2017年02月17日

威嚇と共存

人間社会のあちこちで日々抗争が起きている。人間の醜い争いが、権力闘争

が水面下で起きている。近隣の彼の大国がその闘争規模では最大であろう。

大なり小なりの権力闘争、これが人間社会の普遍的姿である。

経済的に豊かになった彼の大国は、隙は無いかと覗い、日本に挑発を繰り返す。

争いは必ず起きる。如何に無用な争いを避け、衝突を避け、丸く収め平穏に

するかは人間の知恵である。

動物には人間様のような高度な知恵が無いから、弱肉強食の世界。力の強い

ものが勝ち、生き残る。彼らの最大の目的は日々の生きる糧の食料の獲得、

それに子孫繁栄。これらのために激しい争いが起きる。

一昨日、我が眼前でその争いが起きた。それは鳥類の社会である。
DSC_0360.JPG DSC_0369.JPG
      実を食べる           3年目の若木
我が家圏内を縄張りとするヒヨドリが怒った。その怒る姿を初めて観た。

低い姿勢で身体を、羽根を逆立て、羽根を時折震わせている。威嚇の姿勢

である。威嚇相手は鳩、平和の鳩。ヒヨドリより二回り以上、身体が大きい。

お忍びでその2羽の様子を少し観察した。鳩が縄張り内に飛来侵犯、鳩と

ヒヨドリがニアミスの異常接近、2羽の距離数十センチ。鳩は身じろぎも
DSC_0365.JPG DSC_0366.JPG
      睨み合い             威嚇姿勢
せずジッと不動の姿勢。ヒヨドリ、身体を膨らませ、時折羽根を小さく振る

わせて威嚇姿勢の睨み合い。約2分近くの睨み合い。そして遂に、ヒヨドリ

が鳩に襲いかかった。鳩は逃げた。しかし、暫くして鳩は圏内に戻って来た。

そして鳩はヒヨドリ圏内を平然と歩き回り、再び食料を漁る。ヒヨドリを無視

して。勝負有りで、傍らでヒヨドリは威嚇姿勢で静観、鳩の放逐を諦めたよう

だ。ヒヨドリは眺めているしかない。しかし、どうやらお互いの食べる物が

異なるようだ。鳩は柚子の実を食べない。しかし、ヒヨドリが食べ残した柚子

の多くの種を食べ、無くなっている。

柚子の樹は熟した実を落果させる。小生はその柚子の実を拾い、二分、地面上

に、バードフィーダー上に置く。ヒヨドリは、その実を、袋を綺麗に食べ、種
DSC_0349.JPG DSC_0351.JPG
と外皮は残す。その残った種は鳩が食べ、外皮は小生が燃えるゴミで処分する。

立派に人と鳥の分業、役割分担が出来上がっている。

柚子の樹と人間と鳥の「柚子の実 共益サイクル」の完成である。来年の豊かな

恵みを願い、柚子の樹に寒肥を施肥。鳥さんが我の糞では足りませんと言う。

オッとどっこい、鳥の腸内を通過した種は、新たな柚子の若木を育んだ。
posted by tennismouse at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

飛来訪者

冬になると餌が少なくなる。野生動物は。先日もウォーキングしていたら

柿の木に沢山の野鳥が群れている。その下の地面上には沢山の種が落ちて

いる。この時期になると決まって我が家に野鳥が飛来する。毎年訪れる。

昨年と同じヒヨドリが来ているようだ。だから冬になると餌付けをしている。

落果した柚子の実を半分に切り、地面に置いておく。バードフィーダーなる

DSC_0337.JPG DSC_0339.JPG
ものを山椒の樹の枝にぶら下げ、古くなったネーブル等を半分に切り、置い

ておく。一番良く訪れるのがヒヨドリ。一昨年から、最近では我が家が縄張

圏内だというように頻繁に訪れ、滞在し、ゆっくりと羽根を休める。

その縄張りに今日はモズが飛来したが、このヒヨドリに追っ払られたようだ。

勿論、雀も訪れる。柚子には関心が無いようだ。そして、時折しか来ないが、

団体でにぎやかに訪れるのが目白。彼らはせわしない。ゆっくりはしていない。
DSC_0344.JPG DSC_0342.JPG
                隠密休憩                                           モ ズ

柚子の枝を止まり木にして飛び回り、置き餌の果実をつつく。これらの様子

をリビングから眺める。我が家のガラス、ほんの少し緑色。このガラス、外か

らは内部が見えにくいガラスと言うことで採用したもの。我がリビングから

柚子の木までは約4m前後。見えないと言っても敏感な野鳥、室内の変化の

様子は、人影の動きは鋭く察知するから、屋内といえどもスロー動作で行動

しなければならない。ある年には、我が庭の生け垣でホオジロが営巣し、

3匹の雛も生まれた。この辺り周辺は自然、木々も多く野鳥も多い。また、

ヒヨドリがやってきた。我が家の主だ。

関連記事  2015.2.18 「柚子リターン」 他

*スマホ注意:画像容量大きいため、クリック拡大すると通信量が増えます。
posted by tennismouse at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

ストレス列島

小生の住処は大規模住宅街の一角にある。その宅地造成地は30年以上前に造成

されたもの、地盤基礎はしっかりしている。しかし、3ヶ月ほど前に100m程離れた

処に新たな造成地が作られ、その造成工事を終えた。山肌の傾斜地であり、平面

に仕上げて大きく嵩上げされた住宅地となった。1ヶ月ほど前から早くも1〜2軒の

住宅建設が始まっている。しかし、この新造成地、まだ地盤が軟弱であり、長い

基礎杭を打たないと地盤はしっかりしないだろう。が、そのような気配はない。

砂上の楼閣のように思えてならない。

今日は東日本大震災から丁度3年半、新聞紙上では災害関連記事が載っている。

21世紀に入り、地震、ハリケーンなどの巨大災害が世界で多発していると言う。

Photo

東日本大震災は過去30年で世界

最悪の被害額という。その額17兆

(2100億ドル)。世界の被害総額

は80年代に1850億ドル、2000

年代は8900億ドル、2010年代

は4年間で既に7700億ドルで

増加の一途という。温暖化が

進むとスーパー台風や集中豪雨

が増えると予想されている。

都市東京の災害リスクは世界で最

も高い。国内55、世界45の都市に

ついて地震の揺れ、津波、高潮、洪水、土砂災害の危険度を調査したところ、総合

評価で東京は、ニューヨーク、ロンドン、北京などに比し、10倍から数十倍で最悪と

言う。東京に次いで危険なのは大阪。断層が縦走しており、地盤は軟弱で台地が

少なく、面積当たりの危険度は東京の2倍と言う。しかし、その東京の地価は世界

で5位前後のようだ。世界の主要都市では、大地震が発生する太平洋沿岸や水害

が多いアジアで危険度が高く、欧州は低いという。

Google Earth ↓ で地球を俯瞰してみると日本列島という住処は不安定な岩盤、

Photo_2海溝の崖の上に位置しているようだ。

海の水で隠されているが、この海水

をすべて排水して観れば・・・。

しかも大きな4つのプレートが

列島に圧力を加えており、地殻

変動次第では将来日本列島が

沈没してしまうのではと思ってしまう。日本、日本列島が世界中で最も不安定な

地形、地盤の上に安住しているのは確かだ。自然災害の多い日本列島、そこに

住む日本人、まるで巣を壊される度に巣を元通りに修復に懸命になって動く、働く

蟻のように思えてならない。昔から度重なる自然災害の受難と懸命の復旧作業の

繰り返しのようだ。だから、日本人はよく働くようになったのであろうかと・・・[E:confident] 

それにしても上下に左右、不気味に地面が良く揺れるワィ[E:shock]

posted by tennismouse at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

素人予報士

間もなく梅雨明けである、あと10日前後で。多くの梅雨明けは台風一過や集中豪雨

の大きな被害の爪痕後に明ける。皮肉にも。被害発生の翌日には何事もなかった

ような嘘のような快晴である。毎年、列島に被害をもたらせなければ梅雨明けは

来ない、有り得ないと思ってしまう。今回の台風8号も、これまでの多くの台風も

朝鮮半島に向かうコースを辿りながら、半島直前で急に向きを変え、日本列島沿い

のコースを進む。皮肉にも。丁度、ジェット気流に押し戻され、気流コースの外側

コースを緯度に沿って辿るからこのような進路になるのであろう。

3年前、石垣島、竹富島に往路、船で向かった。鹿児島の大隅半島を過ぎると大小

多くの小島が見えて来る。やがて大きな奄美大島が見えてきた。この大島や周辺の

小島を見渡すと必ずといっていいほど、その大小の島の上空には島影のように

大きな雲が浮かんでいた。湿気を多く含んだ空気が島の上空に来ると、島の上昇

気流により雲を生成させているようだ。列島上空には横断するように流れるジェット

気流が有る。台風の進路を妨げ、台風の進路に影響を与える高層のジェット気流、

この流れも日本列島の上昇気流の影響を受けているのであろうか。詳しく調べて

いないから何とも言えないが。逆に全く影響を受けてないのであろうか。

台風は低気圧の下降気流、高気圧は上昇気流。当然、朝鮮半島、大陸にも上昇

気流は発生している。もし日本列島を横断する、緯度に沿って蛇行して進むジェット

気流のコースに緯度がズレたら今度は台風は列島直前で右折して台風の本土上陸

は避けられ被害は軽減することになる。風の被害と同様、雨の被害も軽減する。

が、悲しいかなこの時期のジェット気流は多くが日本列島上空を一定の緯度を保って

横断、蛇行しているようだ。この結果、多くの台風は日本列島に沿って進行していく。

こう考えてみると、いつも観る南半球から観た日本列島は朝鮮半島前に横たわり、

横臥しており、台風の朝鮮半島への襲来を身体を張って防御していることになる。

以前にも書いたが、太平洋岸で起きる大津波、これまた半島への襲来を日本列島が

身体を張って防御している。自然現象とは言え、感謝の一つもあっていいものだ。

自然任せの現象とは言え。半島の人々は今の国民感情から察して、この自然が織り

なす現象をとても快く思っているのであろう。日本列島は身体を張って、台風、津波、

〇〇からも朝鮮半島を防衛している。セマウル号沈没事故のような醜態、国内混乱

が再び起きないようにと。

posted by tennismouse at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

おっかなビックリ1

今朝は早くから目覚めていたが7時前に起床。早速、巣の観察とカメラのファインダー

を覗く。20分近くして親鳥が来た。巣で3分余何かしている。その後も暫し観察。

すると3〜4羽居るではないか。親鳥が4羽[E:sign02] お互いの子育て協力、協調関係の

他の鳥[E:sign02]ではと。ビックリ、どうやら雛の巣立ちを迎えたようだ。3日前に巣を発見し、

この雛の様子からしてまだ10日くらい先かと考えていたが、4羽が巣から出て垣根

内の枝を渡り歩いている。小生の望遠レンズは200mm、庭が広くて[E:sign02]望遠が効か

ない、否、望遠レンズ[E:movie]の性能不足。今日はカメラオプションを買って、2〜3mの

近接撮影を試みようと思っていたが、間に合わなかったようだ。最近のカメラ、この

パーツを取り付けるとスマホ画面がカメラのファインダー液晶画面となり、シャッター

Dsc_0212

Dsc_0217_4

が切れる(1眼のシャッター音はするが)リモート撮影が可能とある。パソコンからは

出来ないようだ。この幼雛の成長は早く、既に巣から出て枝先で毛繕いか、羽ばたき

の練習か知らぬが盛んに動いている。そして身動き静止に入り、暫し隠密態勢。

昨日テニスに出掛ける時、頭上の高い電線上で地鳴きでチッチッ、チッチッと親鳥が

鳴いていた。一種の警戒声か。車に乗り込むと同時に急降下して地表から巣の方向

に向かった。テニスを終え、ネットで鳥の種類を調べた。ネット上には多くの詳しい

情報が沢山ある。写真は勿論、鳴き声、特徴を掲載。どうやら鳴き声、特徴行動から

してホオジロ[E:chick]のようだ。小生、顔も洗わず、一心不乱に1時間余ファインダーを

覗く。時折親鳥が表れる。垣根でまた動き出した。そうして、垣根から直ぐ隣にある

モッコクの木に次々と飛び移った。毛繕いか、羽ばたき動作か、動き、枝が揺れる。

その後また微動だにしない身動き静止の隠密態勢に入る。小生も注視態勢で疲れて

Dsc_0236

来たから顔を洗い、郵便受けの新聞を

取りに表に出る。そうして何時ものお決

まりの行動。暫し野菜畑や緑のネットを、

植木鉢の花の様子を観て回る。

するとどこからかチッチッ、チッチッと

親鳥の鳴き声が聞こえる。警戒態勢、

警戒態勢と知らせているようだ。

親鳥を余り刺激しないようにと朝食を摂ることにする。処で小鳥で思い出した。

小さい頃に庭でスズメを捕ろうと障子越しに引き糸を引っ張ったことを。丸い籠が

思った方向に倒れずスズメは逃げる。しかし、1〜2羽捕えたことも覚えている。

更に煉瓦4個を用い監視なしで自動捕獲することに何度か成功した。誰かの教えを

請いて。 小鳥は十姉妹、文鳥、美しい声で鳴く紅雀、カナリアなどを飼った経験が

ある。 さて、この小鳥の雛の成長の早さには驚いたが、少し離れたところには棒樫

Dsc_0237

の木もあり、この庭内の木々を飛び歩き

飛びの練習をして、今日にでも木々を渡り

飛び、隣の森へと移動するのであろう。

まだ体長は親鳥の半分以下である。今が

チャンスと枝に留まっている雛をカメラ

を持ち出し3.5m余から至近撮影[E:upwardleft]

4m余先にある右フェンス上には親鳥が

留まり警戒音を発する。親鳥にカメラ[E:camera]を向けた瞬間飛び去った。

尚、拙宅の庭の一角には2年前から小鳥の置物を置いている。この小鳥の置物も

ホオジロの営巣に少なからぬ影響を与えたのであろうか[E:sign03]愛鳥家と[E:confident]

posted by tennismouse at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

おっかなビックリ

今日は年2回行う垣根剪定の1回目の作業。小生の得意とする、好きな作業である。

切られる垣根はレッドロビン(紅カナメモチ)。珍しく今年は垣根下のブロック上、コンク

リート上にとても沢山の小さな糞が有る。以前から気付いていたことであるが、害虫が

いるようだ。側面を刈込み、上面を刈込み、刈り込んだ枝葉を集め掃除。刈り込む

のは良いが、後の掃除が大変である。害虫を捜すと毛虫。あるエリアには体長

70mm余の多くの毛虫。キンチョールで5〜6匹に噴射。再度、刈り込んでいく。

今年は何故多くの毛虫が発生したのだろう。初めてである。繁茂して風通しが悪いと

害虫が発生しやすくなるのも一因だろうが、何故今年だけ多く発生したのか。

上面150mm前後、両側面150〜200mm前後をカット。少し離れて側面ラインを

眺め、上面を眺める。凹凸の有無、側面ラインは綺麗に整っているかと。慣れたもの

で糸を張らずに綺麗に刈れている。小生、職業を、その道をどうも間違えたようだ[E:confident]

この垣根、端部はクランク状に植えてある。この部分の掃除、下部にはサツキを

植えており、足場も悪くやり難い。剪定作業のみであれば1時間も有れば出来るが、

掃除が大変である。作業を終え、次は垣根の毛虫退治、キンチョール噴霧作業。

毛虫を捜し始めるとおっかなビックリ。何やら塊のようなものがある。よく見ると小鳥

Dsc_0194

Dsc_0196_2

の巣だ。中を覗くと4羽の雛がいる。濃い灰色の毛色、少し揺らすと大きく黄色い口

を一斉に開ける。即、毛虫退治を中止。何故このような処に営巣したのであろう。

拙宅から直線50m余には大自然の小山が、大きな森があると言うのに。

察するに恐らく、住人、分かり易く言えば小生という人物を信頼した結果であろう[E:think]

この前のガーデナー講座1の話を思い出した。毛虫は格好の小鳥の餌と聞いたが、

この垣根に居る毛虫、餌がいっぱいの垣根に営巣(家)したようだ。宅地内に果樹を、

野菜を植えて食する人間様とは反対に、食となる毛虫いっぱいの垣根中に巣(家)を

作った。この巣の位置、郵便受けから約1.5m、人が通る表通りから1.2m、地上

1.2mの位置にある。表通りは結構人が、車が通る。庭内も小生がよくウロツク。

人目の死角、小生の知らぬ間に営巣し、雛まで誕生させている。巣の近くには適当に

人が表れるから天敵のヘビが襲う心配もない、餌は周りに、近くに豊富にあるから。

この大量発生した毛虫、ヒョっとしてこの小鳥が毛虫を大量に飼っているのではなか

ろうかと思えてくる。拙宅のミニ菜園の一角には柚子の木があるが、柑橘類の木には

多くの蝶が飛来して卵を産み付ける。やがて幼虫となる。格好の鳥の餌である。

が、この柚子木にいる幼虫、小生が見つけてキンチョール噴霧。小鳥の餌となって

いるのだろうか。幼虫は保護色、木には鋭い棘がある由。剪定を終えた後、営巣に

気付いたから、巣の周りの枝葉は少なくなった。切った小枝を巣の天面に置いて雨を、

直射光を遮ってやった。環境が変わり、人目の知る処となったこの危険な巣に親鳥は

再び戻ってくるのであろうか。暫し注意深く観察しよう。そう言えば、近くの高い電線上

Dsc_0198

Dsc_0199

で小鳥の鳴き声、姿を、庭木に小鳥が来ているのをよく見かけたものだ。どうやらその

小鳥のようだ。想起来吧[E:sign03]1年余前に、冬季の小鳥に餌をやろうとバードフィーダー

(餌台)を買っておいた。一度も使ったことがないが、近くの樹に吊るしてパンの屑でも

与えてやろう。更に水場も用意してやろう。即実行。無事に巣立ち出来ますようにと。

この小鳥のつがい、4羽の子供を養育、少子高齢化の人間さまとは異なるようだ。[E:think]

暫し屋内から巣を観察、スズメのような親鳥2羽が戻り、3分後に巣を離れた。安堵[E:sign01]

posted by tennismouse at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

大震災後3年

本題前の蛇足、余談であるが、ホワイトボードにマグネット固定しているガソリン

給油の領収書が目に留まった。最近給油していない。なんと前回給油したのは

昨年末の30日。今年は未だ1回も給油していない。車の利用が少ないと言う事。

小生の活動は停滞している。昨年1年間の給油回数を観てみると9回の給油。

多用する時は月1回の給油ペース、この冬季の小生の活動が停滞している。

ハイブリッドだから燃費も良いが。なるべく車を用いないようにしているが、

小生のような者にはタウンカー[E:car]レベルで十分であるのだが。    本題へ、

新聞、テレビ報道では大震災から3年目を迎え、その関連記事、内容が多い。

震災地の復興計画の住宅建設、防潮堤工事の進捗が捗らないと。街の再建計画

そのものの見直しも議論されている。時間経過と共に計画に齟齬が発生。

急いで復興工事をするも計画と現実にギャップが生まれる。が、多くは計画修正は

不可能だと言う。高台化、かさ上げした新たな広い造成地を造るも計画通りに土地

が売れないという。資金難、高齢化、立地条件、転出などで空き地が多いという。

日本の少子高齢化が進行しているが、被災地ではその影響が端的に、早く表面化

しているという。その減少する住民にDsc_0128

合わせたコンパクトな街づくりが好評

のようだ。住む人口に合わせて学校、

スーパー、銀行や役所等が小さな範囲

にコンパクトにまとまった街、利便性、

コミユニティを重視した小さいながらも

最小限揃えた街である。防潮堤建設では高い防潮堤も安心でいいが、まるで

要塞壁のように映り、海は見えず、殺風景と不評でもある。

震災後に何を言っても駄目であるが、今後発生が予想される南海地震、首都圏

直下地震の発生の状況、リアルなシュミレーション動画で警鐘している。現代で

は”京”に代表されるスパコンの発達でまるで現実世界のようなシュミレーションの

作成が可能である。だから今回の東日本大震災予想もやろうと思えばシュミレー

Dsc_0126ションは可能であった。古い過去の

巨大地震の貴重な記録、痕跡も

残っているから。が、大地震発生前

にはこの種の地震、この三陸沖地震

の津波発生状況のシュミレーション

画像を見たことはなかった。

異常気象、集中豪雨、地震などの天災事象の発生情報、警報などの管轄は気象庁

であるが、地震シュミレーション画像情報の出所はどこかは知らぬが、後になって

盛んに注意喚起、啓蒙のために地震シュミレーション画像を流している。残念で

ならない。もっと以前から周期的に今のような啓蒙、啓発活動は出来ていたと思う

もの。 しかし反面、実際にそのシュミレーションを見てもその受け取り方は人様々

である。実際に身体でもって大被害に会った経験があれば人は誰しも目が覚める

だろうが、体験していなければ惰眠状態のまま、映画を観ているように他人事の

ように思うだけに終わるかも知れない。が、しかし、津波被害のリアルなシュミレー

ション予測動画を見れば、何らかの新たな行動を起こしていたかもしれないと思う

もの。例えば沿岸の原子力発電所、このような大津波は想定していないと見直し

チェック、対策を施したかもしれないと思うもの。 発電所の地震断層、地盤を

重視し、大津波を軽視、想定外扱いと思えてしまい、発電所事故は人災となる。

今回の1000年に1度とも言われる大津波、貴重な画像としてしっかりと記録され、

今後の教訓として啓蒙、注意喚起等に生かされていくだろうが、この不意打ちの

天災は皮肉にもいつも世代を超えて忘れた頃にやって来る。 紙上の日本災害史

によると最も古い震災記録は古墳時代の599年と日本書紀にあり、今回の東日本

大震災M9.0と同域震源地地震でM8以上は869、1611、1896、1933年の

過去4回発生。1,000人(869年)〜22,000人(1896年)の津波による犠牲者

が出ている。同じことが繰り返されている。天災規模が同じであっても文明の発達

と共にその被害規模は大きくなる[E:weep]

続きを読む
posted by tennismouse at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・地球環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする