2017年06月19日

レイクスターズとボラ

朝からJR大津駅に出向いた。園芸ボランティア作業で。駅前花壇に花苗の

植え付けである。今日は賑やか。セレモニーがあるという。先日の16日の

金曜日に行われたと思っていたが、今日という。勘違い。多くの人だが、

その殆どは今日のセレモニーに関係するレイクスターズ選手とその関係者、

我々園芸ボラ、協会、JR職員である。そして、プロバスケットチームの
DSC02392.JPG DSC02397.JPG
滋賀レイクスターズと大津市公園緑地協会の間でコミユニティパートナー

協定の調印式がJR大津駅前を会場に行われた。我々ボランティアは緑地

協会傘下でボランティア作業をしているが、その協会がレイクスターズの

パートナーの一員となる。調印式には、ロンドン五輪に出場した草津市出身

の女子棒高跳びの我孫子選手も出席、現在、レイクスターズに所属している。

既に実に沢山のパートナー、サポート企業、団体が支援を行なっている。
DSC02388.JPG DSC02389.JPG
協会は皇子山一帯の競技場、野球場、体育館等のスポーツ施設を運営、管理

をしている。その他市内のスポーツ施設も含む。体育館はレイクスターズの

仕事場だ。滋賀BBCなど報道関係者も来ている。協会はレイクスターズを

応援し、お互いに自らの活動を盛り上げようというもの。協定セレモニー後、

レイクスターズの2人の選手が、我々と一緒にボランティア作業を行った。

1人は滋賀県出身でキャプテンの横江選手、もう1人は、セネガル出身の

ファイサンバ選手、彼は日本国籍をとり、大津市に在住という。
DSC02398.JPG DSC02405.JPG
         選手もハンギング作り

セレモニー後、ボランティアメンバーは2班に分かれる。花壇植栽チームと

大津駅前のクリーンアップ活動チーム。大津駅から湖岸までのメイン通りで

ある京町通り左右両側通りのゴミ拾いを15名余で行った。

DSC02400.JPG小生は花壇作業は任せて、クリーンアップ

活動に選手と共に行動。今日は当園芸ボラ

ンティアから26名と多くの参加者、緑地

協会からも、JR職員も加わり、駅前花壇

に花苗を植え、ハンギングバスケットを造り、

ハンギングする。小生、バスケットは余り興味が無かったが、一緒にボラン

ティア作業をすると親近感を覚え、少し応援しようかな、レイクスターズを。
DSC02404.JPG DSC02401.JPG
                        今日は背丈が大きく縮んだ!!

今日参加した2選手のプレーを注目するとするか。

こうして多くの参加者により、約2時間余で今日のボランティア作業を終える。

posted by tennismouse at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

17年度前期研修会

市の緑地協会が主催する前期ハートフル研修会に参加した。今回はバスを利用。

5つの園芸ボランティアグループから総勢約60名余が参加。参加者の多くは

女性で小生を前後とする年代の年輩者が多数。市の公共施設等のガーデン管理、

園芸行事に協力しているボランティアグループ。少しの参加会費を徴収するも

日頃の協会へのご協力有り難う、という意味の慰労会を兼ねた研修会である。

行き先は名古屋地方。訪れる先は、名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルー

ボネット、東山動植物園、三貴フラワーセンターの3箇所。新名神高速を走行、

途中、土山ICを過ぎてから渋滞が始まる。この高速集中工事による影響で予定

が50分余遅れ、最初の訪問先は名古屋港の一端にあるフラワーガーデン。
DSC02369.JPG DSC02370.JPG
港内を埋め立てて造られた人口島で近くの発電所から温水を引水している。余り

大きくはないが種々の花々が咲いている。園芸好きの集まり、花名に注目するが、
ボネット.jpg

流石に誰かが花名を知っている。この前まで我が

家で咲いていたネモフィラを見付けた。このよう

な広いガーデンに咲く多くの花を観ていると、

我が庭にも植えたいなと思う花がいっぱい。

それを叶うには自らが広い土地を、庭を持つしかなく、叶わぬ願いだ。

1時間近く散策して次なる目的地の東山動植物園へ。

植物園も併設されている広い園内、見学時間は2時間。先ずここで全員が昼食。

ゆっくり回るには本来1日コースである。気の向くままに園内を観て回る。

このような動物園と植物園が併設された動植物園は珍しい。だからか、この園
sai.jpg あしか.jpg
の15年度の年間入場者数は258万人で旭山動物園を抜き上野動物園に次ぎ

2位。我ら年輩者団体、行動範囲は狭く、広い園内の一部を観て回る。アザラ

シが、ペンギンが砲弾型の身体を機敏に水中を動き回る。余計なることを連想。

次は三貴フラワーセンター、ここの滞在時間は30分。県内にあるホームセン

ターを大きくした大規模店。小生、ここで一番安価な金魚を買い入れる予定。

水槽のメダカを屋外に移したその代役を金魚に。県内のホームセンター、金魚は

価格変動が激しく販売停止となっているから。標示はないが、ここでもやはり

販売停止。病気が発生しているからと言う。こうして少し慌ただしい見学であっ

たが研修行事を終える。今回の研修、ガーデン観賞で庭園造りの「アイデア」

「工夫」「伝統的技法」のヒントを学ぶという趣旨の意味合いも有り、また、

ボランティアメンバー間の親睦を図ると共に、日頃の協力活動の慰労でもある。

車中では女性陣は良く口腔内に食べ物を放り込む。小生にも3方からお裾分け。

小生のお隣の丸型同級生、口角を動かし、お菓子をほおばり、水分を補給し、

バスの揺り籠で眠る。だから砲弾型が促進されると余計なお節介。

このような体型を観ていると水中で暮らすべきではないのかと思ってしまう。

先程のアザラシのように。新名神、名古屋、名神の左回り経路で予定より1時

間遅れて18時半に無事帰着。今回、久し振りに同じ歳のYさんと再会。

セイフティーステッキを携えて参加。癌を患っており、ステージ4のBと言う。

難しい癌で余命1年と言っていたが、しかし、表情は明るく楽しんでいた。

小生もそのようなリスク年齢域に入って来た。宣告は下るだろう、いつかは。

*カメラ撮影失敗。途中からカメラ設定ダイヤルがズレ、多くが動画撮影に。
posted by tennismouse at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

クラブのボランティア

朝早く我が家を出て、体育館に向かう。毎朝の朝食時刻には既に体育館に着い

ていなければならない。早起きした。毎年この時期に行われる野洲市民の

新体力テストのスタッフボランティア。所属するテニスクラブからの応援ボラ

ンティア。去年の我が担当は骨密度測定。今年は握力測定。体育館内は寒い

から厚着で出掛ける。年齢によって異なるが、全部で14種目の体力測定が

ある。去年は小生も多くを試したが、今年は眺めるのみ。我が目視推測では

この測定に150〜200名余の市民が参加したのでは無かろうかと。

年輩者が多いようだ。握力測定をやってみた。35〜40kgで当然ながら

劣化している。中には、72歳の男性が50kg代で、それでも落ちたと嘆

いていた。突如、小生、準備運動もせずに50m走に挑戦した。走り難いが、

下は長下着、トレーニングウェアの3枚を穿いて走った。小生は50年前は

短距離選手、50代のスポーツ推進委員の女性と競争した。結果は0.2m

差で負けた。悔し〜ぃ。彼女の旦那がテニスでいつも発する言葉、悔し〜ぃ、

である。我がタイムは9.40、彼女は9.36秒。半年前から左膝が屈曲

すると痛いが、50m全力でよく走ったものだ。ゴール前では足の運びが付い

て来ず、倒れる寸前でゴール。走る事前準備を整えれば8秒台で走れるだろう。

因みにこの記録、10歳男子の平均値。50m走は6歳〜19歳が対象の種目。
DSC02260.JPG DSC02261.JPG
いつも感じることだが、この体力測定、実施時期をあと1ヶ月遅らせれば、

測定条件が良くなるだろうと思うもの。この時期の体育館内は寒い。

立ち幅跳び、反復横跳び、急歩など筋肉を使う測定は寒いから準備運動が

必要だが、みんな準備運動せずに取りかかっている。

会場の、器具の準備から始めて、測定を終え、器具の、会場の後片付けをして

12時前に無事終了。無理して頑張ったが2〜3日後には我が足も痛くなるで

あろう。体育館を出て、外食に向かう。午後からはテニスへ。能登川テニスに

向かおうとしたが、野洲のテニスに向かった。能登川テニスは明日にすると

しようと。初めてのこの土曜日のグループ練習への参加、興味もあって参加。

直前にテニスメンバーから同練習情報を聞いて、2つの練習グループから

レベルの低い、基礎練習の多いグループの練習コートに参加することにした。

このグループ練習に80歳くらいと思われる年輩者がいた。互いのボレーボレー

練習をしたが、的確なプレーで上手だ。殆どスィートスポットにボールが当たっ

ているという。体力の衰えを技能でカバー出来るが、小生は未だに体力に、脚力

に頼っている、技能が未熟だから。この年輩者、練習を途中で切り上げたようだ。

テニスで適当に運動をし、若者とボールを通して交流を楽しんでもいるようだ。
posted by tennismouse at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

2016秋の花フェスタ

園芸のボランティアクラブ活動の一つである行事に参加してきた。毎年二回、春と秋に開催

される大津花フェスタ、昨日と今日の2日間、湖岸沿いのなぎさ公園で開催されている。

小生、今年は全日ならぬ午前中の半日ボランティアに参加。開園1時間前の9時集合。

お揃いの薄グリーンの緑化サポーターと書いたジャージを着て役員をアピールする。

ボランティアというより自らも大いに楽しむ年間行事である。市内の5つの園芸ボランティア

グループが協力している。この2日間で、延べ66名が参加協力している。その多くが

Dsc02222

Dsc02223

年輩女性である。全員集合したところで、市の公園緑地協会のお礼の挨拶、打ち合わせ

の後、先ず全員で花苗100個をビニール袋に入れる。来場者の先着順に配るもの。

このお祭りの小生の役割担当は何故か何時も射的ゲームの補助。100円で3回の射的

チャンスがある。お客さんは高校生から1〜2歳迄と幅広い。お目当ての景品をゲットしよう

と2.5m先の的である景品に的を絞る。なかなか希望する景品には当たらない。しかし、

多くの景品が並んでおり、多くが何れかに当たる。人間、狩猟本能ではないが射撃、射的

Dsc02225

Dsc02226

に興味をかき立てられるようだ。3回のチャンスを活かそうと、欲しい景品をゲットしようと、

真剣だ。お客の多くが親同伴の小さな子ども、観ているだけで楽しい。時に親も必死だ。

潮の満ち引きではないが、時に一気に押し寄せる子どものお客さんの応対に担当の3人

は忙しい。こうして忙しく2時間楽しんだ。午前でお役は御免。昼食弁当を戴き、その後、

場内を観て回る。昨日は天気も良く約5000名の入場者と発表していた。

小生も一般客として、小さな多くの園芸露店のお店を巡る。何か珍しい、植物、野草は

ないかと捜す。しかし、まだまだ多くの植物名が解らず、未熟だ。一昨年には野草の

ヤマブキソウ、ゴムの木を買い入れた。ゴムの木は大きく育ち、ヤマブキソウも年2回、

黄色い可憐な小さな花が咲く。今年はメダカに花苗のりんどう、ビオラ、アリッサムを購入。

ステージ上では女子高生によるブラスバンド演奏でなかなか賑やかだ。いろいろな楽しい

プログラム、企画が用意され、幅広い年齢層のお客で場内は華やいだ雰囲気である。

posted by tennismouse at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

9月末日

今日は長月の最終日、明日から神無月に変わる、その月末の我が一日の出来事。

朝一から余計なことをした。WiFiルーターの屋内電波の伝搬性能を改善しようとルーター

の設置場所を変えた。一部の機器は電源を切り、配線を外して配置替えした。そして

元通りに配線を戻す。が、しかし、光電話アダプターのWANランプが点かず、ネットも

電話も使えなくなった。配線間違いは無く、色々電源をON、OFFして再起動を試みるも

良くならない。電話も、ネットも、WiFi印刷も出来ず、困った困った。そうこうしていると

繋がり、何故か正常に戻った。動かした机を元に戻し、さぁ印刷をしようと勢い込んだが、

即再発した。電話が使えず、携帯電話でプロバイダーのサポートセンターに電話する。

混んでおり9分余お待ちくださいとアナウンスしている。やっと繋がり、症状を説明、2本

のケーブルのLANとWANを外し、内1本を入れ替えて接続してくださいと・・・・・、

点きましたか、点いたら元に戻してくださいと、3分余コンタクト、正常に戻った。

原因はLANコネクターの接触不良。LANコネクターの珍しい接触不良。困った時間は

約1時間。ネットが使えないととても不便だ。外部との情報が遮断され、孤立感を感じる。

解らないことがあれば、素早くインターネット上の情報が解決してくれる、便利な道具だ。

朝食を終え、印刷をしなければならない。プリンターもWiFiで繋がっている。

6部印刷して再配布しなければならない。町内コンペの幹事なのだ。申込み期限が2日

後に迫っても数人からは連絡が無い。当初の案内文書に注意喚起を書き込んで再度

配布した。そして次にゴルフ練習に出掛けた。今日まで期限の記念特典を狙って。

打席は満席。相変わらず練習場では安定せず良くない[E:golf]我が前後席を含む多くがイン

ストラクターのアドバイスを受けている。小生も以前お世話になったインストラクターだ。

150球余を打って12時前に練習を終えた。帰り際、大きな看板があることに気付いた。

「ここから先はゴルフ教室です、ご遠慮ください」とある。ゴルフ教室の打席エリア内に

紛れ込み、堂々と打っていたのだ。知らないと言うことは強いものだ、注意もされずに。

大きな看板どうして見逃したのか?またも老化のイタズラ? 少し罪悪感、どうかお許しを。

昼食を摂り、14時過ぎに再び出掛けた。タオルに軍手を携えて。目的地はJR大津駅前。

明日、同駅は新装リニューアルオープンする。それに花を添えるのだ。15時集合。

園芸ボランティアクラブで準備した花々を駅入り口にいっぱい飾るのだ。同駅前花壇は

我がボランティアクラブの守備、管理範囲。小生、最近、同活動をご無沙汰しているから

参加した。新JR大津駅、何処が変わった?外観上に大きな変化はない。

内部が変わったようだ。花壇内の雑草を除草、入り口にはプランター花を配置している。

Dsc02194

Dsc02197

作業をしていると1人の年輩女性が除草中の小生に声を掛けた。この車石の展示、注目

を浴びないですねと言う。花壇の端っこに展示している。何度も来ているが展示に初めて

気付いた。今から約200年前、大津から京都へ荷車で大量の米を搬送した難所の逢坂

越えである。その荷車の輪を転がりやすくするため、敷石には轍、溝が彫ってある。

Dsc02199

Dsc02200

その車石の展示はしているが、管理が行き届いていない。照明灯2基あるも頭を垂れ、

投光方向も定まらず、埃で汚れており、この状況では点いていないのだろう。

汚れを拭き、向きを正し、多くの雑草を除草し、整備した。

県庁所在地にあるJR大津駅、手狭な平地スペース、発展とは縁遠い地味な表玄関口だ。

我がボランティアクラブと(財)大津市公園緑化協会の職員と協同で、約1時間余、駅前

の花と緑の整備を行った。多くのボランティアが集まったから、予定時間の半分で終えた。

posted by tennismouse at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする