2015年11月07日

愛宕山再訪

3年半振りに京都の愛宕山に登ってきた。今回は園芸クラブの仲間と。嵯峨嵐山駅に

9時10分集合。着くと主催者の彼1名が既に着。彼に尋ねる、今日の参加者は?名。

4名という。小生、10名前後の参加者と見込んでいたが女性1名を交えた4名、少ない。

どうやら花を愛する者にとっては過酷な登山、年輩者も多く敬遠した人が多いようだ。

今年の瀬田川縁を歩く、ウォーキングには多くの参加者であったのだが・・・・・。

持参した関西の山歩きのガイドブックによると愛宕山は標高924m、登る標高差は

855m。小生、前回登山(2012.5.13)では登山口を通り過ぎ、柚子の里水尾を

Dsc02140

Dsc02144

         表参道(お連れ3名)                          黒門

通り過ぎ、裏山道から登った。帰り道は表参道を下ることに。 この表参道の下り道、

この階段を登るのは大変だなぁ、裏山から登って良かったなぁ、という感想を持って

いた。今日はこの厳しい表参道からの階段を、坂を登らなければならない。

JR嵐山駅から少し歩いて市バスの停留場に向かう。市バスに乗り、清滝で下車。

清滝から赤色の渡猿橋を渡り、表参道の登山口へ。人気コースで多くの登山客。

小生、少し軽く、甘く観てトレッキングシューズの出で立ち。3名は登山靴にステッキ姿。

京都に住む主催者の彼は、良く訪れる処であるようでどんどん先を登っていく。

Dsc02147

Dsc02146_2

                          社務所前

その後を小生が登って行く。2人はその後から付いて来る。各のペースで登っていく。

先導する彼は、一定地点で待っている。小生が追いつき、次に2人が追いつく。

全員揃った処で再び登り出す。彼が先頭を、小生が次に、2人が続く。この繰り返しで

ある。境内の入り口となる黒門を過ぎ、約2時間余を費やして愛宕山本殿下の社務所

前に辿り着く。なかなか過酷な道のりであった。登る途中の看板の注意書きにあったが

山頂は平地に比べ10℃ほど気温が低いと。山頂は7〜8℃低く感じ、汗が引くととても

寒い。1枚衣類を重ね着。ここから階段を上って本殿にお参り。戻って社務所前で昼食。

と、彼は前掛けをし、簡易昼食の準備を始めた。紙の大皿に缶詰、ウィンナーなどを盛り

付け、ノンアルコールビールを準備してくれた。料理が趣味の1つであるようだ。

身体が冷えてからのビールは少し寒いが美味しい。即席のスープも作ってくれた。

周りでは多くの登山客が食事をしている。参拝を、食事を終えたら下山である。

Dsc02154

Dsc02156

            本殿参拝                        JR保津峡駅(橋上駅)

1時頃に下山開始、下山は楽だ。彼の話では、この愛宕山、戦前はロープウェイが敷設

され、観光地であったという。戦時中の鉄類接収で廃軌道になったという。その名残が

少し残っている。登ってきた道を下山、途中、登ってきた清滝方面とある看板を無視して、

先導する彼は正規の下山道を逸れた。方向指示の無い道を進んでいく。階段は無く、

急な自然坂道を下りていく。この道を下山する人は我ら以外に1〜2名。ガイドブックに

この登山道は無く、山林管理者等が利用する山道のようだ。下山中、自然に植わる

草木名、これは何?、尋問しながら。草木の種類は少なく、杉木立が多い。

杉木は人手により間伐、枝木を伐採している。2時間余を下り3時に保津峡に下山。

こうして雨にも遭遇せず、無事に愛宕山登山を終る。紅葉時期終盤、紅葉が綺麗。

昨日の午前中のテニスに疲れ、今日の1日登山で更に疲れました。老いを感じまする。

posted by tennismouse at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

木曽駒ヶ岳・空木岳2

3日目:

4時過ぎに起床。5時前のご来光に備える。今朝も快晴である。4時54分、静寂の中、

短くも美しいご来光[E:sun]に見入る。山荘前にて。今日も天気が良くラッキー。5時から

Img_0090

Img_0094

朝食を摂り、登山準備に取り掛かる。今日は空木岳登頂と下山行程。5時45分

、登攀開始。今日の行程は3日間で最も歩行時間が長く、10時間余の行程。疲れも

Img_0096

Img_0099

             木曽殿山荘                      空木岳

溜り厳しい登山最終日。この空木岳(2864m)頂上に辿り着いて解かった事である

が、西側の山肌は多くの岩石の山、反対の東側は対照的になだらかな優しい山肌で

ある。今日は休む回数を減らし、一定のゆっくりしたリズムを心掛けて登って行くこと

にする。ペースメーカーとして選んだのは7人組パーティ。パーティの一員になった

つもりで付いて行く。途中、いろいろ話をしながら。徐々にこのパーティの正体が解か

って来た。険しい岩石の登山道を、時にクサリを、梯子を用い、滑落しないように登っ

て行く。最大斜度、45°はあろう。このグループは京都の某大学の元ワンダーフォー

ゲル部である。小生より2〜3歳年配者のグループ。1人が脚を痛めた為、ユックリ

登っているという。先に行ってくださいと言われるも時に前へ、時に後ろからと付いて

行く。みんなで登ると気も晴れる。こうして2時間余で空木岳(2863m)の頂上に立つ。

Img_0100

Img_0101

暫し頂上で休憩。快晴で四方八方良い眺めである。360°カメラシャッターを切る。

頂上に立ち、気象条件に恵まれ、視界の効く素晴らしい遠景を見ると疲れも吹っ飛ぶ。

Img_0103

Img_0107

まだ8時前、雲は無く快晴。何時も11時前後から東側方面からガスが出てくる。

山の天気、午前中は気象条件が良いようだ。早朝発つ利点の一つに納得がいく。

8時過ぎ、グループと共に下山開始。スムーズな下山進行。目標は池山小屋、

Img_0108

Img_0110

道標には10km先とある。山道となれば5時間は掛かるだろう。この間の残る難所

は小地獄、大地獄のみ。グループに付かず離れず付いて行く。地獄手前で一緒に

昼食休憩。熱い味噌汁を戴く。大小地獄も昨日の難路に比べれば比ではない。

下山で脚に疲労が、ストレスが溜っていく。池山小屋手前で道が分岐している。

もう1組の夫婦が休んでいる。上の道を行きますと言ってお先に失礼。我々は先頭

を行っている。13時20分、池山小屋で暫し休憩。次は菅の台バス停を目指す。

途中、夕立に見舞われる。こうして林道終点の駐車場に出て来た。何[E:sign02]追い越され

ていないのに7人グループと1組の夫婦が既に居るではないか[E:sign01] 近道[E:sign02]

ここで挨拶をして別れる。彼らは車で去り、小生達はここからまだ1時間半余を歩く

ことに。最近クマが出没、注意せよの看板。遭遇する人は1人もいない。

老婆(ラオポ)の歩く姿、まるで行き倒れ寸前の哀れな姿。リュックを代わりに担ぎ

17時前に宿に辿り着く。今回の難行、モノスゴ〜ク タイヘ〜ン疲れました[E:confident]

日焼けで痛くも風呂に浸かり、美味しい[E:beer][E:restaurant][E:bottle]を戴きました[E:night]

  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]  [E:xmas]

4日目:(8月1日)

宿を9時半に出て帰途に就く。宿でこの近辺にいい見所はないですか と尋ねると、

近くのかんてんぱぱガーデンを紹介。アルプス山麓の自然を生かした広大な

ガーデン。レストラン、ショップ、催し物ホール、展示館などがある。地元の食品会社

が運営している。ここでゆっくり楽しんだ後、帰路につく。    さて、

Img_0115

今回の登山、今までで最も過酷で

リスクある難度の高い縦走登山で

あった。その次が赤岳の縦走登山、

何れも縦走である。力量不足で

あったが、しかし、何れも、幸いにも

全日好天に恵まれたことが無事に

登攀できた一番の理由であろう。

山の天気は変わり易いが、午後

から急変するということも無く、とても幸運であった。しかしである、悪戦苦闘中も、

山荘でも老婆(ラオポ)が、もう来年の登山の話をする。次なるターゲットは「穂高」

という。小生、まだ敵を知らないから「未定」である。

余談であるが、小生の手指の皮膚病、この4日間で劇的に改善した。何故だろう[E:confident]

 *関連ブログ   2012.8.3    赤岳

posted by tennismouse at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

木曽駒ヶ岳・空木岳1

2日目:

山の朝は早い。早寝早起き。4時には人は動き出し、ユックリ寝てはいられない。

朝食は5時半から。ご来光は4時50分頃。山荘を出てご来光を見に行く。山頂故に

肌寒い。快晴で期待できる。4時54分頃に陽が上がってきた。久し振りのご来光[E:sun]

Img_0049

Img_0053 

眩しいオレンジ色の光、周りの雲もオレンジ色に染色し美しい。天狗荘横にて。

朝食を終え、6時20分山荘を出発。今日の行程は駒ヶ岳〜空木岳への稜線(尾根)

移動走破。後刻、老婆(ラオポ)が発した言葉「知らぬが仏」。これから過酷で、困難で、

危険な悪戦苦闘の数時間が待ち構えていたのである。小生達の身に。

小生達は未だ登山初歩のレベル、事前に地図、本で下調べをして決行であるが、

今回、事前にネット情報は調べていない。現実の登山道の困窮レベルは情報把握

不足。宝剣山荘を出て極楽平に向かう。最初の難所である。大きな岩石が行く手を

Img_0054

Img_0056_2 

                            宝剣岳難所を登り、下る

Img_0057_2

Img_0058_3 

阻む。クサリ場、ロープ、梯子があり、スリリング。滑落事故が多い処である。

大きな岩を越えるには老婆は小生のお荷物。自力では越えられず手を差し伸べ、

引っ張り上げる。やっとのことで極楽平へ。誰が名付けたか極楽平。地獄のような

難所を通過して辿り着いた処から極楽平か[E:sign02]朝まだ早く、快晴で視界は良好[E:sign01]

Img_0055

Img_0064

                      御嶽山 と 富士山 

御嶽山、富士山、甲斐駒ケ岳などアルプスの多くの山々が見える[E:eye] 何度も説明を

受けるも特徴ある山以外の判別が難しい。暫しの息抜き。さて、このような難所、滑落

Img_0066_2

Img_0067_2

                          極楽平にて

危険ある難所が、山荘から宝剣岳、極楽平、濁沢大峰、檜尾岳、熊沢岳まで約8

時間余続くのだ。引くに引けぬ状態。行くも難所、戻るも難所。昼前頃であったろう

Img_0070

Img_0071_2 

Img_0072か1人の対向者と出会い、親切にアドバイス

してくれた。この先も大変な難所、木曽殿

山荘4時着は無理でしょう、山荘に事前に

電話した方がいいでしょうと言う。頭上には

救難ヘリが何度も舞って来る。遭難者[E:sign02]

この縦走、尾根越え道、多くの巨岩を縫って

は乗り越えていく。1人の年配者は檜尾岳

      ↑ チシマギキョウ        から下山を決断、徐々に登山者が減っていく。

小生とは10歳以上若いであろう1組の夫婦のみとなった。追い付いたり追い越したり。

難所に難所続き、だからこの難所岩場の写真を撮る心の余裕がない。15時過ぎ、

Img_0073

Img_0075

             稜線(尾根)越え                     檜尾岳

山荘に電話を掛けるも繋がらず。1組の夫婦も繋がらないと言う。名前を交換し、

繋がればお互いに連絡しておきましょうと。5回目に無事繋がりお互いの予想到着

Img_0078

Img_0079

Img_0080

Img_0081     

Img_0082

Img_0083

          疲れを癒してくれる高山植物群              ↑ キバナシャクナゲ

時刻を告げた。「人の一生は重き荷物を背負いて遠き道を行くが如し」ではないが、

「登山者は重き荷物を背負いて危険難所を行くが如し」の心境である。帰りたいが

帰れない、どこまで来たのであろうかとスマホを取り出しGPSで調べ、もう少しだと

Img_0084

Img_0085

           熊沢岳

奮起。ドコモの携帯、高山であるが電波状態は良好。ただ、場所によってはGPSの

精度が低下し使えず。熊沢岳を越えると少し難所が減ってきた。同時に高山植物が

増え、癒し効果である。そして低い茂みの登山道を歩いているとガイドをしてくれる

Img_0086

Img_0087

        バード・ガイド(イワヒバリ)            東川岳(トテモ クタビレマシタ)

鳥[E:chick]が現れた。スズメの2〜3倍大。3〜4m先を1分近く案内後、茂みに消えた。

「ガンバレあと少しだ[E:sign01]」と。白馬岳登山を思い出した。今回と全く同様、ライチョウ

が案内してくれたことを。そして、その時も今回と同様、山荘近くで案内されたもの。

17時過ぎ、眼下に木曽殿山荘が見え、安堵の気持ち。と同時に眼前には、

明日登る空木岳がそびえる。多くの岩石で覆われ、急峻な形状の

Img_0088

Img_0089_2

                  空木岳 と 小さな木曽殿山荘

空木岳、登攀できる自信が失せて来た。予定より2時間遅れの17時20分、最終

登山者が入宿。みんな食事を終えようとしている。17時過ぎに入宿した1組を除き。

小生、手の甲が、特に左手甲が膨れて握り難い。気圧の関係であろうか。夕食後、

山荘の年配女将に聞いてみた。空木岳を登らずに下山する道は無いかと。

「ありません[E:sign03]」気が滅入って来た。しかし、今日のコースに比べれば難度は低いと

言う。大腿筋がパンパンで右足親指の豆も破れた。冷えの悪い缶ビールを飲み、二人

で疲労困憊の夕食である。しかし、満足感、達成感、充実感がこみ上げる。よくぞ

頑張ったものだと。それにしても、老婆の頑張りには恐れ入った。今日の投宿者は

30名余。見るからに熟練山男が多い様に見える。20時消灯、おやすみ[E:night] 

*参照ブログ  http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/tozan/?p=5872

*関連ブログ   2010.8.1   白馬岳

posted by tennismouse at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

木曽駒ヶ岳・空木岳

1日目:

2014年夏山登山、今年目指す100名山の2山は中央アルプスの木曽駒ケ岳

空木岳。山小屋2泊の3泊4日の縦走コース。タイムテーブルは以下の通り。

Photo 木曽駒ケ岳は標高2956mと高い。その300m下は千畳敷カールと言い、 この

一角は高山植物のお花畑。それ故に2週間ほど前に新聞の旅広告に載った。

大阪からバスで涼しい千畳敷カール、お花畑を観る日帰りコースの旅とある。

1000mの高低差をロープウェイに乗り7分余で到着。事前情報では観光地化した

Img_0014

Img_0018

故に最盛シーズンになると待ち時間が2〜3時間になるという。事前に待ち時間を

問い合わせた。その日は1時間位であろうと言う。タイムテーブルを修正。

そしていざ出発。4時起きして大津の我が家を4:20に出る。彦根で少し草臥れた

老婆(ラオポ)を拾い、彦根ICから駒ケ根ICを目指す。インターを出て10分余で3泊目

の宿に到着。この駐車場で登山準備をし、歩いて10分余の菅の台バス停に向かう。

平日であるも結構、お客がいる。ロープウェイ乗り場のしらび平まで30分乗車。

着いたロープウェイの待ち時間は30分余。千畳敷カールに予定より早く到着。

ここで持参した登山計画書を投函。12時近くであり、ロープウェイを降りた処で

多くの観光客が涼しい中の昼食タイム[E:riceball] 小生達は本格的登山の装いであるが、

Img_0019_2

Img_0021_7

             駒ヶ岳神社                     クロユリ

Img_0022

Img_0024

観光客は軽装の運動靴やサンダルにローヒール客も。

昼食を終え、予定より早く駒ケ岳を目指す。お花畑を過ぎると道は険しい岩石道。

Img_0025

Img_0026

          千畳敷駅

Img_0027

 Img_0028

                登山道                     宝剣山荘と天狗荘

乗越浄土を過ぎて1泊目の宿の宝剣山荘に到着。ここで荷物を預け、軽装で往復

2時間余の駒ケ岳山頂を目指す。こうして頂上へ。頂上の駒ケ岳神社でも安全祈願。

Img_0034

Img_0035

頂上で絶景かな[E:sign01]と言いたいところだが時間は午後2時を過ぎ、辺りはガスが発生

し、誠に残念の視界不良。頂上木曽小屋を通り宝剣山荘に戻る。今日の宿泊客は

Img_0040_2

Img_0042

                       木曽駒ヶ岳山頂

60人 前後。多くが小生のような年配者である。小生の泊まる小部屋は6人の満室。

同部屋2組は山登りのベテラン、1組は50年余のキャリアの持ち主。いろいろ談義

の情報入手。今日は予定通り進行、途中、難所、危険な岩石道もあったが平穏無事。

山小屋の消灯は早く、床につくも通常より早すぎて眠れず。

posted by tennismouse at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

甲斐駒ケ岳2

昨日、転倒した際に打撲し、腰に湿布をしたが、やはり痛みは増した。しかし、外観上

に変化は見られず、大した事は無さそうで安心した。昨日、既に決めていたことである

が、本日の仙丈ヶ岳登山は中止である。理由は気象条件である。雨の予報であり、

山頂を目指しても視界はガスで遮られ、雨で登山の事故リスクも高くなるから。

再度出直し、両山を目指すことにした。昨夜の夕食時、全員の前で山荘の管理人が

登山のマナーとアドバイスをした。ストックはこの山では要らないだろうと。岩石道が

多いからか[E:sign02]どうしても用いるのであれば先端にゴムキャップを付けて欲しいと言う。

後の世代に美しい登山道を引き継ぐ為にも。ストック使用で登山道が荒れるという。

最近の登山者を観ていると何時事故が起きてもおかしくないような状態、無謀な

登山客が目立つという。ガスが発生していれば、ヘリ救助は出来ないという。そして、

駒ケ岳ルートは遅くとも10時には駒津峰を通過、それを過ぎると下山引き返した方

が良いという。今回は駒津峰通過は12:00であり、2時間遅い。逆算し、余裕時間

1時間を加算すると4時スタートとなる。食事の大広間には大きな液晶テレビがあり、

Dsc01726 Dsc01728

衛星TVで気象情報が3時間刻みで表示されている。予報状況から、明日も雨の

天気予報である。だから明日は登山を勧められないという。登山する方もいるだろう

が、最後の生死は体力=技術であるという。雨が降ればウェアの耐水性能にも限界

があり、後は当人の体力次第と言う。壁には山登り10訓が掲示されている。

その一部内容である。

@命の道しるべ登山計画書は家族に託すメッセージ
A登りたい山より登れる山 自分に見合った山選び
B体力・装備・知識の総合力で頂きめざす 登る前から体調管理
C山のマナーは命のマナー 挨拶交わし情報交換
D年齢考え控えめ登山 過去の体力過去のもの
Eヘルメット 命を守る必需品 頭部の事故が命取り
F山の天気は生死を分ける 天気予報は遭難予報
G山頂は通過点、下山道こそ細心注意[E:weep]

山小屋の消灯は8時である。全員が眠りにつく。今日の部屋の利用率は6〜7割。

そうして早い人、多くの人はまだ暗い4時前後に活動を始める。だから目が覚めて、

寝ていられない。朝食は前日に弁当の形で配られている。味噌汁鍋は用意されて

おり、朝食の後、各自が登山に出掛ける。殆どの人が登山に出掛けた。小生は

ユックリである。7:20発のバスで帰る予定である。今回の登山、登山地図によると

駒ケ岳ルートの所要時間430分。仙丈ケ岳ルートは410分とある。100名山の本

(コースタイム設定 : 40〜50歳の経験者、2〜5名のパーティ、夏山晴天、山小屋利用が前提)

では、440分と400分とある。食事中の情報交換によると仙丈ケ岳ルートは時間

通り、時間内に登攀、帰還が可能であるが、駒ケ岳ルートはこの時間内にはとても

収まりそうにない。+αの時間が必要である。この地図情報を参考に今まで登山を

してきたが、今回は全く参考にならなかった。この山小屋で事前に情報交換、相談を

していれば、急遽、仙丈ケ岳ルートに変更していたであろう。夏山登山は余裕を持ち、

薄暗い早朝に発つのが大切である。教訓。この5年、計画通り、毎年2つの100名山

を登頂してきたが、今年は登頂断念と言う結果になってしまった[E:think] 9時前に仙流荘

の駐車場を後にして、雨降る伊那市の道の駅に寄り、ゆっくりと帰途についた。

自宅に17:30着。         *総走行距離613km。ETC高速代6050円也

posted by tennismouse at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする