2017年09月28日

勇気ある公表

今日は近所の4人でのゴルフ日。昨日、雨予報であるも決行、明日7時半に

出発と連絡あり。しかし、雨が降っている。出発の40分前に延期と相成った。

時間が出来たのでブログを書こう。一昨日、久し振りに診療所ではなく病院に

行ってきた。爪水虫を治そうと思って。一部の爪が部分的に分厚くなり、表面

変形も観られる。通常の爪切りでは爪が厚くなっているから切れず、ニッパー

で切っている。これは老化現象と思い諦めていたが、テニス合宿でメンバーの

1人から情報が入り、水虫が原因、と言うから22ヶ月振りに行きたくない

病院へ。大きな病院の周りはとても広い駐車場。医師、職員を含め多くの関係

者が働いており、近場の広い駐車場は満杯。遠くにある駐車場に停める。

兎に角多くの車でいっぱい。受付に行き、病状というか症状を記入し、初診時

選定医療費の説明、承諾を求められる。紹介状は無く納得の上で訪れているか

ら即了承の意思表示。待つこと70分余で診察室に入る。30代くらいの若い

先生だ。足の指間に水虫症状は観られず、痒くもない。一時期、水虫症状かと

疑った時期もあったが・・・。2〜3年前から老化による爪の変形、と思い

放置していましたと言う。検査をしますとなり、我が足の指間の皮膚屑と爪の

かけらをピンセットで極微量採種し、小さなスライドグラス上に載せ、試薬を

加え、医者はカーテン越しに消えた。もらった診療明細書から見ると細菌顕微

鏡検査とあり、この微生物学的検査で判断したようだ。菌がいますという。

白癬菌ですか? そうです。この菌はカビの一種の菌。遂に古くなった小生にも

カビが生え出したようだ。小生、これまで水虫症状を呈した事はなかった。

現役のころ、1日中靴下を、靴を履いていたが水虫になったことはなかったが、

加齢と共に抵抗力が低下しているようだ。次に薬の説明があり、足の水虫

(症状の目視確認出来ず)はクリームを塗れば2〜3週間で治ります。しかし、

爪水虫は困難です、という。爪は薄い層状構造になっており、全てが生え替わ

るのに1年〜1年半かかりますと。この爪水虫用の飲み薬が、つい最近出まし

たという。血液検査を受けていますかという。いいえ、最近3年受けていませ

ん。糖尿病はありませんか。ありません。この新飲み薬は5千円(3割負担)

です。そして毎月血液検査を受けなければなりません、肝臓の検査です。

服薬はご遠慮しますと、拒否表明。こうして塗り薬チューブ6個のみを薬局で

処方。足の指間を石鹸で洗って、1日1回塗布しなければならない。

足の指間の手入れ、洗浄をしたことは今までなかったが。どうやら、感染者か

ら二次感染で菌をもらったようだ。銭湯、温泉などのマット、スリッパ、体重

計、通路、畳などから菌が感染したようだ。 犯人は誰だ

日本では1200万人が爪水虫にかかっており、その内、40%が60歳以上

という。小生の足指のように規則正しく密着して並んでいるのも良くないよう

だ。足の指間を洗わない不清潔も大きな原因。今後、絶滅を目指し、徹底抗戦

で真菌である白癬菌を完全制圧するまで闘い続けよう。市販薬も用いる?!?

これは新たな感染者を増やさないための社会的責任でもあるのだ。  この菌、

カビは、気温の、湿度の上昇と共に勢いを増し、冬期は活動が鈍るという。

今回、勇気を出し、敢えて公表に踏み切った。同患者を増やさないためにも。


posted by tennismouse at 14:42| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

合宿2017

今年で3年目、Nテニスクラブの合宿に参加してきた。時期的には、昨年より

丁度1ヶ月早い。行き先は昨年同様、石川県の山中・山代温泉。山中温泉湯け

むり健康村テニスコートでテニスをし、今年の1泊先は山代温泉の山下家

昔は名の通った温泉ホテル、今は長き温泉不況の影響で経営者は代わっている。

20日(水)の8時半に本拠地を出発、一路、高速道で目的地を目指す。

参加人員は昨年同様8名、2台に分乗して12時頃にコートに到着。この

健康ランドで昼食を済ませ、13時から3時間、コート2面で総当たりの試合

を楽しむ。平均年齢68歳??故障多き身体を動かし、汗をかき、夕食を美味

しく戴こうと黄色いボールを追いかける。珍プレー、好プレーの一喜一憂。

動きが激しいが健康的なスポーツだ。M君が経済的趣味で集めた優待商品で

ある多くの飲料水や怪しげな栄養ドリンクの差し入れで一瞬疲れも回復!?

降雨の天候が危ぶまれたが、無事に練習を終え、シャワーを浴び、車で温泉宿

に向かう、と同時に予報より遅く雨が降りだした。天も降雨を我慢してくれた

ようでラッキー。古いが豪華な旅館だ。先ずは13階屋上の露店風呂で汗を

流し、疲れを癒やす。暫し浸かりながらの雑談談義。平日で有り、客数は

少ない。次なるは最大の楽しみの夕食バイキング。皆さん、食べる食べる。
IMG_20170920_17352429.jpg IMG_20170920_173551229.jpg 
沢山の種類の料理が揃っている。一番人気は殻皿付き牡蠣、美味しくビールを

戴きました。観察したところ、一番体重の軽い人が一番の大食漢でした。

部屋に戻り、巷の談義、時間を見計らって「桂三弥」の落語を最前列中央に座り

約40分近く楽しむ。部屋に戻り、飲酒に談義に再度風呂へと・・・御就寝。

深夜、大雨が降っていたと言うが・・・。翌朝は晴れ上がっている。再び健康

村テニスコートに向かい、午前中3時間のテニスを楽しむ、ワイガヤテニス。

シャワーを浴びて帰途に就く。高速道移動は速く、無事15時半過ぎに彦根着。

今回の小生の戦績。小生、Yテニスクラブにも所属しており、同クラブから練習

の成果を見せて下さいとの激励を戴き、その甲斐あって初日の戦績は6勝1敗。

翌日の戦績は5勝1敗。パートナーと対戦相手に恵まれ、良い成績を修める

ことが出来た。まぁ、たまたまの出来過ぎ結果。多くが脚に衰えが目立ち、

あまりレベルは高くないが、勝負は二の次、身体を動かし、汗をかき、メン

バー間の親交、親睦を深め、健康であることの幸せを感じることが一番の目的。

さて、ここからは今回、小生個人が新たに気付いた事が二つ有り。

3〜4年前から、我が足の爪の一部が分厚く、波打つ症状をメンバーに訴えた、

巷談義中に。Nさん即曰く、それは水虫の仕業だと。水虫に罹患したことが

なかったが、60代に入り、痒くはないが水虫症状を呈していた時期があった。

この爪の変形、これは老化の症状と決め付け、諦めていたが、どうやら白癬菌

のイタズラであるようだ。何でも老化現象と片付けるのは要注意で、やはり

原因があるのだ。年齢と共に抵抗力も落ち、一時期、菌の侵入を許したようだ。

気付きその二。ガラケーの充電不能に陥り、完全放電と相成った。不便だ。

送信出来ず不便だが、受信出来ないのがより不便だ。送信相手に迷惑もかかり、

困惑、時に心配させる。今や365日、不通が許されない携帯機器なのである。

即、携帯ショップへ行こう。皮膚科にも行こう、綺麗な若い爪に再生だ。

posted by tennismouse at 22:14| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

平均寿命と医者

今日は敬老の日。日本の90歳以上の高齢者が200万人を突破したとある。

この割合は全人口の1.6%、この割合が、近年急速に伸長している。

長生きする人が増えている。時折立ち寄るMさん、90歳まで生きるから

最近は100歳までと目標レベルを上げた。その可能性は高いようだ。

小生は彼のように長生き願望は強くは無いが80〜85歳まではこの世に

健康で留まりたいものだ。寝たきり、痴呆状態で長くは生きたくないもの。

全ては神がお決めになることだが・・・。この人間様の長生きの一つの功労

には医療技術の進歩がある。小生の住む居住区近くには約40年余前に出来

た国立医大がある関係で多くの医者が住んでいる。

処で小生、今年は自治会の役員、この役員メンバー、男性は引っ込み、女性

の参加、出席が多い。その女性役員と行事で協調することも多い。メールで

連絡を取り合う。旦那のメールアカウントでメールが届く。旦那の名前が分か

る。そして我が脳がひらめき、勘が働き、歩いて10分ほどの処にある個人

開業病院とその旦那の名前を検索、もしやと思って。その結果、2軒隣は、

やはり年輩医者と判明、今日初めて知った。拙宅の周りは更に医者だらけに。

この職業、社会的地位と高い収入が得られるが、それだけではなかなか務まら

ない。崇高な社会的使命感、やりがい、好きで無ければ務まらない仕事である。

小生のかかりつけ医は近くの診療所であるが、小生くらいの歳の医者が今も

結構働いている。医者というものは定年というものがないようだ。

先日亡くなった高名な日野原医師も100歳を越えても現役であった。

また、先日のニュースにもあったように国立循環器病研究センターの残業時間

設定が300時間でもあったように一般的には過酷な仕事でもあるようだ。

この医者というもの、自由な時間というものはなかなかないように思うもの。

医者にも家庭、家族が有り、子育てに家庭サービスもしなければならない。

チョット1週間ほど家族で海外に出掛けるか、と言う訳にはなかなか行かない。

別に医者に限ったことではなく、残業時間の多い日本のサラリーマンも同じ穴

の狢?!個人開業医ともなれば、主治医ともなれば、患者を看続けなければ

ならない。患者の容体が急変すれば、時間を問わず駆り出されもする?!

更に、情報処理技術と同様、医療技術、器具は日進月歩。トップランナー

グループであり続けたいならば日々研鑽に努めなければ取り残される。

小生の2歳年下の従兄弟は今も内科医で働く。年賀状を交わしている。

小生の毎年の年賀には、「××山に登頂した」「中国の××にて」等という

写真付きの年賀を出している。ある年、「山にも登ってみたいし、中国にも

行ってみたい」という年賀が届いた。そしてある年には冗談半分に「趣味は

立ち飲みです」と届いた。真の自由な時間が少ないのだ。自由を謳歌する小生

を羨ましいと思っているのであろう。小生が遊び過ぎなのであろうが・・・。

そして、彼の親爺さんの法事の時、小生は、医者は自身の身体、病気も診断

できるから長生きできるなぁ、と言ったことがある。しかし、彼は、否定した。

高い収入があるも夜間勤務も有り、ストレス多く過酷な仕事であるのだ。

こうして医者の職業を観ていると余計なことを考え、推測もする、閑だから。

金があるときゃ閑が無い、閑があるときゃ金が無いとも歌うが・・・。

医者は時間が、閑が少ない。精々週末の休日である。長い休暇の機会はなかなか

得られないのでは無かろうかと思うもの。自由時間が少ないと言うことはお金を

消費する機会が減る。支出が減ると多くのお金が貯まる。定年なしで働くし。

何時、この貯まった多くのお金を使うのだろう、と余計なことを考えるお節介。

そんなこと放っておいてくれ!他人のことを心配するな!?ごもっともです

それには、割り切って××歳で仕事を辞めると決断、宣言するしか無いようだ。

怠け者の小生、医者にならなくて良かったと思うもの。??? ではなく、

医者になれなくて良かったと思うもの。束縛を嫌い、自由を謳歌する性分だから。

因みに医師の平均寿命をチョット調べた。が、明確な資料は見付から無かった。

posted by tennismouse at 13:43| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

難解玩具

自由な時間はあるようで案外ないものだ。1人者故に自由な時間は結構少ない。

先日、スーパーに買い物に行き、そして冷蔵庫内に収める。んっ、何だ、同一

商品が既にあるではないか、連日の購入!? 4食×2個=8食、続けて8日間

も食べれば飽きがくる。 気を取り直して、本題へ。

またまたコンピューターを通販で買った。ミニミニコンピューターを。

これで同系統のコンピューターが2台となった。今回は前回より少し性能が

上がっている。何れも本体価格は5千円前後。前回、諦めたブログサーバーの

IMG_1536.JPG構築に再びトライすることにしたから。

自宅サーバーである。今年2月発行の雑誌

記事を観ている内にトライする意欲が湧い

てきた。このブログサーバーで最終的に、

ホームページを作り、発信しようと考えた。

しかし、我が技術は未熟、完成までには多くの時間を要するだろう、が決めた。

だから新しいミニミニコンピューターを買い入れたもの。4〜5日前から取り

組んでいる。基本システムプログラムをインストールし、動作確認。

雑誌記事に従い操作を進めるが、記事のようには捗らない、事が進行しない。

再び0クリアーし、最初からやり直し、今日は既に4〜5回やり直し。

この作業、身体はfreeze、時に庭に出て園芸作業をし、再びトライする。

失敗原因は、雑誌の記事は2月号、既に6ヶ月を経過、この間にOSのバージョ

ンが上がっているから、雑誌記事とは齟齬が生じている。雑誌記事と同様の

半年前の古いOSバージョンをWeb上で探したが見付からない。そこで逆に

8月からの新しいOSバージョンに対応した雑誌同様の記事をWeb上で探した

が、まだ投稿記事は殆どなし。雑誌記事と同様の古いOSバージョンの記事は

Web上には沢山発表されている。新しい記事がWeb上に出てくるまで半年位

待つか、と思ったが、あれこれ探していると、古いバージョンのOS(jessie)

をWeb上で偶然発見。これで雑誌記事と同じOSバージョンがWeb上から

手に入った。3回ほど最初からやり直しの0クリアーをし、4回目にどうやら

鬼門を突破。こうして、今日は5時間余を費やしてオープンソフトのWord

Pressなるものをインストールすることに成功。このソフトは元々ブログを作成

するためのシステムとして開発されたもの。小生利用のこのブログもこのWord

Pressシステムで運用されている商用ブログサイトである。このブログサイト

を自前で構築しようとするもの。ブログは日々の日記のようなもので内容が

変わっていく。このブログ画面をホームページとして利用しようというもの。

取りあえず、WordPressなるソフトをインストールし、無事動作するところ

まで進行した。この先、更なる砦、関門が待ち構える。インターネット上に

公開するには、セキュリティレベルを上げてシステムの信頼性を確保し、ダイ

ナミックDNSサービスなる設定も必要。これらの設定を確実にしておかなけれ

ば乗っ取られて、悪用される恐れがあるから。まだまだ時間が必要であるが、

ゆっくり階段を登って行こう。時に、麓まで転げ落ち、何度か0からの再スター

トとなるかも知れないが、気長に諦めずに最終目標に到達したいものだ。 その

最終目標はテニスクラブのホームページを作り、公開すること。まだ4合目付近。

ボケ防止にもなり、閑な時間を利用して進めよう。Web上には手助けとなる記

事が日本語、英語でいっぱい掲載されている。英語記事では「このページを訳す」

をクリックすれば翻訳される。これらの記事が大きな手助けになる。便利な世の

中だ。が、逆に言えば、悪用する輩も現れる。小生のようにHPを運用する者も

居れば、妨害、悪用、サイバー攻撃する輩も存在する。

*関連記事 2017.2.6 実験とトライ


posted by tennismouse at 16:30| Comment(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

Wallet

先ず画。世界で車のEV化競争に拍車がかかっている。車の構造が

シンプルになり、重量物の内燃エンジンがモーターになる。代わりにバッテリ

ーが重量物となるが、全体では軽量化される。課題は1充電当たりの航続距離。

しかし、疑問も残る。真夏に真冬は冷暖房が当たり前の現代だが、駆動エネル

ギーに冷暖房エネルギーをバッテリーエネルギーで賄きれるのであろうか、

大丈夫かという疑問。ある日、N社の電気自動車leafについて尋ねた。

冷暖房もバッテリーですかと?そうですと言う。冷暖房を使用すると当然航続

距離は短くなる。そして充電。ガソリンの場合は10分足らずの給油時間で済

むが。急速充電もあるが、満充電には3〜4時間?の充電時間が必要。EVの

成否はバッテリー性能にかかっているが、本当にEV時代が来るのであろうか

と思うもの。駆動モーター+ミニエンジン(冷暖房用)ならまだ解るが・・・。

本題へ。

50日ほど前、北京のある現状報告について書いた。キャッシュレス化が日本

以上に進んでいると。それ以降、小生もキャッシュレス化に切り替えている。

主夫の小生や誰もが一番消費するものは食料品。毎日か1日おきに地元スーパ

ーHに出掛ける。老婆(ラオポ)も1日2〜3度、車で出掛けているようだ。

これは多過ぎるが。店内を檻に中の熊のようにウロウロすることが楽しいよう

だ。趣味は市内ドライブとスーパーH巡り?月間走行距離は小生を軽く上回る。

買ってきた食料品を冷蔵庫に入れる。だから、彼女の庫内はいつも開ければ落

ちる食料品、で満杯だ。この新旧庫内品で上手とは言えない料理を作り、小生

に献上。小生の気持ちは疑心暗鬼のクッキングハラスメント。だから、余計に

・・い。気を取り直して・・・。出費の多い食料品、生きていくためには食べ

物は必須。消費すればポイントが貯まる。その貯まる速さにビックリもする

出費。このスーパーHのプリペイドカード、店内のチャージ機で入金。

特定のコンビニもデビットカードの即時決済とした。利用すると直ぐにメール

で連絡が入る。クレジットカードの2〜3ヶ月先落としとは異なり、この消費

何?と悩むことも無くなる。先日、申し込んだネット銀行のデビットカードが

届いた。こちらも同様に直ぐに支払決済の連絡がメールが入る。何れも銀行の

普通口座から口座残高内で即時決済される。アプリでスマホによる確認もOK。

銀行口座が財布のようなもの。届いた銀行のデビットカード、ショッピング、

現金のATM引き出しが国内外で可能。もしカードを失えば、利用先に届けれ

ば被害は最小限で済む。不正利用された場合の補償も付いているとある。

デビットカードは種々の業界と連携しており、各種の特典、ポイントも得られ

る。分厚い小銭の入った財布(Wallet)を持ち歩く人も今後どんどん減って

いくような気がする、若者から。プリペイドカードを含むこの種のカードが

増えていくと大変だ。暗唱番号も増え、管理も大変、衰える脳が付いていか

ない。そうすると何れ、合従連衡が進み集約されていくのであろうか。

その決済カードも多機能なスマホ本体に収斂されていくのであろうか? 

iphone7のアップルペイのように。時間と共に社会は進み、変わっていく。

貴方、まだ現金を持ち歩いているのか?と諸兄から言われそうだが・・・。
posted by tennismouse at 10:19| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする