精神で頑張れ! ファイチィン 화이팅  なのである。我があるがままの感想の意。

*関連ブログ 唯我独尊  平成28年8月28日
         朝鮮半島  平成25年2月24日

posted by tennismouse at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする